fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    いっぱい書いた…と見せかけて過去の使い回し(そこは触れないで…)

      

    いきなりですが、昨日辺りからだったかでグラブルがレジェフェス開始。
    また、石配布キャンペーンの時期でもあり、それに合わせてガチャが1回だけ無料。
    そのレジェフェス1回無料ガチャ引いたら単発でSSR来ました。
    多分、今回追加された水着キャラでしょうね。

    確かに、グラブルにも股間に来るキャラ多いですからね…ナルメアお姉ちゃんとかずるい。
    他には巨乳なキャラとか結構好きです。アリーザとかボインだからいいですよね。
    よくエロ画像で抜いてます

    とまぁ、時折来る単発1発勝利を引く瞬間って最高ですよね。
    対魔忍RPGXは最近久しぶりに課金して水着鹿ちゃんとか回収する羽目になってあまり運が向いてこない。
    パズドラは10連ガチャとかは絶対に実装しないと言う(配布イベとか除く)山Pの熱い決意故に1回ずつしか引けないですが、
    レアガチャのラインナップが更新され、久しぶりに石5個のゴッドフェスが開催されてるので引いてみました。
    最近は石10個だけど育成済み、+297ありが多いけど、石の量が多い分通常神を引くとがっかり感もひどい…。
    石5個は特典なしで確率も10個の時より下がってるけど、消費量は抑えれるのが利点。

    そんな石5個ゴッドフェスを引いたら本アカが1発でメノア引いてくれました。
    最近追加されるフェス限の中では珍しく動かない静止画キャラですが、☆7の高級フェス限枠。
    マシン降臨キャラを使って色々と究極進化させれますが、どれもこれも結構出番がありそうなキャラ。
    また、素体も1ターンで打てる盤面ロックキャラなので、ルーレット対策やランダンで活躍歴あり。
    1ターンで打てる盤面ロックは正直欲しいので、ずっと欲しかったメノアが来てくれたのは嬉しいです。
    究極進化後も色々使い道ありますが…やっぱりまずは素体で残しておきましょうかね。

    メノアの絵師はNINNIN先生だったはずで、この人の人型の絵は結構賛否両論ありますね。
    「かわいいじゃん」とか「顔のデザイン変じゃね?」とか…自分は結構好きですよ。
    マドゥとか何度もエロ妄想のおかずにして抜いたぐらいだし



    早くも月が変わって8月ですね…かれこれ2021年も半年以上経ってる。
    今日はさっそくリョナネタと言う事ですが、今月はいつもより多めにリョナネタ作れたらいいかな…と思ってます。
    と言うのも、自己的な理由で8月はちょっと多めに作ってみたいからです。
    で、メモ用紙に今月に書けそうなリョナネタを書いた所…2日に分けて書くネタもありますが今日含めて6個ぐらいは作れます。
    そして個人的には後2つぐらい欲しいな…と言う事で更なるリョナネタ考え中です。
    候補とかストックはいくつかあるんで、出来れば今月は多めに作りたいですが…
    男の子ですらない男のリョナって興味ありますかね…?
    ホモなせいか男キャラのリョナもそれなりに好きなんですが…興味ないですよねw
    (正直に言え…書きたいんでしょ)


    まぁそれはともかくとして、今日はちょっと新しい形式で作ってみました。
    今回のネタは全文が見える状態だと非常に長くなるので折り畳み式にしてみました。
    今日の紹介ネタは過去にも紹介した事あるキャラ達ですが、そんな中でも強キャラと言えるキャラのリョナを集めてみました。
    設定ではとっても強い、作中の戦績はとっても良いとか、普段やられる所を見せないキャラ…
    そんなキャラが珍しくやられるシーンって印象深くて興奮させられたりしますよね。
    黒三角の文がタイトルみたいな物なので、それをクリックすると折り畳みの中の文章が見れます。
    …ちなみにスマホからだとどう映るんでしょうね?基本PCでしか見てないからその辺りは分からないです…。

    フリージングのシフォン
    (サテライザーとラナにフルボッコにされる)

    フリージングの世界に登場する世界4強のパンドラの1人のシフォン。付いた異名は「笑う怪物」
    4強の中でもシフォンはただ一人生まれが少し違うっぽいので、他の3人より格が違うと予想されます。
    残念ながらそのシフォンの姉妹的存在が出る頃にはシフォンが作品から退場してる為不在ですが、
    シフォンが消えるまで実質シフォンが負けると言う描写はほぼ0。
    戦闘シーンが描かれてる時もほとんどかすり傷負った程度なので強キャラの存在感を出して退場しました。
    そんなシフォンでもダメージはほとんどないに等しいけど攻撃を受ける描写はあるのでその描写だけをピックアップ。


