fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    いっそ今回はタイトルなし!(尚、今日はマジカルプリンセスの締め付けシーン紹介←マーキング)



    自分の事の∟(エル)ではなく、カニタラさんからリクエストを受けたエル・ビアンノのリョナを撮影してきました。
    当初の予定の機体はあらかた終わったかと思います。
    半分ぐらいは違う相手もいますが、今回の相手機体のコンセプトはエルに同じジャンク屋仲間。

    作品繋がりと言う事もあってジュドーはもちろん、後はレッドフレームのロウ、デスヘルのデュオを呼んでます。
    それに加えてアカツキとハンブラビも用意…アカツキは完全に覚醒の茶番劇要員です。
    アカツキ絡みの茶番なんて間違いなくあれしかないですけどね…展開丸分かりだけど楽しみにしててください。

    自分の動画がよくやるダウンした相手への煽り攻撃…シャゲダンしたりとかが多いですが、アカツキはバルカンがあるので楽ですね。
    ダウン取った後にバルカン打って煽る様に連射したり、前格連打して煽ったり…。
    そして、何回も見せてきたその青リプレイを受けて顔を赤くして全覚醒復帰抜けする間抜けな女パイロット達。
    ダウン中の復帰抜けはダウン値がリセットされるから実質的な攻め継続。
    まさに「もう一回遊べるドン!」とも言える展開ですね…時にはうまく耐久を調整して、
    復帰抜け後の追撃の時に掴みとかスタンでとどめやダウン追い打ちで〆るのもなかなか楽しいです。


    誰かに聞かれたわけでもないですが、自分がこれまで投稿してきた動画でどの部分が特に気に入ってるか…
    なかなか出て来ないですね…撮影に苦労したシーンとか、思わぬ撮れ高が出来たシーンがそれに当たるかも。
    思わぬ撮れ高となったシーンはやっぱりハマーン様のキュベレイのあの空中切り抜けスタン〆。
    その2のサムネにも使ったシーンとかは確かに自分の中でもお気に入りです。
    あの高貴な印象を漂わせるようなハマーン様の愛機・キュベレイの下半身、
    あんな風に股間見せるように飛んでくるとは思わなかったですからね…エロく見えて仕方がない。

    一方でこだわってる部分となると…自分の性癖を見せつける意味もあって上から攻める視点は結構凝ってます。
    見づらいかもしれないけどあの下半身がアップになる視点がもうエッチに見えて見えて…。
    他にこだわってる部分はやっぱり悲鳴…マキオンのリョナで一番期待してるのはやっぱり悲鳴だと思うので、
    スタン攻撃を与える時とかもなるべく当たりの台詞が多く撮れた物を使っています。
    アイーダさんのアルケインとか何度も撮り直したりして、「わぁぁぁぁぁあ!!」と言うあの悲鳴をとことん追求して撮ってます。
    まぁ、さすがに無理と言うか…疲れたと言う点から妥協もありますが、それでも相当突き詰めてるつもりです。

    アルケインの女性的なデザインもエロいし、腰に付けた武装であろうフルドレスと言う装備もエッチに見える。
    最近も息抜きがてらにアイーダさんのスタン〆とか撮ってましたが、その際に下半身眺めてまして、
    今となっては「エッチな装備しやがって…」と思うぐらい…フルドレスが目立つせいで余計に下半身に目が行く。
    マキオンのリョナフォルダの中には、女性が乗るモビルスーツの股間をアップで撮影したスクショとかもあり、
    そのフォルダの中でも一番多く股間を撮影してきた機体はアルケイン…アルケインだけ断トツで数が多いです…エッチだからです。

    撮れ高と言うか、本当に偶然発見したのはファルシアのリョナその3のサムネになってる部分。
    いつものように足開いた状態の姿をタイムアップで止めて見たいなぁっと思って坂で試してた時に、
    タイムアップになった時の視点がまさかのあの股間に焦点を当てたようなアングル。
    確かに、テクスチャの関係でロックオンマーカーって相手機体の股間に向かってる気がしますが、
    タイムアップの際にあんな風に股間を映すようなアングルが撮れるとは思わなかったです。
    結構シビアではありますが、何回か撮り直していくつかの機体は同じような視点で撮ってあります。
    どうでもいいでしょうが、ゲドラフだけはなぜか出来ませんでした…他の機体と同じタイミングで同じ位置に調整しても、
    ゲドラフだとあのタイムアップ時のアングルにはならないです…なんででしょうね?


    で、エルMk-Ⅱのやられですが…まずはいったん編集して尺の確認ですね。
    今のところは計5機で、これでも十分だろうけど…念の為と思って後1機…側転ダウン目的でユニコーンを撮影中です。
    最初の予定としては、同じジャンク屋仲間という事でガロードのガンダムDXも考えたんですけどね。
    如何せん、DXって派生とかが少ないから攻撃が少し単調になるかな…と思って没にしました。
    対戦でもよくあるだろう光景の、上から覚醒サテライトキャノンを打ち落とされて敗北とかもありなんですけどね。
    DXの代名詞でもあるS覚醒してのサテライトキャノン連打起き攻め。
    ここでもエルがムキになって復帰抜けして、逃げようとしたり反撃したりしてあっという間に蒸発させられる。

    対抗意識燃やしてそうなルーに見られたらすごくバカにされそうですね。
    そんなルーも自分のシリーズの動画では、ムキになっての復帰抜けとか舐めプされて散々おかずにされてますがw
    後、ガロードに対してはリザルト画面でエルに専用の掛け合いがあります。
    ティファと一緒にいるのを意識してるらしく、勝てば「戦場でイチャイチャしてる奴に負けるもんですか!」と言う感じの台詞を、
    負けると「あたしも温もりがほしい…」と泣き言を言ってくれるようです…そういう掛け合いがあるから入れてもいいんですけどね。

    後、エルのリョナ作っててやっぱり好きなのはスタンの「うわぁぁぁ!!」と言う情けない台詞。
    もう少し色っぽい声を…と思う人もいるでしょうが、自分は声のあげ方が凄く情けないと言うか、間抜けな感じで好きです。
    あんな間抜けな声を上げながら機体をビクンビクン!と震わせて…興奮しちゃうじゃないか(CV:ヒソカ)

    スポンサーサイト
    [PR]

    謎の人…一体なに朧なんだ?(バレバレ)



    新しい対魔忍RPGXのイベントは、マップクエストかと思ったらまさかのストーリーイベントでした。
    で、前回も同じだった気がしますが、前半辺りのストーリーでは各々のクリスマスの雰囲気が見れます。
    あちこちでクリスマスにちなんだパーティとかイベントが開催されているそうですが、
    そんな中で謎の人(朧)が意味深な恰好をしています。
    ちなみに、今回の朧は完全におまけのようなポジションで、今回のストーリーの中心ではありません。

    これはヨミハラのクリスマスの雰囲気を描いたシーン。
    朧が管理するスラム街でクリスマスのイベントが行われていて、ここではノマドのリーナ達も参加するヒーローショーが開催中。
    尚、ヒーローと言っても主役のヒーローは男ではなく女なので、ヒーローと言うよりはヒロインショーの方があってるかも?
    で、そのヒーロー役のプリティーローズと言う正義の味方役が、悪役を演じるリーナ相手に苦戦してピンチ。

