fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    私はロボットで(抜いてま)す←マジで抜いてます



    前回のマップクエストはこのパーティで周回していました。
    難易度は上級のもので、超上級は…今回は結構面倒な相手であまり安定しなかったですね。
    と言うのも、今回の相手はスキル周回パーティの天敵である行動を制限する状態異常を付与してきます。
    その状態異常がスキルを使用不可になる封印付与、それに加えて新ギミックとしてスキルにクールタイムを付与するも登場。

    周回時の仕様スキルの要となってる奥義とスキル2に対してクールタイムを設けさせて、
    クールタイム追加と言う効果を受けたら2ターンの間使用できなくなるようになる…これがなかなかに面倒。
    超上級は道中に雑魚もSP回復薬のマスもない為、基本的に何も準備が出来てない状態からのスタートなので、
    こちらのスキルが溜まる頃に封印だのクールタイム付与でスキルが回らずにやられる事もチラホラ。

    一応、即効撃破も考えて、疾駆装備で戦闘開始時からSPが満タンになる装備を使って開始から全力で叩くとか、
    今回は試してなかったですが、戦闘開始から5ターンの間だけ状態異常を無効化する潜入装備亜希姉もありかと。
    …と書いたのは良かったけど、自分って潜入装備亜希姉持ってなかった気がする。
    フェス限の亜希姉は持ってるけど、あちらは麻痺と混乱の耐性を50%アップとちょっと違う(LFと2体だと加算効果で無効化になる)
    で、今回のガチャ限キャラもLSがそれっぽい感じで、潜入装備亜希姉に同じく戦闘開始から5ターンの間、状態異常を無効化を付与。
    とは言え、あくまでも今回の戦闘にだけマッチしてるだけで、そこまで必死に追う程の性能ではなさそうでした。


    で、ストーリーの内容としては…特にこれと言った目立ったストーリーの進展は無し。
    せいぜい、リリムがちょっと最近いたずらが過ぎると言う理由でアミダハラ監獄に収容されるぐらいです。
    それに対して今回のボスがどう関わってくるかと言うと…これはリリムとは別の案件による相手。

    と言うのも、アミダハラ監獄を管理するカヲル姉さんの別の依頼として、
    鍵開けを得意とする対魔忍を連れてきてほしいと言われて、今回のガチャ限SRキャラが登場。
    今回のガチャ限SRの魅神千都先輩の能力は「開遁の術」と言う、鍵であればなんでも開いてしまうと言う能力。
    で、カヲル姉さんが呼び出した理由が、今回のボスであるドヴァリンと言うドワーフがなぜかアミダハラ監獄から去ってしまい、
    このドヴァリンと言うドワーフは魔界錠前師…言わば監獄内の鍵の管理者で、
    その管理者が不在となった為に監獄内の鍵を開ける事が出来なくて困っているからと言うもの。

    今回の依頼で囚人の檻を能力で開けて、檻から出られなくなった囚人達に入浴を行かせる事が今回の目的。
    それと一緒に、なぜか監獄から姿を消したドヴァリンを連れ戻してほしいと言う依頼で、彼の下まで行く事になります。
    マップクエスト上では厄介な相手でしたが、ストーリー上では戦闘が本職ではないと言う事でそこまで強敵ではなかったみたい。
    そして、今回の突破法として開遁の術の持ち主である先輩にお願いして、ドヴァリンの心を開く事で落ち着かせる事に成功。

    …で、監獄を飛び出していった理由は…「カヲル姉さんにフラれたから」と言う…なんともしょうもない理由でした。
    その落ち込むドヴァリンに対して今回のイベントSRキャラであるクロエの性格が反転し(二重人格の持ち主です)
    女王様気質な台詞を叩きつけてドヴァリンに対して「一度でダメなら何度もアタックすればいいだろ!!」と喝を入れられ、
    ドワーフ故か単純なドヴァリンもその言葉を真に受けて、無事にアミダハラ監獄に帰ってくる事になります。

    まぁ、65話のメインストーリーが色々とここからどう展開を進めるかが難しい内容だった故に、
    前回に続いて今回のマップクエストのストーリーもやや茶番染みた内容でした。
    特に今回のマップクエストのエピローグとかかなり短い内容でしたからね…他に進展とか何もなし。
    ドヴァリンが監獄から故郷へ帰った理由も、故郷のラグナロクの領土が危ないからとかではなく、単純に恋沙汰の話でしたし…。

    スポンサーサイト
    [PR]

    やる気も新しい事に挑戦する気力も減ってきてしまった…歳かな

    ここ最近とずっとやる気が出てこない毎日です…。

    と言うのも、実はと言うと最近は全然マキオンのリョナをやっていない。
    体調を崩す前辺りが最後で、それ以降はそこまで力を入れて撮影とか行っていないです。
    今週は動画をあげる予定としては、一応はそれなりにストックを用意してあるプルツーのリョナにしようかなと思ってますが、
    問題はそれ以降…3月からの予定ですね。

    一応は、自分も言ったからやりますが、カプルのボス相手からのやられ…サイコガンダムMk-Ⅱ相手を試してみる予定。
    しかし、それ以降にもあれやってこれやってと、なんなら日付まで指定してきて、
    さすがに前々からあの人のリクエストには嫌気がさしてたので、仕方ないのでそれ以降のリクエストは断りました。
    カプルのリョナをあげた後に、少しの間は静かになってたから一息したんですが、
    あれからまたあんな風にリクエストを軽々と押し付けられると腹が立ってきます…。
    あれもあってか、最近は本当にマキオンのリョナ撮影に意欲が湧いてこないです。
    あれやってこれやってと言われて続けるぐらいなら、チャンネルの更新停止した方がマシなぐらい。

    で、サイコガンダムMk-Ⅱ辺りは自分も言った手前やってあげるつもりです。
    正直、サイコガンダムMk-Ⅱとレグナント以外は特にボス相手でいいやられが思い浮かばないからです。
    拒否しましたがシャンブロとか特にいいやられとかなかった気がしますし…。
    一応、デンドロビウム相手はシーマ様に決めたと言う零距離射撃があるぐらいか。

    そして、その後は一応撮影が終わってるファルシアの対レグナントやられをあげるとして…
    それ以降はどうしようかなと言うのが全くの未定…SEEDやZZキャラに偏ってるからもう少し広げたいところですが、
    人気あるキャラが特にSEED系に固まってるから偏るのは仕方ないかもしれないですね。
    他にそれなりに進めてるキャラはステラぐらいですし。
    ラクス様もちょっとだけ進めてますが、そちらも今はちょっとネタ出しが止まってます。

    後はGガンダムのアレンビーかな…他にはSEED絡みだけどSTARGAZERのセレーネもいますし、
    エビさんへの返信にも書いたクシャトリヤもやってみようかなと考えてます。
    それと、セレーネに同じくまだ手を付けてないキャラとしては、Vガンダムのカテジナさんもそう。
    ゲドラフとゴトラタン…どっちがいい台詞を持ってるかはまだそこまで調べてないですね。
    ちょっと軽く試した感じだと、ゲドラフの方がちょっとはいい悲鳴を上げてた気がしますが…。
    ただ今の問題は、ネタ出しではなくやる気を出すのが問題…まぁ、ネタ出しが進むかカプルの撮影進めれば少しはやる気出るかな。


    パズドラもそうでして、そろそろ月末が近いと言う事で月間クエストのチャレンジダンジョンも進めてますが、
    今回はチャレンジ11以降のやる気が全然出てこない…
    先月までは超重力下でも戦えるハンターハンターコラボでいいキャラ引いたのでめずらしく13までクリアしましたが、
    今回はパーティ考えるのが面倒になり過ぎて、正直チャレ11すらも放棄しようかなと考えてます。

    あまりにやる気が出てこなかったせいか、本アカに至っては先週まで行われてたミクコラボの配布忘れてたぐらい。
    12周年の目玉としてミク絡みのキャラが登場するゴッドフェスが開催され、
    更には今回は登場するミクコラボのキャラ達が全員手に入る専用ダンジョンまで開催。
    倉庫のアカウントで試しにその専用ダンジョンの初音ミクコロシアムに挑んでみましたが、
    HPこそ昨今のコロシアム級の1億と言った高いHPを誇ってますが、相手からの攻撃力は本当に貧弱な物。
    敵からの妨害も大した事がないので、余程変な事しなければ負けないような難易度のダンジョンでした。
    ただ、すっかり放置してたせいで本アカだけミクコラボのコロシアムをクリアするの忘れてました…。
    まぁ、惰性でやり続けてるような物だから、ミクキャラを取り忘れても今更…と言う気分です。

    上原鹿之助で抜こう(もう何回もやってる)


    対魔忍RPGにて恒例の五車祭(ごしゃフェス)の時期がやってきました。
    が、今回は五車の勢力ではなく(言うて過去も五車勢以外のキャラが登場してましたが)
    ヨミハラの勢力のキャラが登場してる為か、今回は「ヨミハラ祭」が開催されてます。

    今回の登場するフェス限はヤマタノオロチと速疾鬼の2体。
    個人的には2体ともユニット化されないかな…?と思ってたキャラなのでありがたいですね。
    ヤマタノオロチはストーリー中でも、とにかくその高い攻撃力が目立つような活躍を見せてます。
    初登場時はヨミハラに初潜入する際に静流の依頼で小太郎の同行者として登場。
    が、後に買収された為に小太郎達を不意打ちする機会を狙うも、小太郎に見破られます。
    その強力無比な攻撃力は脅威でしたが、それを見越して小太郎は敢えて狭い洞窟内で戦いの場を選んだ為、
    ヤマタノオロチの武器がいちいち壁に引っかかって戦いづらい為に逃走…が、後にも何度かヨミハラ絡みで登場してます。

    他には探偵組達の前に買収された側として敵として登場…ナーサラにうまくやり過ごされるも、
    その攻撃力の高さは劇中でも無敵に近い強さを誇るナーサラですらも「受けきるのは無理」と言われるほど。
    その他にも、小太郎達とたまたま敵対する形となった紅衣団のシェイファーに雇われる形で登場。
    最初はこいつをどうするか…と悩む小太郎でしたが、実はその後に静流に買収された為に、
    シェイファーにとってみればとっておきの援軍かと思いきや、実はシェイファーへの裏切り者として登場。
    その高い攻撃力のおかげで小太郎達を窮地から救ってくれたりと、とにかく金次第で敵にも味方にもなる役割。

    そんな中で、一番強く恨みを抱く相手が登場し、それがメインストーリーにてたまたま出くわした米連Gに所属するアレス。
    常に般若のようなお面をかぶって顔を隠してる正体不明の人物で、
    アレスの事を知らずに攻撃を仕掛けようとした際に、アレスの魔術によって焼かれて痛い目に遭っています。
    幸い、ヨミハラ探偵組の援助もあって助かってますが、
    それ以降はアレスへの復讐の機会を待つ為に探偵事務所に顔を出す様になってます。

    奴らの一番の狙いはヨミハラ探偵事務所のクローンアサギ…彼女は米連Gから逃げ出したサイボーグ兵器。
    米連Gの追手から身を隠してたものの、米連Gに所属するジャバウォックに見つかり、追手が来るのも時間の問題。
    また、ミリアム自身も思い出せはしないものの、自身を封印した者の魔力とアレスの魔力の質がよく似てると悩ませる相手。
    他にも、ヨミハラ側の死霊卿によって生み出された偽の朧ではなく、米連に所属する本物の朧に関係があるみたいと、
    アレス自身もまだまだ謎が多い人物です…それでいて、まだ目立った戦闘描写も未だ無し。


