fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    ギターヒロイン…ぼっ○ちゃんなのか?



    前回のマップクエストはこのパーティで周回していました。
    今回の相手はギターヒロインと言う機械の身体をした女の子みたいな相手。
    見た目からしてまんま作り物の身体です…って分かるんですが、いい身体してます。

    ちなみに、これはゆきかぜのアイドル姿「Y-Kaze X」のイベント会場での出来事。
    メンバーを募集と言う事で、まずは選考会で選ばれて、その選ばれたメンバーが実際にゆきかぜと一緒に演奏して選ばれる方式。
    その選考会を乗り越えて選ばれたメンバーの1人がこのギターヒロイン。

    で、そこに同じく参加していたのが五行学園組のメンバー。
    イベントSRであるエレキ琵琶法師の鞍橋ほくとと、
    魔術と演奏を組み合わせた独特な技法を得たガチャ限SRのリリー・双葉・ラムセス、そしてギターヒロインの3人の決勝戦。
    そして、残るギターヒロインの中身は…実はドロレス。

    元々は魔界貴族の生まれのドロレスですが、引っ込み思案で引きこもりな性格で、
    才能の開花も遅かった事もあり…家族である姉から特にひどく当たられていた存在。
    奇しくも自殺を図った際に無意識で発動した自身の能力「ペイン」で姉を殺してしまった事で家を追い出される。
    (ペイン…自分が受けたダメージを相手に分け与える系の能力、自分で自分に傷を与えても効果は適応される)

    それからは遠縁だったイングリッドに引き取られて引きこもり生活を続けてましたが、
    ある時のゲームショーで小太郎と出会ってからある意味でドロレスの運命が変わります。
    これまで引きこもり気味だったドロレスだったが、小太郎と一緒なら…と言う理由で外の世界にも出るようになり、
    今回は自分も日の目を浴びてみたい…と言う思いで、アバター越しにゆきかぜのバンド選考会に応募。

    決勝戦は1人ずつ演奏をしていく形式だったのですが、ドロレスの演奏の際に会場に異変が発生。
    ドロレスが演奏に興じて会場を見ていた際に、クリアとヤタガラスと言うゆきかぜの連れと一緒にいるのを発見。
    小太郎には自分以外にも友達とか連れがいるのは知っているものの、つい嫉妬してしまい…その嫉妬心が音に現れる。
    その嫉妬心によって奏でられた音が会場にいるオーク達の、人を犯す本性を駆り立てられて暴走。
    で、その暴走を止める為に、マップクエストではドロレスのアバターであるギターヒロインとの闘いになります。


    まぁ、ストーリー上では、戦闘と言う形ではなく、ほくとやリリーの2人、そしてゆきかぜも一緒に演奏する事で進んでいきます。
    おかげでドロレスの嫉妬心が和らいでいき会場は普通の盛り上がりを見せていきますが、
    色々と面倒毎が起きた為に、投票と言った残りのイベントの時間が取れなくなった為に選考会は中止。
    今回はあくまでもY-kaze Xちゃんとのファンふれあい会となってイベントは終わりを迎えます。
    一応、後にドロレス自身からもギターヒロインが自分のアバターだった事の事情をほくとやゆきかぜにも伝えてます。
    まぁ、そのおかげでドロレスもまた形で友達みたいなのが増えたのではないでしょうかね。

    しかし、1つだけはっきりしなかった伏線みたいな物が残りました。
    今回のイベントの観客の中には明らかにイベント目的ではない誰かが紛れ込んでいたと言う点。
    その辺りの追及はあまりなかったですが、おそらくですが狙いは五行学園のリリーだと思います。
    五行学園絡みと言う事は、イフリートやファウスト辺りが絡んでるんでしょうね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    ∞ジャスティスガンダムで抜いてしまった(抜いてしまったbotのモノマネ)

    3月はまだ肌寒いと感じてましたが、4月に入ってから一気に春になったと感じますね。
    昨日も今日も仕事へ行く際も外は暑かったりでした…後、4月に入ってからまた玄関の庭の辺りから蜂を見かけるようになりました。
    月曜日の仕事が終わったらまた今週の真ん中3日はお休みなので、蜂用のスプレー散布しておきたいところ。
    時期的に4月って女王蜂が活動し始める頃らしく、この頃から女王蜂が巣作りの準備をするそうです。
    昨日も今日も家を出てく時に庭の辺りを5,6匹ぐらいは蜂が飛んでましたし…怖い怖い。




    とりあえず、今日の表ネタは宣伝と行きます。
    ここの記事でも何回か書いてたラクス様がやられる様を投稿しました。
    過去にあげた動画はどちらもゆっくり霊暮さんからのリクエストと言う形だったので、
    今回のラクス機のリョナは初の自由形での投稿…そしてサムネはいつものローアングル仰け反り。
    露骨にこういうのが増えてきましたが…すみません、自分は本当にこういうので興奮するんです。

    キャラがスタンを受けて呻き声とか喘ぎ声を上げてるのと一緒に、機体がビクンビクン!と腰振る姿がもうエッチに見える。
    前々からとっくにやってた事ですが、ついに隠者でも抜いてしまいました。
    連ザ2の頃に変形する様が凄くかっこよくて好きで、プラモ作って飾りましたし当時も好んで使ってた愛機。
    それが今となっては自分の性欲を満たす為の捌け口…。
    一応、ラクス様が乗ってるから抜けるわけですけどね…アスランが乗ってるなら話は別ですw

    SEEDの世界ではある意味敵なしと言ってもいいぐらいの強さを誇る∞ジャスティス。
    それが、操縦は不慣れなラクス様が乗ってる為にかっこ悪い姿を見せてるのがたまらないです。
    相手機体で気に入ってるのは…デスティニーもそうですがブリッツとかも結構気に入ってます。

    派生とか少ないし、ミラコロ乱舞に移行する特格派生も地味に途中にダウン値が設定されて使いづらいのに、
    なんだかんだで攻撃役に回すと楽しかったりします…やっぱり前格出し切りの側転ダウンが好きですね。
    他にもレバー入れ特射のアシスト掴みで「気を付け!」のような恰好を強要させるように拘束するのもいい。

    まぁ、SEED勢で相手にしてて一番好きなのはデスティニーですけどね。
    なんと言っても攻撃の仕方が激しいと言うか、暴力的な攻撃を仕掛けてくれるのがいいです。
    アロンダイトを相手の機体の胸に突き刺したり、パルマフィオキーナで掴んだ相手を持ち上げたり…
    ゴッドガンダムとかノーベルと言った元祖フィンガー系武装を持ったGガン系の機体と違って、
    追撃中に倒してもモーションが維持されるのがありがたいです(Gガン系だと追撃中に倒すと落としてしまう)
    特にデスティニーの特格追撃中にとどめを刺した際に、後派生で持ち上げると間抜けな挙動するのが最高。
    G-アルケインやエクセリア相手に決めたストックを見返して何回か抜いたりしてますが、
    中でも一番好きなのはやっぱりルナマリアが乗るルナザク相手に決めてるストックですね。