    そんな中に、突然現れたのがこの謎の人(朧)
    突然サンタの衣装をしながら現れて、よくある悪役の台詞をリーナが「何者だ!?」と聞かれ



    あるときはスラム街のサンタ、あるときはビートで男をたらし込む美女と姿を変え、
    他にはスパルタ女教師(こちらは既存の立ち絵を女教師衣装風にしただけ)、
    またある時はバーの踊り子(こちらも過去から登場してる季節限定のチアガール朧が立ち絵)と、
    見せた事がなかったような変装に姿を変えて、最後の最後にいつもの立ち絵の朧に戻って正体を明かします。
    尚、これはリーナが考えた台詞らしく、朧自身はこんな台詞は恥ずかしくて言いたくなったそうで…。

    対魔忍の朧と言えば、暗殺を得意として部下にも容赦がないような無慈悲なキャラの印象ですが、
    対魔忍RPG界ではだいぶ丸くなっていて、きつく当たりそうにしながらもどこか優しくしてくれる上司。
    特に自身も元はスラムの生まれだった事もあり、特にスラム街の子供の事を気にかけていて、
    時折起きるスラム街にて子供が行方不明になる事件では自身も独自で調査を進めて元凶を突き止めようとしてる身。
    他にも、ビルヴァが経営する孤児院にも朧が私財で支援を送ってます。
    もちろん、本人は認めないような風の言葉を口にしてますが、よくある思わせぶりな言葉で誤魔化してるのでバレバレ。
    朧曰く「ここは私の縄張り。ガキ1匹でも私の物だ」と、特にスラム街の子供に手を出す相手には容赦がないです。


    ちなみに、水着姿とサンタ衣装の姿はおそらくカガミ先生の描いた新規立ち絵。
    自分は正直朧にはそこまで興奮とかしない方ですが、このサンタ衣装の朧はなかなかいいですね。
    残念ながらイベントだけのサービスショットみたいな物でしょう…今回のガチャ限は蛇子ですし。
    しかし、今回のガチャ限の蛇子と言い、朧の新規立ち絵…カガミ先生も大忙しでしょうね。

    ただ、やや前にあった5周年ではこれまでのメインクエストに新たな挿絵を追加すると言う事で、
    そのシーンの背景に使われる挿絵を紹介されましたが、計4枚ぐらいの挿絵は全て新堂エル先生の手描き。
    挿絵に登場する人物がどれも新堂エル先生が担当しないキャラばかりなので、この時は新堂エル先生大忙しだったでしょう。

    他の絵師さんのイベントに別の絵師さんのキャラが登場する回想シーンは、
    自分が知る範囲ではフェス限鹿之助に登場するスネークレディがそうですが、この時のスネークレディは基本後ろ姿だけでした。
    顔だけはどうしても絵師の先生の癖が出るから後ろ姿だけにしたんでしょうね。
    後は新堂エル先生が担当する稲毛夏の夏婆さん…この回想シーンではカガミ先生が担当する蛇子が登場。
    こちらは新堂エル先生がデザインする蛇子が登場し、2人混ざってのエロと言う内容になってます。
    回想シーン自体はまだ見てないですが、サムネに明らかに蛇子が映ってるので分かります。

    尚、前々回の五車フェスでイングリッド&リーナと言ったカガミ先生と旭先生の共同キャラが登場してますが、
    回想シーンはさすがに単体キャラのエロだったそうですイングリッド単品、リーナ単品のみで両方同時のエロはなしでした。
    ちなみにカガミ先生だけはたまにカガミ先生自身が担当する別キャラを呼んでる事がありますね。
    聞いた話では今回のガチャ限のサンタ蛇子にも、カガミ先生が担当するリリムがいるとか…。
    後は、覚醒リリムの回想シーンでもカガミ先生が担当する現代の井河さくらも一緒にエロシーンで登場します。

    対魔忍本家の時代にいくつか見たカガミ先生自身の落書きと称するエロ画像を見た時は、
    本人の特徴とも言えるちょっと太めの絵のタッチが気になってましたが、最近は線とか細くなってきましたね。
    対魔忍キャラの回想はたまに見たりしてますが、カガミ先生の描くエロはなかなか好きで気に入ってます。

    もっとぐるぐる巻きにされるべき

    今週は間のお休みがなくなったと言う事もあって、少しマキオンのリョナ撮影とかはお休みしてます。
    もし、昨日が休みのままだった場合はレグナント相手のやられを撮影してたでしょう。
    その時に撮る機体はファルシア…既にいくつか撮影はしてあるけど、上からやられる視点が欲しいのでそれを撮るつもりでした。

    以前あげたファルシアのやられ動画にも何回か見せた、露骨に下から見上げるような視点弄りのやられ。
    ファルシアの姿もそうですし、なにより股間と言った下半身がアップになるとめちゃ興奮してくるんですよね…。
    それはレグナント相手からのやられでも同じで、上からエグナーウィップを当てられてスタンする姿を見上げるとエッチな気分になる。
    そのまま抱き締め派生に移行すると、画面を埋め尽くすようなぐらいにレグナントに抱き潰されてくれますし、
    ゲロビの照射に派生するものなら打たれるまでの数秒の間、ビクンビクン!とスタンし続ける姿が見ていられる…。
    エクセリアとかで必死に狙って撮り続け、最近は既に撮影済みのティエレンタオツーにルナザクも撮り足したぐらい。

    なんなら、最近は天ミナが熱く感じるぐらいです。
    スタンを受けた時の強キャラと聞くミナ様の情けない声と一緒に、愛機の天ミナがビクンビクン!する姿がエッチに見えてしまう。
    作中では敵なしに近い強さを誇る相手のかっこ悪い姿って興奮しますよね…一種の強キャラリョナみたいなもの。

    ファルシアは機体デザインが露骨に女を意識したようなデザインなので、これとかもローアングル視点撮りたかったですが、
    今週はなんだか疲れちゃったと言うか、撮影できる時間がなかなか取れなさそうなのでパスしてます。
    まぁ、レヴィータチャンネルさんからのリクエストがあるので、一応ライジングのレインのやられのレパートリーは考えてます。
    今回は昔の様にやられの種類は単調気味だけど、多くの機体からやられる趣向で行こうかと考えてます。

    リクエスト通りにターンXはデータ解析、カミーユMk-Ⅱやハイペリオンは後派生だけに搾り、
    4機ぐらいだけいくつかの格闘コンボを決めていくスタイル。
    予定としてはゴッドガンダム、ゼノン、Gセルフ、ノーベル辺りに格闘コンボを用意するつもりで、
    後はゲドラフは覚醒技絡みだけ、さっきの3機も書いた通りの攻撃だけを当てるだけにしようと思います。
    ライジングは切り抜けスタン〆が出来ない機体なので、とどめはスタンよりは掴みとか側転で〆るつもりです。


    まぁ、マキオン以外もいくつかやらないといけない物もありますし…。
    パズドラもMARVELコラボが開催中なので、そちらのダンジョンの報酬回収とかもしておきたい。
    一応、アベンジャーズコロシアム自体はクリアしていて、キャプテン・マーベル絡みをリーダーにする限定報酬は回収済み。
    キャプテン・マーベルはサブアカが持ってますし、2回程で本アカがキャプテン・マーベル&ミズ・マーベルを引いたのがでかいです。
    で、今日は前から編成だけ考えていたサノスをリーダーにする事で手に入る報酬の回収。
    サブがそれなりに補正が乗る事もあって、マーベル達をリーダーにするよりは安定してクリア出来ました。