    対して、速疾鬼は東京キングダムの4強の鬼武衆の頭目。
    ただ、東京キングダムの4強でありながら、拠点はヨミハラだったはずです。
    (かつて、二車忍軍の援軍として到着の際に、ヨミハラから来た故に遅くなったと峠金鬼が言ってた)
    速疾鬼自身もストーリーではチラチラと出てきてはいるものの、ヤマタノオロチよりは出番は少なめ。

    ただ、どちらもストーリーでは前々から登場していたキャラ。
    で、いつぞやに速疾鬼がストーリーに登場した際に、絵師のおぶい先生が当時のツィッターで
    「自分の性癖を詰め込みました」と紹介してた気がします…このキャラも葵渚先生のキャラ同様に負けず劣らずの凄い乳の持ち主。
    また、ラフ画みたいな物でしたが、ビジュアルチェンジ後の立ち絵を想定したような絵も載せていて、
    覚えてる限りでは嬉しそうな顔をしながら着物を下ろして乳を丸出しにして、袴をたくし上げて股間を覆う褌を見せてたはず。


    で、どちらも性能としては…今回はややトリッキーな感じのユニットに感じます。
    ヤマタノオロチは「鬼ころし」と言う自己マーカーを付与し、これが付与されてると奥義の威力が大きくアップ。
    その代わり欠点として、「鬼ころし」が付与されてる最中は会心率が大きくダウンすると言うデメリット付き。
    そして、奥義も状態異常を付与となかなかの搦手のような効果の奥義。
    その上に、ストーリーでも見せた攻撃的な活躍の印象に対してスキル2が意外と攻撃と一緒にSP回復付きのヒーラー能力持ち。
    作中でもその力強さで相手を一方的に葬る役だったから、性能も脳筋アタッカーだと思ったんですけどね。

    対する速疾鬼も奥義が戦闘中1回のみしか使用できない変則的なアタッカー。
    速疾鬼自身もヤマタノオロチとはまた違う形で、こちらは相手に専用マーカーを付与していき、
    最大20個まで蓄積させる事が可能…その専用マーカーの付与の数に応じて奥義の威力が上がっていくみたいです。
    とことん突き詰めれば強力な一撃となるでしょうが、戦闘中に1回だけしか使用できないと言うデメリットを持つ奥義。

    なかなか扱いが難しそうですね…。
    ちなみに、月曜日の夜の時点では、これまでに速疾鬼が2体手に入りました。
    ここ最近はフェスの引きが悪かったから嬉しくもありますが、速疾鬼に席があるのかも難しいところ。
    後、ヤマタノオロチはユニット化する際に、エロの回想シーンがある為に今回はZOL先生が担当してます。
    速疾鬼のエロも興味あるけど、ヤマタノオロチのエロも興味ありますね…ましてやZOL先生が担当。
    ZOL先生も昔からLILITH作品でエロ絵を描き続けてる先生…時には汚らしいシチュまで描いてきた人。
    原作の紅でも大便と言った排泄描写がありそうですし、今回の対魔忍RPGXでもトラジローの回想に大便があるとか…。
    (聞いた話ですが、シチュとしてはあるマフィアに挑むも敗北…そのマフィアのボスから凌辱を受けると言う話。
    中には一番恥ずかしい大便を見られたくない故に土下座謝罪とかがあるも、そのまま洗脳されると言う流れ)

    ただ、おっかけは危険ですね…ガチャ詳細見たら今回はいつもの五車祭のフェス限は出ないみたいですし。
    それと、個人的に意外だったのは、速疾鬼が魔性属性だった点ですね(精神属性だと思ってた)

    ちょっと分からせた方がいいよね?



    制作自体は進めていたけど、なかなかあげる機会がなかった対レグナントのやられ。
    最初の被害者はレインを選ばせていただきました。

    巨大MA・レグナントに思いっきり抱き締められる姿がたまらないものです。
    ガンダムvsガンダムからエクバシリーズへと移行がある意味では、VSシリーズの大きな時代の変化だと思いまして、
    そのエクバシリーズの初期に当たる初代エクバの頃から登場していたMA・レグナント。

    OOからの登場の機体で、乗ってるルイスは台詞から見てソレスタルビーイングに対して強い恨みを抱いてるみたい。
    特に沙慈に対して反応が強く、通常OOで挑むと結構長い会話とかをしてた気がします。
    で、この機体からのやられで一番の代名詞とも言えるのは、やっぱりエグナーウィップ拘束からの派生攻撃。

    おそらくですが、攻撃の設定としては耐久が半分以下ぐらいになった辺りから使用してくるみたい。
    耐久を減らしてない頃はほとんど使用せず、耐久が減ると使い出すGNフィールドを展開してからようやく使い始めます。
    で、エグナーウィップを照射して、当てた相手をスタンさせて…そのまま引き寄せての抱き締め攻撃かゲロビ照射の2択追撃。
    ゲロビを浴びせる攻撃も、それまでの溜めの間ずっと機体がビクンビクン!とスタンし続けるのがいいですし、
    格闘派生であろう抱き締め攻撃もでかい巨体で思いっきり相手を抱き締めて潰してくるのがたまらないです。
    CPU戦にてボス機体からこの攻撃を受けた時に、自分も思わず興奮したぐらい。

    耐久調整が難しかったですが、抱き締めの瞬間でとどめを刺されたりすればそのまま抱き締めたまま撃破され、
    抱き締めの追撃部分でとどめを刺されると追撃中の〆となって、掴み状態を維持したまま下半身が千切れるやられになる。
    今回のライジングは切り抜けスタンが発生しない機体ゆえに、追撃中にとどめを刺されても機体の姿は維持したままですが、
    切り抜けスタンが発生する機体だと下半身がポロっと落ちていくのがいいんですよね。

    実際、撮影の時も抱き締めでとどめを刺されるのを見ては何度も興奮してました。
    巨体相手に抱き締められて、そのまま両腕に挟み潰されてペシャンコにされてると思うとたまらない。
    で、今回はレインでして…一応、編集が完了してる機体はストライクルージュのカガリとティエレンタオツーのピーリス。
    ただ、リクエストで見たいと言う事もあったので、次回のレグナント相手からのやられはユリンのファルシアをあげさせてもらいます。

    クシャトリヤのやられとかも載せたりしたいものですね。
    CPU戦でたまに聞く台詞なのですが、「この巨体は弱点ではない!」とクシャトリヤの機体のデカさを強がる台詞があります。
    その自慢の巨体にエグナーウィップで絡まれて、でかい巨体と自慢の4枚羽をビクンビクン!させて悶える姿はもはや間抜けで最高。
    特に今回のレインのやられの最後の辺りに用意した、上から被せられてローアングル視点で見るのが特に興奮する。
    抱き締め派生だとそのまま上から覆いかぶせられるように抱き締められますし、
    拘束照射へ派生すると発射するまでの間、ずっと長々とかっこ悪いスタン姿を披露してくれるのが最高。

    スタンの声も「ぐあぁぁぁぁぁあ!!」とどこか情けない悲鳴を上げてくれたり、
    「くっ!くぅぅぅぅ!!ううぅぅぅ!!」と必死に苦しさに耐えてるような悲鳴を上げてくれたりと、
    マリーダさんはスタンボイスにハズレがないのもありがたいです。
    デカい巨体をビクンビクン!させて…どちらの台詞を発してる時も凄く悔しそうに見えてくるのがいいです。


    ところで、Youtube側のコメントのリクエスト…カプルの依頼が正直鬱陶しいです。
    断ってもいいですよね…あそこまで好き勝手にあれやってこれやってと指名されると腹立つんですが…。
    自分はあなたの為だけにこの動画を作ってるわけじゃないんですよ(ここで言っても意味がない)

    やっぱり3連…3連は全てを…

    対魔忍RPGもミッション消化の為に、メインクエストの最新話をやってきました。
    メインシナリオが少し進んだだけに、外伝ストーリーをどう進めていいか…と聞いた事があります。
    そのせいか、ここ最近の外伝ストーリーはあまり本編の流れとはあまり関係なさそうな話が続いてます。

    で、そのメインクエストも見てきたわけですが…たしかに、色々と話が進んだと言うか…今後どう進めるかが気になる話でした。
    まず、話の流れ自体は二車忍軍側の今後を書いたような話でした。
    話の舞台自体も二車忍軍の配下的みたいな者達が支配する土地の争い。
    一応、戦場になった舞台はどちらも二車忍軍の配下…が、各々が睨み合ってるせいで小競り合いが絶えない場所。
    その内の相手側が二車忍軍に対して反旗を翻すような、二車忍軍の幹部に盾突くと言う事件が発生。

    その出来事を見て、報告を受けた二車忍軍の骸佐自体もその他の東京キングダムの勢力も、
    せいぜい二車忍軍同士の簡単な小競り合い程度だろう…と思ってた小さな出来事。
    その小競り合いに乗じて、二車忍軍に対して恨みを買ってる獣王会達が喧嘩を仕掛けていき、
    その喧嘩に対して「俺も混ぜてくれよ」とばかりに鬼武衆も登場…そこに更にクラブペルソナからアスカが仲裁に登場。
    結局、ただの小競り合いに乗じたぶつかり合いに対して、東京キングダムの4強勢力が集まるわけですが、
    …ここの部分自体は実はそこまで今回は重要と言う話ではなさそうです。

    実際に重要の部分は、その小競り合いの原因を作ったような二車忍軍の配下同士が支配する街。
    その小競り合いに裏で一役買っている勢力が現れて…その勢力がなんと死霊卿の勢力。
    二車忍軍に反旗を翻した真似をした者側にフェリやアヌビスがやってきて、それらの勢力を借りて相手側の支配下勢力を襲撃。
    睨み合ってた二車勢力同士の片側が相手側を潰し始めていき、その流れでついには二車忍軍の幹部が死亡します。

    一応、死亡した二車忍軍の幹部も、途中から骸佐に拾われた者ですが、
    その犠牲者となったのが弩竜…そしてその弩竜の首を土産に反旗を翻した相手の尚之介の所にまで向かう今回の反逆者の勘九郎。
    弩竜と違って尚之介は昔から二車忍軍に使える参謀とも言えるような重要人物。
    そして、自身の幹部である弩竜を殺されたにも関わらず…なぜかお礼を言い始める尚之介。

    実は、尚之介にとっては主である骸佐をより強くする為の計画の為には、
    殺戮と言った手段を嫌う穏健派な弩竜がはっきり言って邪魔であった…それを始末してくれたのがありがたいとの事。
    更に、「何言ってんだこいつ?」と思ってた勘九郎が、今度は同行していたフェリによって殺害。
    その後に、実は死霊卿と手を組んでいたのは勘九郎ではなく尚之介だった事が発覚。
    主の骸佐の対魔忍術である夜叉髑髏は、恨みを買えば買う程強くなる能力…
    その為には、残虐非道であろうとより多くの犠牲者が必要である…その為についには死霊卿とまで手を組んだみたい。
    そして、骸佐の為にとフェリに勘九郎の支配下の住民の皆殺しを依頼し、骸佐の支配下は大混乱。


    尚、最後の最後にそのやり取りを密かに偵察していた紅の手下の篝が見ていました。
    「は、早く紅様に報告しないと!!」と事を急ごうとしたのですが、そこを見られたとばかりに篝も始末されて終わりです。
    色々と裏がありそうな展開を見せてメインクエスト・65章が幕を閉じました。

