fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    今年最後は何で抜きますか?



    前回のクリスマスのストーリーイベントはこのパーティで周回してました。
    まず、イベントタイトルが「故郷からの刺客」と言う名前で、更に今回のガチャ限SRがきらら先輩…
    と言う事は、案の上でしたが今回はきらら先輩の出自に関する話のストーリー。

    ちなみに、序盤は小太郎以外の各々のクリスマスの様子が描かれていて、
    ゆきかぜ邸では別次元から飛ばされたマヤに咲、ラティクールを交えてのクリスマスパーティ。

    ユーリは傭兵のアンリードと…フランシスが一緒だったかな…と一緒に護衛の仕事。
    最初はフランシスだったかがユーリが恋してそうな人を知ってる事から恋話を掛けようとしますが、
    去年のクリスマスに捕縛された襲撃者・サンタクロース…これの2代目がなぜか登場し、結局恋話ではなくなる形に…。
    まぁ、ユーリ自身としては誤魔化しが出来たから良しとした展開だったでしょうが。

    他にも紅達も自身のメンバーと集まってのクリスマスパーティ…で、小太郎は例によって静流の所でバイト。
    今回のバイトにはなぜかきらら先輩まで同行してます。



    で、きらら先輩の出自と言えば…いつぞやのメインクエストに触れた時にも、マルジャーナと会話をするラグナロクの姿が登場。
    霧の鬼神と呼ばれてる存在であって、本人も「娘を取り戻す」と言う発言をしてる辺り、
    この人がきらら先輩の母である事は多分メインクエストやってた人なら既に分かっていた事でしょう。


    自分は最初はてっきりラグナロクから刺客が送られてきたとかそういう内容かと思いましたが、そういうわけではなかったです。
    確かにラグナロクが首領を務める組織「鬼哭」は登場してきますが、
    今回のボスの「ビョルン=シュトゥルム」は「鬼哭」の幹部の1人のネイスを襲撃…そこに小太郎が立ち会わせる形から話が進みます。
    意識が途切れそうなネイスの必死の言葉…「奴はきららを狙ってる」との事。
    ただ、きらら先輩達も連絡が取れなくなった小太郎が心配で、当然現場へ向かいます。
    …が、その途中には明らかに作られたであろう氷の壁…向こう側への進路、そして向こう側の退路を防ぐ為に用意された巨大な壁。
    最初はきらら先輩が力づくで破壊しようとしますが、当然力業でなんとかなるなら苦労はないですよね。
    静流先生の分析によると、これは物理的に作られた物ではなく結界として作られてる…。

    しかし、自身の無力さを嘆いた時に、どこからともなく母親の声が聞こえてくる。
    もちろん、近くに母親がいるのではなく、自分の記憶の中の母親が思い出させようとしてるんでしょう。
    力任せではない、もっと優しい気持ちで力を使いなさい…と。
    で、その言葉のままに氷の壁に触れると…結界として張られた氷の壁が嘘のように散っていく。



    そして、記憶の中に残ってる母親が自分を呼ぶ時の言葉を思い出します…が、肝心の部分が聞き取れない。
    最終的には小太郎と意識を失ったネイス、そこにきらら先輩達が合流…した所で待っていたかのようにビョルン=シュトゥルムが登場。
    ビョルン=シュトゥルムの相手をきらら先輩がするも、あらゆるパワーに於いて相手の方が上できらら先輩が不利。
    その途中でネイスがもう一度意識を取り戻すも、すぐに気を失ってしまいます。
    ただ、今回の打開策としてきらら先輩の真名を呼べとの事で、その真名は「フレイヤ」

    小太郎が「フレイヤ!」と呼び掛けると、自分の本当の名前を思い出したきらら先輩の力が覚醒。
    その力に目覚めた時は、立ち絵は完全に未来世界のきらら先輩の姿になってますが…
    小太郎は未来のきらら先輩の姿を見た事ないから多分連想はまだ出来なさそう(見た事あるのはゆきかぜとアスカだけ)

