fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    裏記事はしっかり頑張ってますよ

    今日は表記事はほぼ捨てるとしますw

    今も表記事の作成や、パズドラの月間クエストに追われながら必死に進めてるからです。
    6月のチャレンジを捨てるのもありなんですが…石1個の為と思うとなかなか捨てきれない。
    上級クエストも、今回の最難関クエストがコンス降臨の為、
    これは周回編成組んでる為にクリア出来なくもないんですが…スカアハ降臨の編成がなかったのでパス。

    なんなら、せめてダメージ限界突破覚醒たまドラだけでも回収する為に、コンス降臨やろうかな?と思いましたが、
    すでに11時もとっくに過ぎて、残り20分ぐらいで日付が変わるのでもう出来ないですね。
    編成を組み直す、クリアする…それだけでも10分以上は多分掛かりそう。

    また、下級のクエストもクリアが終わってないので、それこそコンス降臨なんてやってたら石すらも逃してしまう。
    今日はお休みではあったんですが、記事書いてる途中に眠くなったり疲れたりで休んだりしてて、
    夕方にはお金をおろしたり買い物したり洗濯したりで時間が取られ、
    また、今日から対魔忍RPGXも新しいマップイベントが開始…マップはデイリーがあるので処理しておかないといけないんですよね。

    下手したら過去1忙しいと言うか…ここまで忙しいと感じた月末は久しぶりです。
    まぁ、単純に時間の配分が下手と言う事なんでしょうがw

    本当は今日は前回のストーリーイベントの事書こうと思ったけど、明日に回すとしましょう。
    …何なら明日のネタもまだ何も決まってないんですよね。
    7月以降のエロネタ何も考えてないよ…また仕事中に案を考えておくとしますかw

    ※裏記事の文章を少し追加、レイアウト少し変えました(7月1日追記)



    今日は以前に無名さんから頂いたリクエストのまとめ記事です。
    まず、時間が思ったよりなくて、書き切れなかったかもしれない部分があると思います。
    本当はもっと色々と書きたかったけど…6月の最後のネタにしようと思って作ったはいいもののなかなかうまく行かないですね。

    今回の首絞めの内容としては、リクエストがあった通りの持ち上げての首絞めです。
    高々と持ち上げられて、見せしめにされてるような姿がいいですよね。
    個人的には両手持ちが現実味があって大好きですが、だからと言って片手絞めは嫌とかと言う気はありません。
    むしろ、アニメとかは結構片手で掴んで持ち上げて絞めるのが多いですし、そのシーンで抜いてるのも事実。
    そして、首絞めで一番好きなシチュと言えば、やっぱり誰からも助けられる事がなく、最終的に落ちると言う結末ですね。
    自分の中では首絞めはあくまでも相手を気絶させる為の手段として見てますね…あまり死ぬシーンは好きじゃないので…。
    ただ、今回紹介するシーンの中には死んでしまうシーンもいくつかありますが…これはこれでまた抜けるんですよね。
    必死に抵抗していた両手両足が、力尽きてだらりとする瞬間がまた興奮させてくれます。


    両手で絞める首絞め
    這いよれニャル子さん 2話ポッキープリッツの日(ポッキー派です)←過去の紹介記事

    まずは自分の一番のオススメ出来る首絞めシーン。
    自分の好きな首絞めのやり方は、現実味もある両手で首を掴んで持ち上げると言うやり方。
    アニメはもちろん、ドラマとかでも両手で持ち上げられて苦しんでる女優さんとか見て興奮してました。

    で、這いよれニャル子さん2話では、

    ・両手で持ち上げる首絞め
    ・首を両手でがっしりと掴む
    ・絞められてる側が相手の腕を掴んでの無駄な必死な抵抗
    ・女が女の首を絞める

    と、まさに自分の首絞めの好きな部分を詰め込んだようなシーン。
    中でも女が女の首を絞めるって結構好きなんですよね。
    女の戦いと言うか、嫉妬心から首を絞め始めるとかなんか興奮する。


    ノーデンスもニャル子の対策の為に、とっておきの為に呼んだクー子。
    昔から犬猿の仲とも言える間柄で、ニャル子自身も「私だって苦手なタイプの1人や2人ぐらい・・・」と言う程の相手。
    真尋に放たれたクー子の炎をニャル子が庇って怯んでる間に、クー子が接近。


    首を掴んだかと思うと即座に掴んだ首を持ち上げて、そのままニャル子の身体全体を持ち上げる形に。
    2人とも見た目女の子だけど、正体はクトゥルフ神話の神の化身だからかなりの力の持ち主。
    ニャル子の身体を持ち上げるぐらい造作もないです。




    まるで見せしめにするように両手で軽々と持ちあげて、ニャル子の首を絞めていきます。
    持ち上げられる格好にされてはロクな反撃も出来ず、ただ腕を引き剥がそうと掴むぐらいしか出来ず、
    来るしそな顔をしてるニャル子さんがいいですね。それにクー子の尻もエロい。


    その次に見れるこのニャル子の顔を見つめるクー子の顔がまたいいんですよね。
    無表情で「死ねニャル子」としか思ってないように首を絞める様がたまらないです。
    こんな涼しい顔して、可愛い顔して、両腕はニャル子の息の根を止めるようにすごい力を込めてるんでしょう。






    そしてなにより、ここの下から上へと…ニャル子さんの首から顔へとカメラが動くのが最高。
    がっしりと両手で首を掴まれて、あれだけ無双してたニャル子さんの力でもビクともしないクー子の腕。
    「うっ・・うっ・・・」と阿澄佳奈さん演じるニャル子さんの苦しそうな声を響かせながら、
    1話では見る事がなかったこのニャル子さんの苦痛に満ちた顔。
    首を絞められてるニャル子さんを舐め回すようにカメラが動くのたまらないです。