    簡単におさらいすると…
    ポッと出の雑魚は除くとして、二車忍軍の弩竜が死亡
    篝は始末された後の描写が不明ですが生死不明…おそらく死亡と考えてます(尚、これが誰の仕業かは不明)
    尚之介が死霊卿と手を組んだと思われる

    ただ、もしかしたらですが…死霊卿と手を組んだ道を選んだのは尚之介本人の独断だと思います。
    もっとも、骸佐自身も知らない話でしょうが、ゆくゆくは骸佐自身が望んでその道を進んでいきそう。
    後、個人的には篝が始末されてしまったのが個人的には残念ですね…。

    そのせいもあって、おそらくですが今後、紅が外伝とかで絡んできた際には篝の姿はなさそう。
    あったらあったで…あの後何があった!?ってなりますからね。
    死亡描写までは載ってなかったとは言え、明らかに見てはいけない部分を見てしまったのだから確実に始末するはず。

    休んで一週間経ってもまだ気持ち悪さが残ってる…最悪だ





    先週ぐらいまで行われていた悪の女幹部ペリジーニュームーンのバレンタインイベント。
    内容もよくあるカツマを巻き込んだドタバタ系のイベントでした。
    原作がどうだったかは知らないけど、今作では明らかにカツマに対して照れ隠しをしてるような女キャラ達。
    特にルナテミスなんてカツマの前で「いや、お前がいいと言うなら…」とよくある赤面しつつの小言とかよく言ってるぐらい。
    もちろん、そういう素振りを見せても大体はカツマが「え?何か言いましたか?」と全く気付いてない様子。

    で、今回はバレンタイン特有の恋の病が発生…それのせいでカツマへの秘めた愛が爆発してる模様。
    そのせいで、いつも以上と言うか…普段でもありえないぐらいの想いをぶつけてきてもはや恐怖を感じるぐらいのアタックを見せてきます。
    ルナテミスは普段通りっぽく稽古をしよう!と言いつつ、その後にどこか2人で…ぽいような事を言い出したり、
    しっかり者のマリアに至ってはなぜか結婚を前提として幸せな家庭を築きましょうと言う話を仕掛けてくる。

    で、そんな中で僅かに普段通りの振る舞いを見せていたのが、
    今回のガチャ限キャラの「ピースムーン・S(ソレイユ)・バレンタインver.」です。
    それと一緒に登場するのがM.O.EとM.A.M.Aのフルドライブ バレンタインver.の2人。
    ソレイユはどういうわけかその病に侵される事なく平常心を保てていて(でお、カツマに秘めたる愛は本物)
    M.O.EとM.A.M.Aは元々カツマに対する愛情が過剰気味と言うのもあって、言ってしまえば平常運転みたいな2人。


    で、片方はロボット娘、もう片方は単純に自分好みのキャラと言う事で…
    悩んだ末に自分が選んだのは自分好みと言うピースムーン・ソレイユのガチャを選んで回してきました。
    …まぁ、手に入らなかったですよ…もちろん、バレンタインver.のM.O.EもM.A.M.Aも…。
    ガチャ画面ではガチャの選択画面で見づらいでしょうが、
    ピースムーン・ソレイユの下半身ってピッチリスーツみたいな感じの衣装で興奮させられるんですよね。
    まぁ、回想シーンはどちらかと言うと上半身を味わう内容になってそうですね…それはそれでありですが。
    それと、おそらくだけど片方が上半身のおっぱいに塗り付けたチョコを味わうと言うシチュで、
    もう片方はいよいよ本番のエッチに移ると言う内容だと思います。

    まぁ、出なかった以上は回想も何もないんですけどね。
    そして、このゲームのガチャの嫌いなところは…基本的に新キャラは通常ガチャには追加されないと言う所。
    ラインナップはあまり見てないですが、こういう期間限定に限らず追加された新キャラは今後のガチャではほぼ入手不可。
    時折やってくる有償限定系のピックアップガチャとかそういうガチャからしか登場しない仕様になってるみたい。
    そういう所があるから嫌いなんです…イラストは好みなんですけどね…。

    僕がエルです からの BANG!!×4(実写版デスノート)



    既に知ってるでしょうが、先週にカニタラさんからのリクエストであるエルのガンダムMk-Ⅱのリョナをあげました。
    ZZ組の中でも本当にぽっと出程度でしか登場しないエクストラキャラです。
    エルとイーノップだけはコンパチ機体程度の扱いで登場して終わり、
    同じエクストラ機体であるルーZとハマーン様アッガイはクロブで再登場…最新作のオバブでも登場してます。
    更に言えば、聞けばハマーンアッガイはアッガイのコンパチと思いきや、
    武装がいくつか違ってたりする上に大体の作品では環境上位に入るぐらいの強さの持ち主。
    ルーZは前作のクロブでは途中での解禁機体として登場し、そこそこの強さを持ってたそうですね。
    対するエルとイーノップの機体は過去作品にコンパチ程度で出た程度…当然、低コストの弱機体代表みたいな扱い。

    まぁ、それはともかく…イーノップはともかくエルも女キャラ…と言う事で、リョナは作ってみたい気持ちがありました。
    距離次第で後サブがごっそり減ると言う事で、CPU戦で使って遊ぶぐらいはしていまして、
    その際に何回かスタンとかダウンの声は聞いた事ありますが、
    スタンを受けた時の「うわぁぁぁ!!」と言うどこか情けない悲鳴がなかなかに好みです。
    そんな間抜けな悲鳴を上げさせて、間抜けな姿を晒して機体を大破させる…エルに恥ずかしい思いさせるのが楽しい。
    切り抜けスタン〆の下半身の挙動も結構何回か撮り直しまして、先輩であるエマさんに負けず劣らずのダサい姿を用意してます。
    特にハンブラビ相手はエマさんの動画を最初にあげた時に「ハンブラビにやられてほしかったです」と言う意見を受けたぐらいの相手。
    なので、エマさんのガンダムMk-Ⅱを引き継いだエルにもエマさんと同じような目に遭ってもらいました。
    ハンブラビは地面に落とす系の攻撃がほとんどで、打ち上げる系は前格ぐらいしかないので、
    格闘コンボが大体は前格絡みになってしまいますが、エマさんにも与えた物から今回新しく用意した物も用意してあります。

    当然、ラストは見え見えの展開でしょうが、ムキになったエルが覚醒技をぶっぱ。
    それをアカツキの代名詞であるヤタノカガミによって反射されてぼろ負けすると言う間抜け極まりない姿。
    ムウさんはそういう事を言わない方でしょうが、
    エルの覚醒の台詞が「余計なお世話でしょ!!女で悪かったわね!!」と言うのはありがたいです。
    復帰時の時もそうですし、覚醒台詞にも自分が女である事を誇りに思ってるような面があるのがそそられます。
    その女の特権を弄んでおもちゃにしてあげるのがたまらなくて作ってるこのシリーズ。

    ただ、最後の部分のやり取りを撮る時に1つだけ残念な事が…馬場Pの別荘が邪魔。
    本来なら至近距離まで接近して、死体打ち書けるようにシャゲダンバルカン決めるはずだったんですが、
    接近する間に馬場Pの別荘があるせいで接近が遅れました…あれはマジで邪魔でした。

    後は、概要欄にも書いたように、DX相手もありだったかなと考えてました。
    格闘コンボは大した物がないので、1回程度だけ特格派生をぶつけて、後は後格やCS、BD格のスタン祭り。
    最後の最後は相手に見下ろされながら覚醒サテライトキャノンをぶっ放されて、
    無意味な復帰抜けからの覚醒技ぶっぱか必死な壁擦りダッシュをしてそのまま覚醒技で焼き尽くされる。
    ガロード&ティファに負けると専用台詞もあるのでそれもありでしたね。
    特にコンボだのに拘らなければ1、2分程度の尺で済みそうですし。

    最後に、おそらくここでしか見た事ないから…と言うのもあったでしょうが、
    リクエストと言う事もあってあげたエルのリョナが比較的好評で嬉しい限りです。
    その前にあげたルナマリアの3作目…SEED勢辺りはさすがの人気だなと改めて認識。
    もちろん、人気キャラを生かすも殺すも自分次第でしょうけどね…動画に見栄えがなければ人気も出ないでしょうし。

    早く「完治~♪」って言いたいものです

    まず、金曜日からずっと音叉だ無しですみませんでした…ずっと体調崩してました。
    木曜日の夜から急に身体に異変を感じるようになり、ベッドの中に籠っていながら少し寒気を感じたのです。
    エアコンかけてるし暖かくして寝てるのに…後、やたらと喉が痛む痛む…。
    で、翌日にはちょっと熱っぽいようで、寒気が感じるようになったので、仕事を途中で早退して病院行きました。

    幸い、病院の診断ではコロナもインフルエンザも陰性と言う診断でしたが、
    医者の先生の話では「あくまでも初日だからこれだけでは正確な判断はつかない」との事。
    まだ症状が続くようなら明日また来てほしいとの事でしたが…翌日は身体動かす気になれなくて病院まで行けませんでした。
    それ以降はずっと仕事休んで家で寝てるだけの日々を送ってました。

    …何が辛いって、退屈です。

    寝ようにもなかなか寝付けなかったりするし、ずっと寝てるだけだと身体痛くなってくる。
    かと言ってPC付けて暇つぶしに動画見ようにも…今更見る物が特にないんですよね。
    こういう時こそ自分がまだ見てない目新しい動画とか欲しいんですが…大体は見終わってしまった物ばかり。
    以前書いたYouTubeの知り合いの「龍が如く8」のプレイ動画とか今にピッタリな動画ですが、
    体調崩した頃には既に終盤まで見終わってる状態で、残り数時間程度でエンディングまで見終わっちゃいました。

    土曜、日曜、月曜とずっと仕事を休み、体調が回復したら今日出てくれると嬉しいとの事でしたが、
    体調が回復しきってないのもありますが、正直出たい気分ではなかったので今日も休んでます。
    …まだ身体がだるいです…早く完治してくれ~。

    どこかで近況書こうかと思いましたが、とにかく気分が優れない日が続いてるので後回しにしちゃいました。
    記事の更新もそうだし、コメントの返信もしないとですね…もちろん、YouTube側の方も。




    とりあえず、金曜日から溜め込んでたネタを少しずつ載せていきます。
    まずは前回のストーリーイベント…今回はかなり全力で周回していきました。
    と言うのも、今回のイベントSRキャラが個人的にはある意味で魅力的だったからです。

    ちなみに今回も相手が自然属性相手ながらもこちらは超人属性パーティを選んでます。
    …と言うのも、ラグナロクの殲滅力がでかいからです…後は、単純にパーティが充実してるから全体的に火力が高い。
    そして、自然属性相手だから前回の科学属性同様に特に属性有利不利がない相手なので、
    言ってしまえばどのパーティで攻略しようが特に大差は無しのはず。
    ちなみにガチ周回勢だと1WAVEを1ターンで終わらせるような編成で、計3ターンで周回してる人もいるとか…。
    自分は平均して7,8ターンぐらいだったと思いますね…。
    尚、これでも科学属性パーティの時よりはずっと安定してました…最近は科学属性のバフ役が物足りない。
    フェス限のあず姉は遅いし(重ね掛けで強くなるバフ)、適任とも言える浴衣なお先輩持ってない。
    年末年始の期間限定キャラとフェス限だけが出ると言う超(笑)五車祭なんて回してSRが1体だけだったぞ。


    そして、今回のストーリーは全体的にドタバタ系の外伝ストーリー的な物。
    元々はアルヴの武者修行的な内容から始まりますが、その修行の際にヨミハラにてマヤとラティクールと遭遇。
    自身の自慢の剣術を受け止めたマヤに興味を持ち、同行してマヤがバレンタインのチョコの素材集めを手伝います。

