fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    忙しい(特に重要な用事はなかったりする)



    前回のストーリーイベントはこのパーティで挑んでました。
    とは言え、周回してた感じ…今回はいつもより少し周回に時間が掛かってるような印象を感じました。
    相手の行動に一定量のダメージを無効化するシールドを張るとか、後はこちらのパーティがどちらかと言うと回復に多いのが原因かと。
    自分の魔性パーティは基本的にはスキルの回転率を重視すべくSP回復要員で固めてる気がするんですよね。
    そして、リーダーとフレンドはラックとボーナスドロップ狙いで、違う属性のラック100のイベントSRラティクールと黒猫先生を採用。
    そのせいで、正月魔神蛇子さまとゆきかぜ&凜子先輩、そして正月不知火の魔性属性バフが乗りにくい。
    他にも、放置してる際に何か危機を知らせる「アラート」が見えたかと思うと…誰かが麻痺してる事があったり…。

    これは相手の行動のせいですね…ストーリーでもこいつは6つの顔を持つ魔術師で、それぞれ6つの顔から魔法を使うと言う強敵。
    尚、ストーリー上の立ち絵では7つの顔がありますが、その内の1つが本体の顔。
    その他の顔は言わばフェイクで、どれを破壊しても再生を繰り替えすだけ…。
    その上に相手はそれぞれの顔から違った魔法を飛ばしてくるので、ストーリー上では実質6人同時に相手してるようなものです。


    ちなみに、今回のストーリーの内容としては、ツバキ自身の能力の事を知りたい旅と言う外伝的ストーリー。
    一応、ちょっとだけ本編に絡んだ話も出てきてまして、序盤のセクション1の会話にて、
    骸佐一味の幹部と出くわした際に以前に起きた骸佐の本拠地で起きた大量虐殺事件について触れられてます。
    尚、ツバキが出向いた先はヨミハラで、ヨミハラに勢力拡大の為に出張っていた幹部から、
    骸佐本拠地で起きた大量虐殺…それの実行者は骸佐本人と聞いてる。
    しかし、真実を確認しようにも向こうと連絡が取れないから代わりに調査してほしい…との事。
    また、自分達が調査をしに行こうにも、骸佐の側近とも言える楽之介からヨミハラの任務を任されてる為に動けない。

    …とは言え、骸佐の一味の話などツバキには興味がなく、その話はほとんどスルーしてその場を去っていきます。
    その事件の真相は楽之介が死霊卿に所属するフェリシアと組んで起こしたと言うのが事実。
    しかし、それを骸佐がその後にどう捉えたに関しては謎のまま。


    で、その後にヨミハラを徘徊してる内に朧の配下と遭遇…その際に朧の配下に因縁をつけたのが原因で朧に目を付けられます。
    実際には朧の配下が喧嘩を売ってきたと言うよりは、ツバキに残ってる店のツケを支払ってもらおうと思ってただけ。
    しかし、当のツバキはやや自暴自棄で酒に酔いつぶれてた事もあって、完全にバトルする気満々…。
    更に、そのバトルを見て今回のイベントSRキャラである対魔忍の陽子までもが乱入…
    その結果、完全に非があるであろうツバキとそれに加担した陽子の2人にある任務を依頼させる形になります。
    もちろん、放棄すれば朧が2人を地の果てまで探して、死ぬより恐ろしい拷問とかのオンパレードを味わう事になるでしょう。


    ただ、その辺りのやり取りを見てる際にツバキのキャラ変わったなぁ…と思いました。
    登場自体が相当前で、当時は骸佐一味に雇われた傭兵…が、途中からストーリーからも姿を消したツバキ。
    途中の骸佐一味の話にも一切姿を見せなくなり、存在を忘れられたかと思った中で今回久しぶりの登場。
    絵師さんも都合でなまにくATK先生から新堂エル先生に変わりました。