    首の辺りとかクー子の腕でニャル子さんの首が見えなくなってるのがいいです。
    首全体、喉全体をギュッと絞めて、僅かな酸素すら送らせない…
    まさに息の根を止めようとする首絞めのようで最高。

    正直、ギャグアニメだと思って見てなかったんですが、首絞めがあると知って見た時は想像以上でした。
    てっきり「わぁぁぁ!!ギブギブギブ!!」とかとありそうなギャグ調かと思いきや、
    こんな興奮度が高い首絞めが待っていたとは…。
    初めてこのシーン見た時はガチガチに勃起させてました…。
    もちろん、このニャル子さんの顔を舐め回すように見るシーンをループさせて何度も抜いてます。


    最後はネットで拾ったニャル子さんの首絞めの全体図で〆
    最高の一枚ですね…まるで美術作品を見て興奮してるように見てます(下品過ぎる)

    この作品とかも画質良くしてのリメイクとかもありますね。
    ただ、BD出てないのか、意外にもフルHD画質がありませんでした…。
    いや、そういうのを探すのは本来いけない行為なんですけどね。

    ひぐらしのなく頃に卒 6話(今作では)妹に変わって絞めるわよ!!←過去の紹介記事

    はい、自分大好きひぐらしの首絞めシーンです。
    と言っても、自分はひぐらしのアニメ自体は全く見てないと言うエアプ民…。
    何故好きかと言うと…首絞めシーンが興奮できるからです。

    自分自身首絞めが好きと言うのもありますが、シーン見て一番興奮する所って首を絞める音を聞く時です。
    たまにアニメで見ても、首を絞められてる女キャラとかが見れても、効果音がないとあまりそそらないんですよね…。
    それに対し、ひぐらしの首絞めは大体の首絞めシーンのギリギリと絞める音が鳴るから最高。
    このギリギリ!と絞める音を聞いてるだけで興奮してきて、何なら音聞いてるだけで勃起する程です。

    多少、自分にとって物足りないと思ってしまうシーンもありますが、8割ぐらいは当たりなシーン。
    残りの2割はと言うと…業にて大石に首を絞められる梨花ちゃん、過去に施設の職員から首を絞められる幼少期の三四のシーン。
    けど、この2割も絵は綺麗ですし、首を捕まれる梨花ちゃんの首のアップや、
    首を絞められてる時の三四の顔とかが興奮できるので、言ってしまえばほぼ全ての首絞めシーンがおかずになる作品。

    早速紹介に移るとしましょう。
    登場人物自体はほとんど中〇生ぐらいのキャラばかりなので、
    人の身体を持ち上げられる力は持ってないですが、校舎の壁に押し付けて持ち上げの形に持ち込みます。
    梨花ちゃんの首を両手で絞めながら、校舎の壁に押し付ける魅音。










    本当は仲間にこんな事したくないけど、圭一を守る為に祟りの元凶は始末しないといけない。
    そんな思いで、力いっぱい細い梨花ちゃんの首を絞めていきます。
    主人公メンバーの中でも年上で、それなりに身体も鍛えてある魅音に対し、
    メンバーの中でも小さい方の梨花ちゃん…力も体格の差もあってまず梨花ちゃんに勝ち目はないですね。


    「ごめんね」と何度も謝りながらも、両手は確実に「死ね!」と言わんばかりに息の根を止めていく。
    ギリギリ!と首を絞める音が鳴り響き、さっきまで必死に壁に擦り付けて抵抗した脚も…


    次第に動きがなくなってだらんと釣り下がった状態になっていきます。
    この力が抜けると言う瞬間がまたいいですね。


    「全て終わったら、あたしもそっち(死後の世界)に行くからね!」と
    泣きながら自分も死んであげると償いの言葉をかけながら、梨花ちゃんの首を力いっぱい絞め続けます。
    梨花ちゃんも力で敵うわけないと分かっていながらも、必死に引き剥がそうと腕を掴んでましたが、




    ギリギリと力強く首を絞められ、全身全霊を込めた暴力には勝てず、
    梨花ちゃんが生きていた証であろう腕を掴んでいた梨花ちゃんの腕が落ちていきます。


    遠景で分かりづらいですが、ここで力尽きて糸の切れた人形のようにだらんとした梨花ちゃんが見れます。
    子供達の声が聞こえてくるのがまた皮肉ですね。
    校舎の向こうのグラウンドでは子供達が遊んでいる中、死角となる影では首絞めによる殺しが行われている。

    このシーンで梨花ちゃんは気絶ではなく死亡してます。
    この後に梨花ちゃんが行方不明となった為に、すぐにみんなで探す事になりますが、
    梨花ちゃんを殺した魅音だけは死体を始末する為に、
    昔ながらの汲み取り式便器の中に梨花ちゃんの死体を無理やり押し込んでます。
    その際に、何度も穴に押し込もうと踏み付けられても無反応だったので、
    確実に死んでるんでしょうね…死体の隠し場所も惨いですね…。
    誰も中を見たくもない臭く汚い穴の奥…大便や尿が溜まった場所に捨てられるんですから。

    ひぐらしの首絞めシーンはどれもオススメなので、持ち上げ以外でも見てみる価値はあると思います。
    個人的にオススメなのは、旧アニメのレナの首絞めシーンと、卒の詩音の首絞めですね。
    レナは個人的に好きなキャラなのもあって、自分が一番おかずにしてる首絞めシーン。