    覚醒した後は、ビョルン=シュトゥルムを操ってると思われる斧を破壊して正気を取り戻させます。
    斧を破壊された後のビョルン=シュトゥルムは嘘のように大人しくなります。
    元々は生粋な武人らしい性格で、当然今回の失態を詫びる意味で自害するとか言い出す始末…当然きらら先輩は阻止。
    きらら先輩から、まずは自分をこんな状況に貶めた奴に仕返ししてから考えろと言われ、きらら先輩にお礼を言って去ります。

    今回の黒幕は、途中からレイスとかが出てきた辺り、死霊卿が関わっていた事が予想でき、
    ビョルン=シュトゥルムもこんな状況に貶めた相手と聞いて、死霊卿の配下のアヌビスの名前を出してました。

    また、ネイスからもきらら先輩の母親であるラグナロクが生きている事を教えられます。
    ただ、実際に何があったのかは教える事が出来ず、それは母親自身から聞いていてほしいと言われ、
    きらら先輩も「必ず会いに行く」と伝えてくれと言われ、ネイスも去っています。

    今は多少温和になってますが、初登場した時もきらら先輩は大の男嫌いで小太郎と組まされた事を非常に嫌がってました。
    当時は一応例外として、見た目が女の子っぽい所もある為か鹿之助だけは気を許してましたが。
    その原因は、過去に父親によって母親が殺されたから…と言うものでしたが、そうではなかった…のかもしれない。
    殺されたわけではなかったけど…もしかしたら本当に父に捨てられたのかもしれない…。
    ただ、この件に関しては襲撃が起こる前からきらら先輩も疑問に思っていて、
    もしかしたら母親を殺した父親は実は別人だったのでは?と考えるようにもなっていました。
    他人に自在に変身できる能力は自分や父以外にも存在する事をこれまでの経験で見て、実はそういう可能性もあったのかもしれない。


    で、もちろん最後の最後は死霊卿の会話が流れておしまいです。
    作戦は失敗に終わったものの、正直そこまで成果には期待してなかったようなもの。
    今回の第1の目的としては、そのきらら先輩が本当にラグナロクの娘なのかを知りたかった。
    あわよくばその娘を何かしらの形で抑え、ラグナロクとマルジャーナに圧を加える事が今回の作戦。

    とにかく今回はきらら先輩がラグナロクの娘と分かったから良しとしよう…と言う結果で終わりです。
    また、最後に死霊卿のテウタテスの独り言として、いろんな界隈から耳にする名前「ふうま小太郎」
    聞けば自分の半身(?)とも言えるエドウィン・ブラックの力を持ってると聞く男。
    死霊卿としてもマークしておきたい男として認知されてこのストーリーは終わりです。

    メインクエスト最新話でもそうでしたし、あちこちに影響を与えている者として、小太郎もあちこちからマークされ始めてますね。
    今回の死霊卿もそうですし、メインクエストでは敵対する淫魔族勢力のエレキシュガルやシックスティ。
    米連のアレスやデイヴィッド・ダールも、コラボストーリの為に完全な外伝であるけど目に付けてたし、
    去年の新年イベントでも未来世界のブレインフレーヤー側のマウザやダゴンにも名を知られている。



    さて、今年最後のネタは…前に書いた通りにショタリョナを用意してきました。
    女がやられる姿もいいですが、男の子がやられる姿もいいですからね…なんなら自分は男ですら興奮を覚えるぐらい。
    で、今日のショタリョナのネタは…前々からなんだかんだで放置していたロックマンネタ。
    きっと早くないかな…と思っていたであろう、ビデオマンにやられるロックマンのシーン紹介です。



    ディメンショナルエリアが展開され、熱斗君の所に現れたビデオマン。
    生身の人間である熱斗君を狙うが、その攻撃をよける熱斗君。
    ビオでマンの襲撃を受け、すぐにクロスフュージョンをしてロックマンと協力して迎撃を試みます。