    まずはラナに腹パンされるシーンからです。
    シフォンと同じ学年のクレオに嗚咽を吐き散らせた腹パン技・炎牙をシフォンにもお見舞い。


    次にラナの猛攻に続いてサテライザーがシフォンの頬に顔面パンチをお見舞い。








    その後も調子に勢いに乗ってシフォンの顔に何度もパンチを与えます。
    美しい顔立ちをしたシフォンの顔がギャグみたいにぐにゃんと曲がってる様がいいですよね。
    ギャグっぽくもあるけどこの滅多に見れないシフォンの変顔…興奮しませんか?(自分はこれらで抜きました)




    サテライザーの顔面パンチラッシュに続いてラナが分身を使って炎牙×4の腹パンラッシュをお見舞い。
    4人掛かりでシフォンのお腹目掛けてパンチを連発。
    まるで太鼓のように叩かれまくって、その衝撃でのた打ち回るシフォンがたまらないです。
    それに分身とは言え4対1と言う状況もいいですね。まるでリンチとかイジメてるみたいで好きです。

    多少画像に空きを作りましたが、シフォンがボコられる部分だけを載せました。
    シフォンの戦績はほぼ無敗なんですが、こうやってやられてる所だけ見ると強キャラがボコられてるように見えますね。
    まぁ、もちろん結果は分かってると思いますが、これだけサテライザーとラナがボコボコにしてますが、
    この後シフォンはほぼ無傷の状態で平気な顔をして立ち上がってきます(結局のところほぼノーダメージ)

    フリージングのロックサンヌ
    (正体不明のノヴァに弄ばれる)

    シフォンに同じくフリージングの世界からロックサンヌを選出。
    シフォン同様の世界4強に数えられるパンドラです。付いた異名は「不死身」
    強さは申し分ないはずなのですが、この時に出てきた相手の正体不明のノヴァが強すぎて相手にならないだけでなく
    股間から攻撃されると言う女性の尊厳を弄ぶような攻撃が最高です。
    世間的にマン的も少ない中で、股間から電撃と言う珍しいシチュに強気の泣き言叫ぶロックサンヌが見どころです。
    ちなみにアニメではこのシーンはないので漫画の直撮りです…すみません。


    場面がロックサンヌ側に戻った時には既に事後…正体不明のノヴァにボッコにされてる世界4強のパンドラ(笑)
    相手が無傷に対してロックサンヌがズタボロ姿と言うのがよりやられ具合に拍車をかけてます。
    しかもその後に相手から「アソボウ」と声が聞こえ、相手にとっては戦いではなく遊びでしかないと分かります。


    そして、ロックサンヌの服を乱暴に破って彼女を裸の状態にします。
    このコマでは胸が見えてる程度ですが、この後のコマでは股間まで服が引き裂かれてるのが分かります。


    大人の都合でマ〇コの部分は隠してますが、相手のノヴァの指先はおへそからスーッと下へ下ろしてロックサンヌの股間へ…。


    そして、ロックサンヌの股間に宛がわれた指から電撃みたいな攻撃が流し込まれ、
    これまでだんまりだったロックサンヌも耐えれずに大きな悲鳴を上げ始めます。
    世界4強と呼ばれるロックサンヌの数ある戦闘経験でも、こんな攻撃をされるのはきっと初めてでしょう。


    苦痛でありながらも快感にも感じる女の尊厳を弄ぶような攻撃。
    それを受けて身体をビクビクと震わせ、必死に悲鳴を上げないように耐えてるロックサンヌの姿が最高です。


    パンドラどころか女としての尊厳も甚振られたロックサンヌのプライドはボロボロ。
    普段は強気で面倒見のいい姉貴分のロックサンヌが涙しながら「殺せー!」と叫びます。
    しかし、生かすも殺すも相手次第ですからね。どれだけ相手が惨めな姿になろうが敗者に決定権はない。
    周りに仲間がいないものの、この股間から電撃を流されて泣き叫ぶ姿を読者にじっくりと拝まれます。

