fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    自演マルチで何が(ry)

    月末…と言う事で、対魔忍RPGXもイベントの変わり目の時期。
    今回はちゃんと過去イベントの報酬の回収も忘れずに行ってますよ。
    前回のレイドイベントの報酬回収、復刻イベントの報酬回収、紹介クエストの石回収。
    そして、今回のマップクエストも上級・超上級の100回クリアも終わらせました。
    前回のマップクエストはよく見たら僅かに足りなくて100回クリは報酬のスキルの書が手に入らずでしたからちゃんと確認済み。

    その代わり、レアエネミーが僅かに足りずに終わる羽目になりました。
    …さすがに運要素が絡むレアエネミーはもうやる気ないかな…SRキャラ用の開花の宝玉はちょっと欲しいかもですが。
    と言っても、開花システムがまだよく分かってないですね。
    ガチャキャラを開花させるにはそのキャラの専用メモリが必要ですが…これの入手方法がイマイチ分からない。
    ガチャでそのキャラを引くのか、何かしらのイベントか記念で手に入った万能メモリがあるのでそれで交換するのか…。
    万能メモリは恒常ガチャキャラ用と五車フェス限用の2つに分かれていて、
    どこで手に入れたか覚えてないですがどちらも1体だけ開花出来る分の100個を持ってました。
    多分、開花システムが追加された時に記念として手に入ったものでしょうね。

    とは言え、どのキャラを開花させればいいのかはいまいち悩みますね。
    開花と言っても今の所出来る事はパラメータの底上げみたいな物だし、メモリは貴重なのでイマイチ使う気になれない。
    代わりに、イベントで手に入るSRキャラとかは専用メモリ不要で開花できるので、
    スキルが優秀な花嫁ジュノをお試しと言う事で開花させてみました。



    ちなみに今回のマップクエストのボスはこの子…を守る炎の精霊。
    見た目はかわいい男の子ですが、孤児の集まるストリートチルドレンに流れ着くも、その見た目からいじめを受けて脱走。
    エリカが面倒を見るストリートチルドレン達もさすがにやり過ぎたと反省していて、捜索をエリカに依頼。
    一方でディエンは自分のようなハーフ人間を集めてるくるりが管理する組織へ紹介してもらうとの事。

    …が、その紹介してもらう相手は罠で、ディエンのようなハーフ人間を売りさばくのが目的。
    そこをエリカと、ハーフ人間がいると言う事でやってきた本物のくるりが登場してディエンの救出を開始。
    ただ、その際にディエンの大事に持っていた石に眠っていた精霊が目覚めて、ディエンを守ろうとして迎撃してきます。
    まだ幼い身体故にろくにコントロールも出来ないと魔力が尽きて死んでしまうと言う事で、ディエンを守る炎の精霊と戦う事になりました。
    ちなみにディエンは両親を知らないですが、高い魔力を持つハイオークと人間の間に生まれた子供と言われてます…
    高い魔力を持つハイオークと言えばあいつしかいないですね…シャーマン・ルイス。



    ちなみにレアエネミーは…お前かい!?でしたw
    1人立ち絵が違う一緒に出てきたディエンを狙うギャングの親玉的な相手がレアエネミーかと思いましたが、
    エリカがディエンをこっそり追ってきた際に、自分も後を追ってきた篝がレアエネミー。
    しかも、肝心の篝は戦闘が始まろうとした途端にいなくなると言う…。

    まぁ、篝曰く自身も魔族と身体を融合させた身故に同じハーフみたいな境遇の人間が気になるとの事。
    もっとも篝は望まぬ形でハーフになったわけではなく、紅に憧れて自らハーフみたいな身体になったんですけどね。
    そして、突然姿を消したのは途中でくるりの存在に気付いたから。
    それが幸いしたのか、くるりに現場の状況を説明したおかげで、取引の場に来た途端にエリカに加勢してくれます。

    スポンサーサイト
    [PR]

    凜子先輩のちセシア…そして下乳(どこが微エロ)

    五車祭が終わり、最初の10連で覚醒リリム引きましたが、それ以降は1回だけ10連やったけど特になし。
    とりあえず、新フェス限の覚醒リリムが当たったので敢えて深入りしませんでした。
    ただ、またもや新フェス限の紹介クエストを処理するの忘れてましたw

    新キャラの性能を紹介する簡単なクエストで、オートで戦ってるだけでも勝ててしまうクエスト。
    ただ、3日しか行われない五車祭の期間中にだけのクエストなので忘れてました…。
    イベントレイドの朧とかやってたから仕方ないとも言えますが…完全にその時はユナイトがいらなかったなぁ。

    メインクエスト41話ですが、冒頭で小太郎の救出に成功。
    だが、裏で手を引いてるであろう内調にとって小太郎の拘束はただの囮みたいな物。
    最近攻撃が本格的になってた五車への襲撃が本格化し、参謀として厄介な小太郎を抑えておく為の作戦。
    そして、小太郎を救出した後も、すぐに五車学園へ向かう事になります。
    小太郎曰く「五車が危ない!」との事。

    実際、アサギがいる五車学園ではあちこちで戦いが行われてます。
    センザキの対魔忍の拠点を落とした内調側のネームドキャラもぞろぞろと登場し、その時にいなかったであろうキャラ達も登場。
    内調側に協力する幹部クラスのキャラが五車の人間達と戦う事になりました。

    五車総力戦

    五車学生チームvs鉄下院卍鉄改めミランダ

    災禍vsメイジャー

    凜子先輩vsニールセン

    紫先生vsオロバス

    若さくら&鶴vsシャーマン・ルイス&斎藤半三

    と言うカード…敵味方共にどこかは正直相手にならなそうな組み合わせもあるように見えますけどね。

    最初に決着が着いたのは災禍vsメイジャー。
    メイジャーからの攻撃に慌てるような姿を見せてますが…これは相手をふうま別宅から遠ざけていた芝居。
    最終的にはあっさりと災禍がメイジャーを倒して終わりですが、天音からの新事実が発覚。
    これは自分も予想通り、峰舟子の正体は井河長老衆の筆頭でもある葉取星舟でした。

    対魔忍の世界の台湾危機と言う100年ぐらい前の頃から生きていると噂される人物。
    その噂とは思えないまだ30代ぐらいの若そうな人物が峰舟子。
    そして、葉取星舟は禹歩の達人で、井河長老衆の筆頭とも言える人物。
    本来は長年生き続けてるお婆さんな年齢ながらも、
    禹歩の力で若さを保ち続けてる事は過去のメインクエストで発覚済み。
    若さを保ち続けてると言う面では共通してる辺りから、自分もその線を睨んでました。



    内調本部で五車の戦いを遠くで眺めてる時も、このようなセリフを言っています。
    今回のやり取りで見ても、ナイトウ自身は峰舟子の正体は知っていたようです。
    と言うより、これは続く42話で分かりましたが、アサギと不知火が五車を守っていた時に
    アサギ達に敗れて行方をくらました葉取星舟を拾ったのがナイトウの属する神田旅団だったそうです。
    一度はクリアの奪還の為に神田旅団が動いていましたが、最近はめっきり内調の動きには参加してない神田旅団。
    ナイトウ自身も将軍と呼んでる人物がいて、神田旅団も内調とはまた違う位置に属するんでしょうね。
    また、この時の「戦う事しか能がない愚かな娘」とは葉取星舟の娘の井河扇舟の事。
    母が怖くて従うしか出来ない井河扇舟にとって母の葉取星舟の言葉は絶対って感じでしたし。


    次に決着が着いたのは凜子先輩vsニールセン。
    強敵との戦いの時は魔人化して戦っているニールセンでしたが、
    今回は久しぶりに出会った強い剣士との戦いに興奮したのか剣の戦いを繰り広げてます。
    自身の妖刀を自慢するように攻撃を仕掛けるも…
    攻撃を受けながら狙いを定めていた凜子先輩の必殺の攻撃を受けて死亡。
    主であるフュルストから与えられた力…魔人化していたら話は違っていたかもしれないですが、
    剣士としての対決を望んだ果てに、剣の戦いで負けてしまったニールセン。
    奇しくも、ニールセンの剣士としての信念が仇となってしまいましたね。

    でかいのがいい!