    そして、同じディメンショナルエリアに閉じ込められたライカ。
    自身も戦うと言うも、ライカは生身の人間…危険すぎる!と忠告をする熱斗君。
    そんな熱斗君とロックマンの忠告を無視するライカ。


    そのライカを止めようと制止する熱斗君に対し、
    完全に無視されていたビデオマンが攻撃を仕掛けてきます。




    「ぐぁぁぁぁ!!」といい悲鳴を上げて倒れる熱斗君。


    ビデオマンは「録画中に、よそ見をするな」と、熱斗君のやられる様を録画中。




    倒れたロックマン…熱斗君の姿を舐め回すように撮影。
    せっかくだからもっとズームにして熱斗君の姿を撮ってもいいんですけどねぇ…。
    特に股間の辺りとか露骨にアップにして…。




    ビデオマンに対してミニボムで攻撃をするが、
    早送りで高速移動からのトスで迎撃されて、自身のミニボムで吹っ飛ぶロックマン。
    いいですねぇ、自分の攻撃で吹っ飛ぶ…ロックマンの情けない姿が撮れてます。


    ロックマンが倒れてる間にビデオマンはワインドカッターを展開して、






    ようやく熱斗君が顔を上げた時にはすでに


    ビデオマンの次の攻撃が顔の目の前に飛んできています。


    ビデオマンのワインドカッターを受けて吹っ飛ばされる熱斗君。
    さっきからいい所なしの熱斗君…こんなかっこ悪い姿をみんなに公開されると思うと…。






    そのまま吹っ飛ばされる熱斗君ですが…いい悲鳴と顔を見せてくれます。
    欲を言えば、吹っ飛ばされた時と地面に落ちた時、両脚をもっと広げてくれるといいですね。
    この部分とか両脚開いて股間が見えてたら、多分股間のアップを切り抜いてたと思いますw


    遠距離攻撃を仕掛けても、熱斗君が頼りない為に接近戦に切り替えようと指示を出すロックマン。


    武器をロングソードに切り替えてビデオマンに立ち向かう熱斗君。
    …しかし可愛らしい身体…ショタの身体は見てて興奮してくる。
    この画像も、自分の視線は股間に集中してます。


    で、ロングソードに切り替えるも…ビデオマンは自身のテープでソードを受けきる。
    一見ただのビデオテープなのに切れない事に驚きを隠せない熱斗君。

    そのまま熱斗君を弾き飛ばすビデオマン。
    自身のテープはただのテープではなく、レアメタルを練り込んだ特別製で、
    そう簡単には切れないぞと自慢をするビデオマン。






    その吹っ飛ばされた熱斗君の後ろ姿がまたかわいい…。
    特に1枚目の吹っ飛ばされた時のまだ小さな体のお尻がたまらないし、
    太腿の付け根と腰の辺りに出来るスーツの皺がまたそそる…。

    倒れ込んだ後もきっと両脚開いて倒れてるんでしょうね。
    その無防備に晒す様に開いた股間の中に顔埋めて、熱斗君の股間舐めてあげたい。


    遠距離攻撃で負けて、ならばと接近戦を挑むもまだ勝ち目はない。


    頼りない熱斗君に代わって、ロックマンが今度はとばかりに次の作戦を指示。
    その作戦は「アクアソードを使う事」…ソードは効かないのになんで?と思いながらも

    アクアソードを使って攻撃を仕掛けます…が、やっぱり自慢のテープで防御される。
    最初はビデオマン自身も無駄な事を…と思ってましたが、ロックマンの言葉を聞いて、
    その時に生じたビデオテープの変化を見て急に様子が急変。