    これが自分が大好きな漫画のフリージングのロックサンヌリョナです。
    マン的と言った股間への攻撃もそもそも見かけない中で、この股間への電撃は最高の攻撃ですね。
    世界4強のパンドラ(笑)の姿はとても無様で、見てて興奮させてくれます。
    ただ、ロックサンヌ自体は憎めないキャラで、悪役キャラ要素なしのとってもいいお姉さんキャラ。
    そんないい人で抜くのは正直気が引けると言うか…でも、抜くの気持ちいいから抜いちゃいます。



    ただ、最後のロックサンヌのこの姿は見たくなかったですね…。
    股間からの電撃攻撃はおそらく身体の組織をノヴァの物に書き換えるようなもので、身体をノヴァ化されたロックサンヌ。
    身体をノヴァ化されて相手からの洗脳に抗う事が出来ず、最後はロックサンヌ自らが自爆してこのような姿になってます。
    上半身が吹っ飛び、股間と両足だけが残ったもはや置物と言えるこの姿。

    初めて読んだ時もそうですし、改めて読み返した時も、さすがにこの姿を見た時は性的興奮より相手へのヘイトが大きかったです。
    どうしようもない悪女とかがこんな姿になったらざまぁみろとか、この置物持ち帰りたいなとか思ったりしますが、
    ロックサンヌみたいないい人キャラだと心に来る物がありますね。
    この姿を見たサテライザーとラナもこの後に怒りを爆発させ、「殺してやるー!!」と叫んで正体不明のノヴァに立ち向かっていきます。
    しかし、覚醒した2人の力でもこの正体不明のノヴァにやられてしまいます。

    とは言え、最終的にはロックサンヌが生き返って帰ってきます。よかったよかった(またロックサンヌで抜けるね)
    そんなわけでロックサンヌが無様にやられるシーンです。
    設定上は強キャラの部類なんですが、相手が強すぎるせいで戦いに付いていけずにボロ負けする姿が見れます。
    また、ロックサンヌ自体も戦闘描写があまりなかったはずなので、描写の勝率で見るともしかしたら0%とも言えるかもしれないですねw
    改めて…世界4強のパンドラ(笑)

    ナジカ電撃作戦のナジカさん
    (ヒューマリットのコハルにボコボコにされる)

    ナジカ電撃作戦の主人公とも言えるナジカさん。
    並の兵達には無双できる凄腕エージェントです…が、それはあくまで人間相手の世界。
    人間の力を卓越したロボット・ヒューマリッド相手には遅れをとるナジカさん。
    中でも5話のコハルとの戦いで読みが外れていきなりお腹殴られてお腹抱える姿はダサくて最高です。

    目的の核ミサイルの発射を阻止を間近にするも、当然最後の砦として現れるのは相手の側近のヒューマリットのコハル。
    コハルの先制攻撃を警戒して両腕で首をガードしますが、それを見たコハルの拳を振るう先は


    ナジカさんのがら空きのお腹。
    ここに目掛けて…


    ぱぁんち!!
    ボグッ!と興奮させてくれる音を立てた腹パンが見れます。
    服越しとは言えお腹に拳がめり込む様はたまらないです。おへそ丸出しのお腹だと尚更興奮します。


    出会い頭に読み間違えて腹パンされて「うっ!」とこれまた興奮させてくれる嗚咽を吐き散らすナジカさん。
    その後にお腹を抱える姿は見てて間抜けに思えてきます。




    その後はお腹抱えたナジカさんを跳び箱の要領で飛び越えたコハルが背後に回り込んで、チョークスリーパーの形で首を絞めます。
    腹パンされてお腹抱えて背後に回れて首を絞められる…どこが凄腕エージェントなんでしょうね(呆れ)

    しかし、その後に返し技でナジカさんが有利になります。さすが凄腕エージェント!
    と思ったら、事もあろうにコハルが痛がると言う演技にまんまと引っ掛かってすぐに反撃されます。
    相手に情けを掛けると言うエージェントにあるまじき行為…凄腕エージェント(笑)










    挙句に相手から4連コンボの華麗な連撃を喰らってやられてしまいます。
    もはや凄腕エージェント(笑)どころかサンドバッグですね。
    鍛え上げた体や技え悪を制圧する仕事なのに、むしろ相手が鍛え上げた技を試す為の練習用のサンドバッグと化してる。
    まぁ、正義の味方が勝つ姿より正義の味方がボコボコにされる姿を見る方がやっぱり興奮します。


    最終的には同じヒューマリットのリラと交代してコハルとの勝負を制してくれますが、
    コハルを捕らえて本部へ戻った時、目覚めたコハルに首を絞められると言うオチまで用意してくれます。
    おそらくこの回では終始…いや、一度もコハルに勝ってないですね。