    そして、卒の詩音の首絞めシーンは…個人的にはレナ以上に抜ける首絞めですね。
    画質も新作だけあって各段的に良くなってますし、
    詩音がバタついて藻掻く所とか、首を絞められた後の死に顔、本当に絞められてるように聞こえる雪野五月さんの呻き声が最高。
    正直、人が死ぬシーンはあまり好きじゃないんですが、力尽きて両手両足がだらんとする瞬間は結構好きなんです。
    それに、この首を絞められ続けた詩音の顔がまた抜けるんですよね…。
    これは首絞め好きなら一見の価値あると思います。

    はっぴーばーすでい(2年前と同じタイトル)

    はっぴーばーすでい2

    ひぐらしの首絞めシーンを前編後編と分けてまとめた記事があるのでそちらも見てくれると嬉しいです。

    最弱無敗の神装機竜 9話(※絞められるのは男の子キャラです)俺自身がアビスになる事だ←過去の紹介記事

    この回では首を絞められるのは男の子キャラですが、イケメンだし中の人女性ですし、
    自分も何回か抜いてる良質な首絞めシーンなので、見ていってもらえると嬉しいですね…。


    アビスを撃退し、フィルフィを追ってきた先は…旧帝国軍の実験施設。
    そこにふさぎ込んでいたフィルフィを肩で担いで合宿所へ避難させようとするも…。
    いきなりルクス君の首を掴んで、そのまま壁に押し付けるようにして身体を持ち上げて首を絞め始めます。
    首根っこ全体を掴むと言う形の首絞めとはちょっと違って、喉を塞ぐように指を食い込ませる首絞め。


    一気に指に力を込めて、ルクス君の綺麗な首があっと言う間に皺だらけに。
    ギリギリと音を立てて指を食い込ませ、女とは思えない凄まじい力で首を絞められます。




    この首を絞める光景がやや遠景なのがちょっと残念…
    とは言え、普段かっこいい活躍をする主人公のルクス君の情けない顔がいいですね。
    そして、自分の仲間であり幼馴染でもあるルクス君の首を平気で絞め続けるフィルフィ。
    この時のフィルフィは敵に操られていて、ロボットのように「死ね!」と言わんばかりに首を絞めてるわけです。

    首を絞められながら、呻き声を上げながらも弱々しく「フィー・・・ちゃん・・・」と名前を呼ぶと、
    自分を呼ぶルクス君の声に反応したのか、突然気を失ってフィルフィが倒れます。


    フィルフィが倒れた事になり、合わせて支えを失った形となってルクス君も倒れ込みます。
    絞められた首を押さえながら起き上がり始めますが、
    「な、何がどうなってるんだ!?」と言いたげな情けない表情がいいですね。

    ただ、今回のルクス君の首絞めの見どころは、画像だけでなくやっぱり声優さんの演技ですね。
    首絞め自体は8話の「続く」の手前のラストシーンから続き、
    9話の冒頭で続きが見れますが、首を絞められてる時の「うっ…う、あっ…う、あぁ…」と言う声がたまらないです。
    ルクス君の声優を務めてる田村睦心さんも美人ですし、キャラの雰囲気を引き立たせる為の努力がいいんですよね。

    いつぞやに、林修先生のバラエティ番組で声優さんの話題が取り上げられてた時、
    題材となっていたのは進撃の巨人…その時のミカサ役の石川由依さんも演技について語っていて、
    ミカサ以外のシーンで首を絞められるシーンの時とかは「実際に息を止めて台詞を出してる」と言っていて、
    これはこの首を絞められるルクス君の収録の時も、田村睦心さんが実際にやっていたそうです。

    自分自身で息を止めて、息苦しさを味わいながらその場に合った声を出す。
    しかも、ここは演技に没頭し過ぎた余り、収録の際に実際に落ちかけたとも聞くぐらいです。
    キャラが首を絞められるのを見るのも興奮しますが、絞められてる声もまた興奮させてくれる材料なんですよね。
    なんなら、声優さんに失礼な事を言いますが、声を聞いてるとまるで声優さん自身が首を絞められてるように見えて興奮するんですよね。
    腹パンとか首を絞められた時とか、この声優さんはこういう声で呻き声を上げるのか…と思ってしまう。
    ルクス君自身イケメンながらもどこか可愛いし、中の人も美人な女性の声優さんなので、
    男キャラの首絞めだけどこれで興奮してもらえると嬉しいですね。

    …なんなら管理人はショタでもなさそうな男キャラの首絞めでも抜いてますからね…。



    片手で絞める首絞め
    フルメタルパニック 9話リョナ 時々 アニメ、ゲームキャラの画像←過去の紹介記事

    片手絞めで一番オススメ出来ると思うのは、やっぱりこれですね。
    相手を片手で掴んで持ち上げる事は相当な腕力がないとまず不可能と言われてますが、
    この時の絞める側はアラストルと言うレナードの護衛…おそらくロボットかサイボーグと思われます。


    まず、この掴んでる腕の太さがいいですね。
    女どころか男の首すらも余裕で掴めそうな大きさの腕…女の首を絞めるなんて造作もなさそう。


    主であるレナードに対応を求めると「対応A-1、確実にな」と指示。
    その指示を受けてユイランの首を絞め始めます。
    おそらく「殺せ」と言う命令でしょうね…殺せ、確実にな…と思うと怖いですね。
    片腕1つで暗殺者であるユイランの首をギチギチに絞めていき、


    対してユイランも必死に抵抗。
    まずは自身の首を掴む腕を引き剥がそうとするも…腕が大きすぎて力比べにもなってない。
    もはや引き剥がそうと言うより手を添えてるだけに等しいですね。
    ならばとまだ自由が利く下半身で反撃をしようとしますが、