    後はスパイダーマン&ヴェノムをリーダーにして手に入れる報酬の回収。
    こちらも今回から☆5キャラと言ったいわゆるハズレキャラも交換できる対象となっていて、
    一部の☆8キャラは☆5キャラ含むMARVELコラボキャラを6体出す事で交換が可能。
    スパイダーマン&ヴェノムも交換可能キャラで、サブアカが引いてるので本アカは交換すればゲット出来ます。
    火と闇の同時消しで火力が出るキャラなので、とりあえず火と闇の陣のソニアを詰め込んでおけばいいかなと思ってます。
    ダメージ吸収も属性吸収もないので、対策すべきギミックは何回か張ってくる〇〇ダメージ以上無効だけ。


    また、マキオンのリョナ撮影を今日お休みとする代わりに、今日は対魔忍RPGを進めてます。
    と言うのも、また土曜日から五車祭が開催されると言う事…で、最近またメインストーリーが追加されてます。
    五車祭が来る頃に追加されるメインストーリーは大体はフェス限キャラの登場話ですからね。
    いつものゲン担ぎみたいなもので…五車祭が開催されるのでメインストーリを見てそのキャラ達の活躍を見ておこうと言う算段。
    1個前の63話は未来世界の話で、久しぶりに現代が一切絡まない未来世界のみのストーリー。
    一応、久しぶりにと言うか…テキストだけの表現でありましたがリョナみたいな描写があります。
    いつぞやのベオウルフと言う女魔界騎士の拷問も、見た目はグロくて見れない内容でしょうが、
    ここからお楽しみと言えるような展開があったのでテキストだけでもつい興奮してしまうものですね…。

    まぁ、拷問の内容はさっきも書いたようにグロが少し入るような内容で(さすがに細かに描かれてはいません)
    最後は女である事を生かして特殊な訓練を与えたオークとのエッチと言う展開が待っていたものの、
    まぁ…一般版もあるゲームにて、メインストーリーでそんなエロ描写見せれるわけないですよねw


    ちなみに、63話の未来世界では新たな生存者として舞が登場し、この未来舞が新フェス限。
    そして最近追加された64話でついにきらら先輩とラグナロクと言う鬼族の女王、きらら先輩の母親と対面。
    ここはラグナロク…と言うよりは名前の表記はシーモアと、どこぞのFF10の老師の様な名前でして、
    そのラグナロク=シーモアときらら先輩の父との出会いと言った過去の話が中心でした。
    とりあえず、両方ともストーリーは終えたので…簡単なゲン担ぎは終了。

    …他にもイベントアーカイブとか復刻マップクエスト…今のイベントストーリーもそうですし、
    パズドラは他のダンジョンとか月間クエストも残ってたり…やる事色々ありますね。
    後、なんだかんだで今週末の土曜日の夜は、Youtubeの知り合いのところで開催されるポケモンユナイトの大会があります。
    賞金が出ると言った大それたものではなく、一度参加者同士で一度当たりましょうと言う交流会みたいなものです。
    最近は気力が減ったのもあって競うと言うのが好きじゃない為に、こういう試合はあまり乗り気じゃないですが…
    まぁ、いつもお世話になってるサークルリーダーの顔を立てる為にも参加するとしましょう。

    …参加条件として、そのYoutubeのチャンネルの参加型に一度参加すると言う事がありましたが、
    その条件を満たす時に参加型に参加してきた時…めっちゃ震えてましたw
    連ザの頃は自分から進んで対戦に入りにいったりした身でしたが、今や乱入されたりするとめちゃ緊張してきます。
    オバブのマッチング開始とか今だと緊張で震えが止まらないぐらいだと思いますw

    あ、でも…エクバ2以降からのマッチング画面の曲…あれ結構好きですよ。

    やばい…今月のリョナネタ3つしか作ってない(動画頑張ってるから許して…)



    さっそく宣伝…ユリンの乗るファルシアのリョナをあげました。
    結局、以前にスクショで載せたストックはほとんど使う事がなく、ほとんど新しく撮り直した視点を用意する事になりました。
    せいぜいグフイグの拘束ループコンの視点ぐらい…あれも視点選別の為に何回か撮り足したぐらいですし。

    でも、サムネにもなってるタイムアップ時にファルシアの股間辺りのアップが映るストックは前から調達してたものです。
    側転ダウンからのタイムアップの際の視点を研究してた際に、たまたまあんな視点になって驚きましたねw
    完全にカメラが機体の股間を捉えたようなアングルですから…何を思ってここを撮ってるんだよって思う。

    この視点はいくつか用意してまして、他の機体でも同じようなアングルでフィニッシュを迎えます。
    ファルシアは機体サイズが小さいのでちょっと物足りなさを感じますが、
    サイズが大きい機体だとまぁまぁ見ごたえがあります…ルナザクとか結構好みの視点です。


    今回集めた視点だと、やっぱり一番の好みはAGE1にグサグサとサーベルを刺されるBD格を受ける視点。
    身体を棒のような恰好のままで固められて左右にシェイクされる姿がエッチに見えて仕方がない。
    初めてこの攻撃でとどめを刺すのを見た時は興奮が治まらず、撮れたストックを見比べてはチ〇コ扱きまくりでした。
    初段の掴み部分でとどめを刺してシェイクするもいいし、追撃部分でとどめを刺して下半身だけどこか行くのもいい。
    スタンでとどめを刺した時もそうですし、千切れた下半身が「私を見て♪」と言わんばかりに、
    一人で勝手に暴れまわって動き回す姿が…なんでか分からないけどエッチに見えて最高。

    これは女の機体相手はもちろんですし、前回に上げたキオ君のAGE FX相手でもそうですね。
    あの動画で一番好きな視点はAGE1のF覚醒コンボでとどめを刺した部分。
    機体サイズもそれなりにでかいだけあって、AGE FXの千切れた下半身が激しく暴れまわる姿が最高。


    ファルシアは機体デザインがたまらないので抜ける機体なんですが、欠点は機体サイズが小さいところなんですよね…。
    切り抜けスタンとか取って下半身が千切れて暴れまわる視点も、機体がでかいと見ごたえがあるんですが、
    ファルシアは機体が小さめだから…大きい機体を見て堪能した後だと物足りなさを感じる。
    プルやプルツーのキュベレイ相手に興奮させられたレッドフレームの射撃CS2本刺しからの、
    特射サブ射派生の切り抜けスタン〆もファルシア相手にやってみましたが…キュベレイに比べると少しイマイチでした。
    やっぱりキュベレイは機体がでかく、下半身もでかいから…暴れる下半身もでかくてたまらない。
    それを見た後だとファルシアは下半身とかが小さく細めだから、下半身が目立たない感じがして物足りなく感じます。


    後、どうでもいい話ですが…今日は突然仕事が入っちゃいました。
    まぁ、なんだかんだでてきとーにやり過ごして終わったので良かったですが、本来休みの日が潰れるとちょっと損したような…。
    とは言え、その分給料はもらえるはずなのでまぁ良しとしましょう。
    もしかしたら、休みだったとしても一日ぶらぶらと言うかおねんねして終わってたかもしれないですし。

    実はぎゅうぎゅうの日ネタとしてこれをやるつもりでした(本当です)