    そういえば、自分が紹介したナジカさんリョナの記事でもヒューマリットのBBB、エリス相手にもボコボコにされてる。
    自分が紹介した記事だけ抜粋すれば作中でナジカさんの対ヒューマリットの戦績は0勝。
    凄腕エージェントと言っても所詮は人間レベルでしたね。
    凄腕エージェント(笑)
    そんなわけで、久しぶりのナジカさんリョナ紹介。
    自分がリョナ紹介記事の今の形式を作ったのもこの作品が初めてだったはず。
    この腹パンシーンとかは昔ケーブルテレビとかで実際に見てたので興奮してましたね。
    特にBBBに襟元を掴まれて持ち上げられて、息苦しそうにしてる姿が特に好きでした。そしてその後の弱々しく銃を突き付けようとする所も。
    あんな見え見えな銃の付きつけを見たら誰だって阻止しますよね。
    そして相手のBBBの阻止の仕方がまるで飛んでる蠅を落とすみたいに片手間で阻止されてすごく情けないです。
    ナジカさんは結構やられてるピンチになるシーンがあるので、他の紹介記事も是非見てくださいw

    悪魔のリドルの兎角ちゃん
    (伊介にボコボコにやられる)

    暗殺界の者が聞けば震えあがる程の有名な東のアズマの出身で恐れられる主人公の兎角ちゃん。
    ほとんどのクラスメイトの暗殺者との戦いはほぼ無傷で勝つも、弱みを握られた伊介には苦戦させられます。
    暗殺一家の歴史ある家系の東のアズマの出身の東兎角…実は人を殺した事がないと言う暗殺処女。
    それ故に、訓練では的確に相手を殺す部分に攻撃を仕掛けるも、実戦になると死に直面しない攻撃しか仕掛けない。
    そうと分かれば相手の手の内も読みやすくなる…と言う事でその秘密に気づいた伊介にはやられっぱなしでした。


    自身の攻撃を難なく弾かれて「何!?」と戸惑う兎角ちゃん。
    相手だって自分の攻撃を防御してくるんですから、いちいち相手に攻撃を防がれただけでオロオロしてては情けないですね。


    しかもその後すぐに「攻撃とはこのように隙をついて行うのよ」と伊介様のありがたいご教授のように顔面パンチをお見舞いされる。
    個人的に正面から顔面パンチされるってすごく情けないやられ方に見えて大好きです。
    攻撃はやっぱり見てかわす物だと言うのに、正面から思いっきりパンチを喰らうって反応できてないって事ですよね。
    しかも喰らってる相手は作中最強と言う設定の主人公。
    首絞めシーンがあると聞きましたがこの次の話にある首絞めの話しか知らず、この顔面パンチを見た時はすごい興奮しました。
    この顔面パンチを喰らうシーンとか何度もループさせて、パンチングマシーンの如くパンチされまくる姿を見て抜いてましたね。


    続く9話では兎角ちゃんの見え見えの攻撃を余裕でかわされ、そのまま武器を持ってる腕を封じられてチョークスリーパーの形に…。
    兎角ちゃんの首元をまるでマフラーのように伊介の腕が覆ったり、この兎角ちゃんの「しまった!」って言いたそうな表情が好きです。


    もちろんこの後に見れるこの焦りの表情も好きです。
    必死に伊介の腕を掴んで引き剥がそうとするも、首を絞める力は緩む事はない。
    おそらく身体も少し浮くような形で持ち上げられてるせいか、両足をバタバタと無様に揺らす様も見れます。
    作中最強の主人公とは思えないなんとも情けない格好…だが、それがいい。


    そのまま伊介は兎角ちゃんの武器を持つ腕を捻って、手にする武器を落とす事に成功したので、
    両手でチョークスリーパーの形に持ち込んで更に首を絞める力を強めていきます。
    「うふふ」と小さく微笑んでいて、「すぐに気持ちよくなれるわよ」と言いたそうな表情もいいですね。


    ここでまたもう一枚兎角ちゃんの必死な表情。
    もはや首を絞められて耐えるしか出来ない兎角ちゃん。強キャラの苦しそうな表情はどうしてこうも興奮するのか…。

    そんなわけで、兎角ちゃんリョナ紹介でした。改めて見直しても最高の表情してますね。
    なんか他と比べてちょっとあっさりしてるようにも見えますが、実はこのシーンの紹介記事は作り直してみたいと思ってまして…。
    画像とかも無理やりサイズを広げたって感じなのでもう少し綺麗な画像が用意したいとも思ってます。