    映画でもまだゴールインしたわけではないけど、明らかに将来的に結婚してもおかしくないような2人。
    そんなルナマリアがシンにやられて、辱められてるようでたまらない。
    ラクス様の相手で一番見応えがありそうなのはキラで、ルナマリアの場合はやっぱりシン相手が一番見応えありそうですね。

    作業用BGM「あらかじめ語られるロマンス」

    珍しくこの金曜日と土曜日はまさかの龍が如く8のプレイ時間が0です。
    仕事から帰った後はちょっと疲れておねんね…とかしちゃったりしますが、ちゃんと最近はマキオンのリョナ撮影やってます。
    さすがにストックがなくなってきた以上は撮影して補充しないといけませんからね…。

    多少の義務感は感じていたりしますが、自分が好きでやってる事なので楽しくやっています。
    …ただ、撮影はやっぱり結構なストレスですね…自分の入力のダメさに何度も頭に来てしまう。
    昨日も撮影の際に、ハンブラビ相手をやってたんですが、ウミヘビ追撃の連打ミスってたり虹ステミスってこぼしたりがしょっちゅう。
    それでいて、やられ役の機体がティエレンタオツーで、ピーリスのスタンボイスは片方がややハズレ気味なので、
    上手くいったと思った時に台詞ガチャでハズレの方を引いたらやり直し…と言う感じでやってます。
    まぁ、ハズレ引いたらやり直しはまだいいんです…入力ミスでパーになるのが一番イラつきますね…結果も出せないので。

    そして、昨日の撮影は大半が覚醒を発動させた後のコンボなので覚醒ゲージの溜め直しがとにかく面倒…。
    とは言え、なるべく先に撮影しておきたいのが覚醒発動させたコンボでとどめを刺すシーン。
    覚醒ゲージの溜めがストレスだし、とどめは1回しか撮れないので1試合に1回しかチャンスがない。
    そういう手間が掛かって面倒な撮影はなるべく先に片づけておきたい性分。

    次に面倒なのはタイムアップが絡む奴…これも1試合の撮影の機会が1度切りなので失敗したらやり直し。
    中には覚醒中の攻撃の際にタイムアップを狙う物もあるので、それが一番面倒かもしれないです。
    覚醒ゲージ溜めないといけないし、210秒の時間制限で終わりぐらいまで待たないといけない。
    で、タイミング図ってタイムアップの際に狙った視点が撮れるように調整しないといけない…
    散々、時間ギリギリまで待って入力ミスとかでコンボミスした時とか最悪です。
    タイミングが悪くてタイムアップ狙いのタイミングが違ってた時は、タイミングを合わせる為の資料になりますからね。
    入力ミスして撮影中断とか何の成果もない…。


    で、昨日はティエレンタオツーのピーリスと隠者のラクス様を軽く撮影してきました。
    さっきも書いたように、大体の内容は覚醒を絡めたコンボでとどめを刺す系のストック撮影。
    格闘コンボはwikiのダウン値と睨めっこしたり、実際にやってみてその場でアドリブで考えたりしてますが、
    狙った攻撃でとどめを刺す系はダメージの調整も必要なので下準備も必要…だから、下準備がいる物をなるべく先に片づけてます。

    一方で、そういう撮影が終わった後はとどめを刺す部分が無駄と化しますが、
    その際はてきとーな切り抜けスタンとかを狙っての、切り抜けスタン選考会でも使ってますね。
    撮影までの過程は本当にストレス…特にゲージ溜めが面倒で面倒で…。
    ただ、やっぱり狙ったコンボとかでとどめが上手く決まった時は気持ちいいですし、
    それこそ狙った通りの視点が撮れた時もなかなかの快感…時には溜まったストレスを発散するようにそれで抜いたりしてます。
    女パイロットの愛機がかっこ悪い姿を晒しながら爆破していく様はたまらない…。

    とどめで特に好きなのはやっぱり切り抜けスタン系で、下半身の挙動が激しい奴とかは何回も抜いてます。
    最近は空中で切り抜けスタンを取るのが好みで、上半身を覆い隠す様に下半身が迫ってくる視点とか最高。
    それこそ、いつぞやのハマーン様のキュベレイのその2の動画のサムネのような視点とかたまらないです。
    モビルスーツ相手でもあんな風に股間とか股の下を見せられると興奮する…もっと見せてください。

    次に好きなのは側転ダウン…見た目のかっこ悪さがたまらないからです。
    マキオン時代とか家庭版フルブとかで、オンライン対戦でたまたま自分もあんなとどめになった時とか恥ずかしくなりましたからねw
    正直、何を思ってあんなダウンを作ったのか…と思うけど、最高です…側転しながら吹っ飛んでいく様が無様で最高。

    同じく好きなのは掴み系で〆る攻撃。
    アシスト系武装で〆た場合はすぐに爆散してしまうのが欠点ですが、自身の攻撃で掴んだ場合は攻撃し続けるのがいいです。
    特に好きなのはAGE-1のBD格掴み〆と運命のN格3段目の掴み〆。

    AGE-1のBD格掴み〆はその後にAGE-1が突きで追撃する際に、掴まれた機体がカクカクと動くのがエッチに見える。
    検証がてらに最初に決めた相手は当然ファルシアで、初めて見た時の興奮はヤバかったです。
    運命のN格3段目の掴みもなかなかいいです…特に自分が守ろうとしてる相手…ルナマリアとかステラ相手に決めると興奮します。
    ルナマリアやステラが乗るモビルスーツに思いっきりアロンダイトを突き刺してますからね…。
    しかも、そのまま前進して引き摺り込むように追撃して…と容赦ないのもいい。

    撮影するので少しサボらせてください(龍が如く8に逃げる気がしなくもない)

    今日はここ最近では珍しいです…仕事が終わって帰ってから龍が如く8をプレイしていません。
    いつもなら「今日もやるかー♪」と遊んでる身ですが、今日はちょっとお休み…。
    まぁ、さすがに毎日のようにやってたからちょっとだけ飽きも来てますが、
    それとは別で今日は久しぶりにマキオンのリョナ撮影をやってたからです。