    今月のイベントアーカイブはこの2つ…先週に終わらせて良かったです…多分月末はやる暇なかったと思う。
    特に太鼓の方は上級で遭遇するとHPがとんでもなく高いので面倒ですね。
    適当に組んだ科学属性パーティで挑んでたら、気付けば何人か倒れていたりと攻撃力も高い。
    後、何気にボス戦の音楽変わってました。
    初登場時と復刻の時はボス用の祭りアレンジBGMが流れていたんですが、
    イベントアーカイブだと雑魚戦で流れる方の祭りアレンジBGMが流れてました。
    結構、ボス戦で流れるほうの祭りアレンジBGM好きだったんですけどね…お祭りみたいな感じがして。

    で、もう1つはデザイアが登場した時のマップイベントがイベントアーカイブ入り。
    …それにしても登場人物のほとんどが乳でかくて最高ですね。
    ルーナもそれなりに大きい…と言うか一般擬態モードになって明らかにでかくなってる気がする。
    静流は言うまでもない大きさ…こっちも対魔忍スーツの時よりでかくなってるような気が?
    そして亜希姉にクローンアサギ…さらに言えば探偵組もみんな乳がでかいキャラばかりですね。
    ナーサラもそれなりにあるし、ミリアムも結構ある…フランシスも結構でかいしユーリもまぁまぁある。
    と言うより、対魔忍キャラは乳が小さめなキャラが少ないのが嬉しいです。

    対魔忍勢で小さいキャラと言うと…ゆきかぜ、みことちゃん、後はストーリーにはまだ未登場だけど雫。
    Rキャラの雫に至ってはゆきかぜ以下のバストだとか…で、キャラ紹介にもあるように胸を大きい人を見ると崩れるみたい。

    ところで、これは実装当初から言われてましたが、祭りの浴衣クローンアサギの格好…明らかに自身の姿を隠す気がないですね。
    元々はアサギのクローンであることを隠す為にフードの付いたマントで顔を隠してたんですが、
    祭りの時とか休日の時は普通にアサギそっくりの顔を見せて歩いてますね。
    また、太鼓イベントのストーリー部分のセリフを送る時…狙ってたわけではないですが、
    気付いたらクローンアサギの胸をクリックしてましたw
    まるで昔のエロゲーみたい。

    もちろん胸のどの部分をクリックしていたのかと言うと…あの部分に決まってるじゃないですかw

    抜ければいい(おかず)

    昨日から始まった対魔忍RPGXのガチャフェス…五車祭が開催されました。
    今回の新フェス限は未来きららと覚醒リリムの2人。
    未来のきらら先輩は40話の終わりにて姿を見せ、姿が違うリリムはタイトル画面からずっと後ろに陣取ってましたね。
    能力とかはまだ見てないけど…とりあえず、昨日引いてきた結果が…



    赤背景で正直期待してなかったですが、1枚HRがSRに昇格して…新フェス限の覚醒リリムが来てくれました。
    ところで、未来のきらら先輩は分かるとして…リリムはどういう経緯で登場するのか…?
    そんなわけで、恒例のフェス限が出るのでメインクエストで拝んでおこうをやってきました。
    まぁ、ゲン担ぎみたいな物ですが、それを見ておいたおかげかアリシアを迎えれたわけですし…(関係ない)

    ただ、覚醒リリムが登場するっぽいのは一番新しいメインクエスト…まだその手前の41話終わらせてないんですよね。
    で、41話と42話を一気に見てきたわけですが…41話は結構話をまとめてきましたね。
    話の内容は前回の小太郎が囚われた時の続きから…と、未来組できらら先輩を復活させた所の続きでもあります。

    41話とかも色々と書きたい事がいっぱいありますが…今回は敢えて42話だけ少し触れて41話は後日にでも…。
    そうやってネタを残しておかないと表記事の書くネタがないんですw
    最近はパズドラもめっきりやらなくなったからパズドラネタがないせいでネタの出所が1つ減ったわけですし。

    ただ、せっかくなので41話の最初の部分だけちょっと触れます。
    と言うのも、ここで初登場する放炎斎の爺さんの手のひら返しがどこか笑えます。
    最初は噂程度でしか若様を知らず、今もなお間抜けと呼ばれてた時代の姿が浮かんでたみたい。
    が、救出されて施設内から出てきて、米連側の人間と話をしてる姿を見ていきなり態度が豹変…。
    これまで弾生に忠誠を誓ってきた彼にとって、小太郎の姿は弾生にそっくりに見えて
    さっきまで「なんであんな奴を救出せねばならんのか…」と思っていたのが、
    若様の所へ行っていきなり「不忠をお詫び申し上げます」と土下座までする始末…。
    ただ、今回のメインストーリーでも大いに活躍してくれる人物でもあります。



    また、冒頭にある小太郎救出作戦のチームには若いさくらも組まれてるわけですが…
    これはアサギの人選です…つまり、若いさくらの存在はすでにアサギ達にも知れ渡ってるわけでした。
    最初は版権が絡むので思い出しづらいイベントですが、そに子ちゃんのイベントにて謎の応援として登場。
    応援として呼んだ対魔忍が1人多くないか?とアサギから問われてましたし、
    モンスターボックスと言う人気商品の偽物が出回っていたクリスマスでは静流が若いさくらの存在に気付き始めてました。
    そして、前回のクリスマスイベントの時に至っては、静流に若いさくらの存在が発覚していてバイトの話を持ち掛けられる程。
    他にも、本人が隠すつもりがないようにバイトしたりあちこちに行ったりするから、勘のいいアサギはとっくに気付いていたんでしょう。



    そして、42話の最後の辺りにて覚醒リリムが姿を見せます。
    この辺りの経緯とかはまた後日のネタとして取っておくとして…表情差分が可愛いですね。
    他にも「てへ♪」とギャグっぽく笑ってる表情も用意されてました。
    後、翼の横幅が広すぎるせいで、キャラを2人並べる為に横にズレると翼が途中で途切れてしまいます。
    そして亜希姉さんの胸は相変わらずでけぇ…旭先生の描くおっぱいいいなぁ(全然関係ない)

    モンスターなんて存在しない(エバーテイル)

    昨日はちょっとポケモンユナイトをやってたわけですが…最近はなんだかんだでやる時間減りましたね。
    さすがに夜通しでぶっ続けでやるような気力は失せてきたと言うか、そろそろマンネリ感がしてきました。
    最近はちまちまとランクではなくスタンダードで遊んだりしてる事がほとんどです。

    困った時のピカチュウ、もしくは気分転換がてらにニンフィア。
    パーティの火力が少し弱そうならエースバーン。時折遊びを入れてのフシギバナを使ってます。
    …まぁ、スタンダードなんで色んな人がいますね。
    やっぱり多いのが、すぐに劣勢になったら捨てゲーしたり降参しまくる人。
    昨日え!?と思ったのが、切断か回線エラーか知らないですが、1人やられまくったと思うので切断したと思う人が1人いまして、
    切断した人は「通信が切れました」と言う事でCPUになるので指示を与えてくださいと出るわけです。
    ゴールの傍で戦うか、プレイヤーの傍で戦うか…こうなるとひどい時は本当に役に立たないですからね。
    基本はプレイヤーの傍で戦うがいいんですが、指示を与えたプレイヤーがやられるとCPUはゴールの中で待機しだす始末。
    目の前で敵がゴール決めていようと…見てるだけ~

    そんな人が出てくるのはまぁ当たり前なんですが、まだ十分勝ち目があるであろうタイミングでいきなり相手が降参しました。
    正直こっちは統率取れてないし、動きバラバラだし1人捨てゲーしたから無理かなと思ってたんですけどねw
    せいぜい、降参要素があったとすれば2回目のカジリガメを自分が奪ったぐらい…。
    いや、十分勝ち目あるだろうと思いながらも1勝プレゼントしてくれたと思っておきましょう。
    もしかしたら、相手側も捨てゲーした人がいて負け気味だったのかもしれないし。


    一方で、素晴らしい協力プレイを見せてくれたのが、マスタークラスのルカリオ。
    自分のピカチュウが相手に追われていて、自陣のゴール辺りまで逃げていた時に、
    よく見たらゴールの傍の草むらにルカリオが待機…さっき移動しようとしてたのに明らかに草むらで動きを止めた…なるほど。
    さすがマスタークラス…よくミニマップとか見てるんでしょうね。
    明らかにピカチュウが相手に追われてるのを察して草むらで待機…自分が自陣に追い込む形で相手を誘い出し、
    自分がゴール付近へ到達した時に、相手もゴール近くへ来た瞬間にルカリオが草むらから奇襲をかけて相手を倒してくれました。
    …うーん、かっこいい。これは文句なしのマスタークラスの実力者。

    こういうのに近い事は自分も1回やった事ありますね。
    サンダー戦の集団戦にて、仲間のニンフィアがサンダーエリアから離脱。
    よく見るとニンフィアの後ろを相手が追ってきていて、おそらくニンフィアを倒そうとしてるんだろうと察し。
    レーンの辺りにいた自分がニンフィアの逃げる先へ合流して、相手の間に割り込んで救援した事がありました。
    その時の気分はまさに「お前の相手は私だ!!」って気分でしたね。


    そして、昨日は結構ピカチュウの調子が良かったです。
    負けた試合とかでも、2回目のカジリガメにて相手が囲んで倒そうとしてる所をとどめだけ奪ったり、
    2回目のロトムも自陣へロトムを連れてくると不利なのでととどめだけ取ろうとしたら噛み合って奪えたり。
    他に勝った試合とかでも、乱戦時にとりあえず攻撃してみたらサンダーを取れたと言う試合もいくつかありました。
    とにかくピカチュウは結構噛み合う事が多くて楽しかったです。

    ぼてん!!