    そういえばツィッターで見ましたが、兎角ちゃんの声優を担当した諏訪彩花さんもこの首絞めシーンの話を声優ラジオでしてたとか。
    作品は違うけど最弱無敗のバハムートのルクス君の声優の田村睦心さんも首絞めシーンについて話してましたし。
    声優さん本人の口からこういうリョナ…いや、本人の言葉を借りるならピンチシーンについて語られるとちょっと興奮してきますね。
    本人達は自分達のキャラを表現する為のシーンの1つですが、自分から見たら性欲を満たす為のおかずシーンの1つ。
    声優さん達には悪いけど、あなた達が必死に演じてくれた首絞めと言ったシーンは夜のおかずとして見て何度も抜いてます。

    フェアリーテイルのエルザ
    (ミッドナイトの能力で締め付けられる)

    フェアリーテイルのエルザはギルドの中でも強キャラに入る故に更に強い相手が来て苦戦を強いられるイメージがあります。
    中にはこんなのどうやって倒すんだよ…みたいな奴を相手させられるのがいいですね。


    ワンピースのクロコダイルみたいな砂を操るような能力者相手に、水分を奪われて枯れていく姿もいいですが、


    やっぱり捻じ曲げる能力の持ち主ミッドナイト戦が一番好きです。
    本来自分自身の身体を守る為の役割を果たす鎧が、能力によって捻じ曲げられて自身を締め付ける道具と化す。
    自分自身の防具に締め付けられて苦しむ姿は正直見てて滑稽にも見えますね。


    相手の能力によって自身の鎧が歪な形に変形して、そのままギュッと締め付けられる。
    何度見てもこの全身グルグル巻きにされてるような恰好がたまらないですね。新しいファッションかなw


    相手の攻撃から身を守ってくれる防具なだけに、それなりに硬さもあるからそれで身体を締め付けられたら苦しいに決まってますよね。
    しかも両手を交差させてとても戦いの構えとは思えない格好にまでさせられる。
    相手に反撃できないようにさせつつ、自分から一方的に攻撃を仕掛けれる…だから締め付け攻撃って最高ですよね。
    マガジン立ち読みしてた頃に、リアルタイムでこの頃の話が連載していました。当時はもう食い入るように見てましたねw
    とにかくグルグル巻きにされて苦しんでるエルザの姿に大興奮…間違いなく勃起させながら立ち読みしてたと思います。


    やっぱりエルザは無双してる時よりもやられてピンチになってる瞬間が一番好きですね。
    この回は相手のミッドナイトも「もっと苦しそうな顔をしてくれよ」と言いながら力を強めて苦しめてくれた所もポイント高いです。
    やっぱり女の子は苦しんでる姿が一番似合いますね。このエルザの表情とかすごい興奮させられる。

    他には全裸拷問回が一番興奮する人もいるでしょう…自分もマガジン読んでる時のエルザの全裸拷問は興奮しましたからね。
    エロ本ではないので露骨に乳首や股間のモザイクを載せるわけにはいかないけど、
    むしろ吹き出しとか下ろした髪の毛とかでギリギリ隠して見えないと言うのが余計に興奮する。
    まさに見えそうで見えないのマジックですね。
    そういうのはTo Loveるとかの煙と言った表現が多いですが、
    自分はどちらかと言うと戦姫絶唱シンフォギアの公式イラストとかにある様な手とか髪の毛とかで隠してる表現の方が興奮します。

    後、フェアリーテイルはエルザに限らずリョナとも言えるシーンが多いのでなかなか紹介しきれないですね。
    今回のミッドナイト戦も軽く触れた程度なので、また画像とか新しくして紹介してみたいです。
    ただ、どの話にどんなリョナがあるのかは自分も分かりません。自分好みのリョナシーンがあるといいなw

    攻殻機動隊の少佐
    (機動兵器にやられる&マルセロに不意打ちされて首を絞められる)

    攻殻機動隊の公安9課の実働部隊のリーダー的存在の少佐。草薙素子が名前ですが本名は不明のはず。
    そして、白兵戦の強さはトップクラスで、ほぼ負ける事がないぐらいの強キャラです。
    とは言え、さすがにアームスーツとか多脚戦車と言った機動兵器相手にはさすがに勝てない描写があります。
    少佐が制圧して勝ってる姿なんて見ずに、とにかく少佐が無様にやられる姿を拝んでいきましょう。