    本当に久しぶりに撮影をした気がします。
    これまで撮影済みのストックを利用して動画あげてただけなので、おそらく2週間は撮影やってなかったです。
    サブアカ側のPS Plusも切れてるかと思ったけど、前回の更新の際にチャージした分で勝手に更新されてました。
    …リョナ撮影は久しぶりで、自分がX(ツィッター)に誰得な機械の股間のアップをあげた時以来ですね。
    誰にも見向き去れなくても結構…あれだって自分の性癖です。

    そのちょっとした股間撮影会すらも抜きにすると、マジでリョナ撮影をしたのって一ヶ月ぶりかも。
    とは言え、さすがに動画をあげれるだけのストックも不足してきましたし、新規リクエストも来てますからね。
    例のカプル大好きな人のリクエストは蹴らせてもらいますが(ただ、サブアカタイマンぐらいはいつかは作ってあげるつもり)
    違う人からも久しぶりにショタキャラによるボス相手のやられが見たいと受けてますし…。

    ある程度の女性キャラはレグナント相手のやられがストックとしてありますが、ショタキャラはまだですから撮影進めないと…。
    とは言え、まずは新しい動画をあげる用のストックの用意も確保したい…
    と言う事もあって、今日はこいつさえ確保できれば…と言うぐらいにまで進んでるステラのガイアのリョナを撮影。
    昨日も書いたように、相手の機体は同じファントムペイン繋がりのストライクノワール。

    格闘コンボは派生とかが少なく、華がある物が特にないのでとりあえず前格射撃派生入れておけばいいやで撮影。
    その前格射撃派生に今日は苦戦を強いられました…とにかく射撃派生が出なくて今日もブチ切れ。
    入力の猶予が短いのか、タイミングが悪いのか…前格当てたと思って射撃ボタン連打してもそのまま出し切りがしょっちゅう。
    まぁ、色々ありながらも無事にストライクノワール相手に用意した材料は撮影完了です。

    ただ、今回は編集も終えてるプルツーのリョナでもあげようかなと考えてます。
    ステラも後は編集すれば動画としてあげれるだけの材料は揃ってるのでそっちでもいいですが、
    他のキャラの撮影とかもやりたいし…と色々と悩むところです。
    作品のバラつきとかも付けたい…と思うけど、この辺りはどうしてもSEED系に偏るから仕方ないですね。

    作品を別に飛ばす意味ではセシアもある程度用意出来てますが、
    セシアのやられにプルツーと同じやられがあるので出来ればプルツーを先にあげたい。
    プルツーがやらされた恥ずかしさをセシアちゃんにもおすそ分け…と言う感じてやってみたいからです。
    それに、セシアももう少しだけ撮影してストック用意したいとも思ってますし…実はあげれる程のストックはまだ確保できてなかったり。

    後は、最近ピンとひらめいたネタとして、ティエレンタオツーのピーリスのリョナ。
    ティエレンタオツーはパイロットも機体も(←?)興奮できる相手なので、自分としては作りたいと思ってた相手。
    で、どんなやられを用意しようかな…とも思った際に、自分のチャンネルでもおなじみでティエレンタオツーと言えば拘束ループ。
    その拘束役であるティエレンタオツー自身が拘束されると言うのはありかも…と思って、
    拘束系のコンボがありそうな機体をある程度ピックアップしています。

    拘束と言えばグフイグがありますが、さすがにティエレンタオツーのあの視点はなしかな…出来れば女らしい機体で見せたい。
    で、自分が軽くメモした相手機体は、ヴァサーゴ(アシスト掴み)にレギルス(BD格連打)、
    ハンブラビ(ウミヘビ拘束コンボ)にダークハウンド(ハンブラビと似たような物)辺り…
    後はイフリートと言ったコンボが長そうなイメージがある相手でもありかな…と考えてます。
    他にもモンテーロとかでもNサブ拘束とかあるしありかなと思って相手機体候補に控えてたりします。
    ちなみにターンXのデータ解析は既に撮影済み…データ解析掴みとどめがまだなのでそちらだけ用意したいところ。

    ただ、拘束とは別ですが、ある程度撮影したリボガン相手のストックも使いたいものです。
    リボガンの攻撃は拘束と言うよりは時間効率を重視したものが揃ってますので拘束らしい拘束が難しいですが、
    代わりに相手を小ばかにしたような舐めプコンボを入れてるつもりです。
    吹き飛ばしの後に特格の換装を入れてエグナーウィップでスタン取って喘がせたり、
    ダウン追い打ちに後格でとどめを刺して、射撃派生のラストシューティング姿で決めポーズを取らせたり。
    前格もマキブからかモーションが新しくなっていて、初段が上書き可能のスタン属性。
    これでとどめを刺せばなぜか切り抜けスタン扱いになるので、切り抜けスタン〆も作れる…と言うより用意済み。
    ピーリスの自慢の機体の下半身が、なぜか千切れてダサいガニ股姿で暴れまわる…最高です(今日はこれで抜きました)

    後はリボのF覚醒コンボでとどめを刺す部分だけがまだなので、出来れば舐めたようなとどめを刺したいですね。
    一番はやっぱり覚醒技出し切りかな…リボーンズは自分自身を強く見せたいだろうから、
    ラストシューティングみたいな格好いいポーズで決めさせるのはよく似合いそう…対してそれに付き合わされるピーリス。
    他にも何回かスタンをさせれるコンボも用意してありますが、ピーリスはスタン台詞ガチャがひどいので多分没になりそう。
    片方の我慢の限界とばかりに叫ぶ悲鳴は最高なのに、もう片方は相手の攻撃にイラつくような台詞なのが残念。
    しかもその残念な台詞が結構長いですからね…エマさんの「帯電シートが強化されてなかったら~」と同じようなもの。

    後は覚醒技初段でとどめを刺しての切り抜けスタン〆…ですが、こういうのは出来れば地上相手で決めたいもの。
    他の候補としては覚醒中の「どうしたのかね?避けてもいいのだよ?」と叫びながらのN格出し切り…
    それでダウンを取った後にダウン追い打ち追撃でとどめを刺される。
    ダウン追い打ちに後格追撃〆は格闘コンボの1つにストックとしてあるので、同じとどめを2個も…とも思うので、
    普通にダウン追い打ちにメイン1発でいいかなと思ってます。
    もちろん、リザルト画面へ移行するスローの間にトランザムシャゲダンしながらサブ射で煽りのおまけ付き。
    まぁ、リボ相手のその流れは全国対戦でもありそうですね…マキオン自体はリボで溢れてたし。

    そして、その相手の負け犬役を押し付けられるピーリス…かわいそうに(チ〇コをゴシゴシしながら)

    仕事でやってるんじゃないんだよ(ブログも動画投稿も)