    0ダメージ。こうかがなかった


    0ダメージ。なにもおこらなかった

    地に脚が着かない状態で、首を絞められてる状態では力も入るわけがない。
    本人にとっては渾身の蹴り(笑)、必死の反撃(笑)なんでしょうけど、
    もはや行動に(笑)と付けれるぐらいの無駄な抵抗に見えますね。
    反撃してもまるでダメージがない…情けないと言うより間抜けな行為に見えてきます。


    ここで聞こえる声にならない必死な呻き声がまた興奮させてくれます。
    必死に口を閉じて我慢してるように見えるけど、
    首を絞める力は衰える事がなく、力強くユイランの首を絞め続ける。


    そして、ついに限界が来たのか「あっ・・・!あっ・・・!」とだらしなく大きな口を開けて声を漏らし始めます。
    まさに息の根を止めてやると言わんばかりに首を絞められます。
    最初は見づらかったけど、この時に涎を垂らしてるのもまたたまらないです。


    その後は、走馬灯のように幻が見えて、その幻に向かって手を伸ばし、
    まるで助けを求めるかのようにその幻を見つめる目のアップ。
    この時に聞こえるギリギリ!と言う音がまたたまらない…。
    まさに首を絞められて苦しんでるって臨場感が出ていて最高です。


    そして、必死に手を取ろうと天に向かって伸ばしていた腕が…


    だらんと落ちていきます。
    グググ!ときつく絞めるような音も止んで、最期の辺りに「コキ」と聞こえる辺り、
    窒息ではなく首の骨が折れて死んだのでしょう。


    最後は死亡を確認して、ようやくユイランの首から手を離しますが、
    息絶えたユイランの身体はそのまま地面にゴミの様に落下して横たわったまま。
    この辺りの身体がだらんとして息絶える姿は興奮する所もありますが…
    やっぱり殺すよりは気絶させる方が好きですね。
    殺してしまったら痛めつけれないから、気絶させるだけならまた痛めつけれますしw


    ちなみに、その後のかなめとレナードの話の途中では
    死体となったユイランの顔が映ります…せっかくの美人もこうなっては醜い死体。

    ちなみにこれ知らなかったんですが、ユイランの声優さんって沢城みゆきさんだったんですね。
    沢城みゆきさんの演じるキャラもよく首絞めとかで興奮させられるから、
    沢城みゆきさんのキャラリョナ特集も作れそう…きっとタイトルは下品なタイトルになるでしょう。

    星を追う子ども 映画愛と勇気 だけが 友達←過去の紹介記事

    「君の名は」とか「天気の子」で有名な新海誠監督の作品で首絞めが見れるのがまず嬉しいですね。
    実はどちらも見てない映画ながらも、よくCMで見たので作画とかは知ってます。
    個人的には結構好みな作画やキャラデザしてるので、その作風で首絞めが見れるのはありがたい。


    終盤辺りに夷族に囲まれて、必死に落ちてた木の棒で迎え撃つも、
    身体に当たった木の棒が折れて一気に装備なしの状態になってしまいます。
    更に、そのまま夷族に首を掴まれて首を絞められてしまう形に…。


    腕1本ですら明日菜の首を余裕で掴める大きさで、


    明日菜を掴むと「捕まえたぞ~」と見せびらかすように高々と持ち上げます。


    種族の違いもあって、子供の明日菜…まだ11歳の明日菜の身体に対し、
    夷族の身体は明日菜の何倍もある…身長だけでも倍はありますね。
    腕の長さも全然違い、反撃しようにもせいぜい腕を叩くぐらいしか出来ない。
    それでいて、夷族は1匹だけではなく群れでいるので1体倒せても特に意味がない。


    夷族達は穢れと呼んでいる明日菜を捕らえた事を喜ぶように眺めていて、
    周りで夷族が「ワー!ワー!」と叫ぶ中、明日菜は首を絞められて耐えるしか出来ない…。
    まさに夷族達の見世物状態ですね。きっと「殺せー!」と騒いでそう。


    とは言え、明日菜だってこのままやられてるわけにはいかない…。
    幸い、森崎教授から護身用に銃をもらっていたので、それを使って発砲して反撃。


    するはいいものの、使った事もない銃を狙いを済ませて打つのは至難の業。


    案の定、打った弾は全て夷族に当たる事なく、近くの地面に当たってしまいます。
    そんなん打ち方では射的ゲームの景品も取れないですね。


    ついには弾も全て打ち切ってしまって、せっかくの護身用の銃も当たらなければ弾の無駄。
    夷族にとっても「…何かしたか?」と全く脅威に思っておらず、
    もはや威嚇どころかただの賑やかしにしかなっていません。


    銃の弾が尽きてしまったけど、まだ諦めない明日菜ちゃん。
    ならば今度は…と


    自身の首を絞める夷族の腕を掴んで必死に引き剥がそうとします。
    銃が当たらなかったので、今度は力比べで勝負でしょうかね?