    いつもの事ですが…書くネタが浮かびません。
    続きを読むに当たる裏記事の部分はなんとかてきとーに考えて繋いだりしてますが、
    表ネタは本当に書く事がないと尽きてしまう…。
    まぁ、それを言うとリョナネタも正直出し続けるとネタが尽きてしまうので何度か振り返って稼いでる始末です。

    ちなみに表記事に一般ネタを持ってくるようになった理由は…いつぞやに表も裏も18禁な内容のネタにした記事が凍結されたからです。
    原因は分からずですが、「利用規約に違反しています」と言う事でいきなり凍結されました。
    記事の内容としては舞-Himeの玖珂ちゃんのリョナシーンの紹介。

    表にリョナのシーン紹介を書いて、裏には玖珂ちゃんのエロ画像貼ってたんですが…その記事だけが凍結されました。
    画像が「利用規約に違反しています」と言われて消されるのはそこそこありますけどね。
    突然画像が削除されるのは大体は被写体の問題ですね。
    いちいち貼った画像の内容は覚えてないけど、大体は二次元だけど被写体が幼過ぎるのが原因だと思います。
    ただ、玖珂ちゃんの記事が凍結された理由は不明。
    リメイクがてらに玖珂ちゃんのリョナ記事書いたらそれは今も残り続けてるので…これが分からない。

    そんなわけで、正直面倒ではありますがネタを探しながら表記事を書いてるわけです。
    まぁ、裏記事で誤魔化したとしても、大体利用規約に違反してるかどうかはAIみたいなのが監視してるはずなので、
    正直表記事を書く必要あるのか…?と思うと、まぁ分からなくなりますね。
    なんなら表記事なんていらないと言う人も多いと思ったりしてます。
    自分だって記事の内容を覚えてないので、過去の記事の内容を知る時にいちいち続きを読むのは面倒だったり。
    ただ、自分は割と勢いとかで文章書いたりするので、書き出したら止まらなくなったりするんですよね。
    股間ネタとかホモネタがまさにそれ。自分でも見返す気が失せるぐらいに書きまくってる。
    そんな記事がずらりと並んでると下へスクロールするのも大変な気もしますね。
    それに、やっぱり「続きを読む」を開いて、今日は何の記事かな?と言うお楽しみも感じてほしいのもあります。

    なんて書きながら、なんとか今日のネタ稼ぎに成功。
    表記事は大体このぐらい書いておけばいいかな…と思う辺りで区切っておきましょう。

    女の戦い


    ログイン勢のゲームですが、神姫プロジェクトにてキングーが別バージョンで参戦。
    そろそろ色んな神を出してきたので、そろそろ頭打ちになってきた為に最近は新キャラは衣装違いばかりですね。
    とは言え、キングーは割と結構好きなキャラだったので気に入ってます。

    我は王だぞ!と文字通り王様を名乗るどこか抜けたような神姫なのが結構いいです。
    元々はSRキャラだったはずですが、覚えてる限りではハロウィンで火属性版が出ていて、
    今回は初のガチャSSRとして登場…のはず、そこまで覚えてないからキングーの属性は元の雷と火しか知らない…。

    もちろんと言っても知ってる人は少ないでしょうが、出典通りライバル扱いされているマルドゥークも登場してます。
    マルドゥークは同じ雷属性で、キングーとは違いSSRで登場。
    出会いのエピソードでもマルドゥークの名前を出していて、彼女とはあまり気が合わない様子。
    ちなみにマルドゥークの回想シーンは部下にご褒美をあげると言う彼女が責めるS系女のシーン。
    キングーは見てないですが、ハロウィン版の方は見た事があり…主人公と純愛エッチするシーンです。
    ハロウィンではミイラ女となり、全身包帯だらけにしつつもどこか隙間から肌が露出しててエロく見える。
    そんな主人公が時折いやらしい視線で胸ばかり見ていたのを気付いてたので、
    主人公の望み通りパイズリをしてやると言うのがハロウィンキングーの回想シーンの内容でした。

    そういえば昨日は百合ネタでしたが、神姫プロジェクトにも百合しか興味ないキャラがいましたね。
    確かクシナダヒメだったかな…和神だったのは確か。
    召喚された瞬間に、召喚した相手が男と分かってうんざり…ただ、一緒に行動を共にしてたアリサやニケに一目惚れ。
    特におっとりとしながら穏やかなニケを気に入り、「お姉さま!」と慕い始める始末。
    回想シーンも確かニケとの百合だったはずです。男には興味ないのであったら大体は無理やりの凌辱系でしょうね。

    でも男に生まれて良かったと思う

    世間は今はあれでしょうかね…?
    ポケモンのダイヤモンド&パールのリメイクブーム。

    正直、自分はポケモン自体はそこまでやった事ないんですよね。
    ゲームボーイ自体を買ってもらえなかったので、携帯ゲーム機を手に入れ始めたのはゲームボーイアドバンスが初めて。
    それ以降もDS Liteも持ってましたが、スーパーマリオとマリオ&ルイージRPGをなぜか3から始めてました。
    それぐらいで、そこまで携帯ゲーム機で遊んでなかったです。
    その頃はゲーセンにハマり始め、ゲーセンでよく遊んでましたね。ずっとガンダムばかりやってたはず。

    マリオ&ルイージRPG3は結構楽しくて、一応ラスボスクリアまではやりました。
    …が、最後のお告げ的な部分で見れる「もっとランクを上げるとええことあるで」のやり込みまでは突き詰めれず。
    やり始めたきっかけとしては、ゲーム売り場で見たデモ画面を見て楽しそうだったからです。
    クッパの体内に吸い込まれたマリオとルイージ、そしてそうとは知らずに自身も移動をするクッパ。
    クッパの行動で体内にも影響があり、それでマリオとルイージの行動範囲が増えたりしてるのが楽しそうでしたね。
    デモ画面で見てたのはムッシバビーチの水を飲んでる所。
    クッパが水を飲み始めると体内は水で埋まり、水中のようなステージになり、
    水を飲むのを止めると普通の地上みたいなステージになって体内のダンジョンを進んでいく…見ててやりたくなりました。


    で、ポケモンは当時の友人にゲームボーイを借りてこっそり遊んでました。
    やってたポケモンは赤で、パッケージのリザードンがいいなぁと思ってヒトカゲ選んだので岩タイプのタケシに苦戦しましたね。
    まぁ、アニメ版のようにピカチュウから始まるよりはよっぽどマシだと思いますけどねw
    それに、そのおかげでアニメではイワークに締め付けられるピカチュウが見れて興奮してましたし

    遊べるゲームボーイ自体が友人の物だったので、全ポケモンを集めれる程やり込んだわけではないものの、
    一応ラスボスを倒すぐらいまでは出来ました…まぁ、ラスボスを倒すぐらいならそこまで難しくもないか。
    以前動画で初代ポケモンの最強ポケモンランキングみたいな物を見てましたが、
    知らずに使っていたケンタロスが最強格だったみたいですね。
    確かにケンタロスってやたら強かったし、たまたまやってた通信対戦でも素早さが高いので先制を取りやすく、
    「ふみつけ」を使うと高確率で相手が怯んで行動出来なかったから一方的に攻撃してたのを覚えてます。
    もっとも、動画では「ふみつけ」よりも覚える技が優秀だったり、ノーマルタイプのみと言うのが強みと言われてましたね。
    確かに、やり込んでない自分でも分かるぐらいにエスパーとかが優秀なのは知ってましたが、
    エスパーに並ぶ最強格の冷気タイプにも弱点を突かれないのも強みだったみたい。

    そこまでやり込めなかったものの、ポケモンのキャラが載った攻略本みたいな物を見ててワクワクはしてましたね。
    このポケモン捕まえたらこんな名前付けたいなとか思ってました。
    …後、ポケモンにもそれぞれ独自の鳴き声があり、TASさんの151匹全種類捕まえる動画とか見てましたが、
    アズマオウとか結構かっこいい鳴き声してますね…進化前がトサキントとは思えないぐらい。
    後はシェルダーとかオニドリルってどこか鳴き声の雰囲気が似てる気がします。
    また、個人的に好きなポケモンはヤドランですね…ユナイトではヤドラン全然使ってないですがw


    …ところで、記憶を辿ってみるとゲームボーイアドバンスが初めてと書いてましたが…
    初代ゲームボーイは持ってなかったものの、ゲームボーイカラー辺りを持ってた記憶が蘇ってきました。
    ポケモンはやってなかったものの、スターオーシャンをやっていた頃にGBで出ていたスターオーシャンをやってたのを思い出しまして。
    ブルースフィアはそれなりにやってまして、試練の遺跡の最深層まで行った事があります。
    ただ、戦闘のコンボ入力が苦手で、そこのボスは倒せた覚えがあまりないですね…。
    道中に出てくるモンスターも手ごわい敵ばかりなので逃げながら戦ってたりしてましたしw

    ただ、ストーリーは何回かクリアして、紋章術使いのみの制限パーティとかやって遊んでましたね。
    紋章術と言った魔法が強いパーティだけで組むのはいいんですが…時折魔法防御がとんでもなく高い敵がいて大変でしたw
    そういう相手は物理で殴るのが有効なんですが…魔法職しかいないので物理攻撃が貧弱で苦戦してましたね。
    確か街を襲ってきた蟻のボスとも言える存在のアプサラスとか、一番最後に戦うボスなんて典型的な紋章術にとんでもなく強い敵。
    ラスボス撃破後の戦いなので、ある意味では演出だけのボーナスボスみたいなキャラですが…物理で倒すのに一苦労しましたw