    2月も過ぎていよいよ3月…月日が経つのは早いものです。
    先月は風邪で寝込んだりもあって記事の数も少し減ってしまいましたね。
    後、リョナカテゴリをジャンル分けしてから、本当に今月リョナ記事作ったかを全然管理しなくなった。
    ジャンル分けする前はリョナカテゴリだけで今月いくつ作ったかが分かって、少ないと感じた時は急遽ネタ作ったりしてたんですけどね。


    そして、今日はちょっと重い腰を上げよう…と言う意味を込めて、後回しにしがちな物をやっていきました。
    と言っても、夕方まで仕事だったので帰ってからの活動開始ですが、
    まずやろうと思って始めた事その1は…「龍が如く8」の購入です。
    前にも書いた通り、Youtubeの知り合いがプレイしてるのをアーカイブで見ていって、
    本編のストーリー自体はもう全部見終わってしまった作品…ただ、いくつかすっ飛ばしてるやり込み要素が楽しそう。
    ポケモン要素を真似したスジモン集めとか、転職させた後の育成、まだ見ぬサイドストーリー。

    本編見ちゃったんだけどなぁ…と思いながらも、なんだかんだでやってるところを想像してる自分がいます。
    と言うわけで、今日はSTEAMを起動させてSTEAM版の「龍が如く8」を購入。
    幸い、STEAMは2週間以内だったはずで、プレイ時間が2時間未満の作品は返品が可能です。
    露骨に返品を繰り返したりするのは途中から警告とか来るでしょうが、自分はSTEAM自体起動するのが久しぶりなので問題なし。
    やってみて合わなかったと分かったら理由を付けて返品と言う手もありますし、
    全てのやり込み要素を終わらせるとまではいかなくても、本編もクリアして十分やり込んだと思えるなら元は取ってると思う。
    ディスガイア5もディスガイア7も、後日談の途中辺りで投げちゃったりしてますが…それでも元は取ってると思います。
    とりあえず、インストールだけはしたので後はプレイを開始するだけ。

    最近はユナイトもまた作業ゲーが続くような環境なので、正直飽きてる感があるんですよね。
    元よりランクマを積極的にやる方でもないし、ランクマもまた伝説ポケモンの制限解除で伝説ポケモンゲーと化してるみたいですし。
    マスター行ったらほとんど終わりのような前シーズンでしたが、前シーズンはマスター帯以降はEX禁止の制限があり、
    その前のシーズンまでひたすら環境で暴れまわってた伝説ポケモンが軒並み使用禁止で結構平和でした。
    なんだかんだで、半分ソロ・半分サークルリーダーとのデュオで組んでランクマは勝率7割だったし。

    それが、今シーズンから新しい伝説ポケモンとしてミライドンが追加。
    ミライドンがとにかく強いと言う話を聞き、伝説ポケモンもランク制限一切なしで使用可能環境が帰ってきてるので、
    今ユナイトで勝ちに行くなら必然とパーティ編成とかが

    ミライドン(伝説ポケモン)、ザシアン(伝説ポケモン)、ミュウツー(伝説ポケモン)、その他(サポート&タンク)

    それ以外の編成はほぼ人権無しみたいな編成になりそうです。
    出てくる相手とかがほとんど決まってるとか本当につまらないから嫌です…エクバもエクバ2以降からそんなのばっかですし…。
    エクバ2では大体は対面にトラバだのライトニングだのパーフェクトストライクだのが必ずいて、
    クロブでは零丸だのジャスティスだのが必ずいる…オバブではHi-νだのが必ずいる。
    選べる機体がたくさんあるのに、見かける機体は10機以内とかほとんど選択肢がないような物じゃん…。

    エクバ2時代のランクマで一番面白かった試合が、環境機体がパーフェクトストライク1機のみで他は見かけない機体達の試合。
    自分がアリオス、その他にアルケーとシュピーゲルと言う、こんな奴いたっけ?みたいな機体達の戦いが一番楽しかったです。
    後は、シャッフルで組んだ結果ですが、自分のアリオスに相方にはホットスクランブルを引く。
    で、対面側はエクバ2でよく見かけるような機体2機で、実質マキオンから来ました組vs現役エクバ組同士の対決。
    これも楽しかったですね…まぁ、楽しかった一番の理由は…勝てたからですw


    ちなみに、やろうと思って始めた事その2は、リクエストでもあるカプルのリョナ撮影。
    コメントでは追加のようにデンドロビウムとかシャンブロ相手をお願いしますと来てましたが、
    面倒なボス相手でなく日付まで指定されてさすがにイラついたのでそれらの依頼は蹴らせていただきました。
    ただ、自分も言い出した「サイコガンダムMk-Ⅱ」からのやられぐらいは撮っておこう…と思って、今日撮影してます。
    今も撮影してる途中ですが、記事作りがまだなので一度中断して記事作り側に専念してます。

    一応、それなり(?)にやられてるシーンは撮影出来たので、
    後はとどめの部分だけ撮影して終わろうと考えています…ここが一番面倒で厄介なところ。
    見栄えがあると言うのもありますが、なんだかんだで自分も見てみたいと言う理由で、
    粘ってまで必死に撮影しようと狙ってるとどめの刺され方が、ロザミア機の攻撃の1つの掴みからの接射攻撃。
    相手を掴んで胸元に持ってきて、そのまま相手にメガ粒子砲を接射すると言う内容で、
    初段の掴みで〆られる所が見たい…と言う理由で必死に粘って撮影してます。

    …これを狙ってやるのは結構きつく、まずCPU相手だから自分の意思で攻撃を出す事が出来ない。
    そして、大体失敗してコンティニューを繰り返す度に補正が溜まっていき、相手からの攻撃のダメが安くなる…
    そのせいで、補正が最大まで溜まると掴み部分のダメージが10ぐらいしかないので、掴み〆に出来る範囲がより狭くなる。
    掴みが来たと思ったら、ギリギリ根性補正で耐えたり、攻撃を待ってたら射撃攻撃が来てやり直しがほとんどです。

    個人的には耐久の調整が一番きついですね…耐久を10以下にする必要があるのが特にきつい。
    レグナント相手でも20ぐらいあればエグナーウィップ拘束からの掴み〆に持っていけましたからね…。
    一応、カプルにはコレンカプルと交代して耐久を回復して調整と言う手段もありますが、
    この交代時の攻撃でボスをそのまま撃破してしまうと言う事故もあるのでやってないです。
    補正が効いてるとこちらからのダメージが凄い事になりますからね…メイン連射だけで2、3割ぐらい削れますから。
    特にコレンカプルからソシエカプルに交代する時に、コレンカプルが射撃を放つのでそれでとどめとか余裕でありそう。