    「ん~~~!!」と必死に引き剥がそうと奮闘するも…ビクともしない。


    力比べでも勝てるわけでもなく、ただひたすら首を絞められて苦しむ事しか出来ない明日菜。
    首を絞める力が強まっているのか、額から汗に加えて口から涎も垂れ始めます。


    相手は結局大した力を持たないガキと分かった事で、
    「穢れだ・・・食う・・・ぶぅぁぁぁぁ」と不気味な笑いを上げて大きく口を開ける夷族。


    汚い涎を垂らしながら、どこから食ってやろうか考えるように引き寄せます。


    特に意味もなかったけど、護身用の拳銃も使い果たし、
    力比べも当然勝てるわけもない…残る道は夷族の餌となる運命。
    首を絞められる苦しみから汗がさっきから垂れてますが、ついには絶望したのか涙まで流れ始めます。


    「私・・・生き・・・なきゃ・・・」と弱々しく呟き、
    自分は生きなくてはいけない…そう分かったはずなのに…
    夷族の首絞めは当然止まる事はなく、自分の首をきつく絞め続ける。
    次第には意識が薄れて視界も霞み始め…


    11歳の身体で必死に抵抗していた腕もついに


    力が抜けて掴んでいた夷族の腕から離れていきます。
    力を失い、するりと落ちていき…


    だらんと垂れた腕がぷらんと垂れてます。
    やっぱりこの力尽きると言う瞬間は見てて興奮させられますね。
    まさに糸の切れた操り人形のよう…。

    ちなみにこの後にシンがやってきて、すぐに救出される形になります。
    シンが来たとは言え、夷族の群れに囲まれる形だったものの、
    潮が引いていたのと同じように夜が明け始める…。
    夷族は水と光が苦手…と言うより光を浴びると消滅するようで、
    即座に地面へと逃げていき、難を逃れる事になりました。

    救出されたとはいえ、首絞めが見れただけでも良かったと思いますね。
    絵に関しては有名な新海誠監督の作品なので、首を絞められてる時の描写と作画は素晴らしいと思います。
    …欠点を言うなら、首を絞めるギリギリと言う音がない所ですね。

    そらのおとしものフォルテ 7話、8話過去の紹介記事はありません

    この回はカオスの恐怖じみたセリフが怖いシーンですが、スクショで見る分にはいいと思うシーンですね。
    ちなみに、この後の11話にあるカオスとの再戦は個人的にもお気に入りのリョナシーンがあります。
    カオスの翼に捕まって拘束され、そのまま締め付けられて苦しむイカロス…あのシーンはたまらないです。
    そのシーンの紹介も過去に行ってますが、今回はカオス初登場の回の紹介と行きます。
    …何気にこのシーンやってなかったんだよなぁ。

    ニンフの前に現れた智樹…ニンフ自身が実は待ち望んでいた、智樹が自分のマスターになる事。
    それを智樹の口から聞けて嬉しさで胸がいっぱいになるニンフ。
    過去の戦闘で翼をもぎ取られ、エンジェロイドとしての力を失ってる自分でもいいのか?と聞くも、
    構わないと言ってついには泣き出してしまうニンフ。

    が、智樹が1つ命令させてくれと言った命令が

    「自爆してくれ」

    …は?

    何を言ってるのか理解が出来ないニンフ…対して智樹はニンフに接近し、


    ニンフの首を掴みながら「早く愛を教えてくれ」と言い始めて、










    ニンフの身体を前後へ激しく揺さぶりながら
    「愛を…愛を…愛を…愛を…」と狂ったように連呼し始めます。


    明らかに様子がおかしい智樹…なんなら途中で一人称が「私」になっていて、
    ニンフも自身を激しく揺する腕を掴んで抵抗します。
    もう既にニンフも気付いてますね…こいつは智樹ではありません。

    ニンフに偽物だとバレた為に、仕方なく変身を止めて本当の姿を見せます。
    彼女の正体は第2世代エンジェロイドのTypeイプシロン、名前はカオス。
    尚も「愛ってなぁに?」って子供の様に聞いてくるカオスに怒りを抑えきれず、


    「ふざけるなぁ!!」と口から波動砲を出してカオスに直撃させます。
    ニンフの波動砲を直撃して爆発するカオス。
    「はは!ざまぁみろ!!」と、私を騙した罰だ!と言いたげに勝ち台詞を吐き捨てるニンフ。


    ニンフが智樹から言われたかった「俺、お前のマスターになりたいんだ」と言う言葉。
    皮肉にも願っていたこの言葉をかけてくれたのは偽物の智樹…。
    下手な攻撃よりも痛い精神へのダメージ…
    もう一度泣きながら「ざまぁ…みろ…」と吐き捨て、その場を去ろうとするも…


    振りむいて去ろうとした先には「何が?ざまぁみろなの?おねぇさま?」と言いながら無傷のカオスが立ち塞がります。
    自身の波動砲を受けて全くの無傷…服すら傷ついていない。
    その姿に驚いてる間に、カオスは自身の腕を


    ニンフの首の装備へと向かっていき、首の装備を掴み始めます。
    ニンフは「どうして?直撃したはずなのに!?」とカオスの無傷っぷりはまだ信じれない。


    ニンフの首のパーツを掴み、自身の上からの命令を語りながら軽々と持ちあげます。
    エンジェロイドの身体を軽々と…と思いましたが、調べてみると体重は身体相応の重さみたいですね。
    機械みたいな物だから、もっと思いような物を想像してましたが…
    ちなみにニンフの体重は29kgでイカロス、アストレアより一回り小さいので一番軽いみたい。


    持ち上げられてるニンフの別視点。
    チラリと見える背中がまた興奮させてくれますね…。


    ちなみに、カオスは実は命令には興味がなく、カオスが一番興味がある…知りたいと思っている事は…
    なぜ、お姉様と呼ぶ彼女達がシナプスを裏切って智樹達の傍にいるのか。
    エンジェロイドにはプログラムされてない「愛」と言う感情がそれをさせてると思い、