    今日は久しぶり(?)にパズドラの自演マルチネタでネタ稼ぎ。
    大罪龍イベントが復刻し、その降臨枠としてスレイン降臨と言うダンジョンが開催されています。

    報酬でもあるボスのスレインのレアリティが☆4となっていて、
    これは明らかに今回の大罪龍イベントになぜかある鍵の勇者チャレンジで使ってねと言わんばかりの性能ですね。
    なぜか大罪龍イベントの鍵の勇者チャレンジが☆4以下と言うレア度制限が設けられていて、
    ☆4以下でも戦力になるキャラはせいぜいガンダムコラボの時の低レアのザクとかズゴックぐらい。
    攻略サイトとか見るとガンダムコラボで手に入ったザクを2体詰めて、
    リーダーをチュチュの乗るデミトレーナーにすればいいとかもありますが…ザク2体持ってないんだよなぁ。

    とりあえず、スレイン2体詰めでも行けるみたいですし、もしかしたら意外とあっけないと言う可能性もありますね。
    …どうしても、自分はとにかく石橋を叩いて渡るタイプで、準備を完璧にして対策バッチリにしないと気が済まない人。
    PDCにデータがあるなら、それを使ってこのパーティの攻撃で相手を倒し切れるかも確認してから挑んでます。


    で、さっきのスクショが自演マルチ用のスレイン降臨攻略パーティ。
    悪くないとは思いますが、本アカサブアカ共に最高レアのフェルルをゲット。
    …個人的には3無効を3ターン付与してくれるメニットが欲しかったですけどね(一応、本アカがゲットしました)
    3無効とは敵が使う害悪ギミックのダメージ吸収、属性吸収、〇以上ダメージ無効の3種類。
    これを3つ同時に無効化してくれるスキルは貴重で、それを3ターン持続させてくれるのは今の所メニット武器だけのはず。

    せっかくなので今回は火フェルルを入れてのパーティを組みました。
    肝心の火フェルル自体は、明らかに列消しを意識したようなスキルを持った進化をもらってる割には、
    列強化もなく、ダメージ覚醒は7コン強化6つと無効貫通、そして枝豆覚醒を2個持っていながら超つなげ消しが0個。
    スキル自体も特に目立った効果がない、ロック解除付きの中央1列火ドロップ生成。
    変身キャラのスキルだったらこれにエンハンスだの操作時間延長だのといろいろ付いてたんでしょうね。


    1階 Aジョナサン・ジョースター→サザビー

    2階 B超究極ヤマトタケルのシヴァドラのティアラ

    3階 Aジョナサン・ジョースターに継承したジュドー・アーシタを使って上下の火列を繋げる

    4階 BHEARTS・エキドナを変身させて威嚇する→1コンボ等でターン稼ぎ→

        相手後1ターン→

        A火フェルルのヴァンクロウ→シヴァドラ→サザビー→パス→

        B強化火花火

    5階 Aパス→

        Bジョナサン・ジョースター→エンデヴァーに継承した躯の札

    6階 Aパス→

        Bシヴァドラ→ヨル武器でそのまま消す

    と言う流れでしたが、やってみて思った事がありまして…ヨル武器いらなかったな。
    ダンジョンの中で1度だけ使用可能のスキルで、相手の現在HPの50%分ダメージを与えると言う、
    MARVELコラボのサノスのようなスキルを持ったスパイファミリーコラボのヨルさんのアシスト進化武器。

    サノスに合わせたのか、ターン自体はサノスと同じで使用後に1ターンスキル不可か1回だけ使用可能の制限の違いがあるだけ。
    火力がインフレしてる今だとある程度の敵はワンパン、もしくは超根性ラインまで削る事は可能だったりしますが、
    スキル1つで相手のHPを半分にして超根性発動を無視出来るのは大きいです。
    ただ、今回のスレイン降臨の相手は全階層威嚇が効きます。

    この中の威嚇役はB側のHEARTS・エキドナのみですが、躯の札とシヴァドラのスキルのおかげで、
    スレインの階層で変身後の威嚇スキルが溜まっているのでヨル武器使わなくても超根性を威嚇でやり過ごせました。
    その場合だと、シヴァドラを使用した後にエキドナで威嚇し、
    超根性して半分耐えるのでその際はA側をパスさせてエンデヴァーを使えばおしまいでした。

    まぁ、真似する人はいないでしょうが、代用を考えると…
    ヨル武器は不要だったので、ヴァンクロウの部分と一緒にゼウス・ヴァースかヘラニクスに変更でもいいかなと思います。
    躯の札は盤面次第で多少運が絡みますが、アマテラスの懐中時計を装備させて3ターンヘイストしつつ消せない回復で盤面全力。
    躯の札は3ターンヘイストだけでなく4コンボ加算効果がある為に、
    5階層に登場するパンダ娘のチャオリンを倒すラインである10コンボを安定させる為に用意してます。
    超つなげ消しも大事ですが、HEARTS・エキドナの変身後が10コンボ覚醒4つとむちゃくちゃな火力持ち、
    それでいて3属性持ちなのでダメージ限界突破は振れないですが計63億ダメを叩き出すアタッカー。
    対して、超つなげ消し組は超覚醒で超つなげ消し2個目を用意しないと意外とカンストダメが出なかったりします。

    ジュドー・アーシタもバインド耐性付与&火の2列生成持ちと言う理由で採用してますが、
    よく考えたらジョナサン・ジョースター自身が火の2列生成持ちなのでただのバインド耐性付与武器で良かったですね。
    ワンピースコラボのヤマト武器のおでん漫遊記も、スキブ目的で用意してるだけですから、
    ヨル武器を使用する為のスキブ目的が不要となるとこれも必要なさそうですね…まぁ、割合ダメを使う為にスキブ武器で良しでしょう。
    ただ、サザビー自体は替えがきついですね…水属性の結晶が出てくると倒し切れない為とドロップ弱体化に対抗する為に、
    相手を属性チェンジしてくれる上にドロップ強化してくれると言う理由でサザビーを用意してますから。


    後、今回は不要ではありましたが、たまに編成とか考えてると…マジでヴァンクロウは一番代用が効かないでしょうね。
    現在HPからの割合ダメですが、ギガグラ枠では普通の部類の22ターン、割合率も40%とアシスト可能の中では高め。
    これ以上となるとスキルターンが40ターンとまず溜まらないと思ってもいいヨル武器かサノスぐらい。
    ゼウス&ヘラがそれを上回る45%の割合ダメですが、アシスト不可だし戦力としては弱め。
    その上にギガグラの中で唯一の1ターンヘイスト持ち、おまけで2コンボ加算と当時からするとむちゃくちゃなスキルですね。

    そして、代用の効かない一番の点が…肝心のコラボ相手の神羅万象側がサービス終了してるから。
    それに続くシリーズもあった気がしますが、おそらく当時のキャラはもう登場しないでしょうね。
    個人的に復刻が絶望だと思うのはコラボ先がなくなってる神羅万象コラボとドラゴンボールコラボ。

    よくは知らないですが、多分ドラゴンボールは今バンナムがガチガチに版権固めてると思うので、
    バンナムからの許可がない限り復刻とかは無理でしょうね…。


    後、今回のガチャキャラ枠にBGMが手に入るキャラがいると書きましたが、課金セットにいませんでした。
    そういえばこのシリーズはBGM枠が販売されておらず、「BGM欲しい人は自分で引いてね」と言うガチャでしたね。

    幻画師シリーズでは引きが良かったのか悪かったのか、最高レア且つBGM枠と言う一番排出率が低いイライザを2体持ってます。
    悪かったのかと言いたいのは…結局イライザを使う事がほとんどなかったからですw
    変身前の姿とかと言い結構見た目は好みなんですけどね…。

    悪の女幹部に初課金しました。花嫁長官出ませんでした。2度と課金しないと誓いました。

    まずは…タイトルの通りです。
    例の悪の女幹部の新キャラ、期間限定キャラである花嫁衣裳の冴島長官。
    貯めてきた石を突っ込んでガチャして、ついにはDMMポイント3000ぐらいあったので、
    それも使って初課金しての有償石ガチャまで引いてきましたが…花嫁衣裳の冴島長官は出ませんでした。
    最低です。もう2度と課金しません!