    で、初登場時はどちらかと言えば口数も少なく、どこか影のある様なキャラでした。
    ただ、今回の事の発端でもある酒に酔ってる時は珍しく口数が多かったりしましたし、
    昔は過去を隠してるような所を見せてたかと思いきや、今回は思いっきり五車を脱退したと知られている。
    陽子も名前を聞いた時に「あのツバキ先輩かよ!?」と名前を知ってましたし。

    ちなみに、今回のイベントストーリーであるボスの魔術師シモンが朧の依頼のターゲット。
    そのシモンの情報を知る際に静流に情報提供を受ける際にも、静流自身はツバキの事を知ってたそうです。
    元対魔忍なのはなんとなく分かるけど、その素性が不明かと思われてましたが意外と過去が明らかになってますね。
    五車を脱退した理由はキャラのユニット紹介を見る限り、一度任務で死に掛けたからだそうです。
    おそらくはツバキの部隊がツバキを残して全滅…自身も死の淵に立った際に能力が覚醒。
    ただ、その際にツバキは五車に戻らなかった為に、五車での記録ではツバキは戦死した扱いとされている。

    戻らなかった理由みたいなところとしては、ストーリーで語っていた限りでは…自分の能力に関係してるそうです。
    ツバキの対魔忍の能力は血遁の術で、血を操ると言う能力。
    最初は自身の血を操るのが限界でしたが、自身の能力の覚醒によって自分の血だけでなく他人の血も操れるようになった。
    ただ、この能力…特に他人の血を操っていると魔性の力が強まってより血を求める狂戦士になってしまう。
    実際、セクション2で魔界に到着した際に、チンピラオークに因縁を付けられて戦闘になった際に、
    既に決着はついたにも関わらず、尚も血を欲しさにツバキが暴走して無関係な野次馬まで襲い始めてました。
    こういう自身の能力の暴走で無関係な人間まで巻き込んでしまう故に、五車を脱退したとか。


    そんなツバキ自身が気になってるのは…自分自身の能力の正体。
    両親はごく普通の対魔忍だが、対魔忍の中でも珍しいであろうこの能力…その能力の由来を知りたさに魔界を彷徨ってたそうです。
    それで、骸佐一味の話が過ぎた後に全く姿を見せてなかったのはその為だと言う話…尚、収穫はほぼ0。
    しかし、今回の朧の依頼で魔界へ出向いた際に、魔界騎士のベオウルフと対面。
    また、最終的に魔術師シモンを倒す最後の手段としてツバキの血遁の術を使ったわけですが、
    ベオウルフもシモンも揃ってこの血を操る能力を見て、魔界の支配者の1人の「ビスマルク」が浮かんだそうです。

    両親はごく普通の対魔忍だったはずなの、魔界の支配者の宰相卿ビスマルクを連想される能力。
    その能力を知る為に、朧の依頼を片付けた後はまた魔界を探索する旅へと出かけると言う話でした。
    また、次の旅には今回出会った新たなパートナー・陽子も一緒にです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    昨日は3月なのに雪降ったぞ…(積もらなかったけど)

    タイトルの通りです…昨日の仕事帰りの際にはまさかの雪が降ってました。
    もう3月も中旬を過ぎたと言うのにまだ冬みたいな天気をして…。
    まぁ、積もるとかではなく単純に降っているだけなので、凍結とか積雪の心配はなかったです。
    一応、タイヤもまだ冬タイヤのままですし…そろそろ走行距離が10万行くので、次の冬には乗り換えになるでしょう。


    さて、今日も今日とて龍が如く8…そろそろマキオンのリョナもストック用意しておかないといけないですね。
    一応、機体案みたいな物はメモにして残してまして、まぁ結構な量の撮影が出来そうです。
    問題はコンボ選択とかとどめの刺し方…そしてそれのダメージ調整とか色々…。
    どう撮影を進めるか…もし、来週の候補をあげるとするならステラのガイアになるかもです。
    ある程度ストックはありますし、SEED系機体にやられる…と言うコンセプトならある程度集まってますし。
    後は、同じファントムペイン仲間のストライクノワールにやられるを撮影すれば動画化も行けそうです。
    …その後の機体達とかは…こういう話はまた後日のネタに取っておきます。