    …当時の懐かしい記憶が蘇ってきますね。

    いつも妄想してるな こいつ

    今更ですが、ポケモンユナイト…シーズンが変わる前にはマスターまで到達出来ました。
    今シーズンでもYoutubeの知り合いも何人かはマスターまで行ってる人がいますね。
    有名な投稿者も早い内からマスターになってたりしてますし。

    で、今日は新キャラのジュナイパーが登場するみたい。
    前回のヨクバリスはディフェンスタイプでありながら、タンク以外の仕事が丸々できる万能キャラ。
    おそらくですが、万能過ぎて強い強いと言われてるルカリオに対抗する為に出したのでは?と思ってます。

    ゴールを決める度に攻撃力が永続で上昇するもうこうダンベル型ルカリオが流行り(6回決めると最大値まで上昇する)
    威力が高いスキルと妨害無効でエリアを縦横無尽に動き回れるヨクバリスが、シーズンリセット前は環境キャラ入り。
    ヨクバリスはディフェンスタイプでありながらそれなりに攻撃も優秀で、
    ユナイト技の仕様のせいで、ユナイト技を打った後は降下中は攻撃スキルをクールタイムなしで連打できる為に、
    オブジェクトと言われるカジリガメやサンダーでも強いポケモンでした…さすがにサンダー瞬殺には自身のレベルが必要でしたが。
    そして、ほしがるを使った回復をしながらの逃げがとにかく強く、
    わざと相手のゴールの近くをうろうろしてヘイトを集め、その間に味方が野生ポケモンを奪っていったり、
    その高い機動力を生かして相手の陣地内へ入り込んで相手側の野生ポケモンを奪って逃げたりと芸達者。
    ディフェンスタイプなので体力もある為、特攻もヘイト集めも出来ると万能キャラでしたね。
    シーズンリセットによって調整が入り、仕様はそこまで変わらないもののほしがるの回復量が落ちたのは痛いみたい。
    タイマンだと逃げ切る事は出来るけど、さすがに全盛期みたいに複数キャラに囲まれても逃げ切る性能はもう持ってないとか。


    そして、新キャラのジュナイパーはどういう性能かは出てるまでのお楽しみですね。
    ニンフィアとかカメックス、ヨクバリスと言ったバグのせいだったり、強い性能出てた為に環境入りしてるキャラもいれば、
    マンムーのように見向きもされないようなキャラが出たりしますからね…。
    PVは技を出してる所とゴールを決めてる所、ユナイト技を打ってる所しか映ってないので、
    技の性能は予想できつつも、肝心のキャラ性能は不明だから出るまで分からないです。
    また、そういうアップデートとかがある時は何かしらバグがあったり。
    いつぞやなんて調整が入ってないはずのイワパレスに謎の不具合があり、
    異様な速さでユナイト技が溜まると言う不具合がありましたね…すぐに修正されましたが。

    ただ、対人はちょっと疲れてきたのでたまにCPU戦で遊んだりしてます。
    完全な1人用ではなく、5人集まってCPUを相手にするモード。
    たまに参加だけしかしてない放置と言う名の捨てゲーしてる人もいますが、まともな人が集まればまず負けはないCPU戦。

    これも不具合でしょうが、今週のウィークリーミッションに「ロトムを60回KOしよう」があり…多くね?と思いました。
    1試合に仮に全部取っても3回しかKO出来ないので…1週間で20回以上遊べと言う事でしょうか?
    対人戦だとロトムも取り合いになるので、正直無理だと思って月曜辺りにCPU戦に籠ってひたすらKO数稼いでました。
    幸い、不具合だったために現在は修正されて15回KOに変更…CPU戦やってれば余裕で終わるミッションですね。

    ただ、ロトムを抜きにしてもCPU戦はある意味楽しめる戦いでもあります。
    油断してると負けたりしますが、きっちり相手の野生ポケモンを奪ったりして経験値を積めば、一方的な虐殺も可能。
    普段の対人戦では味わえない一方的な試合が楽しめるのである意味ストレス解消にもなります。
    終盤の時は噛み合えば、相手側のポケモンが1体ずつ復帰してくるので、復帰する度にゴール前で待ってる味方5人で叩きのめす作業。
    まさに相手の本陣ゴールはお祭り騒ぎです。
    対人でも、相手が推してる時とかたまにやってくる人いますが、CPU相手ならどれだけやっても怒りを喰わないですからねw

    後、ロトムをKOミッションをやる為か、ロトムが出現手前で多くのプレイヤーが待ち構えてる時もあり、
    待ってる間に草むらの中で回ったり、早く出て来いよと攻撃を空ぶったりして遊んだりしてます。
    まるでロトム降臨の儀式ですね。もっとも、そのロトムも総攻撃にあって5秒ぐらいでKOされる運命。
    KO数が加算される条件は攻撃に参加するらしいので、乗り遅れるとあっと言う間にロトム撃墜の機会を失う事に…。


    さて、今日はタグの通り、男ネタの話です。

    男同士なんて興味ねえんだよ!と言う人は見ない方がいいかもです。

    なんだかんだで気付けばガンプラ機体よく使ってるなぁ





    まずはいきなりですが…昨日クロブをやりに行ってそれなりに連勝出来ました。
    …自慢話ですみませんが、やっぱり連勝出来ると嬉しいですからね…。

    1枚目は固定、2枚目はシャッフルの戦績。
    元々、昨日の4時過ぎにゲーセンの一部の連れ同士のグループラインに、
    「6時ぐらいまでいます」と言うメッセージが届いてたので、まぁ顔見せてあげるかと思ってゲーセン行ってきました。
    まぁ、久しぶりと言う事もあるので、2人で固定組んでやってたわけですが…意外と勝てましたね。
    もっと格差社会みたいなマッチングでもするかなと思ってましたが、Dランク帯同士ばかりでした。

    時間が来た後はメッセージを送ってた連れがいなくなったので、一人でやってたわけでして…。
    勝ったり負けたりを繰り返して、最終的にちょっと負け気味になってきたので…
    よし、ダイバーエースで捨てゲープレイしよう!と思った結果、一番連勝出来ました。
    何気に一番相手がかわいそうだと思ったのは、覚醒して相手の低コスト側を先落ちさせてその後に高コスト側に覚醒技をぶっぱ。
    本当に何も考えずに思いっきり3ボタン同時に押してのぶっぱでしたが…ステップしたのに当たると言う始末。
    …トライバーニングの頃から変わってないですね。鳥はぶっぱするもの(教訓)

    他にもルナザクと組んだ試合がありましたが、途中まではやや引き気味で壁で照射を擦る戦いだったのできつかったですね…。
    相手のストフリにはノーダメで自分のダイバーエースが落とされるぐらい…。
    でしたが、自分の覚醒をきっかけに少しずつ相手との距離も縮まって、相方も前に出始めたのでそこから崩れてきましたね。
    ノーダメだったストフリも徐々にダメージを与えれるようになったし、相手側の低コストを先落ちさせたり。
    その後には色々と噛み合ったりもして無事に勝利出来ました。

    ダイバーエースでよく使ってたコンボはN格出し切りからの即座にステップからの覚醒技。
    クロブのwikiのコンボダメージが全然更新されないので、エクバ2参照ですが…エクバ2ではこれで350出るみたい。
    前作より少しだけ覚醒技の威力が下がってるので、ほんの少しだけ威力は落ちるでしょうが十分ですね。
    ただ、N格出し切りからの追撃の猶予は短いので、早めに入力しないと自身が一人だけ虚空へと旅立ってしまいます。
    この辺りはよく友人とCPU戦で遊んでた際に練習して良かったと思ってます。
    ロクに使い込んでなかったらせっかくの大ダメージ技が非常に安くなって終わってますからね…練習は大事。
    まぁ、アリオスはもういない。やっぱ時代はガンプラですよw


    さて、今日はタグの通り、男ネタの話です。

    男同士なんて興味ねえんだよ!と言う人は見ない方がいいかもです。

    こっちの穴もいいなぁ・・・

    新しいイベントはマップクエストなので、デイリーミッションもやって石回収しないといけないですが…
    そろそろ復刻ストーリーイベントも進めておきたいですね。
    今回の復刻イベントはフランシスがヨミハラの探偵組に合流する時の話ですね。
    確か、この時の特効キャラとも言えるガチャキャラはフラフラナーサラだったはず。

    どういう経緯だったかは覚えてないけど…確か桐生美琴の依頼でカトブレパスの鱗を調達しないといけない話。
    確か、ユーリの能力を宿してる眼の治療の交換条件だったはず。
    で、そのカトブレパスを所持している魔獣園みたいな所をある鬼族が経営してるけど、実はその鬼族とフランシスは酒飲み仲間で知った仲で…
    おそらくフランシスがカトブレパスの鱗を頂戴とちょっとお願いすれば、「ああ、ええよええよ♪」と受け入れてくれそう。
    でも、ちょっとしたいたずら心を働かせて、こっそり魔獣園に侵入してカトブレパスの鱗を頂戴する話。
    その時のボスがその鬼族の率いる組織の幹部で、防御無視の高火力攻撃が痛かった覚えがあります。
    その幹部自身もフランシスの事は知ってるものの、侵入者を撃退と言う大義を理由に相手を殺す事に興じてます。
    と言うのも、その幹部はちょっと危ない奴で、殺しが大好きな鬼…戦闘になると相手を一方的に殺すのがとにかく快感なヤバい奴。
    エピローグにて、ナーサラがその相手の刀の餌食になってしまいます…と思いきや、ただの死んだふり。
    実は一度やってみたかったと言う事で、斬られたように見せかけて死んだふりをしてフランシスを騙して遊んでます。
    ナーサラ自身も元は異次元生命体なので身体が異常な造りをしていて、斬られても打たれても平気な顔してますからね。
    …その身体のせいか、10年は経ってるであろうヨミハラが消滅した未来世界では、
    唯一生き残ったおぼ猫と2人だけでおそらくもういないであろう探偵組の仲間をずっと探し続けてますが…。