    と言うわけで、ちょっと愚痴ったところで…今日は珍しく昼から起きてます。
    今日もお休みの日ですが、今日は残念ながら友人からのゲーセンへの誘いはなしでした。
    もうそろそろかもしれないですが、馬を世話する仕事を始めると言ってましたし、
    一緒に遊べる事もしばらくはなくなるかもしれないですからね…。


    一方で、自分は特に変わりない毎日を過ごしてますが…マキオンのリョナも少しずつストックを用意したいもの。
    ハマーン様のやられはいつでもあげれるようにと作成済みなので、用意するなら次のキャラ用のストック。
    もし次を用意するなら…新キャラのレイン辺りか、第2弾役のセシア辺り。

    まず、セシアは…出来れば女性機体相手にやられるシーンを用意したかったですが、
    何体かケジメ突きをカウンターされるシーンを撮ってあるのでそちらを使いたいんですよね…。
    他にも、レオスもGガンの世界で格闘の強さを学んできたと言う事で、
    セシアもGガン機体にボコられて格闘の教育をしてもらうとかも考え中。
    一応、少しだけですがゴッドガンダムからのやられを撮影済み…とは言え、撮影したのが結構前なので撮り直しの可能性もあります。
    最近は攻撃をした後はなるべく相手機体も動かさないようにして、視点をあまり弄らないように心がけていますが、
    昔は攻撃した後も敵機を移動させたりで周りを騒がしくしていたので、今となっては採用しづらい視点です。
    ただ、例外の1つとしては、側転ダウンで〆た時…側転ダウンは個人的に横から見るより正面から見た方がダサくて好き。
    とは言え、出し切った時にそのまま動かないでいると側転ダウンを横から見た視点になってしまうので、
    側転ダウンを取った後は機体の位置を調整して機体が正面から映る様にアングルを弄ってます。
    今日もセシア機の側転ダウンを何回か撮影してましたが…たまらないです。
    変な趣味でしょうが自分にとっては立派な性癖…何を思って開発もこんなダウン作ったのかは分からないですが、
    見た目のダサさが好きでマキオンのリョナとしては自分の好きなやられでもあります…平気で抜ける。


    レインの場合は昨日も書いたように天ミナからのやられを撮りたいところですね。
    と言っても、実はレインのやられはキオ君のAGE-3第2弾を撮影した頃に一緒にいくつか撮影していたりします。
    あの時は天ミナの特格抱き着きコンボにハマっていたので、同じ目に遭わせる目的でレインを選んでやってました。

    ただ、レインが乗るライジングには1つ欠点がありまして…自分が好きな切り抜けスタン〆にならない事。
    切り抜け系のスタンで〆る時、場合によっては下半身と上半身が真っ二つになる事があり、
    これは何度か撮影して挑戦するしかないですが、時折下半身が凄く自己主張が激しい動きをする事があるのが好きです。
    地面に落ちていった下半身が跳ね返って大きく飛んでいったり、
    股間を見せびらかす様に下半身が上下反対になって飛んでいく様とか特に好き。

    過去に上げたキュベレイシリーズのレッドフレームの射撃CS2本刺しからの切り抜けスタン〆とか結構好きで、
    あの部分は何度もいい場面が撮れないか撮影しまくったシーンです。
    特にプルキュベは下半身の自己主張の激しい動きがたまらなくてついああいうシーンだけを詰め込んじゃいました。
    動きもそうですが、管理人がキュベレイの股間で抜いたド変態でもありますからね…股間見えると食い入るように見てしまう。
    ちなみに、カラーリングとしては本家よりはプル、中でもプルツー機の方が好みですw

    でも、過去にあげたシーンの中だと…一番気に入ってるのはルナザクのハイネグフにやられた時のシーンですね。
    TM派生のスタン部分で〆た際に、下半身が外れて飛び跳ねるのですが、下半身が最終的に上下反転してるのがたまらない。
    後は、スタンを取られた時は機体がガニ股のポーズで痺れるから、下半身がダサいガニ股ポーズで吹っ飛ぶのがまたいい。

    しかし、どういうわけか一部の機体は自分の楽しみでもあるそのやられが見れないです。
    機体によって何かあるのか分からないですが、
    ライジングとノーベル、ストライクルージュとリ・ガズィは切り抜けスタン〆にならないのを確認済み。
    他の機体なら切り抜けスタン〆になってる攻撃で〆ても、この機体達はなぜか機体がそのままで大破してしまう。
    ショタ枠のプレア君が乗るドレッドノートも同じなんですよね…謎です。

    独り言は壁に向かって言ってね



    今日もまずは宣伝から…リクエスト頂いたラクス機のリョナ動画を投稿しました。
    ダウン先を川にするのが結構大変で、やった事ないですがゴルフをやってるような気分でしたw
    本来のゴルフなら池ポチャはNGでしょうが、今回は機体が川に沈む姿を見せる為にうまく調整して狙いました。

    サムネも最初は自分があらかじめ用意した物は、川に頭から落ちてちょっとした犬神家みたいなポーズをチョイスしましたが、
    投稿後のYouTube側が勝手に選んでくれたサムネ一覧の中に、切り抜けスタンで大破する姿があったのでそれを採用。
    動画の概要欄にも長々と書いてますが、この時の下半身のかっこ悪い事かっこ悪い事。
    地面に脚が付いてるならまだ自然な姿なんでしょうが、胴体が真っ二つになって分離して、
    なぜか下半身だけが独りでに暴れまわってあちこちに動き回る…。
    その時の下半身のポーズがだっさいガニ股ポーズを維持してるのが本当にかっこ悪い。

    自分は隠者が結構好きでして、別にラクスが乗ってるからとか性的興奮とか変な意味はありませんw
    連ザ2で初めてアスランのジャスティスの後継機であるインフィニットジャスティスを見て、
    特に変形で自身のリフターに乗って動き回る様がかっこよく感じて気に入った機体です。

    普段はかっこよく見える機体なんですが、このサムネの画像を見るとかっこよく見える要素0ですね。
    100人が100人この姿を見てかっこ悪いと言う感想しか出てこない。
    だから、切り抜けスタン系でとどめを取るシーンは色々とシーンをチョイスして撮ってます。

    なるべく地上で喰らってやられる、下半身が画面内に映ってる、下半身が上下反対になると尚良し

    と言うのをポイントに狙ってます。
    空中で喰らうのも悪くないですが、あまり高度があると下半身が落っこちてしまいます。
    地上だと地面へ落ちた後に何故か跳ね返る様に飛んでいくのがいいんですよね。
    で、下半身が暴れ回る際に勢いで画面外へ行ってしまうとあまり面白くないのでその場合は撮り直し。
    画面内で暴れまわってくれるのがいいですし、前回のルナザクの時のように上下反対とかよりダサさが出ていて最高。


    そして、最近はディスガイア7の育成も熱くなってきましたが、マキオンのリョナ撮影も続けてます。
    ラクスの撮影がうまく行かなくて、正直ストレスになる場面もあったので、八つ当たり気味にカガリも撮影してます。
    で、ラクスの撮影が終わったので今度はカガリの撮影を進めてます。
    仕事復帰と言う報告もしようと思うので、次回はかなり早めに動画上げると思います。
    (仕事に復帰する為、もしかしたら動画の投稿頻度が落ちる可能性があるかもしれない)