    一方で、龍が如く8は春日編の章を1つ進めて桐生編へと移行しました。
    9章はある意味では物語の転換地点で、前の春日の章で黒幕が発覚し、この章ではネタバレですが裏切り者が発覚。
    そして、この章では悲しくも桐生の組織の相棒とも言える花輪が死亡します。
    マフィアみたいな組織に襲撃された際に腹を撃たれてまして、重症かと思ったけど「死んでる…」との話でした。

    自分が初めて花輪を目にしたのは、Youtubeの知り合いが「龍が如く7外伝」のプレイを配信してる時です。
    ここではそれなりに桐生と花輪の関係が描かれていて、エンディング辺りで花輪の正体の伏線みたいな物がありました。
    自分は知らないですが、今作でも一時的に桐生が使ってた偽名「鈴木太一」と言う名前。
    桐生本人も組織には一切伝えていなかったのに、吸収に潜入してた際に使っていたその偽名を知っている。
    また、九州編の際に登場したある人物と声優が同じという点で、「花輪って九州に登場したあいつでは?」
    と言うコメントがあって配信してる知り合いの人も「たしかにw」と言ってました。
    その辺りの事が語られる事はなかったですが、花輪本人も「桐生に同じく過去を捨てた男」と言ってます。


    で、自分のプレイする龍が如く8…正直、前も書いた通りで春日編で少しやる事感が減ってきました。
    ドンドコ島はメイン的なストーリーを終わらせたので、後はせいぜい宿泊客を止まらせてもてなして金を稼ぐぐらい。
    スジモンバトルも一応、四天王3人目まで倒していきましたが、ちょっと育成がだるくなってきたと言うか…
    そろそろ伝説級のスジモンがもう1体欲しいな…と欲を出してるところです。

    自分はスジモンバトルではガチャで大勝利したおかげで結構楽な部類になってるかと思います。
    と言うのも、何も知らずにてきとーに引いてた10連ガチャにて、おそらく最強格であろう伝説スジモンを1体手に入れてるからです。
    スジモン図鑑でも一番最後に載ってるスジモンで、スジモンゲットのチャンスのレイドで登場の際もレベルは60と遥か上。
    そんなヤバい伝説スジモンが1体いる…1体だけパラメータが高くてありがたいです。
    しかも、3属性に特に苦手がないネガティブ(闇属性)に当たるキワミ・パープル。
    この「キワミ・○○(各々の属性のカラー)」が最強の伝説スジモンでしょうね。
    さすがにこいつ1体いれば大丈夫…とはいかず、相手の攻撃を受け続けると倒れてしまいますが、
    倒れるまでの間に倒してくれた貢献度は相当高いです…。

    個人的に気になってるのは、今作で最強に当たる相手は誰でしょうね。
    「龍が如く」シリーズでは大体最後に当たる、開発からの挑戦状的相手は「亜門」だと思いますが…。
    一応、ストーリー途中でも桐生のチュートリアル代わりに「亜門」が登場して戦う羽目になりますが、
    その際の亜門のレベルはこちらの適性が30ぐらいなのに対して、相手側のレベルは50超え。
    ただ、伝説スジモンの「キワミ・○○」のレベルは60と亜門より上です…が、亜門が手加減してる説もありますからね。
    サイドケースと言った寄り道要素をコンプリートした後に現れそうな本気・亜門が開発からの挑戦状的存在かなと予想。

    ちなみに、現在は桐生編で色々と寄り道してるせいもあって、適正レベルを一回り上回ってますw
    次は10章の中ボスみたいな相手に挑む辺りに来ていて、覚えてる限りではこの辺りの適性は35ぐらいのはず。
    で、10章のラストは伝説の元ヤクザ達が相手で、ここの推薦レベルは40…(挑む前に警告が出てくれます)