    セクション4辺りで今回のボスっぽいモンスターの「カカオケートス」と言う、
    ラティクールが狩りの対象としているケートスと言うクジラ型の次元移動モンスター…それの何故かチョコを纏った版が登場。
    そのカカオケートスのチョコが最後の素材と言う事で、セクション4でカカオケートス討伐の話になりますが、
    この後に異変が起きます…そのカカオケートスの撒き散らすチョコには催淫素材が含まれていて、
    それを浴びたマヤとラティクールの様子が異変…特にラティクールは不思議とマヤに同性愛的な感情を少しずつ抱いてしまう羽目に。
    ちなみに、同行していたアルヴは元々は淫魔族の為に、こういう催淫効果にはそれなりに耐性があるみたいで無反応。


    そして、最終的には火に油を注ぐように、リリムに急かされて小太郎がその場にやってきます。
    マヤにとって意中の相手とも言える小太郎が登場し、実はリリムともちょっとしたいたずら仲間であるアルヴが意地悪をします。
    なんと、アルヴ自身も「私も小太郎を手に入れる」と宣言し、催淫効果で小太郎に過剰になったマヤ様が激怒。
    ついには淫魔族の剣客・アルヴと、普段は無断使用禁止の未来世界の戦闘ロボット・ゼクスまで起動させたマヤとの全面戦争と化す。

    あちこちが焼け野原となったり、クレーターが出来上がったり、山が抉れたりとまさに戦争とも言える光景。
    最終的にはやり過ぎたか…とばかりに、リリムの中で眠ってる覚醒リリムが目覚めて、2人を落ち着かせて場を収束させます。
    マヤの精神を惑わしていたカカオケートスの催淫作用もリリムの力で取り除かれて元通りですが、
    尚、次のマップクエストのイベントストーリーでは…クリスマスの時の騒動と今回の騒動の罰として、
    ちょっといたずらが過ぎるリリムを1ヶ月程アミダハラ監獄へと収容する事が決定されましたw
    ちなみに、今回もリリムの簀巻きオチ期待したんですけどね…なかったです。

    後、これまたどういう経緯か…魔界からやってきた淫魔族・アルヴもなぜか五車で保護される羽目になります。
    もはや迷子ステーションみたいな施設と化してますね。
    ただ、こう見えてアルヴは淫魔族の大幹部のアンブローズ、モリガンの妹です。

    アンブローズ…幻夢卿を引き継いだ幻影の魔女側の大幹部
    モリガン…現状で世界に敵対する勢力に値する死霊卿の大幹部

    尚、その2人の妹にリーシャと言う楓が登場したイベントで登場した淫魔族がいまして、その一番下に当たるのが今回のアルヴ。

    前、後ろ…どっちにもなりたいですね 真ん中だけは全力で拒否します

    今日も眠くておねんねしてる事が多い一日でしたが、それなりにネタ用の仕込みを仕入れてきました。
    ただ、ネタの仕込みと言ってもリョナネタではなくて、エロネタ系がほとんどです。
    仕込みとしては、前から紹介しようと思っていた対魔忍RPGXや悪の女幹部ペリジーニュームーンの回想シーンの紹介。
    最近はエロシーンも見るのが結構面倒になってきて、エロシーンを見るのもあまりやってない模様。
    やり始めの頃はエロシーン見たさで始めたのに、今となってはそれも面倒になってきたと言う不思議な心変わり。

    対魔忍RPGXは好みのキャラでなかったり…と言うのも色々あったりしますが、
    悪の女幹部ペリジーニュームーンは結構イラストとかは好みなのでいつかはエロシーン見たいな…と言うキャラもチラホラ。
    ただ、問題は悪の女幹部ペリジーニュームーンでは新キャラとか気に入ったキャラが全然手に入らないと言う点。
    本編ではとにかくパワハラを押し付けてくるような冴島長官とか結構好きでして、
    別にしばかれるのが好きなMだからではなく…単純に身体がとにかくエッチだからです。
    おそらくリアルで上司としていたら「うっせぇなぁ、あのパワハラババア」と思うような相手でしょうが、
    あの顔以上に凄まじく自己主張してくるようなでっかいお乳が本当にエッチ…。

    回想シーンはあまり見てないですが、基本的に内容は主人公のカツマと、形はどうあれ純愛エッチを繰り広げてくるような内容ばかり。
    カツマの為に仕方なく…と身体を許してくれる展開とか、お前が望むなら…と喜んで身体を差し出す展開、
    他にもジェスタの時のようにカツマをいじめたくなると言う展開もありますが、大体はカツマの事を思ってのエッチ内容。
    いつも「ああしろ!こうしろ!」と言ってくる冴島長官ですが、エッチの時には女の顔になると思うとたまらないですよね。

    一番気に入っ他とも言える花嫁の冴島長官とか、サムネで予想する程度ですが多分シーンの内容はパイズリと予想。
    あの100cmは余裕でありそうな爆乳でパイズリなんてまさに夢のよう…。
    自分も冴島長官でエロ妄想する時とかもきっと
    「あのパワハラババア…いちいちうるせぇ癖に、胸だけはエロいんだから…あの胸でチ〇コを挟んだら…」と、
    間違いなく帰った後の夜は長官にパイズリしてもらう妄想を毎日して抜いてると思いますね。
    本当に乳はすごくエッチ…パイズリはもちろん、騎乗位セックスしてもらって腰を振って乳をブルンブルン!と揺らしてほしい。
    きっと、凄まじい縦揺れを見せてAV顔負けのエロい光景が目の前に広がってそう。

    そんななんだかんだで身体だけが目当てとも言える冴島長官…
    自分が持ってるのは素のSRユニットとサポートユニットのジャージ姿の長官、後はリモート姿の長官だけ。
    特にほしかった花嫁衣装は手に入れる事が出来ませんでした…。
    バレーボール部衣装の長官もいいんですが、あれはフェス限の為に課金石でしか引けないので無理ですね。
    ええ、イラストは本当に好みなんですが、いい思い出がないので課金だけはもうしないと決めてます。


    で、とりあえず悪の女幹部ペリジーニュームーンではいつぞやのアナザークララみたいなロボット女キャラのエロシーンを回収。
    今回のイベントでもロボット女みたいなキャラが出てきてるので、それ繋がりで見てきました。
    ちなみにロボット娘ではなくロボット女と表記してるのは…娘と言うのは変なぐらいに大きい身体してるからです。
    回想シーン見た時も想像以上の大きさの身体で、回想内容も賛否両論で好みが別れそうなシーンでした。
    これの紹介はまた後日にでもやらせてもらいます…回想の内容覚えてるかが怪しそう(紹介文作れるかな…)

    対魔忍RPGXでは大金(2万)叩いて手に入れたフェス限キャラのラグナロクの回想シーンを見てきました。
    その1のパイズリシーン以後の内容で、流れから見て本番のセックスのシーンだろうと思いましたがその通りでした。
    未来舞とラグナロクの2体フェス限ガチャで、どちらも0で終わるかと思いましたが、最後の最後でラグナロクだけでも確保に成功。
    キャラ的にもラグナロクが特に好みだったので、ラグナロクのゲットは本当にありがたいです。
    もちろん、戦力としても十分強いです…周回面でも強い力を発揮してくれてます。


    で、この2シーンを見て、後は画像を回収して仕込み完了…と言いたいですが、紹介文がまだですね。
    まぁ、リョナシーン紹介程長くはならないので、その場の勢いで書いていくだけでもいいかな…と思ってます。
    …すっかり歳なのか、そのエロシーンを2つ見るだけで一気に疲れちゃった感が出てきましたね。
    と言っても、それらを見る前に昼飯食ってお金下ろして、買い物して洗濯したのでそれの疲れが出たのかも。


    後はマキオンのリョナ撮影…リクエストのキャラは終えたのでまた違うキャラの作成をしないとですね。
    もっとも、予定としては来週は先延ばしになりがちな対レグナント相手のやられをあげる予定なので、
    一週間ぐらいは制作をお休みする猶予はあるんですけどね…。
    ただ、何もストックを用意してないのもよろしくないので、少しずつストックの用意と案を用意しておきたいですね。

    ノーベルのやられもありだし、ラクス様もあり…ステラもやっておきたいし、
    なんならショタリョナ枠ですがブリッツのニコル君もやりたい…SEED系に偏ってますが、やっぱり自分には世代なんだと思います。
    後、地味ですがショタリョナ枠のブリッツのニコル君だけチャンネル登録してくれた人がいたのもあります。
    ロラン君もいいですが、台詞で見ても個人的にはニコル君の方が作りやすくていいです。
    ブリッツガンダムもエッチですし…(目線は股間、もはや変態)

    またやる気が減ってきたぞ…

    昨日は昼の3時からゲーセンでオバブのCPU戦で遊んできて、それから夜までずっと遊んでました。
    時間を単純計算するに、おそらくは8時間ぐらいずっと友人と遊んでた事になりますね。
    先週辺りにアプデが入ったはずで、それ以降では初めてのプレイとなります。

    目玉はやっぱり新機体であるライジングフリーダムで、友人もそれが特に気に入ったみたい。
    一方で、新機体解禁と共に大体付いてくるアップデートが機体調整と言うアプデ。
    動画でもチラっと見た程度でしたが、Hi-νが帰ってきたと言う話を見た事があります。
    実際、友人もアプデ後の実際に触ってみたら「こいつはヤバいわw」と言ってました。

    とにかく共振中のメイン連動の自動ファンネルがやってるみたい。
    S覚醒してメイン連射するズンダやってるだけで勝手に相手の耐久が減っていくと言う意味が分からない攻撃。
    友人がCPU戦で使ってただけでもクリアの安定感が凄いですし、
    チラリとモニターに流れてる全国対戦のリプレイ見ててもオバブらしい挙動の動きを見せてくれる。
    凄まじい弾幕を張りつつ、いざ着地する時は隙が少ない攻撃でサッと着地する。

    エクバ2で全国大会でうようよするぐらいの強さを手に入れ、その後のオシオキ修正を受けてちょっとだけ弱くなった機体。
    最終的にはエクバ2はTVウイングとエピオンが環境を取って終わりでしたが、
    それ以降ではHi-νだけは結構環境には付いていけない強さへと大幅な下方を受けてましたね。
    クロブではエピオンも十分やっていける環境でしたし、オバブではTVウイングが結構やれるみたい。

    そんな中で、ずっと底辺帯にいたhi-νでしたが、今回のアプデで大きく化ける。
    今日も動画を見た時も思いましたが…これはもはやエクバ2時代がかわいく見えるぐらいに強くなってますね。
    完全にやってる…こいつはやってる。
    相性のいい覚醒は断然S覚醒で、動画で聞いた話だとS覚醒中はプレッシャーまで高速リロードされるとか…。
    そのリロード時間がプレッシャー武装とは思えないぐらいの5秒リロードだそうで。

    …うん、まぁ、嫌いじゃないんですけどね、そういうの…。
    修正によって大化けするとか、そういう強いか弱いの2択しかないような修正。
    ただ、そのHi-νを相手に対戦したいかと言うと話は別です。
    今更、そんな強武装が飛び交う環境で遊んでいられるような精神持ってないので、これからも遊ぶ目的だけでプレイします。