    プラントの歌姫をボコったわけですし、今度はオーブの姫様…でいいかな?カガリをボコボコにしてあげようと言うコンセプトです。
    改めて撮影して思いましたが、カガリの悲鳴もなかなかいいですね。
    元々、初代の連ザで初めて声を聞いた時から聞き惚れた感がある声をしていて、
    多分女性キャラが撃墜されて負けの時の断末魔では、カガリが一番好みだったと思います。

    連ザ2ではやや高いトーンの断末魔に変わってますが、個人的には普段らしい声の男勝りな感じの声の悲鳴が好みですね。
    カガリ機の相手役には…とりあえずシンのデスティニーは当然として、インパルスは敢えてルナマリアをチョイス。
    やっぱり側転する姿が大好きなので、前回のルナマリア同様にグフイグナイテッドも入れてます。
    …ただ、拘束ループコン出来るかなぁ…実はあれ結構苦手でして、
    格闘追撃が多すぎて思わず引っ張ってダウンさせたり、
    チョン押ししてるつもりが入力が間に合わずに思わず放置派生になって引っ張ってダウンしたりがちらほら。
    そして、自分のチャンネルの概要欄にも書いてるように、入力下手なので追撃ミスとか結構多いです。
    ルナザクに当てた拘束ループコンですら、対戦なら余裕で盾間に合うタイミングでセイバー呼んでましたしw

    ただ、1つ不思議な事に…ルージュにも同じようにグフイグナイテッドのTM派生こと後派生を当ててスタン〆したんですが、
    どういうわけかラクス機とかルナザクと違って胴体が千切れなかったんです…なぜでしょうね?
    もしかして多段ヒット?と思ってWiki確認しても、単発ヒットだから当たり方がブレる事はないはず。

    で、再度ルナザクとかに当てたら…ちゃんと下半身が外れてスタン〆になってる。
    これはもしかしたら一部の耐久の機体はそうならない仕様になってるのかもしれないですね。

    実は、デスティニーのやられを撮影してる際に、ちょっとアイーダさんいじめたくてアルケインを選んで終わった後に、
    時間を空けてから撮影した時にアルケインにしたままだったのを忘れてたので軽くいじめてたんですが、
    N格3段目の突き刺して突進する部分、あれの途中でとどめを刺すとアルケインの下半身が外れたのを見ました。
    で、これはルージュに採用できるな!と思ってやってみたら…これまたグフイグ同様に下半身が外れずに掴みのまま大破。
    デスティニーに関しては耐久調整がまだ不足なので分からないですが、
    同じグフイグのやられをルージュと同じ耐久値のドレッドノートに当てても同じようにただのスタンで終わってたのを確認。
    一応、ルージュとドレッドノートは同じ耐久580、ルナザクは耐久600とやや多めなので、
    僅かな耐久値の差で撃破演出に少し違いが生まれてるのかもしれませんね…誰もこんなところ気にしないでしょうがw

    前回の金曜ロードショー、マジかよ…

    昨日はツィッターのトレンドに「ゼノギアス」が上がってました…どうやら25周年と言う事らしいです。
    自分もやってはいたんですが、ラスボス前で投げしまいましたね。
    そして、後半辺りはほとんど小説と化していて、ストーリーの流れ全然分かってなかったです。

    子供はRPGのストーリーの流れとかよく知らなかったと言うのが多かったと思います。
    FFも7辺りは、なぜセフィロスが世界を滅ぼそうとしたのかとか、クラウドって結局何者だったの?とかよく知らなかったし。
    で、大人になってまたFF7やって…ようやくそれなりに理解できたと思ってます。
    ちなみに大人になってやったと言っても、PS4とかで発売されたリメイク版ではなく、
    PS2持ってたのでそれを使ったPS1版の本家の方ですね…やり込み要素まだそれなりにあったはずだけど、
    とりあえずラスボス撃破だけはしておこうと思ってクリアだけはしました。
    ただ、子供の頃でも一番覚えてたのはエンディングの最後の部分です。

    おそらくメンバー達も死んだ未来の世界、長寿の一族のレッド13(ローマ数字打てない)だけが残り、
    そのレッド13が子供達を連れて自分が子供の時代に冒険していたミッドガルに来たのが終わりの部分でしたね。
    おそらく別の文明が発達していったのか、当時の科学文明で賑わっていたミッドガルは廃棄されて、
    緑が多い茂った廃墟と化してるであろう姿を山の上から眺めて終わり。


    で、ゼノギアスは…もう理解するのが難しすぎる。
    正直、ソラリスへ向かった理由とか分からなかったし、後半のアニマの器ダンジョンへ行く理由とか、
    スファル人集合体と戦う理由とか全然分からない…なぜにデウスと戦っていたのか…すらも。
    ディスク2以降からはマップ移動がほぼなくなり、小説のようにテキストが流れてる場面がほとんどで全然読んでなかった。
    で、攻略本とか見て、「こんな敵がいるのかー」とワクワクしながら見てましたね。

    でも、当時はSEとか好きでしたね…蘇生薬のゼータソルだったか、復活させるアイテムの音とか好きでしたし、
    ビリーとか相手が使ってきた癒しの風と言った回復魔法の音とかも大好きでしたね。
    他には、厄介だったと言う印象もあるでしょうが、セボイム(だっけ?)に出現するシェラ原種。
    途中で主人公達が行く事になった発掘現場に登場したモンスターの原種達。
    その中でもシェラ原種と言うモンスターが「愛の調べ」と言う敵味方のHPを半減させると言う技を使ってきて、
    その「愛の調べ」と言う技の独特なSEも印象深くて結構好きでした。

    そんな中、ゼノギアスに対し自分が送る「ゼノギアス好きなら多分反応しそうな単語」と言えば…

    敢えてドラゴソを選んでみましょう。

    ドラゴンではなくドラゴソ…と言う変なネーミングの雑魚モンスター…なんですが、倒すのがとにかく大変だったはず。
    まず、サンドマンズ島…だったか終盤にしか行けない隠しマップ的な場所に出現する相手。
    ダンジョン内も同様に隠しダンジョンっぽいセボイムのようなじめじめとした暗い雰囲気ではなく、
    バルトの艦隊のユグドラシルで掛かるような曲が流れる明るい砂漠のダンジョン。

    そして、人間の状態でしか入れなく、それでいてドラゴソと言うモンスターは本来はギアで倒すようなサイズの相手。
    まさに人間が恐竜に挑むと言うような圧倒的サイズの違いがありましたね。
    確か、ほとんどの属性は吸収して、人間サイズだから通常攻撃もまともに入らず、
    唯一ダメージを与える手段がフェイの最後の必殺技、闇属性だったかの〇□〇で打てる必殺技ぐらい。
    自分もその必殺技は体験版だったかの全必殺技が解放されてるデータでしか見た事なく、
    当時にそれを一緒に見ていた友人とも「タコ踊りみたいw」と笑って見てました。
    報酬としては、雑魚モンスターなのでドロップ次第ですが、ジタン先生の最強武器が手に入ったはず。