    一方で、自分達の桐生組の平均レベルは45…途中で必ず寄る羽目になる横浜ダンジョンを、既に2階層までクリアしてます。
    一応、横浜ダンジョンもハワイダンジョンも表向きでは最終階層は3階層ですが、そこをクリアするとEXダンジョンが解放。
    トロフィーを見る限りではおそらく6階層が真の最終階層だと思います。
    もしかしたら、そのダンジョン系の最終階層のボスが一番強い…とは考えにくいかな…。
    Youtubeの知り合いがやってたロストジャッジメントでも、開発からの挑戦状みたいな相手に亜門がいまして、
    亜門を倒した証とも言えるサイドケース制覇と言うトロフィーがあるので、やっぱり亜門が最後の砦でしょうね。
    …そこまでやるかは分からないですがw

    で、横浜ダンジョンも2階層までクリアしちゃいまして(普通は12章辺りで適正レベル)
    昨日の夜は朝ぐらいまで横浜・異人町のキング系の野良を倒す旅に出てました。
    自分が覚えてる限りのキング系はあらかた倒して、残るは北のマップに残した1組のキング組だけ。
    ちなみに、ダンジョンでも道中にたまにキング系の相手がいるので結構大変でした。

    ある程度のキングはそれなりにレベル差があるおかげで、倒すのが一苦労するだけで苦戦はしなかったですね。
    自分が苦戦をしそうだった相手は道路を歩いてると登場してくる暴走車に乗ってるキング組と、
    ある金色の金庫を守ってる番人系のキング…相手のレベルが上だったり、同じレベルぐらいで結構きつかったです。

    暴走車に乗ってるキング系は、暴走族みたいな相手かと思いましたが、車が言わば痛車だったのでオタク系でした。
    実際、その暴走車に近づいた際に出てくる相手は、自分のお気に入りの「自称魔法使い」の最上位種の「きらめきバーサーカー」
    以前も書いたように、プリキュアのヒーローショーの着ぐるみを着たまま抜け出してきたような姿の相手。
    かわいい見た目をしてますが、こいつが自分達よりレベルがちょっと上だから攻撃が痛かったです。
    この時はちょっと割高だけど、ダメージが大きいデリバリーヘルプを呼んだのが大きかったですね。
    今の自分達でもまず出せないようなダメージ「1000」ぐらいのダメを、範囲内の相手に必中で当てると言うお助けキャラ。
    ダメージが凄い分、チュートリアルで手に入る様なデリバリーヘルプの100倍の料金は必要ですが効果は抜群。
    強敵のHPが一気に削れたおかげで、早々に相手側のアタッカーを潰したのがでかかったです…逃走も考えてましたからね。

    ちなみに、ストーリーの戦闘以外で負けると所持金が減ってやられた場所からリスタートです。
    尚、野良の敵はその場を離れるとまた再設置されるので、強さが段違いなマップをうろつく際は気を付けましょう(1敗)
    そして、ストーリーでの戦闘で負けるとゲームーオーバーです(その戦闘をやり直すか、セーブした所からやり直し)


    もう1組は金色の金庫を守る番人系キング…猟師系の最上位種の「ビーストハンター」とその一味。
    攻撃の一種にある状態異常の「技封印」が厄介ですし、シンボルでは3人しかいないから3人と思ったら5人ぐらいと数が多い。
    しかも、こちらも相手のレベルがこちらと同等な為、レベル差でごり押しが効かないので苦戦しました。
    危うく回復一辺倒のじり貧になる所でしたが、取り巻きを徐々に倒して数が減ってきたら後は安全でしたね。

    残るキング組は1組…こいつらは覚えてますね…暴走族総長とその一味、こいつも金庫を守る番人系キング。
    知り合いのプレイでこいつらに挑んでるのを覚えてまして、相手のレベルは45なのも覚えてます。
    こいつを倒せば異人町のキングは全討伐完了でしょうが、まだ神室町を探索してないのでそっちもありますね。