    まずは映画の攻殻機動隊の多脚戦車相手にボロクズにされる姿からです。
    人形遣いを追っていたものの、マフィア側が最後の防衛役として用意していたのは多脚戦車。
    マシンガンとかハンドガンではとても歯が立たず、ついに弾切れを起こしたので最後の手段として、
    多脚戦車のハッチを開いて内部を強制停止させる作戦…その為に来ている服を全て脱ぎ捨てて全裸で特効。
    義体の筋力を限界以上に引き出して強引に開けようとするも…自身の義体の方が持たずに義体がズタボロに。


    尚も起き上がろうとした所を多脚戦車が少佐の頭を掴んで捕縛します。


    義体の方が限界を超えた為に半壊して両手も失った少佐相手でも容赦をしない多脚戦車。
    掴んだアームに力を込めて少佐の頭を握り潰し始めます。
    まるでスチール缶でも握り潰すように潰されていく少佐の頭。
    少佐自身の悲鳴を代弁するように少佐の義体がギシギシと鳴り始めます。
    義体とは言え、頭は電脳がある個所なので握り潰されたらおしまい…が、この後救援に来たバトーに助けられます。


    同じく頭をやられそうになってるシーンが1期の21話にもあります。
    マトリの強制介入班の親玉の乗るアームスーツに手も足も出ず逃げの一手…
    が、途中で追いつかれて相手の大型マシンガンを受けて片腕を失います。
    ここでも尚も起き上がろうとするも、近くまで来たアームスーツに頭を掴まれて地面に叩き付けられます。


    地面に叩きつかれた少佐…更にその後追い打ちをかけるようにアームスーツが


    アームスーツの巨大な足で少佐の頭を踏み潰します。
    さっきはスチール缶のように握り潰されてましたが、今度はスチール缶のように踏み潰されていく。
    アルミ缶と違ってスチール缶は硬い物もあるから、潰れるのも時間がかかる…そんな感じで少佐の頭が潰されるのも時間の問題。


    少佐の義体も多少強化されてるだろうけど、アームスーツの強度の方が上でしょうね。
    より強く少佐の義体を潰していき、地面にめり込むぐらいに押し潰されていきます。
    さっきの握り潰し同様に少佐の頭がスチール缶のように潰されていくのも時間の問題。
    まるでゴミのように踏み潰されていきますが、こちらもこの後にサイトー達に救出されます。
    顔踏み潰しとか結構好きなので、このシーンを実際に見た時は興奮してました。



    そして次はマルセロに不意打ちされて首を絞められる少佐のシーンです。
    背後を取られて首を絞められて苦しそうにする少佐の姿に興奮させられました。


    足をバタつかせてる所でダサいガニ股姿になったり


    両足をピーンと伸ばしたり


    苦しそうな声を上げたり、こういう姿の少佐は滅多に見れないから最高ですね。
    ただ、手前のマルセロが正直邪魔ですね…もっと近くで少佐がやられてる姿を拝みたいのに…。

    基本やられる事がなく、援軍に現れた時の頼りになる感がある存在の少佐。
    そんな少佐の滅多に見れないやられ姿はたまらないです。
    頭を握り潰されてる姿も興奮するし、首を絞められてダサいバタ足ダンス披露する姿とか間抜けに見える。
    特にガニ股姿とかいつもクールな少佐からは考えれないぐらいにダサい格好で最高。
    それと一緒に聞ける普段のクールな声からは想像も出来ないぐらいに間抜けな雰囲気の声上げるのも最高。
    振りほどこうと身体の向きを変える時の「あぁぁ!」とか特に好きです。

    普段クールで強い少佐を見てるだけに、この情けない姿を見るとギャップがあって興奮します。
    少佐の数ある活躍の中の貴重なやられシーンだけど、今回はそのやられる姿だけピックアップする為の記事ですから。
    こうやって少佐がやられてる情けない姿はどんどん見せていきます…最高ですね(抜ける)
    後、リョナも最高ですが、時折見れる少佐の身体も大好きです。珍しい強い女性キャラですがスタイルも良いと言う。
    1期の2話でタチコマの中から出てくる時の尻のアップとか結構好きです。
    だからそっち系のネタと言う事で、どこかしらで少佐のエロスクショ集でも紹介してみようかなと思ってます。