    そういえば、今回のマップクエストのイベントSRは冬月くるりで、復刻ストーリーのイベントSRもフランシス。
    奇しくも両方とも西條サトル先生のキャラですね。
    この人の絵柄はとにかくむっちりとした身体がいいので、巨乳なキャラが特に似合いますね。
    実際、対魔忍RPGXに登場するキャラで、西條サトル先生が描いてるキャラは
    仲森奈々華、玉藻、冬月くるり、フランシス…どれもボインなキャラでたまらないです。

    そういえば、今回のマップクエストにて…雑魚戦の時に月光の上装が機能しないんですよね…。
    特に強い装備とかではなく、装備するとボス戦以外の曲が「月光」に変わると言う装備品。
    いつぞやの五車祭にて、監獄戦艦2のマヤとアリシアが登場した際に、ガチャを10回引くと手に入る装備だったはず。
    そして、流れる専用BGMは監獄戦艦2のメインテーマの「月光」…これがなかなかいい曲で気に入ってます。
    が、今回のマップクエストの雑魚戦ではなぜか「月光」が掛からずに通常の戦闘BGMが流れる始末。
    これまでボス以外ではマップイベントの雑魚戦でもBGMが変わってたんですけどね…。

    ちなみに復刻ストーリーイベントではちゃんと曲が「月光」になってました。
    …前回のメンテナンスにてこっそりマップクエストだけ仕様が変わったとか…?

    今週リョナネタはなさそう…



    早くも11月が半分過ぎましたね…対魔忍RPGXもイベントの入れ替わりの時期です。
    そして、今回のファフニール戦のパーティはこれで安定してました。
    対精神属性…と言うより魔性パーティはこれで安定でしょうかね。
    今回の状態異常はやや確率は低めながらも混乱と火傷を付与してくるので、幻影不知火のスキル2で解除を狙ってます。
    まぁ、火傷はなんとかなるんですが…不知火自身が混乱したら困りますけどねw
    ただ、幸いファフニールの素早さが遅いので、混乱は付与されても実質1ターンだけなのがまだ救い。

    画像はスクショを撮り忘れたので、救援を覗いたらたまたま魔界級が出ていたのでその時の画像です。
    さすがに魔界級となると状態異常の付与率も上がってるような…?
    と言うより、超上級までオートで周回出来たので、そこまで状態異常の付与率を見てないんです。


    シナリオとしては、最終的にはハイリと父のファフニールの親子喧嘩的な感じで終わりました。
    ちなみに、竜の父と対魔忍の人間の母が結婚してますが、竜である父は人間にも変身できるようです。
    さすがに竜の形態のまま人間の母とエッチなんてしたら…ほとんど竜に敗北した母が犯されてるだけにしか見えないですねw
    竜の性器なんて規格外の大きさだろうから…お母さんのお腹が張り裂けそう…それはそれで見てみたいですが

    もちろんファフニールと母親は恋愛結婚で、なにも負けたりして無理やり子供を作らされたわけではありません。
    ストーリーの冒頭でも母親と会話してるシーンがあり、「今日は父との結婚記念日なのよ♪」とすごいノリノリの母親でした。
    一方でハイリ自身はそこまで父との思い出がなく、父を愛してる母を置いて消えた父には怒りしかなかったわけですが、
    今回の件の途中で父の残した手紙を見て、父が失踪した理由を知り…望まぬ形ながらも父と戦う形になります。
    また、ファフニールがいる場所はハイリのいる場所とは全然関係ない場所ですが、リリスの魔法で招かれてます。
    さっきから父(ちち)の変換が乳になります…管理人に似てスケベな変換をするようになりましたね

    最終的には娘の声を聞いて正気に戻ったファフニールが、お詫びを言って再び竜の眠りについて終わりです。
    眠っていた所を無理やり起こされて、その為か姿もやや腐乱したような格好でしたが、死んではいなかったわけですね。
    ファフニールの卵はリリスが預かる事にして一件落着。

    後、次回のイベントはマップイベントなんですね。
    あれ?前回もマップやらなかったか?と思ってましたが…前回のハロウィンもマップイベントでした。
    イベント形式は順番に行われると思ったけど、今回は何か事情がある為かストーリーイベントが後回しに。
    もしかしたら今年のクリスマス用のイベント形式はストーリーイベントで、正月はマップイベントが来るとかになるんでしょうかね?

    今回マップやって、次回はまたレイドやって…その次が時期的にクリスマスだからストーリーイベントをやる。
    正月はまだやってないマップイベントをやる…と言う流れが考えれそう。

    自演マルチで何が悪い(リメイク間に合わず)

    あれから1年…と言っても特に何かすごい事があったわけではないですけどね。
    去年は1泊2日で家族旅行に行ってました。
    まだコロナの最中じゃないか?…と言えますが、移動中はずっとマスク付けてましたよ。

    後は、当時は友人と喧嘩してしまった故に絶縁状態でしたね。
    その時はマキオンでちょっと負け越して、せっかく昇格したのにまた降格したからだいぶ来てましたね…。
    しばらくの間ずっと後悔してましたが…今は仲直りして楽しくやってます。

    基本はCPU戦でおふざけな機体とか使ったりして遊んでますが、
    少し難しいルートを目指しつつ、友人に好きな機体を譲る時とか「なんでも乗っていいですよ」と声かけたりしてます。
    その「なんでも乗っていいですよ」は、かなりマイナーでしょうがクリムゾン先生の動画のサムネから取ってます。
    クリムゾン先生のアシスタントさんのYoutubeチャンネルの登録者数が目標を超えたと言う事で、先生からご褒美を買う動画。
    登録者数を超えたご褒美としてアシスタントさんが欲しい物を1個だけクリムゾン先生が買ってあげる内容で、
    サムネにはいつものクリムゾン先生のアバターと「なんでも買っていいですよ」と言葉が添えてあったのでそれを真似してます。

    本当になんでも乗っていいですからね…ドアンザクだろうがマツナガザクだろうがハイネデスティニーだろうが。
    そういう時はとにかく自分がCPU戦の難しいルートでもクリアできるようにホットスクランブルとか乗ったりしてます。
    CPU戦はCPU戦でまた違う難易度がありますからね。
    基本、下の方のルートは敵の思考ルーチンも高く、こちらの攻撃はしっかり避けてきますし、
    敵の数も大体相手側だけ3人編成と言う事が多いので、フリーな敵はしっかり闇討ちを決めてきたりする。
    また、相手はコストと言う概念はなく、ステージ毎に決まった敵が登場するので…単純に数が多いんですよね。

    これに関してはマキオンだけでなくクロブでもそうですね。
    難易度が高めに設定されてるCコースとかも2500以上のコストがぞろぞろと出てきたりしますし、
    最低でも7機撃墜しないと勝てないステージとかもあってなかなか大変です。
    また、EXボスステージを目指す為にノーコンティニューもしないといけないのも結構大変です。

    Eルートのボスのエクストリームガンダム ディストピア・フェイズ…通称「蟹」は面倒なので行ってないですが、
    Cルート以降からはEXボスの手前のトリムの乗るエクストリームガンダムMk-II AXEも注意です。
    C以降は結構ダメージも高く、回避が難しい発生がとても速いゲロビを撃ってくる頻度も増えてきます。
    基本はこの発生がとても速いゲロビが一番の要注意武装ですね…距離を取っておくか、先読みして盾しないと一瞬で削られます。
    うまい具合に攻撃が噛み合えば格闘コンボのサンドバッグにして楽しんだりも出来ますけどね。
    トリムの中の人は女性だし、正直悲鳴とか聞いてて興奮してますw

    また、Dルートはたまに行くもう1つの難関があり…ボスのキラ様。
    A-3EXに登場するボス仕様のアスランは、正直弱いのでおもちゃにされてしまう代表格。
    一方でDルートに登場するボス仕様のストライクフリーダムに乗るキラはおもちゃにするのは難しいキャラ。
    思考ルーチンが高いので、迂闊な格闘は余裕で迎撃されるしダメージがとにかく高いので遊んでる暇はありません。
    その上に3回も通常仕様ながらも隠者に乗ったアスランが登場するので厄介です…アスランからのダメージも異常に高いです。
    続くDルートのボスのトリムもCルートより思考ルーチンが高いので、おふざけ感覚でやってるとあっと言う間にゲームオーバーです。