    正直、なくてもいいんでしょうけど…自分が見たいと言うのが一番の理由で頑張って狙ってます。
    一応、とどめの時ではなく途中の撃破の時に掴み〆で撃破される所がありました。
    その時の耐久とか参考にしておきたいですね…とにかく後は根気の問題。

    それと、一番怖いのはやっとの思いで撮ったと思ったら録画してなかった…と言う事故ですね。


    後、これは撮影とは関係ないですが、撮影を待機させてるサブ側のPS4のディスクトレイからなんだか異音が聞こえてきます。
    音を聞くに頻繁に空になってるディスクトレイからディスクを取り出そうとしてるような音で、
    実際ディスクを入れようとしても入っていかないんですよね…。
    こっちのPS4にディスクが入れれなくなったら、マキオンのリョナ撮影が出来なくなるぞ…。

    ちなみに、ボス戦用のブランチバトルの撮影は、ディスクを吐き出して強制終了を避けるために、
    DL版の「マキオン STARTER EDITION」でプレイしてます。
    通常版とSTARTER EDITIONでは対戦出来ないし、そもそもSTARTER EDITIONにプレイヤーマッチが存在しない。
    …ディスクドライブが壊れたらまたもう1台のPS4が必要になってしまいます…。

    …なんか、そうなったらいよいよPS4を4台、自分で揃えて1vs2の視点とか撮り始めそうw
    (3人で対戦は無理で、タイマン専用の2人か通常マッチは4人集まらないと戦闘が始まらない仕様です)

    やっぱり3連…3連は全てを…

    対魔忍RPGもミッション消化の為に、メインクエストの最新話をやってきました。
    メインシナリオが少し進んだだけに、外伝ストーリーをどう進めていいか…と聞いた事があります。
    そのせいか、ここ最近の外伝ストーリーはあまり本編の流れとはあまり関係なさそうな話が続いてます。

    で、そのメインクエストも見てきたわけですが…たしかに、色々と話が進んだと言うか…今後どう進めるかが気になる話でした。
    まず、話の流れ自体は二車忍軍側の今後を書いたような話でした。
    話の舞台自体も二車忍軍の配下的みたいな者達が支配する土地の争い。
    一応、戦場になった舞台はどちらも二車忍軍の配下…が、各々が睨み合ってるせいで小競り合いが絶えない場所。
    その内の相手側が二車忍軍に対して反旗を翻すような、二車忍軍の幹部に盾突くと言う事件が発生。

    その出来事を見て、報告を受けた二車忍軍の骸佐自体もその他の東京キングダムの勢力も、
    せいぜい二車忍軍同士の簡単な小競り合い程度だろう…と思ってた小さな出来事。
    その小競り合いに乗じて、二車忍軍に対して恨みを買ってる獣王会達が喧嘩を仕掛けていき、
    その喧嘩に対して「俺も混ぜてくれよ」とばかりに鬼武衆も登場…そこに更にクラブペルソナからアスカが仲裁に登場。
    結局、ただの小競り合いに乗じたぶつかり合いに対して、東京キングダムの4強勢力が集まるわけですが、
    …ここの部分自体は実はそこまで今回は重要と言う話ではなさそうです。

    実際に重要の部分は、その小競り合いの原因を作ったような二車忍軍の配下同士が支配する街。
    その小競り合いに裏で一役買っている勢力が現れて…その勢力がなんと死霊卿の勢力。
    二車忍軍に反旗を翻した真似をした者側にフェリやアヌビスがやってきて、それらの勢力を借りて相手側の支配下勢力を襲撃。
    睨み合ってた二車勢力同士の片側が相手側を潰し始めていき、その流れでついには二車忍軍の幹部が死亡します。

    一応、死亡した二車忍軍の幹部も、途中から骸佐に拾われた者ですが、
    その犠牲者となったのが弩竜…そしてその弩竜の首を土産に反旗を翻した相手の尚之介の所にまで向かう今回の反逆者の勘九郎。
    弩竜と違って尚之介は昔から二車忍軍に使える参謀とも言えるような重要人物。
    そして、自身の幹部である弩竜を殺されたにも関わらず…なぜかお礼を言い始める尚之介。

    実は、尚之介にとっては主である骸佐をより強くする為の計画の為には、
    殺戮と言った手段を嫌う穏健派な弩竜がはっきり言って邪魔であった…それを始末してくれたのがありがたいとの事。
    更に、「何言ってんだこいつ?」と思ってた勘九郎が、今度は同行していたフェリによって殺害。
    その後に、実は死霊卿と手を組んでいたのは勘九郎ではなく尚之介だった事が発覚。
    主の骸佐の対魔忍術である夜叉髑髏は、恨みを買えば買う程強くなる能力…
    その為には、残虐非道であろうとより多くの犠牲者が必要である…その為についには死霊卿とまで手を組んだみたい。
    そして、骸佐の為にとフェリに勘九郎の支配下の住民の皆殺しを依頼し、骸佐の支配下は大混乱。


    尚、最後の最後にそのやり取りを密かに偵察していた紅の手下の篝が見ていました。
    「は、早く紅様に報告しないと!!」と事を急ごうとしたのですが、そこを見られたとばかりに篝も始末されて終わりです。
    色々と裏がありそうな展開を見せてメインクエスト・65章が幕を閉じました。

    簡単におさらいすると…
    ポッと出の雑魚は除くとして、二車忍軍の弩竜が死亡
    篝は始末された後の描写が不明ですが生死不明…おそらく死亡と考えてます(尚、これが誰の仕業かは不明)
    尚之介が死霊卿と手を組んだと思われる

    ただ、もしかしたらですが…死霊卿と手を組んだ道を選んだのは尚之介本人の独断だと思います。
    もっとも、骸佐自身も知らない話でしょうが、ゆくゆくは骸佐自身が望んでその道を進んでいきそう。
    後、個人的には篝が始末されてしまったのが個人的には残念ですね…。

    そのせいもあって、おそらくですが今後、紅が外伝とかで絡んできた際には篝の姿はなさそう。
    あったらあったで…あの後何があった!?ってなりますからね。
    死亡描写までは載ってなかったとは言え、明らかに見てはいけない部分を見てしまったのだから確実に始末するはず。

    休んで一週間経ってもまだ気持ち悪さが残ってる…最悪だ





    先週ぐらいまで行われていた悪の女幹部ペリジーニュームーンのバレンタインイベント。
    内容もよくあるカツマを巻き込んだドタバタ系のイベントでした。
    原作がどうだったかは知らないけど、今作では明らかにカツマに対して照れ隠しをしてるような女キャラ達。
    特にルナテミスなんてカツマの前で「いや、お前がいいと言うなら…」とよくある赤面しつつの小言とかよく言ってるぐらい。
    もちろん、そういう素振りを見せても大体はカツマが「え?何か言いましたか?」と全く気付いてない様子。