    2話で思い出しましたが、エロスクショを撮ってる時にこんな姿を見つけました。
    苦しそうな表情に見えますが、これは単に力を込めてるだけでリョナってるシーンではありません。
    じゃあなんでこの画像載せたかと言うと…この少佐の長い首が見てて興奮するからです。
    実際、首絞め好きな人のリツィートで首が長い女性の首を載せた写真がありまして、その首見てると不思議と性的興奮を感じました。
    男の人の手で首を絞めるように手で覆っても半分ぐらい首が見えるのは確かに長いし、
    頭を仰け反らせて首を見せるような格好とか勃起してくるどころか見てるだけで抜けそう…多分この少佐の首見てるだけでも抜けそう。
    大きく顔を仰け反らせて喉を見せてる姿が最高…こんな首見せられたら首を絞められるシーンが見たくなります。
    まぁ、その後に当たる7話でさっきのマルセロに不意打ちされて首を絞められるシーンが拝めるわけでして…。

    そんなわけで、少佐のリョナの紹介でした。
    強キャラリョナの中でも少佐リョナは特に好みなので書いてて興奮しまくりです。
    また、攻殻機動隊は「このシーンがあります」と言うのを聞いて見たからではなく、
    家族が見てたので自分も見ていた為に、このシーンを実際に見てたから好きです。
    こういう自分が実際に見たシーンって思い出補正もあって好きになりますよね。

    他にもいるだろうけど、ここで終わりにしておきます。
    パッと自分が浮かぶ他の強キャラリョナと言えば…

    名探偵コナンの毛利蘭(女子高〇生だが空手都大会優勝者)
    コナンの初事件でコナンがボコボコにされた犯人相手に空手で制圧する強さ。
    他にも見えない所で空手を使って相手を制圧したりする姿がいくつか見れるが、
    睡眠薬で動けない所を狙われて洗面所に溜めた水の中に顔を押し込まれる。

    NOIRの霧香(おそらく作中最強の暗殺者)
    作中最強クラスの強さを存分に振るうキャラですが、2話にて不意打ちを受けてワイヤーで首を絞められそうになる。
    他にも仕留めそこなった暗殺相手に反撃されて重傷を負ったり、刺客の煙幕に動けない所で背後を取られる
    と言うピンチがありますが、他は大体特に目立った描写がないのでそこまで見どころないです。
    そんな中でワイヤーで首を絞められそうになって苦しそうな表情してるシーンは個人的に興奮ポイントです。

    ですかね…他に誰か強いキャラがいたかと言うと浮かんでこないです。
    やっぱり強キャラは普段から無双したりと強い姿を見せてるから、その分やられた姿を見た時の興奮度が大きいですね。
    特にちょっと反撃されてよろけるとかではなく、命の危機に関わるようなピンチになると特に興奮します。

    また、反対に弱キャラリョナ…言うなれば普段からやられっぱなしのキャラのリョナもいいかな…と思います。
    引き立て役とか噛ませ犬役、時間稼ぎ役でやられてる姿ばかり見るキャラ…裏で「今日もやられた」と言う日記付けてそうw
    と言っても浮かぶキャラがいないんですよね…フェアリーテイルのルーシィぐらい?

    本気になればすごいんだから!とか設定上はとっても強い!とかそんな事知らない。
    負けてる結果ばかり見せられるからお前は弱いんだ!と言うキャラのやられもまたいいですね。
    噛ませと言うかそういうキャラだとBLEACHの砕蜂が浮かびます。
    2番隊隊長と言う死神の中でも強いキャラのはずなのに、斬魄刀の能力はどこか弱そう…特に卍解。
    隠密機動隊の隊長だけど、素早さ勝負なら浮竹とか京楽辺りも同じぐらい動けそうだし、
    戦う描写もそこまで見ないせいかあまり勝ってる印象がないですね。
    そういう所もあって、ルキア処刑の回の時には13番隊の3席相手にイキってる姿が余計に笑える。
    他の周りは総隊長とか主人公とかを相手にしている中で、砕蜂1人だけ雑魚を相手にしてドヤ顔してると言うw

    そういうキャラだとワンピースのロビンもそれっぽいかな…と思ったり。
    エニエスロビーで捕まってる時に、チョッパーが「ロビン強いのに…」とか言ってたけど…そうですかね?
    クロコダイルの側近として現れた時は強キャラ感出てたけど、
    よくよく考えたらその時にロビンが相手してたのはペルーとかたしぎと…言うなれば雑魚に近いキャラ。
    それら相手を倒して強く見せてるように見えましたね。