    まぁ、それを乗り越えた先にあるのはEXボスのエクストリームガンダム戦なんですが、
    やっぱりダークセシア達が来てくれると楽しいですね…正直いじめてるようで楽しいんです(自分だけですが)
    Gacktは…お呼びじゃありません。

    アニメを見る理由の9割は抜く為



    どっちもそこまで知ってるわけでもやってるわけでもないですが、マジカミがなのはとコラボしてるらしいですね。
    ツィッターでリツィートしてる人がいて初めて知りました。

    よく広告で見る制作に12億程掛かってると言われてる新手のブラウザゲーでしたね。
    と言っても、なのはは非エロの一般作品なのであくまでも一般版のマジカミとコラボ中。
    後、エロ版のマジカミDXを今ちょっと見てきましたが…ランキングだいぶ落ちてますね。

    そして相変わらず、神姫プロジェクトとかは割と高いランクを維持してます。
    自分がやってる対魔忍RPGXもそこそこにいいランキングを維持してる。
    自分はほとんど対魔忍RPGXしかやっておらず、神姫プロジェクトや悪の女幹部はあくまでもログイン用って感じですね。
    3つのゲームをプレイするとDMM GAMEのログインボーナスが適応され、DMM GAMEコインが少しずつ増えていくからです。
    後、結構前でしたがマジカミと対魔忍RPGXもコラボした事ありましたね。

    ただ、特に何かしてたかと言うと…そうでもないような?
    マジカミ側は対魔忍のキャラが登場してたみたいですが、対魔忍側はログインボーナスがあっただけな気がします。
    また、なのははタイトルだけは有名なので名前だけは知ってる感じ。
    アニメ自体は見た事ないんですよね…ゲーセンの知り合いとかは好きなので見てる人も多いですが。

    腕マフラーよ~



    10日程過ぎたレイドイベント…まだまだ頑張ってメダル回収中です。
    魔性属性のリリスがガチャ限なので、今回のレイドボスが精神属性と言うのは分かってました。
    今回の相手はファフニールとと言う龍。

    事の始まりは例の魔術師や魔女達の集いの時に、リリスが言った一言から。

    「そういえば、レギンさんは来ないんですか?」

    その名前を口にした途端…ちょっと場の雰囲気が悪くなったと言うか、怪しくなりました。
    元より今回の集いにレギンと言う魔術師は呼ばれておらず、正直あいつが来てもなぁ…と言う感じの雰囲気。
    レギンがどうしてるか知ってるか?と話を振られたバルド・バルドも、別に仲がいいわけではなかったと言いつつも、
    レギンが最近までとある竜の卵を使って実験をしていたと言う話をするとリリスが急遽飛び出していきます。

    その実験に使われていたのが今回のボスとなったファフニール。
    どうやら、眠っている所を無理やり起こされたような為に暴走している所をリリスが止めに入ります。
    また、その竜の傍らには実験を行っていたレギンが倒れていたらしく、もしかしたら竜の怒りみたいな物に触れてやられたんでしょうかね?




    一方で、今回のイベントSRとして登場する竜宮入りが今回のもう1人の主役でもあります。
    意外と部屋は現代風で、可愛いぬいぐるみもいっぱい揃ってますね。
    最初は誰か分かりませんでしたが、対魔忍の学生で蛇子達と同級生だと思われます。

    何故かリリスが止めに向かったファフニールらしき竜と戦ってる夢を最近何度も見るようになったとか。
    また、蛇子と卯奈ちゃんに同じく獣遁の術の使い手で、ハイリの母親は蛇子の一族同様に大蛇に変身できるとの事。
    自身も母のように大蛇に変身したい為に、今回も獣遁の術の修行を行っていますが…変身できる気配はなし。
    せいぜい変身と言っても尻尾が生えてくる程度で、本人もこれでは蛇と言うよりトカゲだわと悩んでます。
    蛇子は「私なんてタコだよ…」と自分がタコに変身するようになったのはちょっとがっかり気味。

    ただ、フェス限蛇子のホーム画面では、タコになったのはショックだけど、タコで良かったとも話してます。
    蛇じゃなくて蛸じゃなかったら出来なかった事もあったかもしれないと思っていて、能力も使いようですからね。
    触腕を利用した感知センサーは一級品で、人間が感じる事が出来ない匂いとかを触腕で察知したり、
    音とかと言った振動も察知して相手の気配を察知したりと独立遊撃隊のセンサー役として大活躍。

    まぁ、センサー役としては鹿之助も同様ですね。
    相手を痺れさせる程度の力しかない鹿ちゃんですが、電磁波を使って電磁ソナーのように見えない相手や仕掛けを見破ったりしてます。
    で、肝心の入りは尻尾が生えてくる程度で…本当にハイリの獣遁の術は蛇なのか?と思ってるます。

    また、今回のレイドボスでもあるファフニールとハイリの関係とは…?

    パイズリとリョナに同じく管理人の大好きなネタ



    最近と言うか、割と前からYoutubeのオススメ欄に載ってたのでつい見ちゃいました。
    スーパーファミコンのスーパードンキーコングは世代なので懐かしいし、覚えてますね。

    一番最初であろうスーパードンキーコングのCMとかよく覚えてます。
    当時は映像の綺麗さとか全然気にしてなかったですが、最近の紹介とか見てても確かにドンキーコングのグラフィックは綺麗でしたね。
    映像は特に気にしてなかったものの、音楽はとっても気に入ってたので好きな曲が多いです。

    初代スーパードンキーコングだとエンディングのスタッフロールの曲とか好きですし、鉱山ステージの曲とか大好きです。
    鉱山のステージは2ステージ目から登場し、最後の通常ステージも鉱山ステージ。
    「さいごのステップ」と言ういかにもラストステージっぽい名前で、色んな敵が出てきたのでよく覚えてます。
    また、CMで一番印象に残ってるのは最後の発売日を刻印する部分ですね。
    ジューッと刻印する所は印象的だったし、ナレーターの「新発売」と言う言い方も当時は珍しくて印象強いです。
    大体は「新登場!」と言うのがほとんどだったけど、「新発売」と言う単語は滅多に聞かないですからね。

    GB版ドンキーコングのCMは覚えてるような覚えてないような…?
    で、スーパードンキーコング2も自分が買ってもらったのでやってたゲームですが、
    最初のドンキーが砲台から飛び出してくるCMは見た覚えがないです。
    代わりに、その後に出てきたグレムリン軍団が踊ってるCMはよく覚えてます。
    初代に比べて色んなギミックやアニマルフレンドが増えて多彩になったので楽しかったです。

    そして、ドンキーコング3も買ってほしかったんですが、当時はゲームがスーパーファミコンからプレイステーションに移る時期だったので、
    プレイステーションを買う代わりにドンキーコング3は買ってもらえずでしたね。
    CM自体の内容はあまり見た覚えがないんですが、最後の考える人の像みたいなのがゲームやってる部分は覚えてます。
    そして、次に出てきた64のディディーコングレーシングも懐かしい。
    自分はやった事ないですが、30秒のロングバージョンのCMは覚えてます。
    ウキウキノリノリ♪ 乗り物選んで 怪物倒して ヘンテコレーシング♪のフレーズはよく覚えてます。
    癖になるメロディだから一度聞くとつい口ずさみたくなる歌ですね。
    64はバンジョーとカズーイとか大乱闘スマッシュブラザーズばかりやってました。

    そして、ドンキーコング64の発売とメモリー拡張パックが登場した為に、
    子供達がメモリー拡張パックを付けようとして、「剥がすな!」のシールを剥がすCMも登場。
    このCMもよく覚えてますが、これ以降のドンキーコング64のCMはもう見た事ない物ばかりです。

    作り込みが凄い代わりに、割とレア社は開発が遅れる事が多い為に、最終的に任天堂から売却されてしまったメーカーでしたね。
    ドンキーコングシリーズ以外でもバンジョーとカズーイの大冒険とか、ゴールデンアイとかも制作してた神ゲー会社。
    ゴールデンアイとかパーフェクトダークやった事ないですが、FPSの先駆けゲームともあって今も人気の高いタイトル。
    バンジョーとカズーイも1しかやってないですが、ギミックを解くのはとっても楽しかったです。

    後、ドンキーコングに限らず当時の任天堂のCMは印象に残る物が多かったですね。
    スーパーゲームボーイのCMも、CMの音楽とか聞いてるとワクワクして欲しくなります感覚が湧いてきます。
    他にはサテラビューとかのCMも見た事あって、欲しいなぁと思いましたが当然買ってもらえませんでしたw
    そして、大体の任天堂の商品の終わりに来るのが癖になるマリオのコインの音。
    任天堂のロゴとあのチャリーンの音はまさに任天堂の印象を強く植え付けてますね。

    ハロウィンはとっくに終わったんですが



    そういえば、前回の復刻マップイベントでこんなシーンがありましたね。
    復刻ストーリーは正直ストーリー見るのが面倒なのでややポチポチって感じで進めてました。

    で、このシーンの内容としては、セクション1からの続きで、
    いきなりデビルランタンが登場していて、そのデビルランタン達が合体する…まるでドラクエのキングスライムですね。
    そして、そのデビルランタン王の放った炎が小太郎に直撃。
    セクション1では「俺は…ここで死ぬのか…」なんて思ってしまい終わり…この後しばらくはここに至る経緯の回想です。
    ただ、その中で道を分かれる事になった骸佐との決着や、ふうまの復興をやれないまま死ぬわけにはいかないと思い出して、
    自らその炎を浴びるような形で前進しつつ、直撃する所を地面に伏せる事で回避。