    リョナではなくエロネタですみません

    相も変わらず、龍が如く8をずっとプレイして楽しんでいます。
    昨日も昼から夜ぐらいまでぶっ続けでプレイしていましたからね…。
    一昨日辺りで本編を進めて、分かり切っていたであろう黒幕が登場…この辺りは初見でも「こいつ黒幕だろう」と分かると思います。
    プレイ開始時に意味深なムービーが流れてましたからね…あの時に回収していた物を見て、
    あれ?こいつが付けてるのって?って、Youtubeの知り合いのプレイ動画を見てる初見でも思いましたから。

    で、昨日はストーリーを進めていよいよ春日組と桐生組が分かれました…ここから桐生が第2主人公として動く事になります。
    パーティー分離後にまずすべき事は…桐生組の最終メンバー(1人除く)を回収する事。
    春日組は中盤で加入するガトーの声が印象的な足立さんを除いて、とことん絆レベル上げてますからね…
    桐生組メンバーも新規加入軍団で絆レベルを高めていかないといけないです。

    一応、絆レベルを高めると専用のキャラクタードラマが展開されるようになり、それを見ていくと連携攻撃等が解放される。
    また、その絆ドラマでは本編では見れなかったであろうキャラの一面も見れます。
    特にトミザワの絆ドラマは本編でも触れる事がなかった為に、気になっていた部分だったので興味ありますね。

    本来はさっさと本編を進めて、ゆくゆくはエンディングを迎えてからクリア後のプレミアムアドベンチャーに行くのがいいんでしょうが、
    ついついあちこち寄り道しまくってます…特に楽しくやってるのは、停滞してる野良系の相手・キング系アウトローの退治です。
    自分はとことんレベルを上げて、レベル差を付けて相手を蹂躙するのが好きなプレイスタイルなんですが、
    思ったよりキング系アウトローは果敢に攻めてます…レベル差もそこまであるわけでもないのに。

    一応、挑む際はなるべくレベル差が大きくない相手を選んでますけどね…明らかにレベル差がある強敵は無理ゲーですから。
    相手とのレベル差を示す印みたいな物もあるので、相手とのレベルの判別が出来るのもありがたいですね。
    1つ目はエリア内に入った時に表記される敵の強さのメーターみたいな物。
    明らかに敵の強さが上がってるエリアに入ると、そのメーターが赤く光って警告してくれます。
    もう1つはシンボルエンカウントを採用してる為、その敵のシンボルの頭上に付いてるマーク。

    青色のシンボルは雑魚みたいな扱いで、エンカウントしてもクイックバトルと言う一撃で終わらせるバトルに展開できます。
    赤色のシンボルは適正レベルみたいな扱いで、適正レベルで動き回る時は大体このシンボルがあちこちに徘徊してます。
    そして、紫色のシンボルが格上みたいな扱い…明らかに適正レベルより上回ってる相手なので、雑魚相手でも逃げ推薦。
    で、中にはそのシンボルの上に王冠みたいなマークがある相手もいて、それが自分の言うキング系ボス。

    近くにある宝箱的存在の金庫を守ってる番人みたいな存在か、ハワイの場合は強敵スジモンゲットのチャンスの場合だったり。
    桐生組の日本ではスジモン収集と言う要素がないので、大半はマップの隅に居座ってるだけのボスと言う事が多いです。
    キング系ボスは周りでうろついてる雑魚達より数段強く、敵の種類も大体は取り巻きの相手の上位種ばかり。
    その上位種がなかなか見た目とかが奇抜で楽しいです…これも龍が如く7からの面白要素の1つでしょうね。
    7からRPG形式に変わったと聞き、今作も前作の7を引き継いだRPG形式のバトルシステム。
    その際に、春日は妄想と言う設定、春日組と別れた後は桐生が春日の影響を受けてかと言う設定で、
    戦闘に入ると相手の見た目が変わって見えるようになります…この時の相手の見た目がなかなか面白いです。