    ただ、昨日は長々とプレイし続けたせいか、かなり疲れましたね…特に目が結構来てました。
    ちなみに自分の3000の新しい機体はやっぱりOOですね…なかなか楽しく感じてきます。
    アプデのおかげでそれなりに戦えるようにもなったみたいですし…それでも強機体と張り合うのはきつそう。
    アプデと言えば、いつぞやのアプデで上方修正が入ったダークハウンド…いつの間にか最強になってたみたいですね。
    これは、以前に映画を見に行った後にゲーセンへ行った時に知った事ですが、
    ライブモニターには大体全国対戦のリプレイが流れてるのですが、その際の高コスト機が軒並みダークハウンド。
    全国対戦の猛者が使う=最強と言う意味ですからね…これもhi-ν同様に弱いから強いに化けた例ですね。


    ちなみに今日は疲れていたのか一日中ほとんど寝て過ごしてるような一日でした。
    前からやっておきたい事の1つとして、YouTubeの知り合いが龍が如くシリーズの最新作である、
    「龍が如く8」を発売日当日からプレイと言うのをやってたみたいで、それを1から追いかけて見ていく事です。
    結構なボリュームがあるらしく、しかも今回はまたRPGの様なターン制バトルになったみたい。
    何回か見ているロストジャッジメントとかも龍が如くシリーズの外伝みたいな作品で、
    そちらは過去の龍が如くシリーズの戦闘を受け継いでアクション系の、無双シリーズみたいな戦闘でしたが、
    今作は龍が如く7辺りで採用されたっぽいターン性バトルへと変更…そのせいでバトルの時間が長くなってるみたい。
    おかげで、その知り合いの人もクリアするのに数日はかけてやってたみたいです。

    さすがにぶっ通しでプレイを配信…とはいかないですが、プレイの際に配信をしてたみたい。
    ただ、自分は配信開始時はやってる事に気づかなくて見逃した身です。
    途中で応援のコメントも入れておきましたが、最初から見ておこうと言う気持ちがあったので、
    後日になってから1からアーカイブで見てます…ちなみに今は最後の大詰めの部分まで見終わってます。
    で、それを見ながら記事の作成とかしたり、ネタを探したりしてましたね。

    マキオンのリョナ撮影もいいんですが、それをやってるとアーカイブに身が入らないのでなるべく無しにしてます。
    ちなみに今日も撮影はお休み気味で、簡単にエルMk-Ⅱの冒頭用の台詞回収と、ノーベルのやられを簡単に撮影してきました。
    エルMk-Ⅱの方も最後の編集を終わらせて、そろそろアップロードさせておきたいですね。

    同じ機械でも女サイボーグとかならきっと興奮出来るはず

    エルMk-Ⅱのリョナ…とりあえず撮影は終わりました。
    ユニコーン相手のやられは途中でしたが、一度編集をしてみたら10分程の尺になったのでここで打ち止め。
    ユニコーン相手のストックは没に終わるかもしれないですが、今回のコンボとかは今後の参考になるでしょう。
    今日はこれから(昼の3時から)ゲーセンへ行ってオバブのCPUを遊ぶ約束があるので投稿は後日やります。


    で、エルMk-Ⅱ以降の投稿はどうしようかな…と考え中。
    一応、次回あげれるキャラはプルツー、撮影次第ではステラも用意出来ますが、
    最近の投稿状況から奇しくも、最近の機体及びキャラの作品がSEED系とZZに偏るので少し後回し。
    なので、来週辺りはずっと置き去りにしてるレグナント相手のやられを載せようかと思います。

    やられる相手もGガンからのレイン…もしくはOOのティエレンタオツーがいますし。
    まぁ、まずはレインをあげてそれ以降にプルツーかステラやラクスでもあげようかなと思ってます。
    ステラは後1機用意するか、もしくは尺を考慮してこのまま完成と言う形でも投稿出来そうですし、
    プルツーも一応は投稿してもいいぐらいの出来があった…はず。
    後はセシアとかも多少は作成が進んでたと思います。


    その後の予定としては、Gガンのノーベルのアレンビーも撮影を進めていこうかなと思ってます。
    自分としては意外でしたが、結構アレンビーのやられって人気ありますからね。
    本当に投稿してみて驚きでした…アレンビーのリョナでこんなに人が集まるなんて…って思いましたから。
    とか言う自分も、今はアレンビーの…ノーベルのやられで余裕で抜けるぐらいです。
    アレンビー自身のカラフルなピッチリスーツもエロいし、ノーベルガンダムも今はエロく見えてしまう…特に股間辺りがエッチ。
    よくティエレンタオツーの視点弄りによって拘束姿をアップで見るストックで抜いてる身なので、
    それを少しでもみんなにおすそ分け出来たら…と思ってます。

    ターンXのデータ解析は既にリクエストで投稿済みなので、その時はヴァサーゴの掴みやられも用意したいですね。
    …ヴァサーゴの掴みは使ってなかったはずだよな…自分が投稿してるのに内容をロクに覚えてませんw
    他にも、原作繋がりの相手としてライジングのレインも呼びたいですね。
    レインのやられの時にも相手側に立って舐めプされた身だから、今度はレイン側が舐めプする番。
    …ただ、自分の投稿シリーズではレインの方が舐めプしてるの度が悪い気がしますけどねw
    わざわざダウン追い打ちに1ぐらいしかダメがなさそうなバルカンで追い打ちしてシャゲダンしたり。
    明らかにライジングに乗ってる人の中身が入れ替わってそう…本当にレインならそんな事しないはずw

    他にもグフイグのアイーダさんおアルケインやユリンのファルシア、ステラのガイアにやった視点弄り拘束コンボ。
    スタンしてビクンビクン!と痙攣する姿を間近で見る…あれもノーベルでやりたいですね。
    あれは個人的に視点がエッチでたまらない…アルケインで見つけた時は本当に大興奮ものでした。


    そんな中、X(ツィッター)にてフォローしてる人の投稿に「リプできたモビルスーツの~」と言うのを見かけましたね。
    正直、自分も気になってましたが…口下手なので引っ込んじゃいました。
    女が乗る機体で抜くと言う意味不明な性癖してる自分…さすがにリプで性癖押し付けはしないですw
    ちなみに、自分がリプで送るなら愛機(おかずと言う意味ではなく)でもある隠者かガンダムDX。

    隠者はリフターに乗って移動する様がかっこいいし、DXもエクバ初期の頃に本当に使い込んだ機体…愛機です。


    尚、ラクスさんが乗る隠者で抜いた模様…女が乗る機体で抜くの気持ちいいですよ?(結局押し付けてるじゃないか)

    いっそ今回はタイトルなし!(尚、今日はマジカルプリンセスの締め付けシーン紹介←マーキング)



    自分の事の∟(エル)ではなく、カニタラさんからリクエストを受けたエル・ビアンノのリョナを撮影してきました。
    当初の予定の機体はあらかた終わったかと思います。
    半分ぐらいは違う相手もいますが、今回の相手機体のコンセプトはエルに同じジャンク屋仲間。

    作品繋がりと言う事もあってジュドーはもちろん、後はレッドフレームのロウ、デスヘルのデュオを呼んでます。
    それに加えてアカツキとハンブラビも用意…アカツキは完全に覚醒の茶番劇要員です。
    アカツキ絡みの茶番なんて間違いなくあれしかないですけどね…展開丸分かりだけど楽しみにしててください。

    自分の動画がよくやるダウンした相手への煽り攻撃…シャゲダンしたりとかが多いですが、アカツキはバルカンがあるので楽ですね。
    ダウン取った後にバルカン打って煽る様に連射したり、前格連打して煽ったり…。
    そして、何回も見せてきたその青リプレイを受けて顔を赤くして全覚醒復帰抜けする間抜けな女パイロット達。
    ダウン中の復帰抜けはダウン値がリセットされるから実質的な攻め継続。
    まさに「もう一回遊べるドン!」とも言える展開ですね…時にはうまく耐久を調整して、
    復帰抜け後の追撃の時に掴みとかスタンでとどめやダウン追い打ちで〆るのもなかなか楽しいです。


    誰かに聞かれたわけでもないですが、自分がこれまで投稿してきた動画でどの部分が特に気に入ってるか…
    なかなか出て来ないですね…撮影に苦労したシーンとか、思わぬ撮れ高が出来たシーンがそれに当たるかも。
    思わぬ撮れ高となったシーンはやっぱりハマーン様のキュベレイのあの空中切り抜けスタン〆。
    その2のサムネにも使ったシーンとかは確かに自分の中でもお気に入りです。
    あの高貴な印象を漂わせるようなハマーン様の愛機・キュベレイの下半身、
    あんな風に股間見せるように飛んでくるとは思わなかったですからね…エロく見えて仕方がない。

    一方でこだわってる部分となると…自分の性癖を見せつける意味もあって上から攻める視点は結構凝ってます。
    見づらいかもしれないけどあの下半身がアップになる視点がもうエッチに見えて見えて…。
    他にこだわってる部分はやっぱり悲鳴…マキオンのリョナで一番期待してるのはやっぱり悲鳴だと思うので、
    スタン攻撃を与える時とかもなるべく当たりの台詞が多く撮れた物を使っています。
    アイーダさんのアルケインとか何度も撮り直したりして、「わぁぁぁぁぁあ!!」と言うあの悲鳴をとことん追求して撮ってます。
    まぁ、さすがに無理と言うか…疲れたと言う点から妥協もありますが、それでも相当突き詰めてるつもりです。

    アルケインの女性的なデザインもエロいし、腰に付けた武装であろうフルドレスと言う装備もエッチに見える。
    最近も息抜きがてらにアイーダさんのスタン〆とか撮ってましたが、その際に下半身眺めてまして、
    今となっては「エッチな装備しやがって…」と思うぐらい…フルドレスが目立つせいで余計に下半身に目が行く。
    マキオンのリョナフォルダの中には、女性が乗るモビルスーツの股間をアップで撮影したスクショとかもあり、
    そのフォルダの中でも一番多く股間を撮影してきた機体はアルケイン…アルケインだけ断トツで数が多いです…エッチだからです。

    撮れ高と言うか、本当に偶然発見したのはファルシアのリョナその3のサムネになってる部分。
    いつものように足開いた状態の姿をタイムアップで止めて見たいなぁっと思って坂で試してた時に、
    タイムアップになった時の視点がまさかのあの股間に焦点を当てたようなアングル。
    確かに、テクスチャの関係でロックオンマーカーって相手機体の股間に向かってる気がしますが、
    タイムアップの際にあんな風に股間を映すようなアングルが撮れるとは思わなかったです。
    結構シビアではありますが、何回か撮り直していくつかの機体は同じような視点で撮ってあります。
    どうでもいいでしょうが、ゲドラフだけはなぜか出来ませんでした…他の機体と同じタイミングで同じ位置に調整しても、
    ゲドラフだとあのタイムアップ時のアングルにはならないです…なんででしょうね?