    …したはいいんですが、小太郎の危機と感じで蛇子ときらら先輩と紅の3人までやってきました。
    小太郎に恋心…と言うと3人に消されそうなので、好意を抱いてると書いておきましょう。その3人と正面衝突。
    4人が絡み合うような形で山が出てきてしまうと言うどこかギャグっぽい展開が見れます。

    きらら先輩の身体の下敷きは…正直羨ましいですね。
    何と言っても3人の中でもダントツの胸の大きさ…顔に胸が覆いかぶさったらたまらないし、股間に胸が当たってたらつい勃起してしまいそう。
    と言うか、胸に覆いかぶさったら絶対勃起してしまいますね…その後きらら先輩に怒られそうですが。
    「あんな!何…その、変な所を大きくしてるのよ!!」って…男とはそういうものなんです、女のエロい所に触れると性的興奮を感じるんです。

    もちろん上に来るのが蛇子や紅でも嬉しいですね。きらら先輩程じゃないけど胸はそれなりにあるし、
    それに、胸以外の部分でも大歓迎…お尻とかたまらないし、股間が目の前にあったらどさくさ紛れにガン見してしまう。

    まぁ、実際は痛くて苦しくてそれどころじゃないかもしれないですねw
    女の身体を堪能してるよりも自分の身体を早く自由にしたい願望の方が強いのかも。

    そういえばプロフの画像がめどいさんだったな(超今更)


    既に一週間は経過してますが、新しいレイドイベントが始まってます。
    今回は初のガチャ限SRのリリスが登場。

    リリス自体は決戦アリーナから登場するキャラで、なんだかんだで対魔忍RPGの物語にも顔を出してくるキャラです。
    サービス開始時からガチャHRで登場していて、自分のホーム画面に長い事待機させてます。
    カヲル姉さんとか鹿ちゃん…みことちゃんとか、リリス以上に抜いてる気に入ってるであろうキャラはいるでしょうが、
    やっぱりホーム画面…ゲーム起動した時にリリスの声を聞くのがいつしか日課となってます。

    イベントSRとしては結構最初の方から登場していて、2回目のマップクエスト…クリスマスイベントにてサンタリリスがイベントSRで登場。
    その後は一昨年の新年イベントにて、レイドイベントの報酬で正月巫女リリスがイベントSRで登場。
    物語の立ち位置としては、どこに就く事もない中立と言うか…敵をあまり作らないキャラですね。
    初期のクリスマスイベントにて小太郎達と知り合い、1年後のイベントにて新年のレイドイベントで再開。
    今回のレイドイベントのストーリーにもリリスは登場しますが、今回は小太郎組と出会う事はなし。
    その代わり、小太郎の同級生であろう今回のイベントSRである竜宮ハイリと出会い、
    今回リリスと共闘した事は多分同じ獣遁の術使いの蛇子と卯奈ちゃんに話してると思います。

    ただ、小太郎達の五車組との面識以外にも、古くからのノマド勢力のリーナとも顔見知り。
    リーナが傭兵時代だった頃に同じ修行仲間としてリリスと出会っていて、リーナがイングリッドに仕えた以降も交流はあるみたい。
    リーナと交流があるので、リーナのかつての主に当たる人物でもあるセルヴィアとも知った仲。

    また、彼女の祖母が有名な大魔女だったと言う事もあり、ミリアムと言った魔女や魔術師とも知り合いです。
    今回の物語の始めではどこか分からぬ場所で集い始めた魔術師達の会話から始まります。
    ミリアムやシュバリエと言った五車組とも面識がありそうなメンツから、
    バルド・バルドと言った明らかに敵側に回りそうな者も登場してます。

    今回はただの談笑程度で終わってますが、会話の中でバルド・バルドの下にサイクロプスが来たと言ってました。
    …誰だったっけ?と思ってましたが、Wikiのコメント見てたら思い出しました。
    2回目のジューンブライドイベントにてボスとして登場した科学魔術師ですね。
    最終的には自身の作り出した魔道具のギャラルホルンに呑み込まれ、自分自身が魔道具の一部と化してしまう。
    暴走の果てに、ジュノの力を借りた小太郎とゆきかぜとアンジェの力で倒されて、
    最後は暴走によって生み出されたブラックホールに飲まれて死んだと思われてましたが…生きてたんですね。
    もしくは鉄下院卍鉄のように万が一の時の為にサイボーグ的な身体を用意してあったとか?
    ドクター・サイクロプス自身はサイボーグではないですが、化学の力を使って独特の魔道具を開発しているので、
    機械的な物を作ったりするのは決して不得意ではないはず…そこに魔術も混ぜて生み出したのがギャラルホルン。

    自身の一方的な恋路を対魔忍に邪魔された事になっており、
    バルド・バルド自身もドラウグル・オーガストに守らせていた書庫を奪われたり、
    自身の魔術を掛けた村雲源之助を葬られたりと、自身の行いを間接的に対魔忍に邪魔されているので、
    バルド・バルドとドクター・サイクロプス…互いにとって対魔忍は共通の敵とも言える存在なので確実に敵として出てくるでしょうね。

    汚い場所だろうが抜ければいいんだよ

    金曜以外の平日はずっと休みで(後半は寝込んでましたが)今日は久々の仕事でしたが…疲れましたねw

    寝込んでる間は暇とは言え、ストレス抱えるわけにもいかないので勝ち負けのあるゲームはやりませんでした。
    友人とマキオンCPUも出来る状況ではないし、ユナイトも負けて気分悪くしたら余計に体調崩しそう…
    特に水曜日は仕事を休んでるので遊んでるわけにもいかないですね。

    とは言え、一日ずっと寝ていられるかと言うと…途中から寝っぱなしで腰痛くなったりしたので途中起きたりしてました。
    夜中とかもずっと寝てたせいかしばらく寝付けないとかもありますからね。
    そんな時は大人しく椅子に座ってYoutube眺めてました。

    ほとんど過去に見た動画を何度も見返してるような自分ですが、最近ちょっと暇つぶしになる動画を見てまして…
    配信者とリスナーと言う関係で知り合いがいるわけですが(自分がリスナー側です)
    その人がキムタク主演のロストジャッジメントをプレイしてたのでそれを見てました。
    龍が如くシリーズの派生作品ですが、やった事ないゲームだったので興味なかったけど見てみると面白いですね。

    発売日にDL版を手に入れて当日からクリアするまでやってましたが、予想より時間が掛かったみたい。
    本当は本編なら半日あれば終わる予定だったけど、思った以上にボリュームがあって1日以上ずっとやる羽目に…。
    ただ、人気があるゲームか、その人の配信は大体普段10人ぐらい集まってるんですが、
    ロストジャッジメントのプレイの際は異様に人数が集まってきて、500人ぐらい見てる時もありましたね。
    特にエンディングの時はエンディングのテーマが流れるから「音楽消さないと!」と警告するコメントが一斉に流れてました。
    ちなみに配信の人曰く、すでにエンディングテーマはSEGAに収益が回るようになってるので問題ないとの事。
    もっとも、登録者数も1000人行ってないのでチャンネルにも収益はないでしょうが。

    で、本編はある程度自分もリアルタイムで見てたのですが、サブに当たる部分を見てないので最近それを見てました。
    それで、寝込んでる間はユースドラマを見てましたね。
    本編もある程度は主人公の八神が潜入した学園も関係してる話ですが、
    ユースドラマは完全に舞台は八神が潜入してる学園…潜入と言っても外部指導員と言う名目で自由に出入りできますが。

    最近非行に走る生徒が増え、その生徒を非行へ導く人物がいる…巷ではプロフェッサーと呼ばれてる人物。
    そのプロフェッサーと呼ばれる人物を追うのがユースドラマの目的。
    8つの部に潜入する為、それぞれの部にストーリーが用意されていて…それもなかなか見どころある話ですね。
    中にはあっさり終わってしまうような話もありますが、結構道のりが長い話もあったりしましたね。
    1つの部の潜入が終わると最後にプロフェッサーと関わった人物から話が聞けるわけですが、
    暴走族に潜入した後に、暴走族に走った少年からは「プロフェッサーは学園の人物の可能性がある」と言う話と、
    ガールズバーに年齢を偽って入り込んだ少年からは「プロフェッサーと連絡を取っていた者が電話の後に「ガキが…」と呟いていた」と言う話。
    この辺りだけ見ても、プロフェッサーは身近な所にいるとは思ってましたが…まぁ、あの人だったわけですね。

    最後はプロフェッサー自身の問題を解決する話になり、その時にこれまでに潜入してきた部の人間達の力を借りる所がいいですね。
    本編最終章でも、相手側の組織から八神達が足止めを喰らった時に、
    最初は最悪の第一印象とも言えた学園の生徒達や最初は敵対していたギャング達が相手を足止めして先へ行かせてくれる時と言い、
    これまでに作ってきた関係が最後で活きると言うのがなかなか熱い展開でした。

    で、ユースドラマが終わった後にコメントで「この状態で神室町に行くと・・・」と言う指摘があったので、
    神室町にある謎の「???」と言うクエストが発生する場所へ行くと…
    何故か主人公の探偵八神の悪い噂が漂ってると言う話が広まっていたそうです。
    現実のツィッターに当たるアプリ…ゲーム内ではユッターとも言うアプリでも
    「八神に騙された」 「詐欺探偵八神」 「警察が八神を追ってる」 と主人公の八神に関する不信なワードが盛りだくさん。

    その配信はキリがいいのでそこで終わりでしたが、続きが気になりますね。
    続きはサイドケースを進めていくで見れるんでしょうね。
    このシリーズは既に最後のトロフィーゲットまで配信してるので、サイドケースを制覇する配信もまた覗いてみたいです。
    ところで、そのイベントが発生する条件はなんだったんでしょうね?
    ユースドラマを制覇した状態でその場所へ移動する…とか?