    で、今回はバレンタイン特有の恋の病が発生…それのせいでカツマへの秘めた愛が爆発してる模様。
    そのせいで、いつも以上と言うか…普段でもありえないぐらいの想いをぶつけてきてもはや恐怖を感じるぐらいのアタックを見せてきます。
    ルナテミスは普段通りっぽく稽古をしよう!と言いつつ、その後にどこか2人で…ぽいような事を言い出したり、
    しっかり者のマリアに至ってはなぜか結婚を前提として幸せな家庭を築きましょうと言う話を仕掛けてくる。

    で、そんな中で僅かに普段通りの振る舞いを見せていたのが、
    今回のガチャ限キャラの「ピースムーン・S(ソレイユ)・バレンタインver.」です。
    それと一緒に登場するのがM.O.EとM.A.M.Aのフルドライブ バレンタインver.の2人。
    ソレイユはどういうわけかその病に侵される事なく平常心を保てていて(でお、カツマに秘めたる愛は本物)
    M.O.EとM.A.M.Aは元々カツマに対する愛情が過剰気味と言うのもあって、言ってしまえば平常運転みたいな2人。


    で、片方はロボット娘、もう片方は単純に自分好みのキャラと言う事で…
    悩んだ末に自分が選んだのは自分好みと言うピースムーン・ソレイユのガチャを選んで回してきました。
    …まぁ、手に入らなかったですよ…もちろん、バレンタインver.のM.O.EもM.A.M.Aも…。
    ガチャ画面ではガチャの選択画面で見づらいでしょうが、
    ピースムーン・ソレイユの下半身ってピッチリスーツみたいな感じの衣装で興奮させられるんですよね。
    まぁ、回想シーンはどちらかと言うと上半身を味わう内容になってそうですね…それはそれでありですが。
    それと、おそらくだけど片方が上半身のおっぱいに塗り付けたチョコを味わうと言うシチュで、
    もう片方はいよいよ本番のエッチに移ると言う内容だと思います。

    まぁ、出なかった以上は回想も何もないんですけどね。
    そして、このゲームのガチャの嫌いなところは…基本的に新キャラは通常ガチャには追加されないと言う所。
    ラインナップはあまり見てないですが、こういう期間限定に限らず追加された新キャラは今後のガチャではほぼ入手不可。
    時折やってくる有償限定系のピックアップガチャとかそういうガチャからしか登場しない仕様になってるみたい。
    そういう所があるから嫌いなんです…イラストは好みなんですけどね…。

    股間が大好きです。胸も大好きです(ただの変態)



    そういえばやってなかった気がしますが…先週のアイーダさんの新作を貼ってかったですね。
    まぁ、今更感あるのであまり意味ないけど載せておきますw

    サムネはいつぞやのハマーン様のキュベレイと同じような構図です。
    個人的にはもう少し股間辺りが見えると嬉しかったんですが、これぐらいの構図が限界でした。
    これでも結構粘って撮ったんですけどね…後、似たような構図はストックとしてまだいくつかあります。
    こういう感じに手前に下半身が吹っ飛んでいく事があるから、クシャトリヤの攻めは結構好きです。
    特格出し切りでバウンドダウンを取って、飛んでいった後にBD格初段でとどめを刺しての空中スタン〆。

    空中スタンで〆るにしても、なんでもスタンでとどめを刺せばいいと言うわけでもなさそうです。
    似たようなとどめの刺し方が出来るカミーユZの前格出し切りでバウンドを取って後格でスタン〆とかやりましたが、
    カミーユの場合はクシャトリヤと違って下半身が手前ではなく下に落ちて跳ねるのが多かったです。
    勢いが付いてるのかよく分からないけど、クシャトリヤの方が手前に割と飛んでいく気がします。

    まぁ、手前に飛んでいくと言っても、毎回これに近い構図が見れるわけではないですけどね。
    吹っ飛びが弱かったり、下に落ちるように飛んでいったり、もしくは反対に上へ飛んで行って画面外へ行くとかもありますし。
    …なんでこんなの研究してるの?っと思われるでしょうが、性癖だからですw
    下半身…特に股間を見せびらかす様に飛んでいく視点とかが見れると興奮するからです。
    以前もたまたまですが、エクセリアの下半身…特に股間のアップになるような視点とか撮れて大興奮。
    あれと同じような構図とかまた撮れないかな…と別機体でも何度かやってますが、無理ですね…まさに奇跡の飛び方。


    で、先週のアイーダさんのリョナは、コンセプトとしてはひたすら復帰抜けからの間抜けな反撃を受ける事。
    煽られるようにダウンしきった所にメインとか格闘を浴びせられたり、シャゲダンされてすぐムキになるお姫様。
    そこから見え見えの格闘とか、覚醒技ぶっぱをあっけなく防御されて反撃されたり、
    特格で逃げる事を覚えたと思ったら射程外と思って油断してた所を狙撃武器で撃ち抜かれる。
    まさに本人も敗北リザルトの時に言う言葉通りの「おバカなバカ姫」にピッタリな姿。

    まさにE覚醒のダメな使い方のお手本です。
    するなとは言いません…後落ちでコスオバしてる時とかはしないと負けの展開もありますから。
    しかし、アイーダさんの場合はコストも余裕があって耐久もいっぱいある中で、
    「我慢でしょ!!」と必死にダメージを敢えて受け続けて、その上に煽られたからとムキに復帰抜けと言うのがダメ。
    特にムキになったから覚醒使ったとか覚醒の使い方でも論外の使い方ですねw

    まぁ茶番染みた流ればかりですが、情けない復帰抜けはやってて楽しかったです。
    アナティリスを見る限りでは、一番注目を集めていた部分はやっぱりイオに負けた時の部分でした。
    アイーダさんって意外と悲鳴系の台詞は少なく感じますが、なんだかんだで別キャラとの掛け合いが多いんですよね。
    味方同士の場合でも同じサンダーボルト作品出身のダリルと掛け合いがあったり、
    敵同士だとジェリドと掛け合いがあったりして、イオに至ってはとどめを刺されると動画通りの掛け合いがある。