    帰国後の桐生編で見た面白いキング系ボスは、コソ泥みたいな盗人系の上位種です。
    雑魚の盗人は現代でもたまに見かけるような明らかに空き巣みたいな恰好をしているのですが、
    その上位種は「天下の大泥棒」…見た目も完全に歌舞伎の舞台から抜け出してきた五右衛門みたい。
    スジモン図鑑でも設定みたいな物が見れて、下位種はろくでなしみたいな設定ですが、
    上位種はそこそこ成り上がったみたいな設定、最上位種に至っては人間やめてますみたいな設定で面白いです。


    後、桐生組も独立した事により、ついにソンヒが仲間になりました…改めて見てもエッチでいいですね。
    まずなんと言ってもおっぱいが大きい…知り合いのプレイ動画見てる時でも胸を意識してましたが、
    自分でプレイして実際にディスプレイでそのソンヒの身体を見る事になると違いますね…より意識してしまう。
    普段の衣装ではジャケットを羽織って、中にシャツを着てる姿をしてますが、シャツの隙間からの谷間の自己主張がエロい。
    特に会話の際にソンヒがアップになる様に映ると…ついつい目線が胸に行ってしまいます。

    また、今作の初登場時は春日の家で登場し、その際には明らかにゴミ屋敷みたいな中にお行儀よく靴を脱いで上がってます。
    その際に見れるソンヒの裸足にそそられて、ついついソンヒの裸足とかチラチラ見てました。
    Sな性格してそうだから、以前やった対魔忍のラグナロク相手のような奴隷シチュとか妄想しちゃいますね。
    頭踏まれたり、脚の指舐めさせられたり、顔面騎乗されてソンヒの椅子になりたい…。

    抜けるなら なんでも抜こう 気持ちよく(突然の下品な俳句)



    今更ながらの宣伝…先週にリクエストという形で作らせてもらったボス機体にやられるカプル。
    今回はサイコガンダムMk-Ⅱを相手に選ばせてもらいました。
    こいつはたしか、格闘は一発のダウン系が多いけど、側転ダウンと言った特殊ダウンが多かったはずで、
    他にも相手を掴んでメガ粒子砲を接射すると言う攻撃があったはず…と思ったからです。
    依頼内容としてはデンドロビウム以外でお願いしますと言う事でしたし…。

    ただ、さすがにもうボス機体相手にいちいち撮影し続けたくないので、前回も前々回も依頼を蹴りました。
    正直、その頃にメールに「コメントが届きました」と通知があったので開いたら、
    見たら例の人からの「ボスの○○お願いします」と言うコメントでした…と言う事ばかりで、開く度にうんざりしてたぐらい。
    しかも日程まで指定したりしてたので、さすがにイラつきます…こっちは仕事でやってるんじゃないだぞ。


    で、今週は違う人からのリクエストと言う事で、レグナント相手にやられるファルシアをあげる予定です。
    ファルシアが電撃攻撃を受けてるところが見たいと言う事で、選んでもらった機体がレグナント。
    元よりレグナントはいろんなキャラのストックを用意してたので、撮影自体はほとんど終わってるようなもの。
    そんなわけで、昨日と一昨日とストックを編集して、とりあえず動画をあげるぐらいには出来そうになりました。




    こちらが対レグナントのやられを撮ったファルシアのストック。
    いくつかは編集したので削除もしてますが、公開する事なく終わるであろうストックがまだこれだけあります。
    こんなの全部使っていたら、動画の尺がとても長くなってしまいますからね。
    相手からの攻撃は同じような攻撃ばかりなので、こういう動画は5、6分ぐらいで終わらせるべき。
    実際、ボスにやられるリョナ系の動画も、大体は後半辺りとか全然視聴されてないですからね。
    途中から「飽きちゃった…」と言う人も多いでしょうし。




    で、ストック内から選んで動画として用意出来そうな素材となった編集済みがこちら。
    一度、繋いでみたところでは5分ぐらいの動画になってたのでこれでちょうどいいかなと思ってます。
    …まぁ、途中辺りにもう1個ぐらい、掴み系のやられを受けてとどめを刺される視点を1個入れてもいいかなと考え中。