    で、エルMk-Ⅱのやられですが…まずはいったん編集して尺の確認ですね。
    今のところは計5機で、これでも十分だろうけど…念の為と思って後1機…側転ダウン目的でユニコーンを撮影中です。
    最初の予定としては、同じジャンク屋仲間という事でガロードのガンダムDXも考えたんですけどね。
    如何せん、DXって派生とかが少ないから攻撃が少し単調になるかな…と思って没にしました。
    対戦でもよくあるだろう光景の、上から覚醒サテライトキャノンを打ち落とされて敗北とかもありなんですけどね。
    DXの代名詞でもあるS覚醒してのサテライトキャノン連打起き攻め。
    ここでもエルがムキになって復帰抜けして、逃げようとしたり反撃したりしてあっという間に蒸発させられる。

    対抗意識燃やしてそうなルーに見られたらすごくバカにされそうですね。
    そんなルーも自分のシリーズの動画では、ムキになっての復帰抜けとか舐めプされて散々おかずにされてますがw
    後、ガロードに対してはリザルト画面でエルに専用の掛け合いがあります。
    ティファと一緒にいるのを意識してるらしく、勝てば「戦場でイチャイチャしてる奴に負けるもんですか!」と言う感じの台詞を、
    負けると「あたしも温もりがほしい…」と泣き言を言ってくれるようです…そういう掛け合いがあるから入れてもいいんですけどね。

    後、エルのリョナ作っててやっぱり好きなのはスタンの「うわぁぁぁ!!」と言う情けない台詞。
    もう少し色っぽい声を…と思う人もいるでしょうが、自分は声のあげ方が凄く情けないと言うか、間抜けな感じで好きです。
    あんな間抜けな声を上げながら機体をビクンビクン!と震わせて…興奮しちゃうじゃないか(CV:ヒソカ)

    裏記事を先に作っておいて良かった(作り置きはいつもの事)

    昨日はあげたルナザクの動画のこだわった部分をとことん書いてましたが、
    途中にも書いた通りでマキオンのリョナ撮影…エルMk-Ⅱのやられも少しずつ用意しています。
    今のところはレッドフレームとデスヘル、アカツキの材料が揃ってきたかなと思います。

    自分が使ってる時も聞いてましたが、スタンボイスの「うあぁぁぁぁ!!」と言う台詞がややギャグっぽいですね。
    でも、正直エルの声聞いてるとそれがいいな…と思えてきます。
    とにかく情けない声を上げてるのがいい。

    そんな情けない声を出してもらったお礼に、いつものようにかっこ悪い切り抜けスタン〆もいくつか用意してます。
    是非とも、自分のリョナシリーズの先輩となったルーやエマさん達に負けない間抜けな姿を晒してあげるつもりです。
    だから、エル自身も自慢のMK-Ⅱのかっこ悪い姿をどんどん見せてほしいですね。


    今日は仕事が終わって帰った後はフルアーマーZZ相手のやられのダメージ調整を開始。
    ただ、仕事帰りとかは大体疲れてるので、覚醒溜めとかちょっと面倒なコンボが要求されるシーンは無しにして、
    今日はリクエストをくれたカニタラさんには申し訳ないですが、自分の欲の為に切り抜けスタン〆動画を撮ってました。
    昨日も必死にエルMk-Ⅱの切り抜けスタンを撮ってた際に、
    「これが見たかった」と言えるような股間の辺りが見える吹っ飛び方が撮れたので…それに感化されました。
    こういう吹っ飛び方を他の機体でも見てみたい…そう言う欲は本当に強いんです。

    ハマーン様のキュベレイのあの間抜けな姿とか撮れた時も、ならば次はと違う機体で同じような〆方を何回も撮って、
    エクセリアの股間のアップになると言う奇跡的なアングルが撮れた後も軽く100回以上は粘って同じような〆方を撮ってます。
    ハマーン様の様な感じにこっちに股間を見せるような吹っ飛び方は、似たような物がいくつか撮れてますが、
    セシアの時の様な奇跡的なアングルは無理でした…まさに奇跡の賜物。


    一方で、パズドラも昨日はめちゃくちゃ周回しまくってました。
    昨日来てた降臨はヘラ・ウルズ降臨で、リファイブ用の素材でもある為にめちゃくちゃ乱獲して回収。
    まぁ、あまりに大量に回収したせいでちょっとボックスがいっぱいになりつつあります。
    とは言え、しばらくは進化素材用のヘラ・ウルズに困る事はないでしょう。
    …究極進化させるまでが完遂なんですけどね…デビリットだのダブルビリットだのと色々と不足してる。

    おそらく近い内に行われるであろう12周年でモンポ半額が来ると期待したいです。
    色々と素材を使いまくったからいっぱい買い占めておきたいところ…来るといいんですけどね。
    炎の番人、レッドドラゴンフルーツ、ダブミスリットに虹の番人…火の進化素材を始め色々と減ってきてます。
    ただ、そのモンポ半額が来るかもしれないイベントも、今月の下旬でないと来なさそう。
    その12周年ってたしか2月18日ですから…生放送もその日に行われるそうですし。

    後は、どこかでマンティコア降臨も来てほしいところ…ガウェインの進化で全部使い果たしました。

    ルナマリアは抜ける←分かる  ルナザクは抜ける←???



    今週は少し早めにアップロードしました。
    撮影が順調に進んでいれば今週末にレグナント相手のやられとか…も考えましたが、
    今日からやっとエルMk-Ⅱのやられを撮影開始したのでレグナント相手のやられはまた次回。
    エルMk-Ⅱの完成が少し遅くなりそうな場合は、来週の同じ時期にレグナント相手のやられをあげるかもしれません。
    おそらくですがその際の最初の被害者はライジングのレインになるでしょうね。

    で、SEEDの映画を見てきたと言う影響もあって、SEED系キャラのリョナをあげさせてもらいました。
    映画を見た後に湧いてきた欲は、女キャラのリョナと言うよりは運命を相手させてボコボコにすると言う欲でしたね。
    なんだかんだで…ネタバレしちゃいますが、映画ではデスティニーが活躍してましたからね。
    そんなシンの愛機のデスティニーを、ある意味光栄であろう相手をボコる役に回す。

    前にも書いたでしょうが、シンの運命は攻撃がどこか暴力的なのがいいんですよね。
    大剣のアロンダイトを振り回すとかではなく、それを相手に突き刺すのがいいですし、
    運命の代名詞であろうパルマフィオキーナで掴む…後派生で持ち上げるのも結構いい絵になります。
    マキオンからN格のモーションが一新され、あのやられには正直興奮を感じてしまうぐらいです。
    3段目で思いっきり相手の機体にアロンダイトを突き刺して、そのまま相手を突き通す攻撃…
    追撃中に倒してもたまにある掴み〆のようなポロっとその場で落としてしまうタイプではなく、
    追撃〆と言う形で相手の機体の上半身だけそのまま掴み続け、下半身だけ近くを動き回る…なかなかありがたい仕様。
    特格追撃〆の部分も、さすがにエクセリアと同じような視点は撮れなかったですが、
    下半身が上下反対になると言った間抜けな姿を見せるような挙動が撮れたのでそれを採用してます。

    他にもインパルス側のルナマリア相手にもやったように、今度はインパルス側のルナマリアが自身をボコる側に回る。
    「わたしだって!!」と覚醒を使ったはいいものの、やられもカットしてその覚醒カットインの後の光景は情けないおねんね姿。
    起き上がった時には覚醒ゲージが切れて覚醒終了をお知らせするセリフを吐いてくれる。

    実はあのシーンの撮影…結構時間が掛かりました。
    なんでそんなに時間が掛かったかと言うと…覚醒終了時の台詞ガチャに何回も負けたからです。
    間違いなくどちらが聞きたいですか?と聞かれれば、こちらが聞きたいであろう息継ぎをする台詞を用意しましたが、
    撮影の際には10回ぐらい連続でハズレであろう台詞の「ここまでのようね…」とあきらめの台詞を引いたからです。
    簡単なやり取りだからここは本当に早く終わらせたかったけど…何度も目当ての台詞を引けずにげんなり…。

    やっとの思いで狙いのやり取りが撮れた時は大喜びでした…何回撮り直した事か…。
    ルナマリアに限った話ではないですが、覚醒終了時の息継ぎ系の台詞もなかなかいいです。
    ティエレンタオツーのピーリスも、エクセリアのセシアも力を使い果たしたように激しい息継ぎしてくれますからね。
    個人的に好きなのはステラの覚醒終了時の台詞…ステラはどちらも息継ぎ系なのがいいです。
    1つはルナマリアと同じように深呼吸をするような息継ぎと、もう片方は素早く呼吸を繰り返す息継ぎボイスが聞けます。
    ステラのリョナもいくつかは用意していあって、もちろんその息継ぎボイスも入れてあります。

    ステラ相手も構成に悩んでるんですよね…運命の欠点は攻撃モーションが長いからどうしても尺を多く取ってしまう。
    で、現状で作ったストックで既に11分ぐらいの長さになってたはず。
    もう1機追加しようかなと考えてる相手が、運命と同じような攻撃を持つVSエクガンか、
    同じファントムペイン仲間である(実際に行動を共にする事はないですが)ストライクノワール。

    ノワールは前格で突き刺すぐらいしかやる事ないからっと考えて、VSエクガンにしようかなとも思いましたが、
    VSエクガンもエクセリアやファルシアに決めた長々と攻撃する特格後派生ループがあるんです。
    あれで尺が1分半ぐらい取ってるので、その他のコンボも入れると動画がかなり長くなってしまう…。
    正直、自分の様な動画を15分とかも長々と見てるのはだるいと思うので、可能ならば10分前後に収めたいところ。
    …まぁ、だったら後1機追加せずにそのまま動画として作ってしまった方がいいんでしょうけどね。

    ただ、もう使わないであろうその未使用ストックが少し勿体ないと言う気持ちがあるんですよね。
    正直、ステラをボコる案は出し尽くしたと思うので、次にステラを出した時はおそらくそこでステラは打ち切る予定。
    そうなるとせっかく用意したVSエクガンのやられとかもお蔵入りのままになりそう…。
    …もしくは、更にもう1個作ると言うのもありなんでしょうけどね…ターンXのデータ解析とかやってなかったはずだし。

    ただ、ステラは受け身不可系の大ダウンを受けた時の台詞が微妙なのが個人的に痛い所。
    大ダウン系の台詞は台詞を大きく上書するから、他に聞けるいい悲鳴が長い台詞で消されるのが困るんですよね。
    自分がステラのやられ台詞の中で気に入ってるのは、受け身が取れる系のダウンを取られた時の台詞の
    「まだだ!!うわぁぁぁ!!」と言う台詞…相手の猛攻に晒されながらも必死に耐えようとしてるようで好きです。
    これも、受け身不可系の大ダウン攻撃を受けるとかき消されるのがとてももったいない…。

    ちなみにあと半年で39になります

    今日こそマキオンのリョナ撮影…エルMk-Ⅱを進めよう…と思いましたが、急用が入りました。
    急用と言っても急な仕事ではなく、起きたのは昼の2時過ぎ頃。
    まずはパズドラをやろうと思ってそっちをやってました。

    昨日書いてたガウェイン武器が欲しいから、ガウェイン降臨来ないかな…と思ってたら、まさかの今日はガウェイン降臨が開催。
    で、まずは武器となる分のガウェインを5体確保…後は希石用として1体追加で用意。
    一応、倉庫のアカウントにもガウェインの希石が20体ストックしてありますが、もう数体ぐらい確保しておきたいかなと思ってます。
    と言うのも、ガウェイン武器を作る際には、ガウェイン自身の希石が必要だからです。

    それと、昨日も書いた用意するのが面倒…と言うよりは要求数が多いリファイブの希石も用意しないといけない。
    ガウェイン本体の究極進化にも必要ですし、ガウェイン武器を作る際のガイノウトの進化にもリファイブの希石が必要。
    幸い、リファイブ自体はテクニカルダンジョンの常設ダンジョンで確定で手に入るので問題なし。
    …最近は進化に使ったりしてきた事もあって、思った以上にドラゴンフルーツとか火の進化素材のダブルビリットが減ってました。