    最初はイオの掛け合いをラストに持っていこうかと思ってましたが、
    覚醒溜めの際にミスってダメージを与えてしまった為にラストに持っていくのは無しにしました。
    自分の動画は基本的に敗北リザルトの場合は与ダメ0にしてますからね。
    あまり無抵抗と言うのも見栄えしないかな…と思って、最近は反撃させたりしてますが、それでも与ダメは0を維持。
    そんな中で、例のフルアーマーガンダムとのやり取りではダメージが入ってしまいましたが、
    あの流れを再現するのは結構大変でして(N格射撃派生を3回当てた後の角度調整とかが特に大変)
    しかもとどめを刺した後の下半身の動きが特に良かったので敢えて採用しました。
    ガニ股の下半身がどこかギャグの様にズコーッ!!と言う感じにひっくり返るのがいいです。
    あんな姿見られたらすごく恥ずかしいでしょうね…お姫様の恥ずかしい姿、興奮ものです。


    で、今日は一応リクエストだったカプルのやられをあげました。
    ただ、これからどうしようかな…と次の制作の予定が浮かばなかったので、ちょっとメモ書きしてまとめました。
    映画も公開されたからSEED系キャラの機体を中心に相手機体の案とかをメモし、
    後は同じくリクエストのエルMk-Ⅱのリョナ案もメモ…おかげでブリッツとラクス隠者、ガイアとエルMk-Ⅱの案がまとまりました。

    ただ、今日は動画をアップだけして撮影ではなくひたすら編集作業をしてました。
    ルナザクも一応は撮り終えた感があるので、来週はルナザクのやられをあげる予定です。
    で、ステラの相手機体とかが定まりにくいので、まずは今出来てるであろう分のやられを編集。
    仮に次にステラをあげるとすると、一応今出来上がってる相手機体はルナインパ+おまけ程度でシンインパルス。
    それらに追加してラゴゥとゴッドガンダム、後はとどめ部分をちょっと追加で撮影すれば運命相手も出来上がり。
    運命相手が特に時間を取ってるので、この時点で9分ぐらいの動画になりそう。

    で、予定としてはノワール、VSエクガン、ライジングとかも追加したかったけど…全部入れたら14分ぐらいになりそう。
    そこまで詰めるとさすがに長すぎるような気もするので、どれか1機は没にすると思います。
    ノワールもやる事はせいぜい前格射撃派生ぐらいでしょうが、言うてVSエクガンも解放後の特格ばかりになる。
    もちろん、ライジングもやる事は特格連打ばかりとどれも似たようなやらればかりになりますが…
    ノワールを無しにしようかな…ちょっとですがVSエクガン相手もいくつか撮影は終わってますから。
    ただ、VSエクガンはいつもやってる特格後派生ループがあるので、あれで結構時間を取ってるんですよね…。
    追加の際に一番動画を長くする原因と言う事で、VSエクガンが没になる可能性もあります。

    もし没になった場合は、またX(ツィッター)とかで没供養するかと思います。
    まぁ、その前にまずはエルMk-Ⅱの作成を行わないとですけどね…台詞周りとかチェックしておきたいです。

    こんな事を書いてますが、絡んでくれると喜ぶ人です(絡んでください…)



    なんだかんだでやる気が出て来なかったディビニダド相手からのやられ…あげました。
    さすがにそろそろ手をつけようか…と思って起動して制作を開始したわけですが、制作時間はわずか一晩。
    思った以上にシチュがそれなりに集まったおかげですぐに作り上げる事が出来ました。

    ただ、それに追加でもっとカプルのやられが見たい…とのリクエストも受けました。
    既に返事をした後ですが、文面から見るともしかしたらオンライン対戦でのボスやられが見たいようにも見えますね。
    自分はマキオンのチートを知らないのでこういうのは出来ないですけどね…。
    でも、チートを使えるなら正直使いたいと思ってはいます…それがあるとレグナント相手からのやられの撮影とかグッと楽になりそう。

    ちなみに、カプルのやられを撮り終えた後は、せっかくなのでレグナント相手からのやられも追加で撮ってきました。
    視点を撮ってきた機体はエクセリア…既に撮影は終わってる機体ですが、せっかくなのでと視点を補充。
    今回の撮影でとにかく欲しかったのは、上から攻撃を受けるローアングルの視点。
    数ヶ月ぶりにレグナントを上空へ誘う作業をやってきました。

    この作業で一番の敵とも言えるのが…そのキャラの独白の台詞ですね。
    特にエクセリアのセシアと天ミナのミナ様…この2人は10秒間台詞を言わなかった際の独白台詞が長いのが厄介。
    独白台詞は被弾と言った台詞で上書されないから…長々と独り言喋られると大変です。

    幸い、天ミナには後格にカウンターがあるので、台詞を発してない時は何回かカウンターをして台詞を誘発させてます。
    セシアの場合は盾を構えるだけで台詞を発する事があるので、とにかく盾を構えまくって台詞を誘発させますが、
    どちらも確実に台詞を喋るわけではないので、誘発させてる内に長い独白台詞が出てくるとかしょっちゅうです。

    まぁ、とりあえず3個か4個ほど、上空からエグナーウィップを受けてスタンする姿を撮影する事に成功。
    アングル次第ではスカートの中のセシア機の股間が見えてるのがエッチでたまらない。
    最近は本当に女の裸より機械の身体で抜いてる事が多い気がする…でも、今の性癖に後悔はしていません。


    とりあえず、さすがに来週は違うキャラにしようかな…と考えてます。
    本来ならリクエストは嬉しいものですが…なんと言うか、今回のリクエストはなんだかちょっと嬉しくないと言うか…。
    なんと言うか、「これが見たいから作ってください」と言う感じが伝わってこない気がするんですよね。
    そう感じるせいか「この人の為に作ってあげよう」と言うのではなく、作らされてる感が出てきて…作業感を感じます。
    後は、珍しくこのキャラのこのやられを作ってみようと言う意欲が少しあるのもあるかもしれないですね。

    先週はアルケインのアイーダさんを中心に撮影し、今週はエクセリアのセシアを中心に撮影してました。
    せっかくなので来週辺りはアイーダさんをあげようかなと考えてます。
    その後はセシアもいいですが、セシアへのやられを先駆けする形としてプルツーキュベレイをあげようかなと考えてます。
    今のところは2500コストのZZとレッドドラゴン相手からのやられのストックがあり、
    後はいろんなキャラで一応用意してあるヴァサーゴのアシスト掴みやターンXのデータ解析もあります。
    その他にもティエレンタオツーの拘束ループコンボ…この辺りはいわば当たり障りがないとりあえず撮っておけみたいなストック。

    とは言え、それら以外のストックもいくつか用意したいですね…。
    またアリオスとかやってみようかな…ちょっと派生が少ないけど変形特格の掴みとか楽しいし。
    後、他に需要がありそうなキャラとしては、ラクス隠者とルナザク、後はノーベルもそうですね。
    ノーベルもティエレンタオツーの拘束ループコンボがあるのでこれとか載せたいところ…正直、これで抜いてます(股間がエッチ)