    対して、熱斗君は何が起きたのかよく分かってない様子。

    そんな熱斗君の為に、ビデオマンが自ら説明してくれます。
    ビデオテープにとって湿気は大敵…大事なテープの内容が読み取れなくなってしまう。
    取扱説明書にも書いてあるように、ビデオテープにとっては大変NGな行為。
    大事なビデオテープを粗末に扱う相手に、許さない!と怒るビデオマン。


    突然高速移動を始めて熱斗君の目の前から消えたビデオマン。


    そして、「しまった!」と気づいた時には既に背後を取られてしまう熱斗君。


    ビデオテープを粗末に扱う者はこうだ!とばかりに、


    「ローディング!」と掛け声を上げてテープを動かすビデオマン。
    熱斗君の周りを特殊な素材のビデオテープが舞ったと思うと、


    次第に周りのビデオテープが自身に迫ってきて、








    「ぐっ!!」と言う興奮させてくれる悲鳴を上げてテープに締め付けられます。
    ソードの斬撃にも耐えるビデオテープが熱斗君の身体に巻き付き、
    下半身は両脚を閉じたような「気を付け!」のポーズを強要されて、
    かろうじて動かせる両腕で必死に自身の身体を締め付けるテープを引き剥がそうと必死に抵抗。












    少しでも苦しみから逃れる為に、首に巻き付くのを必死に阻止しようとする熱斗君。
    しかし、特殊素材のビデオテープの圧力は凄まじく、


    更にその上から「クイックロード!」と言うビデオマンの掛け声と共に、
    熱斗君の身体に電気のような物が流されます。
    さっきの締め付けに耐える声と言い、この悲鳴といいたまらない声してます。






    脚から頭へと熱斗君の締め付けられて苦しむ姿が映し出されます。
    両脚を無理やり閉ざされたこの棒のような恰好がいいですね。
    せいぜい動かす事が出来るのは両腕ぐらい…が、ビデオテープを必死に引き剥がすのが精一杯。
    言うなれば、熱斗君側にはどうする事も出来ずに、その無駄な抵抗もどこまで続くか…。


    せっかくなので今回の雑繋ぎコラです。


    そうしてる間もビデオマンは熱斗君が苦しむ姿を録画中。
    上から見下ろす熱斗君の苦しそうな顔と必死な抵抗がそそりますね。


    ビデオマンもその苦悶の表情がたまらなく、
    その姿を自身のテープに永遠に残してやると言って、熱斗君の苦しむ姿をそのまま撮影。


    熱斗君の苦しむ顔をアップで堪能…苦しくてたまらないと言う顔をしながら、


    次第にテープが熱斗君の顔を少しずつ覆っていきます。




    順調にテープが熱斗君の顔を覆っていき、まずは口を塞いでいき…


    ついには鼻まで覆われて、息が全く出来ない姿にされていく。
    その苦しそうな表情にとっても似合いますね…ロックマンの新しいマスクはこれで決まりかな。

    一方その頃…別行動をしていたライカが
    サーチマンを使ってディメンショナルコンバーターの破壊を試みます。
    …まぁ、そっちはどうでもいいとして





    熱斗君とビデオマンの方は順調に撮影が進んでいますね。
    必死に口を塞ぐビデオテープを引き剥がそうとするも全く効果がない。
    熱斗君の意識が弱ってるのを感じたのかロックマンも「熱斗君…」と心配そうに声を掛けます。


    しかし、ロックマンの呼び声も虚しく、次第に意識が薄れていく熱斗君。
    目もとろんと閉じかけていて、意識がなくなるのも時間の問題。
    まさ、さっきビデオマンが言った「もう少しで楽になれる」と言う状態になれますね。


    ただ、その撮影会を阻止すべくサーチマンがディメーショナルコンバーターの破壊に成功。
    突然の空間の揺れに「な、なんだ!?」と驚きを隠せないビデオマン。




    その間にロックマンの最後の抵抗の左腕も、ぶらんと垂れ落ちていく。
    せっかくいい所だったのに…あと一歩のところで邪魔が入ります。


    ディメンショナルエリアが解除されている事に気づくビデオマン。
    …いつの間にかロックマンの締め付け方が少し変わってますね。
    両脚に巻き付いてたテープがいつの間にか片足だけになってる…。
    とは言え、まるで糸の切れた人形のように垂れ下がった熱斗君の身体がいいですね。