    ちなみに、今日もゲーセンへ行って友人とオバブのCPU戦で遊んできました。
    1500コストとかはなんだかんだでG-ルシファーが気に入りつつあります。
    エクバ2の家庭版とか出ないでしょうかね…G-ルシファーとか思いっきりボコってみたい。
    特に新作以降から登場した環境系の女が乗る機体とかいじめてみたいものです…散々、対面に来てやられましたからね。

    つべのコメの奴、またかよ…



    FF7リバースが発売され、それのコラボとして日清からどん兵衛のCM(FF7.ver)が公開されてました。
    なんと言うか…日清のこういう所って本当に好きです。
    強風オールバックと期間限定のカップヌードルとのコラボ動画とか好きでよく見てまして、
    あれ見てCMで売ってたカップヌードル買ったら結構おいしかったのでよく複数個買って家で食べてました。

    で、今回はFF7とのコラボ仕様…結構前には初代ガンダムがコラボで使われた事がありましたね。
    CM自体もこの為に作られたであろう専用のムービーまで用意されているぐらい。
    セフィロスの声優さん、このCMの収録とか楽しそうw

    そして、背景にあった油揚げ…あれはきっとメテオの代わりでしょうかね。
    当時のFF7はプレイしてた身ですが、リメイク版FF7はやってない身…せいぜい、ティファのリョナ動画見て興奮してただけですw
    メテオ代わりの油揚げもそうですし、セフィロスに付いてる狐の耳、どん兵衛を食った時にクラウドのHPが7777回復したり、
    旨いから売上クラス1stとかうまい事言うなぁwと思いますし、最後の日清のロゴを切りつける所も凝ってる。
    コラボCMの時のこういう細かい芸は見てて楽しいです。

    ただ、どん兵衛もおいしいけど…自分はついつい「赤いきつね」とか「緑のたぬき」を買ってる気がする。
    …カップ麺は本当に日本が誇る食文化だと思いますよ。
    子供の頃に漫画の形でしたが、カップ麺が出来るまで…を見た事があります。
    当時からインスタントラーメンと言う物は出来ていたけど、海外へ宣伝に出したけど海外では不評だったそうで…。
    で、当時の海外では小さいマグカップに麺を入れて食べる物が流行してて、それを見て器を用意したカップ麺の構造が浮かんだとか。
    帰国の際に最後の最後に悩んでたのが、インスタントラーメンを器に入れたままどうやって保護するか…。
    その問題は帰国時の機内食で出されたデザートのプリンだったかを見て、
    「そうだ!これと同じように蓋して密閉すればいいんだ!」みたいな事を考えつき、そうやって生まれたのがカップ麺。
    本来は非常食なんでしょうけど…普通においしいから毎日の夜ご飯として食べてます。
    …非常食故に栄養はそこまであるわけじゃないから、ちゃんとしたものを食べないといけないのは分かってるんですけどね…。
    それこそ、毎日外で外食してる方がまだ栄養を補給できるだろうけど…いちいち外へ行くのも…。


    そして、こちらはFF7リメイク…スクウェア・エニックス側の公式ツィート。
    どん兵衛コラボ仕様のセフィロスが映る背景を用意し、「壁紙を贈ろうか」と一言…
    これまたセフィロスの声で耳元に囁かれてる気になってきますw


    そんな自分、FF7リバースが販売された中で、ずっと龍が如く8をやってます。
    月曜日の夜に初めて起動して、それから休日の2日間ずっとプレイして遊んでます。
    ユナイトも招集があるならそちらに付き合いますが、特に誰もやってない場合はちょっと遊んで終わりにしてます。
    正直、今やいつもやり飽きたようなソロの周回ゲーか、作業ゲーと化してるパニックパレードぐらいしかやらないですから。

    で、明日は仕事なので夜遅くまでは出来ないですが、時間が許す限りで更新とかお風呂終えたらまたやろうかなっと。
    尚、次の日が休みであった月曜と火曜日の夜は朝までずっとプレイし続けてました。
    今は5章まで進んで、ようやくハワイ編にて4人目の仲間…女の千歳が加入してくれました。