    後は、ガイノウトの進化素材用の戦国ゼローグの希石…これはちまちまとゼローグを回収するしかないですね。
    ノーマルダンジョンのラストフロアも確定ではないけど手に入るダンジョンですが、
    達成条件の中に「超極限ドラゴンラッシュ」が手に入るクエストがあったのを思い出しそちらを解放。
    …ただ、マルチでスタミナ半減にしてやってましたが…ドロップ率悪いですね。
    ノードロップで全員コインが手に入る宝箱とかがほとんど…こういうの見ると何の為のダンジョンなんだか…って思う。
    まぁ、仕方ないのでスタミナ効率きついですが、ソロプレイでドロップ率を上げるヴェロアリーダーで回してます。
    サブまでドロップ率を上げるキャラは用意出来ないですが(ワンチャンで高い固定ダメスキルのカミラを入れるのはありかも)
    自分がヴェロア、フレンド側をヴェロアキティで固定してるサブアカで何回か挑んで数体ぐらいは回収に成功。
    併せて、途中で出てくるリファイブも4体ぐらい回収が出来たのはおいしいかなと思います。

    しかし、もう1つ問題が…ガイノウトの進化に必要なマンティコアの希石が思った以上になかったです。
    結構いっぱいあったと思ったのに、気づけば残り7個ぐらいしか残ってなかった。
    これもマンティコア降臨待ち…後はリファイブの進化素材であるウルズも欲しいところ。
    季節イベントとかドラゴンイベントとか全くやらずに、今更過ぎる素材集めにせっせと専念…まぁ、パズドラらしくていいですねw

    それと、急用が入ったと言うのは…3時ぐらいから友人から連絡が入り、マキオンで遊んでました。
    リョナ撮影とかではなく普通に遊ぶ目的だったので、マキオンを起動しましたが撮影は進めれず。
    一応、途中で台詞を聞くと言う意味も兼ねて、エルMk-Ⅱで遊んだりもしてましたね。

    マキオン自体は夕方の6時頃で終わりましたが、昨日から途中止まりだったリョナ記事作成を進めて今は夜の8時。
    …仮に出来るとするなら今日の深夜ぐらいかなと思います…まだ構成すら出来上がってないのに…。
    相手機体はいくつかは案があるけど、コンボとかどうするか…F覚醒コンボは何にするか、
    とどめの刺し方とかどうしようか…色々と構成とか考えないといけませんね。

    ソシエの時は切り抜けスタン系をサボったので、切り抜けスタン選考会がなかった分早めに出来ましたが、
    エルMK-Ⅱはまたちょっと色々と切り抜けスタンをチョイスしたいところ…。
    多分、選考会になりそうなのはデスヘルとハンブラビでしょうね。
    デスヘルはBD格のスタン〆、ハンブラビはウミヘビの電撃部分のスタン〆。
    下半身が出来る限りで派手に動生きまわってくれると嬉しいんですけどねw

    もう少しだけ書きたかったけどもう時間がないや…

    今日も特に何かをする事もなく、一日が過ぎてしまいました…。
    まぁ、一日特に何もせずにのんびり過ごす日があってもいいでしょう。

    パズドラとかでちょっと経験値が欲しいなぁ…と思って、だいぶ前から開催されてた経験値用のゲリラとかやりたかったんですが、
    これもどういうわけか開催が始まった時から自分の嫌いな超重力と言う制限が掛かったダンジョン。
    進み過ぎたインフレを抑える為に、攻撃力のパラメータが1/100にさせられると言う制限が設けられてます。

    で、PDC叩いて計算とかしてみると、道中の低い経験値の雑魚はともかく、
    最終フロアで必ずいるであろう高経験値モンスターは昨今のダンジョンでよくある何百億のHP持ち。
    それを倒すには全キャラがダメージ限界突破後の42億ダメージを副属性まで叩き出してようやく倒せるぐらい。
    その高経験値モンスターの経験値は魅力ですが、弱点属性以外を半減する耐性まで持ってるので、
    倒すには苦手属性のキャラ達でパーティを組み、かつ超重力の制限下でもカンストを叩き出す戦力が必須。

    一応、自分とかがよく使う超つなげ消しキャラでも出来ない事はない模様。
    その代わり、楽にカンストさせるにはその経験値モンスタータイプに刺さる強化合成用キラーが欲しいところです。
    幸い、そういうのががっつり刺さるアシスト武器が存在し、これも相当前に登場した降臨モンスターのガウェイン武器。
    当時は〇以上ダメージ無効を張りつつ、13コンボ以下吸収と言うふざけた相手だったんですが、
    今は無効貫通スキルも普及してる上に、盤面を変えるスキルとかも出て来てるので楽になったはずの降臨ボス。

    強化合成用キラー武器と言う事で自分も作ってはいましたが…1体しかなかった。
    なんだかんだでLv120キャラを作るには結構な経験値が欲しいですから、それを手に入れるにはガウェイン武器は量産したい所。
    もっとも、今日はガウェイン降臨は来てなかったですが、そのガウェインのアシスト進化に必要なガイノウト降臨が来てたので、
    今日は少し程度ですがガイノウト降臨をクリアしてガイノウトを回収してました。
    …ガイノウト自体も回収は楽なんですが、ガイノウトで一番面倒なのは希石化する為に進化させる為に必要な素材。
    中でも一番面倒だと感じるのが戦国ゼローグの希石…こいつが個人的に面倒な素材です。

    何が面倒って…戦国ゼローグに進化させる為の素体ゼローグの回収が面倒。
    特殊降臨でたまに開催されるゼローグ∞とはまた別の個体で、こいつが手に入るのはノマダンの最終フロア。
    もしくは制限なしのドラゴンラッシュと言うスペシャルダンジョン。
    一番楽なのはドラゴンラッシュと言うスペシャルダンジョンですね…難易度が低い側のボスで登場し、高確率でドロップ。
    対してノーマルダンジョンのラストフロアは期日関係なしで入れますが、
    いつぞやにノーマルダンジョンをリニューアルの際にクリア状況がリセットされたおかげで、
    そのダンジョンに入るにはノーマルダンジョンを全てもう一度クリアする必要があります…。

    ノーマルダンジョンは一人専用系のダンジョンだから、マルチプレイでクリアだけすると言うのも出来ず、
    且つノーマルダンジョンのラストフロア側ではゼローグが確定ドロップではないのも痛いところ。
    スタミナ99支払って周りにいるお供の雑魚モンスターがドロップしましたと言う事も当たり前です。

    個人的に入手に手間がかかる面倒であろう希石をランク付けするなら、戦国ゼローグの希石が上位に入れそう。
    他に入れるならリファイブの希石も面倒そう…地味に究極ヘラウルズの希石を要求されるし、
    なんだかんだで火属性キャラの進化の際にリファイブの希石って要求される割合が多い気がする。

    好きなキャラで抜く時が一番気持ちいい…

    表ネタは書く事が特にない…と言う事で、軽くパズドラの話でもして繋いでいきます。
    他に書ける事ってせいぜいマキオンのリョナネタぐらいですからね…とにかく今だと迷ったらマキオンのリョナネタ書いておけ状態。
    マキオンのリョナ撮影とかばかり言ってますけど、他にする事ないんかい!…って言われると、ないですw

    週末は大体は家に帰ったらPCつけるか、気力があればラーメンとか作って飯食います。
    で、PCつけてX(ツィッター)とかブログのチェックして、後はYoutubeとかの過去に見た動画を流しながら作業。
    その作業がブログの更新かマキオンのリョナ撮影…。

    特に新しいゲーム買ったとかと言うの本当にここ最近ないですからね…一番新しくてディスガイア7ぐらい。
    そのマキオンのリョナ撮影も、一応は撮影用の案とかはまとめたものの、また疲れちゃったのか気力ダウンモード突入。
    もしかしたら週明けの仕事が終わって3連休に入る辺りからまた再開するかも。
    とりあえず、エルMk-Ⅱのリョナとかラクス隠者のリョナとか撮りたいですが、ラクス隠者の相手をどうしようかと考え中。
    ある意味では初のリクエスト無しのラクス隠者の作成ですからね…初の自由形作成です。

    相手機体候補としては、後の人生の相方となるキラのフリーダム、そして映画を見た影響もあってデスティニー。
    後は多分人気コンテンツであろうと思ってるティエレンタオツーの拘束ループ、後は中の人ネタでヤクト・ドーガ。
    なんだかんだでギュネイのヤクト・ドーガもスタン攻撃が多いのでありかなと思いましたし、
    中の人ネタと言うのはギュネイの声優の山寺さんとラクス様の声優の田中理恵さんは元夫婦だからです。
    山寺宏一さんの再婚相手として田中理恵さんと結ばれるも、残念ながら離婚してます(ちなみに前妻はかないみかさん)

    デスティニーはこれまでも何回か登場してたであろう相手機体で、攻撃がどこか激しそうと言うのがいいです。
    N格出し切りの突き刺しての引き摺りとか好きですし、特格で掴んでそのまま押し込む攻撃とかもいい。
    それでとどめを刺した時も、掴んだ相手を落とす事無く攻撃を続けてくれるのも見栄えとしてポイント高いです。


    さて、パズドラの話をするとは何だったのか…。
    正直、今パズドラってログインする以外特に何もしてなかったりしますw
    超重力環境嫌いでやってないんですよね…今のイベントも超重力の制限を付けたドラゴンラッシュと言うダンジョンだからやる気なし。
    一応、パズ速先生で見れる新しい情報とか見たりしてますが、最近気になるのは強化内容ぐらいですね。

    個人的においしいと思ったのは、やっぱり周回系モンスターの強化。
    上段2列を自属性ドロップに変化させる周回キャラの機導龍も強化が入り、今でも十分強いとは思うんですが、
    今の性能にプラスアルファとして、「スキルターンを1ターン縮めます」「封印耐性を付けました」
    これは悪くない調整ですね…特に地味にジョナサンとかで組んだ時に足りなかったりする封印耐性はありがたい。

    ただ、意外とこのシリーズのキャラ持ってなかったりします…火属性のトゥバンとかもっといたと思うのに1体しかいなかった。
    後は、昔の周回要員として使われたニーズヘッグも最近のよくある超つなげ消し系の周回キャラとして強化。
    元のスキルは最上段1列を火に変換、最下段1列をお邪魔に変換、自分以外のスキルターンを1ターン溜める。
    で、スキルターンが最大で7まで縮まるので、サブにニーズヘッグ4体をスキルマで詰めれば、サブだけでループさせる事が可能。
    そのスキルに強化が入り、最上段1列を火に変換を2列に変更、お邪魔の変換はそのままでした。
    で、超覚醒ではなく素で超つなげ消し2個持ちになってるので、スキル1本だけで軽くカンストまで叩き出してくれるはず。

    実は、この強化内容見てなかったですが、パズ速先生の記事でニーズヘッグ強化の話題があってので見て知りました。
    ダンジョン産キャラのドラゴンも、今年は辰年と言う事でこれまで以上に強化していきますと言う山Pの言葉通りにいっぱい強化。
    …ただ、スペシャルダンジョンで手に入る程度のドラゴン系は大体はそこまで凄いと言える強化はもらえてないですけどね。
    これまでの「いらない(使わない)」と言う性能が、ちょっとはマシになると言う程度…ガチャが揃ってるなら結局いらないです。
    それに、そういうのも結局は超重力下では使われる事はまずないでしょうし…。

    加速して止められなくなったインフレに対抗する為に、大幅な攻撃力減少を化す為に現れた超重力と言うステージ制限。
    これのせいで強力な攻撃覚醒とかを持たないキャラはカンストどころか雑魚モンスターより弱いダメしか出せなかったりします。
    その癖に、相手のHPはそのままで数百億と言うトンデモなHPを持った相手が続々と出てきますからね…。