    ただ、まさにこれから!と言う所だったけど、
    ディメンショナルエリアが解除される故に撤退するビデオマン。
    「命拾いしたな、ロックマン」とセリフを吐き捨てて消えていきます。








    半ばビデオマンに身体を支えてもらっていた形だったが、
    その相手のビデオマンが消えた事によって地面へと崩れ落ちていく熱斗君。


    ディメンショナルエリアの解除に伴って、クロスフュージョンも解除されて熱斗君の姿に戻ります。


    そして、まるで自身の負けを示す様に虚しく落ちてくるバトルチップ。




    その後は、ロックマンの呼び声で熱斗君が目を覚ましますが、




    息を止められてた影響が残っていて、「ゲホッゲホッ!」と咳込んで息を整えます。
    まだ小〇6年生と言う小さな子供が息が出来ずに苦しむ姿…いいですね。
    残念ながらビデオマンの撮影は失敗に終わりましたが、熱斗君の情けない姿は一生残るんですよね。

    結果的に熱斗君を助ける形になったライカからも、
    クロスフュージョンまでしてその程度か?と自身の無力さを晒す形になった18話でした。
    今回はロックマン…もしくは変身してるのは熱斗君だから熱斗君のリョナとも言えますね。
    いずれにせよショタがやられる姿は見ててたまらない…声優さんも女の人が演じてる事が多いのもおいしいですし。

    もちろん、中には男の声優さんがショタキャラの声優を演じてる事もありますけどね。
    シンフォギアのカリオストロとか女キャラなのに男性の蒼井翔太さんが演じてるし、
    ガンダムAGEのキオ君も…あんなショタ声だから女性と思ってたら男性の人が演じてたと言う…。


    と言うわけで、今年も1年ブログにお付き合いいただきありがとうございました。
    自分の誰得な性癖に付き合ってくれるだけでも本当にうれしいものです…。
    自分の性癖を正直に書いていく事を目的としてますが、ちゃんと時には見てる人にも刺さる性癖ネタを書かないとですね。

    …ただ、どうしても出し惜しみとかしてしまう性格なので、
    せっかくアニメとかで放映されてたリョナとか、せっかくコメントで教えてもらったネタも、
    忘れた頃にようやく紹介とかし始めるかもしれないですが…それでもお付き合頂けると嬉しいです。
    今回はちょっと質素に〆るとしましょう…正月のネタ出しもしないといけないし…。

    では、みなさん良いお年を~。

    スポンサーサイト
    [PR]

    コメント

    強制的に棒立ちさせられる恰好にされて拘束される姿がいいですよね。
    少しずつ口、鼻と空気の通り道を塞がれていく姿は自分も見てて興奮させられます。

    締め付けられて苦しむ熱斗君ヤバいですね。口と鼻塞がれたところで勃起しました。
    解放されて喉押さえながら咳き込んでいるところも最高です。
    熱斗君は自分の性癖歪めたキャラです。

    ロックマンのビデオマンネタは前々から見てみたい人が多かったネタです。
    「しまった!?」と言ってから逃れようがない姿にさせられ、それを録画されると言うのがまたいいですよね。

    自分の今年最後のおかずは完全に自分しか抜けなさそうな物だったので割愛しましたw

    これいいですよねえ。
    情けないところを撮影されるとか、クッソ無様で最高です。
    ムラムラしてきたので今年最後はこれにしようかなあ。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事へのトラックバックURL
    http://crescendoblue.blog53.fc2.com/tb.php/2347-e0880508

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    悟飯がエロい目に合うと言うエロ妄想SSも一緒に書いてます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する