    ジタン先生はまさに最初から最後までスタメン入り出来る強キャラでしたね。
    ソラリス突入辺りとかはどこか胡散臭い雰囲気を見せ始めて裏が見え始めたキャラでありながらも、
    なんだかんだで最後まで味方として付いてきてくれる…終盤は攻撃力を解消する為に刀まで使い始めて…。
    技も拳の時もそうだし刀の時もかっこいい…水属性か氷属性の刀技の時とか知らない漢字ばかり出てきて、
    当時その漢字の意味を知らず、とにかく書けるようと必死に練習して書いてたのもいい記憶です。

    そのせいもあって、フェイとジタン先生…後1人忘れたけど固定メンバー3人でずっとやってました。
    ただそういうのには落とし穴があり、RPGでよくあるメンバー離脱による強制メンバー入れ替えが辛かったです。
    特にエリィとかよく離脱したりして、全然育ててなかったから、エリィ強制加入の時とか大変でした。

    一方で、当時は気にしなかったけどドット絵の世界でありながらいい身体してるエリィ。
    ゼノギアスのリョナも見た事があり、オドンだったか抱きしめて吸収してくるモンスターにやられたり、
    序盤の雑魚とも言えるフォレストエルフのコンボ攻撃を受けて「あぁ!」と喘ぎまくる姿はエロかったです。
    プレイしてた頃もそれなりに女性の身体への興味を示し始めた頃だったので、
    攻略本とかで見るキャラのアイコンとかでよく女性キャラ眺めて興奮してましたね…。
    特に巨乳なキャラの胸とか露骨にガン見して興奮してた…エリィもそれなりに胸合ったのでジロジロ見てましたわ。

    でも、一番面白いと言うか笑ってたのは、これはどの記事かは忘れたけど過去にも書いた事で、
    自分のプレイに使ってたディスクがキズのせいでムービーで読み込み不良を起こす事があったんですよね。
    そして、序盤で村が襲撃を受けるムービー、そこが途中で映像が止まって音声だけが流れていき、
    その後にまた友人のティモシーが撃たれる部分からやり直しのループ…「何回死ぬんだよ」と友人と見ながら笑ってました。
    …人が死んでるイベント見て笑うとかちょっと怖いでしょうが…まぁ、当時はまだ子供だったと言う事でw


    最後に、金曜日は失敗しました。
    この日もツィッターのトレンドに「金曜ロードショー」といつもの単語が上がってたんですが…
    以前の金曜日のロードショーは去年に公開されたトムとジェリーの映画だったそうです。
    うわぁ…見たかったわ…番組チェックしてなかったから知らなかった…そのトレンド見た時はもう10時半でした。

    マァムは またまた つかまってしまった

    今日でパズドラのダイの大冒険コラボも終わりですね…実際には明日の10時までやってますが、
    終日やってるのが今日で最後なので、実質今日が最終日と言っても間違いないはず。
    言うなれば月曜日の10時までなんてロスタイムみたいなもの。

    で、ダイの大冒険コラボ…それなりにいいキャラが引けたのでは?と思います。
    まず、本アカ自体はダイを2体持っているので、1体は転生進化の最終決戦で見せた竜魔人ダイに進化。
    また、今回に新たに進化が追加されたヒムも回収…なんなら、ヒム回収でいっぱい石使ったぐらいです。

    ヒムでないなぁ…と思って回せばバランとかハドラーが出たり。
    同じように幻画師の方もリューラが欲しかったんですが、出てくるのは光側の新規キャラのシェルゴばかり。
    シェルゴも悪くないんですが…さすがに4体はいらないだろう…武器も微妙だし。
    なんならイライザが2体目まで来ましたが…まぁ、イライザは思ったより悪くなさそうだしありかな。

    途中からはサプライズ降臨と言う形で、まさかのダイの育て親でもあるブラス爺さん降臨も来ていました。
    その中ではまさにシヴァドラ周回を阻止する為に狙ったように登場する水属性のホイミスライム。
    〇以上ダメージ無効を貼りつつ、更に受けるダメージを半減バリアを張って、単純な耐久力ならボスにも匹敵する怪物。

    まず、ダイの大冒険コロシアム側はポップとマァムの、ポップ曰く未来の夫婦コンビのおかげでなんとかなりました。
    これは前にも書きましたが、まさかの超転生曹操が活躍しましたね…本当にこんなの使うと思わなかった。
    攻略サイトで相手の先制行動パターンをチェックしてると…ほとんどの相手が異常無効を張らない。
    HPで多少の行動が変わる条件はあるでしょうが、最後のバーンも天地魔闘の構えをループしかしないので楽でしたね。
    ただ、ミストバーンと変身前のバーンの先制行動の、弱体化ドロップ目覚めとコンボ減算が鬱陶しかったので、
    激減をやり過ごすのと受けた先制攻撃の効果を無駄にする為に、超転生曹操自身の威嚇スキルの出番。
    2ターン威嚇で9ターンで打てると遅延スキルの中では割と早めなスキル。

    今回のイベントメダルで交換できるキャラの「ももんじゃ」が最速に近い威嚇スキル持ちですが、
    1ターンだけなのと属性が合わないので今回は不採用…とにかく色々と超転生曹操が刺さりましたね。
    なにが使えるか本当に分からない…そういう意味ではいろんなキャラは取っておいて損はないでしょう。


    一方で、ブラス爺さん降臨は道中の敵がとにかく硬いのでなかなか安定パーティを探すのが大変でしたね。
    こちらはたまたまサブアカ側のガチャの引きがうまくいって、コラボ中にミストバーンとキルバーンを引けたのが大きかったです。
    道中にワンパン出来そうでしづらいキャラがあちこちにいて、
    被ダメ半減バリアを張るホイミスライム、防御力が1億あるゴーレム、単純にHPが多いドラゴンが面倒。
    最後のブラス爺さんはいつも通りのボスならではの50%超根性持ちなので特に気にしてなかったです。

    で、こちらは火属性パーティは水属性キャラもいるのでやめて、闇属性の仮面ライダーBLACK SUNと扇で行きました。
    さっきも書いたようにコラボ中に手に入れたミストバーンとキルバーンの側近コンビ(1人はどちらかと言うと刺客ですが)が役に立ち、
    ミストバーンは転生進化させて闇の衣を開放したバーン本来の肉体を開放した姿に進化。
    キルバーンはそのまま使用…変身スキル持ちで、変身後に打てる防御力0スキルがゴーレムに刺さります。
    ミストバーンは単純に攻撃力要員と、最後のブラス爺さんの超根性発動後の仕留め役に役立ちました。

    最初は超根性発動後の行動でもある火花火のメラゾーマを利用して、それを変換すれば闇花火作れると考え、
    火ドロップを闇ドロップに変換できる服部半蔵を採用したけど…忍者達は攻撃力低すぎる…。
    でも、短いターンでこの属性の変換スキル打てるのこいつしかいないんだよなぁ…と思ってましたが、
    それを捨てて単純に自前の変換スキルを使用する事で解決。

    ミストバーン本体のスキルが5ターンで打てるので、開幕にアシストを打って道中で2ターンヘイストかけるとラストに帰ってくる。
    しかもブラス爺さんの階が6階層なので、階層制限によるスキル進化が刺さりました。
    扇と仮面ライダーBLACK SUNは典型的な超つなげ消しキャラなので、闇ドロップが12個確保出来ないとダメージが出ない。
    で、ミストバーンは最上段1列を闇ドロップ変換持ちで、6階層以降だと追加で最下段も6個変換と言う効果が追加。
    併せて、ドラゴンのダメージ吸収階層で打った2ターンヘイストの効果でキルバーンのスキルもまた打てるので、
    バーン側近コンビがブラス爺さん超根性発動の後に、合わせて18個の闇ドロップを生成してくれる便利キャラと化しました。