    もうやってられません…。

    そんな中で、超重力と言う制限がある月間クエストのチャレンジ13に手をつけたのは本当に珍しい事です。
    ありがとう、メルエム&ピトー…超重力下でありながらカンスト出してくれるの気持ちいいです(もちろん、相手もワンパン)

    間違いなく次回はふたなりネタになるでしょう(予報ではなく予告)

    エロネタの書こうと思ったネタはある程度はメモして用意出来ました。
    が、表側のその場しのぎなネタがなかなか出て来ないですね…その日その日で何かネタがあればいいんですが…。
    尚、今後書こうと思ってるエロネタはどれもただのエロ系のネタです。
    リョナネタは今のところはまだ作る予定がなさそうです…気まぐれで制作を始めればやるかもしれません。
    しばらくはマキオンのリョナ動画作成に専念する事でしょう。




    と言うわけで、リクエストでもあったソシエのやられを撮影してきました。
    リクエストをもらっておいてなんですが…ちょっとソシエは自分には合わないキャラでしたね。
    まぁ、いじめていく内に少しずつその魅力に気づく時が来るのかもしれないですが…。

    正直言えば、矢口さんが見ていたいと言っていたエマさんのリョナも最初はそうでした。
    なんと言っても台詞を丸々潰されてしまうハズレのスタン台詞のストレスが大きかったです。
    スタンも結構台詞の優先度が高く、例の「帯電シートが強化されてなかったら~」と言う台詞を引くと、
    その台詞を言い終わるまで他の悲鳴等が聞こえないと言う罠があります…これがなかなか厄介。
    ただ、キャラのリョナ作品が1周してきたので、再度エマさんを作る時はなるべくスタンを無しにしてみましたが、
    ダウンを取られた時の台詞とかはなかなかいいですね…一番やりやすかったのはハンブラビです。
    一応、ヤザン相手とは掛け合いがありますし、ウミヘビに捕まったり電撃責めされてる人には好きそうな相手。

    実際、自分も変形格闘とかウミヘビで受け身不可を与えた時に喘ぐような悲鳴を聞かされた時はなかなか興奮出来ました。
    とは言え、あの動画で一番頑張ったと思うのはブリッツのニコル君が相手の部分ですね。
    その部分はブリッツ相手の最後の部分を飾るF覚醒コンボでとどめを刺される部分。
    終わり際のスタンを連続する部分で、たまたまですが当たり側の台詞を2連続で引けた上に、
    当たりを引いてとどめを刺した時の切り抜けスタンがなかなかかっこ悪い挙動を見せてくれました。
    残った上半身だけが身体をビクンビクン!させながら悶え、下半身はかっこ悪い挙動で動き回る…会心の出来ですw

    あの間抜けな吹っ飛び方が本当に大好きで、あの挙動だけで余裕で抜ける身です。
    思ってるだけで声に言わないだけだったり、そんなの興味ないんだけど…と言う人もいるでしょうが、
    自分がとことんこだわってると思うあの切り抜けスタンのやられの挙動とか褒めてくれると本当に嬉しいものです。
    だからこそ、ハマーン様のキュベレイのあの間抜けなサムネの構図を気に入ってくれたコメントとか嬉しかったですね。

    ハマーン様に限らずいろんなキャラの機体の切り抜けスタン〆は本当に何度も何度も撮り直してる選りすぐりのシーン。
    とにかく仕込みが大変であるF覚醒コンボ〆とかは多少妥協したりしますが、
    通常コンボでの切り抜けスタン〆は仕込みが不要なので結構な数をやり直してます。
    まず、下半身の動きが激しくない物は全て没、下半身が上下反転するぐらいに激しい物とかをなるべく選び、後は好みでチョイス。
    動画で使われなかった没もまだまだありますし、もしくは自分が好きと言う理由で単発系の攻撃で〆てるストックもいっぱいあります。
    例えば、デスヘルのBD格でスタンさせて、スタンが解ける頃にもう一度BD格で切り抜けスタン〆にしたり、
    グフイグのTM派生のスタン部分でとどめを刺してるストック、クシャトリヤの空中スタン〆とかもいっぱい。
    自身のコメントでも残しましたが、そのストックとかも切り抜けスタン〆集として開放とかしてみたいですね。

    なんだかんだで、切り抜けスタンに限らずある程度は動画を出せるぐらいのストックが用意出来てますが、
    たまにはそういうのとかもありかな…と思いますね。
    とりあえず、来週はルナザクをあげるとして…その次はエルMk-Ⅱ。
    後はステラとかプルツーキュベ、進行次第ではラクス隠者も用意出来そうですが…方向を変えてレグナントもありかな…。
    レインとカガリ、ピーリスのやられは編集終えてるので一応あげれる準備は出来てるんですよね。

    …なら、そのストックを週1と言わず週2でもあげればいいんですけどね…つい出し惜しみしてしまう…悪い癖です。

    股間が大好きです。胸も大好きです(ただの変態)



    そういえばやってなかった気がしますが…先週のアイーダさんの新作を貼ってかったですね。
    まぁ、今更感あるのであまり意味ないけど載せておきますw

    サムネはいつぞやのハマーン様のキュベレイと同じような構図です。
    個人的にはもう少し股間辺りが見えると嬉しかったんですが、これぐらいの構図が限界でした。
    これでも結構粘って撮ったんですけどね…後、似たような構図はストックとしてまだいくつかあります。
    こういう感じに手前に下半身が吹っ飛んでいく事があるから、クシャトリヤの攻めは結構好きです。
    特格出し切りでバウンドダウンを取って、飛んでいった後にBD格初段でとどめを刺しての空中スタン〆。

    空中スタンで〆るにしても、なんでもスタンでとどめを刺せばいいと言うわけでもなさそうです。
    似たようなとどめの刺し方が出来るカミーユZの前格出し切りでバウンドを取って後格でスタン〆とかやりましたが、
    カミーユの場合はクシャトリヤと違って下半身が手前ではなく下に落ちて跳ねるのが多かったです。
    勢いが付いてるのかよく分からないけど、クシャトリヤの方が手前に割と飛んでいく気がします。

    まぁ、手前に飛んでいくと言っても、毎回これに近い構図が見れるわけではないですけどね。
    吹っ飛びが弱かったり、下に落ちるように飛んでいったり、もしくは反対に上へ飛んで行って画面外へ行くとかもありますし。
    …なんでこんなの研究してるの?っと思われるでしょうが、性癖だからですw
    下半身…特に股間を見せびらかす様に飛んでいく視点とかが見れると興奮するからです。
    以前もたまたまですが、エクセリアの下半身…特に股間のアップになるような視点とか撮れて大興奮。
    あれと同じような構図とかまた撮れないかな…と別機体でも何度かやってますが、無理ですね…まさに奇跡の飛び方。


    で、先週のアイーダさんのリョナは、コンセプトとしてはひたすら復帰抜けからの間抜けな反撃を受ける事。
    煽られるようにダウンしきった所にメインとか格闘を浴びせられたり、シャゲダンされてすぐムキになるお姫様。
    そこから見え見えの格闘とか、覚醒技ぶっぱをあっけなく防御されて反撃されたり、
    特格で逃げる事を覚えたと思ったら射程外と思って油断してた所を狙撃武器で撃ち抜かれる。
    まさに本人も敗北リザルトの時に言う言葉通りの「おバカなバカ姫」にピッタリな姿。

    まさにE覚醒のダメな使い方のお手本です。
    するなとは言いません…後落ちでコスオバしてる時とかはしないと負けの展開もありますから。
    しかし、アイーダさんの場合はコストも余裕があって耐久もいっぱいある中で、
    「我慢でしょ!!」と必死にダメージを敢えて受け続けて、その上に煽られたからとムキに復帰抜けと言うのがダメ。
    特にムキになったから覚醒使ったとか覚醒の使い方でも論外の使い方ですねw

    まぁ茶番染みた流ればかりですが、情けない復帰抜けはやってて楽しかったです。
    アナティリスを見る限りでは、一番注目を集めていた部分はやっぱりイオに負けた時の部分でした。
    アイーダさんって意外と悲鳴系の台詞は少なく感じますが、なんだかんだで別キャラとの掛け合いが多いんですよね。
    味方同士の場合でも同じサンダーボルト作品出身のダリルと掛け合いがあったり、
    敵同士だとジェリドと掛け合いがあったりして、イオに至ってはとどめを刺されると動画通りの掛け合いがある。

    最初はイオの掛け合いをラストに持っていこうかと思ってましたが、
    覚醒溜めの際にミスってダメージを与えてしまった為にラストに持っていくのは無しにしました。
    自分の動画は基本的に敗北リザルトの場合は与ダメ0にしてますからね。
    あまり無抵抗と言うのも見栄えしないかな…と思って、最近は反撃させたりしてますが、それでも与ダメは0を維持。
    そんな中で、例のフルアーマーガンダムとのやり取りではダメージが入ってしまいましたが、
    あの流れを再現するのは結構大変でして(N格射撃派生を3回当てた後の角度調整とかが特に大変)
    しかもとどめを刺した後の下半身の動きが特に良かったので敢えて採用しました。
    ガニ股の下半身がどこかギャグの様にズコーッ!!と言う感じにひっくり返るのがいいです。
    あんな姿見られたらすごく恥ずかしいでしょうね…お姫様の恥ずかしい姿、興奮ものです。


    で、今日は一応リクエストだったカプルのやられをあげました。
    ただ、これからどうしようかな…と次の制作の予定が浮かばなかったので、ちょっとメモ書きしてまとめました。
    映画も公開されたからSEED系キャラの機体を中心に相手機体の案とかをメモし、
    後は同じくリクエストのエルMk-Ⅱのリョナ案もメモ…おかげでブリッツとラクス隠者、ガイアとエルMk-Ⅱの案がまとまりました。

    ただ、今日は動画をアップだけして撮影ではなくひたすら編集作業をしてました。
    ルナザクも一応は撮り終えた感があるので、来週はルナザクのやられをあげる予定です。
    で、ステラの相手機体とかが定まりにくいので、まずは今出来てるであろう分のやられを編集。
    仮に次にステラをあげるとすると、一応今出来上がってる相手機体はルナインパ+おまけ程度でシンインパルス。
    それらに追加してラゴゥとゴッドガンダム、後はとどめ部分をちょっと追加で撮影すれば運命相手も出来上がり。
    運命相手が特に時間を取ってるので、この時点で9分ぐらいの動画になりそう。

    で、予定としてはノワール、VSエクガン、ライジングとかも追加したかったけど…全部入れたら14分ぐらいになりそう。
    そこまで詰めるとさすがに長すぎるような気もするので、どれか1機は没にすると思います。
    ノワールもやる事はせいぜい前格射撃派生ぐらいでしょうが、言うてVSエクガンも解放後の特格ばかりになる。
    もちろん、ライジングもやる事は特格連打ばかりとどれも似たようなやらればかりになりますが…
    ノワールを無しにしようかな…ちょっとですがVSエクガン相手もいくつか撮影は終わってますから。
    ただ、VSエクガンはいつもやってる特格後派生ループがあるので、あれで結構時間を取ってるんですよね…。
    追加の際に一番動画を長くする原因と言う事で、VSエクガンが没になる可能性もあります。

    もし没になった場合は、またX(ツィッター)とかで没供養するかと思います。
    まぁ、その前にまずはエルMk-Ⅱの作成を行わないとですけどね…台詞周りとかチェックしておきたいです。

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    いつ見てもこのギチギチに締め潰される悟飯は抜けます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介のリメイク
    締め付けを強められて上半身を左右に揺らす悟飯が特にたまらないです



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する