    ニンフが恋愛感情を抱いてそうな智樹の姿に化けて現れたと言いながら、
    せっかく掴んで持ち上げてたニンフを放り捨ててしまいます。


    倒れ込んでるニンフにカオスが語り掛けますが、
    その途中に見えるニンフの脚をパシャリ…太腿とストッキングみたいな装備がエロいですね。


    そして、倒れ込んだニンフと顔を合わせるようにして問いただします。
    「愛ってなぁに??」
    智樹の姿に変身していた時も聞いてきたこの言葉。


    そして、再び首のパーツを掴んだかと思うと…
    さっき放り捨てたのにまたもやニンフを持ち上げて宙吊りにし始めます。


    空中へ持ち上げられる際に見れる両足もまたもやパシャリ。
    くの字に曲がった脚と、やっぱり太腿とストッキングみたいな装備がエロいですね。


    そして、智樹の姿の時と同じように、またもや狂ったように
    「愛って!?愛って!?」と連呼しながらニンフを持ち上げていきます。
    しかも気付けば掴んでる先がニンフの首のパーツではなく、ニンフの首になってますね。


    今度はさっきのおふざけではなく、本気でニンフを苦しめようと力強く絞め始め、
    ニンフの顔が徐々に苦痛に歪んだ顔へと変わっていきます。










    下半身の方も、空中へと連れていかれて足場を失った足をバタつかせる姿が見れます。
    イカロス、アストレア達よりも一回り小型のニンフですが、
    そのニンフより更に一回り小さい身体のカオス…
    そんな体格差で勝ってるはずの相手に一方的な暴力で負ける。
    ガキ相手に手も足も出せず、下半身も無様にバタバタと無様なダンスの様にバタつかせる姿が情けないですね。


    ニンフの首を絞めてる腕も片手から両手を使い始めて、
    完全に相手の首根っこを掴んで首を絞めていきます。


    狂ったように「愛って!?」と言われ続け、一方的な暴力に為す術もないニンフ。
    「愛」とは何かを答える事も出来ず、「う、うぅぅ」と首絞めに苦しむ事しか出来ず、


    最後は「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」と空に浮かぶ太陽を見上げながら悲鳴を上げます。
    そんなわけで、最後はニンフの負け犬姿を晒しながら、7話は終わりを迎えます。
    まるで「助けて…智樹!!」と心の中で思ってるようですね。

    「ざまぁみろ!」と吐き捨ててこの様…カオスの言う通り何がざまぁみろだったんでしょうかねw
    ざまぁみろ(笑)

    ここはちょっとカオスの「愛って?」の連呼が狂気じみて怖いですが、
    ニンフの首絞めっぷりはなかなかですね。
    ちゃんと相手の首を掴んで息の根を止めようとしてる。えらいえらい♪


    ここから8話に入ります。


    開始直後から前回の首絞めシーンの続きから始まります。
    映像が出ると同時に最初に映し出されるのは、カオスの瞳に移ったニンフの苦しそうな顔。
    ニンフ自身よりも更に一回り小さいガキみたいなエンジェロイド相手に手も足も出ない旧式のかっこ悪い姿。
    体格差で負けてる相手に首を絞められて、その絞める腕も引き剥がす事も出来ない力も負けてるポンコツの姿。


    カオス自身もそのお姉様と呼ぶニンフの苦しむ姿を両の目でガン見にしながら、
    「愛ってなぁに?」と愛とは何かを、ニンフの首を絞めながら聞いてます。


    しかし、ただ呻き声を上げる事しか出来ず、「愛」について何も語ってくれないニンフ。
    そんなニンフを甚振るのも飽きたのか、せっかく絞めていた首から手を離し、
    またもやニンフをゴミの様に放り捨てます…まさに使い飽きたおもちゃの扱い。


    そして、再び変身をして、今度は五月田根美香子の姿になりながら、
    「そうよねぇ。羽もないような役立たずじゃねぇ!!」と罵りながら、
    「愛」を教えてくれない役立たずなガラクタの腹…いや、みぞおちかな?そこに蹴りを入れます。


    思いっきり容赦ない蹴りを入れられ、蹴られた箇所を手で押さえるニンフ。
    その後もカオスの一方的な攻撃は続きます…今度は暴力による攻撃ではなく、


    守形英四郎、見月そはらとニンフの周りの人物に次々と入れ替わりながら暴言を吐き捨てる。
    その言葉の内容は、ニンフが一番気にしてるであろう翼を失った為にエンジェロイドの力を失ってる事。
    その事を徹底的に付くように「役立たず」「役立たず」と身内達の言葉で連呼。


    おそらくみんなから一番言われたくなかったであろう言葉を聞かされ、
    ニンフは必死に耳を押さえながら、「うるさい!うるさい!」と相手の言葉をかき消すように叫びます。


    相手の精神を痛めつける事が大好きなカオスは、
    もっとニンフの心を傷つけるように、今度は智樹の姿になって

    「ニンフ、お前は廃棄処分だ」

    と吐き捨てます。

    首絞めシーンがあると言う事で、自分もここまでは見ましたが、
    スクショ手に入れる為に見直したら、この後も結構興奮させられるシーンがありましたね。
    最初はその部分もこのまま書こうかと思いましたが…思ったより長くなりそうなので、ここで〆ます
    この後に見れるイカロスへの虐待…いじめのシーン、
    いつになるかは分からないですが、書いてみたいと思います。

    Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 8話アイン!ツヴァイ!ドライ!ツインバード!←過去の紹介記事