    ホイミスライムがとにかく硬いキャラでしたが、ここは一度使ってみたかった空条承太郎の出番。
    こういう使い方もあるんだなぁ…と思ってた、枝豆キャラに編成して10コンボしてしまえば99億ダメージキャラになる使い方。
    〇以上ダメージ無効はシン・ゼットンのスキルで無効化し、闇花火で5秒以内に10コンボと難しいコンボ条件も不要。
    おそらくですが、通常のカンスト枠の21億を全員が叩き出しても倒し切れないホイミスライムは、
    空条承太郎が99億ダメを叩き出してくれるおかげで倒す事が出来ました…ワンパンしなくても耐えれそうだけどついワンパンしたい。
    とにかく自分はワンパン信者なので、下手な不安要素を排除する為に、攻略失敗とか繰り返してなんとか安定編成を作りました。

    後は…本アカだけアバンを交換しようかなと思ってます。
    ☆7以上確定ガチャも買ってしまいましたが、そこで出てきたのはマァムだったので…マァムは持ってない為に保管。
    2体いてあまり使い道がなさそうなヒュンケルを出荷しようかなと思いましたが…一応取っておくか。
    今回使わずに終わったけど、武器がもしかしたら使えそうと思える場面あるし、
    もしかしたら…と言えばそうですが、進化後のヒュンケルとか超転生ダイのパーティに入れれないかな?と思ってます。

    でも、アバンの新しい進化形態の1ターンスキルも確保しておきたい…☆7フェス限キャラ出荷しかないですね。

    今回やったから、次回のリリムオチが来てもやらなくていいはず(んなわけない)

    早くも1月も終わり…明けましておめでとうございます。って最近行った気がするのに…月日が経つのは本当に早い。



    で、前回のストーリーイベントはこのパーティで周回してました。
    今回も目立った強さを誇る相手と言うわけでもなかったので、オート放置で行けました。
    敵の強さが特に上がってると思うのはやっぱりレイドですね…複数メンバーで倒すのが前提なのもありますが…。

    まず、今回のストーリーは…リリーがヨミハラを訪ねてくると言われていたリューリを探す事が目的です。
    で、吉備乃三鬼の予言か予知なのかは分かりませんが、言葉通りにリューリもヨミハラに登場。
    まず、リューリ自身は滅多に俗世に顔を出さない大魔女で、誰も見た事がないと言われてる為に、
    姿形がだけが独り歩きしてるようなものでしたが…実際は見た目は完全に子供みたいなチビっ子。

    が、秘めたる魔力は確かな物で、あの魔界の中でも残忍で有名なアスタロトの貴重な友人の1人。
    冒頭部分はアスタロトと会話してるところから入りますが、その時に最初に本人が言ったヨミハラに来た理由は…「復讐」

    リリーの方も、たまたま大魔女…であったとも言えるミリアムと出会い、リューリについて心当たりがないか?と聞かれると、
    当の本人はしっかりとその名前には覚えがある様子…なんなら、ここに来ると言う事は…自分が狙いだ…と思い始めるぐらい。
    実際、リューリ自身の復讐の相手はミリアム…基ケルドウィンで、ミリアム一行とリリーが話してる間にリューリ自らが登場。

    で、さっそくミリアムを始末してやる!と思って、今回の護衛用も兼ねたゴーレムを呼び出したけど…
    何やら違う場所で危機を察知したとか言う事で、肝心のゴーレムは不在…。
    そして、リューリ自身の得意とする戦い方はゴーレムを駆使した戦い方で、ゴーレムがいないとロクに戦えないポンコツっぷり。
    結局、すぐにクローンアサギ一向に抑えられてリューリの復讐は未遂に終わるわけですが、
    その復讐の理由は…「自分が楽しみにしていたプリンを食べられたから」との事。

    最初は一同が「…え!?」と思うかもしれないですが、そこらで売ってるプリンとは訳が違い、
    もう閉店してしまう魔界の有名老舗の作る最後のプリン…それを1週間前から大切に保存していたのだが…
    それを当時のミリアム、ケルドウィンが勝手に食べてしまった事で、交流のあった2人はそれを機に絶交。
    そして、今回はその件に対して復讐の為にやってきたとの事…。
    当時のケルドウィンは他人に関する興味が全くない性格で、今思えば自分もひどい事をしたとミリアムも思ってたみたい。
    もちろん、この話を聞くと…満場一致でミリアムが悪いと結論…
    なんなら配信で訪れていたチアルもリスナーに聞いた際に、リスナー一同もミリアムが悪いと意見が一致。
    まぁ、さすがに失ったプリンを戻す事は出来ないですが、ナーサラがクローンアサギと作ったお菓子を食べさせて和解に成功。
    と言うのも、食べさせてもらったお菓子の味が絶品で、その味に感動してる所をクローンアサギがなだめてくれた事で解決したわけです。
    …もはや、クローンアサギがお母さん的存在…実際、ヨミハラ探偵事務所も一種のファミリーみたいなものだし。


    一方で、リリーと別行動でリューリを探していた鞍安ほくとは…たまたまヨミハラに来ていたリリムを発見。
    待ちで聞いたリューリの見かけの情報から、特徴が一致する…しかも魂の奥には高い魔力を感じる。
    「もしかして、この人がリューリなのでは!?」と勘違いして、リリムと行動を共する事になります。

    で、前回のラーメン店員に追われたいたのはリリムで、例によって食い逃げしてた所を追われてたみたい。
    結局そこはほくとが調査費から立て替える形で納まりましたが、これは稼ぎのチャンスだ!と悪だくみを始めるリリム。
    よく分からないけど、そのリューリと言う人物を名乗っていれば、この人が金を貢いでくれるはずだ!と思ったんですが、
    その企みをリューリが連れてきたゴーレムに感知されて襲われる始末に…。


    それが今回のボス役でもある「ミスターGD」…リューリの英知を詰め込んだ結晶のような兵器で、
    イベントボス故に戦闘では弱く感じますが、ストーリー上ではかなりの強キャラとして存在感を出してました。
    結局、そのゴーレムは仲直りした記念にと、リューリやリリー、クローンアサギ一向が静流のバーへ行こうとした際に、
    リューリのボディーガードとも言えるガーディアンが暴れてるのを発見した為に止める事になりました。

    総掛かりでなんとか抑え込むのには成功しましたが…結構な強さだったと語ってます。
    尚、戦闘力全振りしてる為に、AIとかの知能はポンコツらしく…とにかく後先見ずに突っ込むタイプ。
    その為、主人であるリューリに対しても「薄給でこき使う雇い主を発見」と言って攻撃対象として認識されてます。
    だからリューリも仕方なく今回のガーディアン鎮圧に付き合う羽目になったみたい。

    で、ようやく騒動も落ち着いた所で静流のバーで飲み会をするわけですが…
    この時にようやくリリーが本来やってきた目的である、魔術書の解読を依頼…が、リューリもミリアムも分からないみたい。
    ただ、1つ分かる事と言えば、この魔法は明らかにリリーとその連れである一郎を狙って作られた物だと言う事。
    リューリから出来る助言は、まずはこの魔術書の著者を当たってみるべし…でした。


    後、ゴーレムは鎮圧したものの、高い再生力で戻っています。ただ、一度破壊された為か大人しくなっているので大丈夫。

     | HOME |  古い記事へ »

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    悟飯がエロい目に合うと言うエロ妄想SSも一緒に書いてます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する