    後、サイドケース…探偵事務所への依頼を全てこなすと最後に現れる依頼の部分だけはフライングで見ちゃいました。
    おそらく前作に当たる最強ボス…前回八神に敗北した殺し屋一族の者が復讐を果たす…
    のではなく、その兄が登場して「俺と戦え」と殺し屋一族の兄との戦いが最後の依頼だったみたい。
    この相手こそがおそらく今回のロストジャッジメントの隠しボス的存在でしょうね。敵の強さも段違い。
    ゲームのシステムよく知らないけど、やたらスーパーアーマー多いし放置してると技を使って回復してるし…。
    戦いの感じを見てるだけでも、確実に本編ラスボスやユースドラマのラスボスより遥かに強かったように見えました。

    膨らみましたよ(前回とは違う形で)

    ワクチン打って2日目ですが、ようやく体調が整ってきました。
    今日の朝起きた辺りから昨日感じた身体の冷えとかもなく、体温もいつも通りに感じて起きれました。
    頭の中に異物が入ってるような頭痛もそこまで感じなくなってだいぶ治まったと思います。

    これがコロナワクチンの副作用なのか、たまたま風邪引いて色々と重なったのかは分からないですが、
    なにがともあれ体調がだいぶ戻ってきて何よりです。
    本当は休みの日とかにこれから書く記事の用意とかしたかったんですが、
    昨日は仕事を休む羽目になったのでほとんど一日寝てただけでしたし、
    今日はまだ大事を取って安静を続けてたのでこうして記事を書くのも夜になっちゃいました。

    体調も戻ってきたので、金曜からの週末にかけての仕事はまた行こうと思う為、
    記事を作る時間もちょっと取れないかもしれないので、もう少しの間は簡単なテキトー記事になっちゃいそうですね。
    週が明けて体調も元に戻ったらまた色々と書いた記事とか用意したいですね。

    リョナネタとかも用意しておきたいですし、最近ポーさんが推してた黒スト。
    リサリサは知らなかったですが、検索してみるとフィギュアが検索に引っ掛かって…脚がエロくてジロジロ見てましたw
    自分の場合は春麗とかも好きですね。
    だいぶオバs…歳をとってきたかもしれないでしょうが、鍛え抜いてる脚とそれを包むストッキングが大好きです。
    最近は映像もリアルになってきたストリートファイターでは、春麗の脚とか筋肉質に描かれてますが…それがまたたまらない。

    後は、特撮系や戦隊系のヒロイン…○○レンジャーの変身後の格好もある意味ピッチリスーツですよね。
    子供の頃とかはみんなが憧れたり、テレビの前で応援してたヒーローでしょうが、
    自分の目線はやっぱりああいう衣装に包まれた人の股間ですw
    女の身体は髪の毛から爪先まで大好きな人でして、中でもやっぱり胴体の部分が大好きな管理人です。
    大きい胸が大好きなのでパイズリが大好きなジャンルですが、最近は股間に一人勝手に熱く書いてる事もあります。
    来週辺りには股間ネタとかまた書いてみたいですね。

    そういう事です。分かってください

    えーまず…率直に言いますが、今日の更新はお休みします。
    いやまぁ、ただ更新お休みのはいつもの事なんですが…
    今日はせっかくいただいた珍しくコメントへの返信とかが遅いので敢えて記事にして書いてみます。


    昨日コロナワクチンを接種したせいか、今日1日寝込んでます。
    本当は今日も仕事があったんですが、昨日の深夜2時ぐらいから急に身体が冷えてきました。
    深夜2時と言えばワクチン接種をしてちょうど12時間経ったぐらいですね。

    そして、朝8時からずっと身体が冷えるようで熱い…朝9時に熱を計ったら37.8℃だったので休みました。
    それから1日ずっと寝てましたね…ずっと寝てると腰痛くなるのでたまにこうやって椅子に座ってパソコン付けたりしてましたが。
    とにかく熱だの寒気だのとで風邪ひいたのかワクチンの副作用か分からないけど、身体がきついのでお休みします。
    コメントとかは非常に嬉しいので、体調がまた整ったら返信していこうと思います。
    記事の更新も体調が整ったら再開したいですね…明日以降には体調が回復してほしいところです。

    膨らみましたよ



    ハロウィンも過ぎて、対魔忍RPGXのホーム画面もハロウィン仕様が終わりました。
    そして、こちらは前回のハロウィンイベントであった新マップイベントのクリアパーティです。
    例によって1体育成枠を入れている事もある為、安全に安全を重ねる為にフレンドも舞のW舞編成。
    イベントクエストの超上級ぐらいなら大体舞2体入れておけばまず事故は起きないですね。
    更に、未来アスカの周回用スキルもスキル2の攻撃技ではなく、奥義のデバフに切り替えてあるので尚更事故りにくい編成。
    その代わり、こちらのアタッカーは今回のイベに限らず2体だけと弱くなりますが、
    どうせ周回機能使って放置してるだけなので問題ないです。

    マップイベントも自動周回機能が追加されたのは相当便利ですね。
    クリアする度にコマを移動させたりして、宝箱回収したりレアエネミーに会ったりしてましたが、
    自動周回機能を使えば宝箱とレアエネミーは自動で回収してくれます。
    その機能を生かせるように、宝箱とレアエネミーも進路上に登場するように設定されてます。

    唯一、ただの雑魚のエネミーコマとは当たらないようになっているので、
    エネミーコマを100体倒すのミッションは自力で動かしてクリアするしかないですね。
    まぁ、前回は上級へ挑む時期が少し遅かったので、初級・中級辺りから積極的に倒して上級を楽してました。

    ちなみに今回のボスはかつて黒田巴、アスカ、リーナの3人によって討たれた千住院弁慶の弟弟子。
    弁慶に同じく自らの肉体を鍛えずに強くなったサイボーグを狩る事を目的とし、今回の米連の会場を襲撃。
    また、米連のハロウィンパーティにテロ予告があったみたいですが、それとはまた無関係。
    テロ予告したキャラもモブみたいな感じで登場してますが、
    どさくさ紛れに現れたハロウィンの悪霊を退治される際に米連への憎しみが一緒に晴れてテロもイタズラ扱いで済んでます。

    で、万住院南瓜…上は「まんじゅういん」だろうけど、下はなんて読むんでしょうね。まさか「かぼちゃ」…?
    元々は武闘家の家に生まれたものの、才能がないせいかその能力が開花せずに破門。
    そこを弁慶に拾われて修行してる内に、惜しまぬ努力のおかげで立派に成長…
    したのですが、弁慶に比べるとまだまだ見劣りする事にコンプレックスを抱いて訓練を怠るようになってしまいます。
    ついには弁慶の家に代々伝わる禁忌の書…触れただけで機械と言った金属を消す下法の術を手に入れたが故に弁慶からも破門。
    そして、弁慶がサイボーグ達にやられた事を知り、その無念を果たす為に意志を引き継いで襲撃に来たとの事。
    ただ、下法の術に頼り切って鍛錬を怠っていた事が仇になり、長期戦になった際に動きに遅れが出た所を紫に突かれて敗北。
    とは言え、死んだと言う描写はないので、何かしらの形でマップクエストにレアエネミーとかで登場してるかもしれないですね。




    前回のハロウィンガチャでもRキャラとして登場したのが、ハロウィンルネの破損バージョン。
    南瓜の襲撃を最初に受けたのも彼女(操縦者は女)ですが、ボロボロになってるのは魔族との戦いにやられた為。
    その隣にはルネ博士の助手とも言えるアンドロイドかサイボーグの女性のパメラも一緒。
    パメラもいつしかガチャキャラで登場とかするんでしょうかね?




    最後の最後に引いた10連ガチャの結果はこんな感じでした。
    今回はシナリオ上でボスを倒した紫のハロウィン版がSRとして登場しますが、代わりに恒常リーナが来ました。
    なんだかんだで新キャラ3体とハロウィンキャラ2体来てるので悪くないのかな…?
    と言いたいけど、キャラの強さではなく編成が鍵となるアリーナとかやらない自分にとってはHR以下はあまり使ってないんですよね。

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    悟飯がエロい目に合うと言うエロ妄想SSも一緒に書いてます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する