    話は変わりますが、悪の女幹部ペリジーニュームーンのイベントが更新。
    昨日辺りから新イベントと一緒に人気投票が行われるみたい…で、前回のイベントの進め具合がこちら。
    おそらくは高難易度であろうダンジョン…「UNDER OF THE EARTH mini」の地下迷宮を最終階層まで進めました。
    Lv99なんて数値は途中から当たり前になり、敵の強さと言うかパラメータがとにかく高い相手が登場。

    攻撃にて蓄積したダメージは引き継がれて、一度戦闘不能になったキャラは全回復するまで出撃不可。
    全回復用のアイテムは1日1回使用可能で、自軍の戦力をとっかえひっかえしてとにかく殴るダンジョン。
    自分もこれをクリアした事はなく、なんなら今回は珍しく最終階層までたどり着いたぐらいです。

    途中の中ボスらしい相手は日付を跨いで殴り続けて倒しましたが、
    最終ボス辺りは主力メンバーですら壊滅させられて5%程度しかダメージを与えれなかったので捨てました。
    その代わり、BOXガチャみたいなイベントが開催されたのでそちらに全力でしたね。

    しばらくはユナイトのランクマに専念しようかな

    今日は記事を書ける内容があるか分からないので、てきとーに流れで書いていくとしましょう。

    まずはパズドラ…なんだかんだで今一番熱いのでは?と思うのがこちらです。
    使うかどうかは別として、結構周回に便利そうな正月ノルディスをひたすら周回しています。
    進化スキル持ちで、進化前が初の無効貫通付与付きのギガグラスキル。

    割合ダメはある意味では相手の耐久力を無視してダメージを与えれるズルいスキルでもあるのですが、
    〇以上ダメージ無効を張られた時に、そのダメージラインを上回ると当然割合ダメージも無効化されます。
    おそらく運営側としても、あまりに強すぎると言う恐れがある為に、
    無効貫通を付与しつつの割合ダメスキルを出すのは慎重になっていたんでしょう。

    で、今回の無課金でも作れる正月の降臨ダンジョンとも言える正月ノルディス。
    発表当時は周回性能とかスキル性能が唯一無二とも言えるスキルだったので、ガチャ限かと思ったけどまさかの降臨産。
    ただ、無効貫通を付与付きのギガグラスキルは進化スキルの為、1回しか使えないスキル。
    そして、発表時は3ターンで打てる上下2列変換…が、まさかのロック解除無し。
    そのせいで進化後スキルが終わってると散々言われた為に、実装時にはロック解除が付いての実装。

    ただ、当然ながら進化前の無効貫通を付与付きの割合ダメスキルにはノータッチで、
    進化前のスキルが腐るのが一番の問題…割合ダメを与える理由って大体は超根性のラインを割らせるのがほとんど。
    超根性割らせたはいいけど、肝心の盤面に何も変化がないと攻撃手段がないのが問題。
    まぁ、慎重になってるから仕方ないとは言え、進化前に盤面にノータッチなのがちょっと残念。
    とは言え、唯一無二とも言える無効貫通を付与付きのギガグラスキルはありかなと思うので、
    自分は正月ノルディスを3体、後は正月ノルディス武器を1体でいいかなと言う算段で進めてます。

    それと、個人的にですが…今回正月ノルディスが進化スキルとは言え無効貫通を付与付きのギガグラを出してきたと言う事は、
    今後はガチャ限とかそういうスキルを出してくるのでは?とも思ってます。
    まぁ、そういうキャラは間違いなく最高レアとか、もしくは変身キャラになるんでしょうね。
    そして、周回性能に関しても、正直シヴァドラが強すぎて正月ノルディスを使う理由があるのか…。
    シヴァドラの進化スキルも盤面全てを火に変換し、更に2ターンのヘイスト付き。
    おかげで、シヴァドラを3体詰め込むだけで、順番にシヴァドラを打った後はヘイスト効果でシヴァドラループが完成するところ。

    とにかく進化前スキルも進化後スキルも隙が無いのがシヴァドラの強み…唯一の欠点は、進化後にロック解除がない事ですね。
    シヴァドラの周回性能の高さは運営側も認知してるので、シヴァドラにロック解除は付くのはまだまだ先でしょうね。
    それこそ、シヴァドラがもうオワコンとも言えるような時代でも来ない限り…。

    とりあえず、自分としては…シヴァドラの火属性が苦手な水属性にも対処できる意味でノルディスを用意するつもりです。
    隙が無く周回が出来るようにするなら相当の運か課金が必要でしょうが、
    以前のチェンソーマンコラボでアキを3体並べるのが最強でしょうね…変身後のスキルとは言え、
    変身後は正月ノルディスみたいな上下2列変換スキル、これを3ターンな上に、こういうスキルの敵とも言える無効貫通付与付き。
    しかもダメージ上限突破の効果まで付いてるし、変身キャラだから上限突破潜在も不要。
    他に天敵とも言える妨害はダメージ吸収無効か属性吸収、これらはどちらかは潜在で無効化出来ますね。
    ダメージ吸収無効の潜在を触れる条件は枝豆覚醒を持っている事…で、発動条件は超つなげ消しと同じ消し方をする。
    属性吸収無効の潜在側は無条件で触れて、発動条件は2色同時消しで発動。
    アキの変身後のスキルは上下2列変換、もちろんロック解除も付いていて、2属性の列変換なので
    自然と潜在次第でダメージ吸収か属性吸収無効のどちらかが勝手に発動する。

    相当やってるスキルですが…欠点を上げるとするなら、変身前が25ターンと長いので如何にスキブを稼ぐか。
    それこそ、変身前に大きな遅延を受けると弱いままダンジョンを進まされる羽目になるのも痛い。
    後は枝豆次第でしょうけど、今回の正月ダンジョンにもあるような大幅なコンボ減少からの〇コンボ以下吸収の妨害。
    アキのLSは固定追い打ちは持ってるけどコンボ加算がないので、コンボ加算が枝豆頼りなのもある意味欠点。
    電撃文庫コラボの美琴も76マス化してるとは言え、コンボ問題とかどうだったんでしょうね?

    後は、最近は盤面を54マスに狭めてくる敵とが出て来てるので、76マスに変えるスキル持ちも重宝されてるみたいです。

     | HOME |  古い記事へ »

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    いつ見てもこのギチギチに締め潰される悟飯は抜けます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介のリメイク
    締め付けを強められて上半身を左右に揺らす悟飯が特にたまらないです



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する