    クロコダイル相手は仕方ないとして、麦わらの一味に加入後は特に目立つ戦闘描写なく、
    せいぜい空島の単独行動時に敵の幹部だったかを苦戦しつつ倒したぐらい。
    悪魔の実は使い方次第だから、ハナハナの実も決して弱い能力ではないけど…空島で相手にしたパワー派の相手には不向きだったかな。
    まぁ、ともかく国民的漫画の女キャラなので、そういうキャラのピンチになるシーンは期待したいですね。
    そういう面でもスパンダムに痛めつけられる時のボロボロの姿は好きでした(スパンダムは嫌いですが)
    他にはスリラーパークでゾンビ配下の蜘蛛に捕まったり、他にもどこかで触手に捕まるシーンがあるみたいですね。
    後はトンタッタ族に捕らえられた後に、気絶してる間に身体のあちこちを身体検査されたり。
    映画でもゾロやサンジと言った戦闘員以外のメンバーが捕まって、鎖を締め付けられて苦しむシーンとか、
    ロビンももう少しやられていいと思いますね…やっぱり勝利する姿より苦戦してピンチになる姿が見たい。

    ロビンはお好き? 自分は大好きですよ。特にやられてる時の姿がw

    スポンサーサイト
    [PR]

    コメント

    自分も兎角ちゃんと少佐がこの中でもお気に入りですね。更に上げるならロックサンヌも。
    兎角ちゃんと少佐は奇しくも揃って首絞めと言う自分好みなピンチだから余計に興奮させられます。

    自分がこれまで載せてきたキャラにも強キャラポジションと言えるキャラは他にもいますね。
    浮かび上がってこなかったキャラもいますが、中には作品自体を詳しく見てないから知らないと言う勉強不足なキャラもいます(笑)
    こういう強キャラリョナは好みなので、また機会あれば他のキャラや、まだ知らない作品のキャラとかも載せてみたいですね。

    最後に、ページのレイアウトに関する意見ありがとうございます。
    目次的な見方が出来ると言うのは自分からは気づきませんでした。

    Lさんが取り上げてくれたキャラですと、後は最弱無敗のルクス君やなのはのシグナムさんあたりも強キャラに入ると思いますね~。
    ルクス君は設定や本編での活躍共にまさに強キャラって感じですし、シグナムさんもシリーズ通してかなり強いキャラとして活躍してますね。

    設定上は強いけど、ピンチの方が目立っちゃってるキャラですとアストレアとクラルスあたりでしょうか?特にクラルスは最初の2話で圧倒的強者感があったのに、3話の握り潰しであっさり敗北寸前になるという・・・。

    やっぱり強キャラのリョナは普段のかっこよく活躍する姿と苦しむ姿のギャップがたまりませんね。この中では兎角ちゃんと少佐のピンチがお気に入りです。

    兎角ちゃんはクールでボーイッシュな見た目からして好きでしたので、首絞められて苦しむシーンがあったときは興奮しましたね。
    必死に腕を掴んで抵抗する姿や、苦悶の表情が最高です!

    少佐がマルセロに首絞められるシーンはジタバタ具合が最高に情けないですし、「ぐうぅッ!あぁぁあッ!」という声もエロくて勃起しまくりでした。

    あと、折り畳み式の記事は目次的な役割にもなっていて見やすくて良いと思います!

    普段強い姿を見せるからこそ負けた時の良さが引き立ちますね。
    兎角のリョナは自分も大好きで、このリョナシーンを見たいが為に全話見ました。
    2話、8話、9話と3話も伊介にやられるシーンがありますが、首絞めのシーンは最高です。

    国民的漫画だし、その中でもロビンがお気に入りなのでやられるシーンはいいですよね。
    鎖で締め付けられるシーンは相当前にツィッターで拝んで以来自分もお気に入りの仲間入りです。

    強キャラのリョナは最高です。
    兎角ちゃんがお気に入りです。伊介に首絞められているところで何回抜いたことか…。あの兎角ちゃんが首絞められて苦しんでるってだけで大興奮です。
    ロビンの鎖で締め付けられるシーンもお気に入りです。ロビンですと劇場版のSTRONG WORLDの鱗粉に苦しむシーンで興奮しました。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事へのトラックバックURL
    http://crescendoblue.blog53.fc2.com/tb.php/1975-0e29560d

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    悟飯がエロい目に合うと言うエロ妄想SSも一緒に書いてます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する