    アンジェリカとの戦いにて、相手からの攻撃を受けてダウンするイリヤ。
    四つん這いになる格好で、息を荒げながらも呼吸を整えている最中に、


    アンジェリカの得意とする空間を置換する能力を使って、
    イリヤも気付けば目の前に相手の手首が出てきており…


    そのまま突如目の前に現れた相手の腕は、そのままイリヤの首を掴みます。


    そして、掴んだイリヤの身体をそのまま持ち上げる形にして、
    イリヤの身体を宙吊りにした状態で首を絞め始めます。


    イリヤも必死に「放して!」と言いたげに、自身の首を絞める腕を引き剥がそうと抵抗しますが、


    もっときつく首を握り潰して、イリヤの首を更にきつく絞めていきます。
    手の見た目では分かりませんが、このイリヤの表情から見るに、
    きっと首を絞める強さが強まったと思われますね…こういう表情は見てて興奮します。


    小さな女の子1人にも容赦せず、息の根を止めるように首を絞められ、
    イリヤも弱々しい声で「放して・・・」と呟きます。
    対して、アンジェリカはこの状況でも諦めないイリヤに疑問を抱きます。
    武力も正義もこちらにある…こちらが有利で相手には全く勝ち目はないと言うのに…。


    その力を示すように、おそらくさっきよりも強く首を絞めてるように見えますね。
    力の差を見せつけるのに一番分かりやすい方法は、相手の身体に直接教える事。
    教育と経験が足りてなさそうなガキでも分かるように、シンプルな首絞めで力を見せつけていきます。


    首を絞められながらも「何が…正義なの…?」と弱々しく言葉を放つイリヤ。
    きつく首を絞められて、声が全く出てないのがいいですね。
    反撃する事も言い返す事もロクに出来ず、今出来るのは自身を掴む腕にしがみ付く事ぐらい。
    必死に腕を引き剥がそうとしてるでしょうが、力の差は歴然と言うだけあってビクともしない。


    首が絞まるどころか喉が潰れる、首の骨が折れそうなぐらいの力強い首絞め。
    相手からの一方的な暴力に為す術もなく、悔しさと苦しさから汗と涙でいっぱいのイリヤの顔のアップが見れます。


    その後に、今期部外者役達の会話が入った後に、再びイリヤ側の視点。
    武装した手甲ががっしりとイリヤのがっしりと掴んで絞める所のアップが見れます。
    このまま2度と減らず口が叩けないように、握り潰す締め潰すのもいいですが、


    残念ながら(?)アンジェリカの方からイリヤの首から手を離してしまいます。
    ここは部外者3人組の時にギルが予想した通り、イリヤを殺すつもりはなかったからでしょう。


    おそらくはあくまでも、武力による警告が目的であろう為、
    首から手を離してもらったイリヤはそのまま落下していきます。




    もっとも、殺すつもりはなかったかもしれないけど、
    結構強く首を絞めていたのは事実で、きつく絞められた首を押さえながら、
    ゲホッ!ゲホッ!と咳き込みながら息を整えます。




    そして、アンジェリカから聞かされた彼女達の目的は「世界の救済」
    その意味がまだ理解できず、一呼吸を終えた後に


    もう1回「ケホッ!」と咳き込みを入れて「何を?」と聞きます。
    この首を絞められた後の過呼吸による咳き込みとか、痛めた首を押さえる仕草がいいですね。
    で、イリヤが首を絞められるシーンはこれで終わりです。
    最後の辺りの相棒でもある意思を持った武器のマジカルサファイアに心配されるのもいいです。
    一方的な暴力で分からせる…しかも一番シンプルな首絞めを選ぶのがたまらない。
    首根っこをがっしりと掴む、途中でその部分がアップで見れるのが興奮します。
    やっぱり首を絞められてる所が映るとたまらないです。

    この辺りからは単独の紹介記事がないので、個別に紹介していくとしましょう。

    Re;CREATORS 20話

    アルタイルと戦うも、いきなり武装が解けて非武装の姿になる星河ひかゆちゃん。
    その際に、アルタイルから首を絞められて、嫌味を込めたセリフを言われながら首を絞められてます。

    武装を強制解除されて、ほぼ無防備の姿に対し相手は武装をしてる戦闘形態。
    当然ひかゆに勝ち目はなく、首を絞められてステージの外へと放り出されてしまう。
    自身を苦しめる腕が、皮肉にも自分を落ちないようにしてる支えとなってるのがいいですね。
    ステージから落とされて転落死か、このまま首を絞められて窒息死か…好きな方を選ぶといいでしょう。

    …と言いますが、アルタイル自身もひかゆを殺すつもりはなく、
    「あなたには、傍観者の席をあげましょう」と言ってる辺り生きて返すつもりだと思います。
    ちなみに、Youtubeに動画があって知ったんですが、肝心の動画は消されてますね。

    リリカルなのはstreikes 23話

    これもまだ記事を作っていないのですが、スバルの首絞めシーンがあります。
    かつての姉とも言える存在のギン姉と敵として再開…
    ただ、昔のように仲良くするわけでもなく、単に敵として見られて首を絞められるスバル。

    こうやって持ち上げて首を絞めるって力の差を見せつけてる様でいいですね。
    首を掴んで絞めて持ち上げる…「私の方が強いんだぞ」と身体に分からせてるみたい。
    それに、スバルってへそ出し衣装してるから、このまま吊り下げて腹パンとか似合いそう。
    言う事を聞かないいけない妹分ちゃんは、暴力で言う事を聞かせてあげないといけませんね。
    このシーンも記事にしたいですね…8月辺りに作ろうかなと思います。

    STAR DRIVER 6話


    集団戦になってる時に、敵に首を掴まれて首を絞められるワコ。
    まるで見せしめにされるように高々と持ち上げられて首を絞められる様がいいです。

    仲間達も「ワコ!?」と助けようとするも、
    他の敵から押さえつけられて、ただ仲間が首を絞められるのを見てるしか出来ない。
    仲間は助けに行く事も出来ず、見ているだけしか出来ず、
    ワコ自身もみんなに見られながら首を絞められてると言う状況がいいですね。


    拡張少女系トライナリー 話数忘れました




    アニメ放映前に一枚絵で首絞めが用意されていましたが、
    残念ながらそのシーンが放映される事はなかったようです。
    代わりに、神楽から首を絞められるつばめのシーンがあったようです。

    互いに15歳と言う若い女の子達。そんな若い女の子が若い女の子を傷つける。
    しかも、何かしらの力が働いてるせいか、目の色もおかしい輝きをしていて、
    15歳とは思えないような凄まじい力で、つばめの身体を片手で持ち上げて首を絞める。
    同じ年齢の身体でも、力の差が天と地ほどあって、引き剥がそうにもビクともしない。


    ちなみに、もう1つ後ろから見た視点がありますが…これはちょっと作画が崩壊してますね。
    肩に乗ってる薬指と小指の位置おかしくないですか?


    と言うわけで、持ち上げ系の首絞めシーンのまとめ記事でした。
    正直、時間があまりなかった為に、全部は紹介しきれなかったですね…。
    他にも忘れてそうな物、すぐに調べれば出てきそうな物もありますが、
    時間に追われながら作った為にここまでしか出来ませんでした。

    まぁ、そもそもポケモンユナイトやってたり、パズドラのんびりやってるのも悪いんですけどねw
    とは言え、正直ずっと文章ばかり考えてても途中で疲れると言うか、飽きてくるので息抜きも必要。
    今回はこんな感じに作ったので、楽しんでいただけると嬉しいです。

    まとめ
    今回の管理人の行為から学ぶもの…時間はもっと管理して使いましょう


    スポンサーサイト
    [PR]

    コメント

    応援ありがとうございます。
    自分の拙い文章でも褒めてくれると嬉しいです…照れてしまいますw

    星を追う子どもは絞められてる時の音が欲しかったのが本音ではありますが、
    作画は有名監督の作品だけあってとっても綺麗なので、見てる分としてはとても興奮させられます。
    捕まる瞬間、絞められる部分、明日菜の苦しそうな表情とか汗水とか見ててたまらないですね。

    そして、ベガに首を絞められるシーンのリメイクは期待度は薄いですが、
    また時折、首絞めの題材の時に紹介として載せてみようと思います。

    首絞め系の記事大好きです。
    特に首絞め描写の文章が上手でよく読んでいます。応援してます。

    ご紹介されてるのだと
    星を追う子どもが好きですね。
    大きい敵に手で首を絞められると
    絞められてる首が隠れがちですが
    この映画は首がアップになって見えているのが良いです。

    この記事にはありませんが、
    過去に記事があったのだと
    ストリートファイターⅡVの春麗がベガに長々と締められるシーンが大好きですね。
    また記事にしていただけたらうれしいです笑

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    持ち上げて宙に浮かせると、脚が地に着かない為に相手のが思うように反撃させないのが大好きです。

    ただ、ちょっと冷めるような事書きますが、物理学的に見ると片腕だけで相手の身体を持ち上げるには、
    現実では考えれないぐらいの筋力と体重が必要らしいです(動画でそういうの見た事あります)
    とは言え、アニメはそういうのを気にしてはいけませんね…女の身体で軽々と持ちあげてる姿とか結構好きですしw

    両手で持ち上げ系はどれも大好きで、片腕だとユイラン、星を追う子どもの明日菜が好みですね。
    後、今回載せるのを忘れてた美琴のシーンと鋼殻のレギオスのカナリスの首絞めも好きです。
    美琴は機械相手に無意味な反撃をする姿が間抜けっぽくていいですし、
    鋼殻のレギオスは女が自身の肉体で女の身体を持ち上げて絞めると言う、自分の好きな女が女の首を絞めるシチュがいいです。

    持ち上げての首絞めは相手との力の差が分かるのと、足をバタつかせての抵抗を見られるのが魅力的だと思います。

    身体が浮くぐらいですから、相当強い力で絞められてるのかと思うと興奮しますね。

    紹介されてる作品ですとニャル子さん、ユイラン、スバルの三人がお気に入りです。持ち上げての首絞めだと、とあるの御坂のシーンも印象に残ってます。

    首絞め好きにはたまらないシチュだと思います。
    自分自身もここまで書いて、博物館のようにネタをずらりと並べたのを見てたら自然と勃起してきますw
    もちろん、どれも女の子の首ではなく自分のチ〇コを掴んで抜いた事があるシーンばかりです。

    ニンフのシーン単体はやってなかったので、今回作ってみました。
    すぐに相手を倒してしまうのではなく、相手を嬲るように痛めつけるカオスの趣味が光りますね。
    ニンフの首を絞めて苦しめながら問い詰めたり、その後の智樹の幻達に痛めつけられたり。
    首絞めの後のシーンもまるでいじめのようにやられてるので、文章の内容を考えるだけでも興奮しました。

    どれもいいシーンですね。全部オカズにしたことのあるシーンです。
    ニンフのシーンはまだやってなかったんですね。「愛ってなぁに??」って聞かれても首絞められたら声が出せないんじゃなんて考えて興奮してました。そらおとでニンフが一番好きなんですけどこのシーンで勃起したのがきっかけだったり…。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事へのトラックバックURL
    http://crescendoblue.blog53.fc2.com/tb.php/2220-0a874343

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    悟飯がエロい目に合うと言うエロ妄想SSも一緒に書いてます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する