    知り合いのプレイ動画を見てる時も、攻撃受けてダウンする時の声とかエロいなぁっと思ってみてました。
    リョナとしてもいいですが、改めて…自分でプレイする身になると格好にエロさを感じてきます。
    動きやすさを重視したような飾りの少ない衣装を身に着けていて、身体のラインがよく分かりやすい。
    そして、さり気なく見せてるようなお腹の隙間がエッチ…
    前からはおへそが丸見えだし、後ろからは背中の真ん中の筋みたいな部分が見えてこれまたエッチな気分にさせられる。

    まぁ、あまりエロ目的で始めた作品ではないのでそこまで重視してないですが、とにかく楽しくプレイしています。
    5章まで来たので待望(?)のスジモンバトルとかスジモンの収集も解放されましたし、
    今進めてるところはついに自分がやってみたいと思っていた転職イベントの直前…。
    指定の場所へ移動すれば後は勝手にイベントが発生して、ついに転職が解放されるわけです。

    個人的には思った以上にスジモンが楽しくていいです。
    自分のお気に入りはプリキュアのヒーローショーみたいな着ぐるみを着た女のような見た目のスジモンです。
    明らかに女のような着ぐるみを着てヤバそうな奴で、両腕や両脚は着ぐるみを着てないので男と丸分かり。
    …なのに、着ぐるみの顔のインパクトが凄く、妙にかわいい故に気に入ってしまいました…。

    さすがにこいつで抜くのは躊躇いたい…着ぐるみの部分である頭や胴体の衣装はかわいいけど、
    露出してる両腕と両脚は黒人系の筋肉ムキムキマッチョですからね…。
    とにかく、そのインパクトある着ぐるみの顔を見せないでくれ…変な気分になってくる。

    ちなみに、捕まえる時に知りましたが、それ系統の最下位種は「自称魔法使い」と言うアウトロー。
    それの上位版が知り合いのプレイ動画で見た「まねっこプリティ」で、最上位種が「きらめきバーサーカー」でした。
    道中で手に入るような雑魚系だから、パラメータが低そうでスジモンバトルでは最終的に使われなさそうでしょうが、
    その見た目が気に入ってるので、今も愛用してるスジモンです…どうしても力不足感は感じてしまいますが…。

    それと、どうでもいい話ですが、このゲームで敵の見た目が変わるのは基本的に道中をうろついてる野良だけです。
    本編のストーリーでどうしても遭遇する相手の見た目は全然変わりません。

    ルナマリアは抜ける←分かる  ルナザクは抜ける←???



    今週は少し早めにアップロードしました。
    撮影が順調に進んでいれば今週末にレグナント相手のやられとか…も考えましたが、
    今日からやっとエルMk-Ⅱのやられを撮影開始したのでレグナント相手のやられはまた次回。
    エルMk-Ⅱの完成が少し遅くなりそうな場合は、来週の同じ時期にレグナント相手のやられをあげるかもしれません。
    おそらくですがその際の最初の被害者はライジングのレインになるでしょうね。

    で、SEEDの映画を見てきたと言う影響もあって、SEED系キャラのリョナをあげさせてもらいました。
    映画を見た後に湧いてきた欲は、女キャラのリョナと言うよりは運命を相手させてボコボコにすると言う欲でしたね。
    なんだかんだで…ネタバレしちゃいますが、映画ではデスティニーが活躍してましたからね。
    そんなシンの愛機のデスティニーを、ある意味光栄であろう相手をボコる役に回す。

    前にも書いたでしょうが、シンの運命は攻撃がどこか暴力的なのがいいんですよね。
    大剣のアロンダイトを振り回すとかではなく、それを相手に突き刺すのがいいですし、
    運命の代名詞であろうパルマフィオキーナで掴む…後派生で持ち上げるのも結構いい絵になります。
    マキオンからN格のモーションが一新され、あのやられには正直興奮を感じてしまうぐらいです。
    3段目で思いっきり相手の機体にアロンダイトを突き刺して、そのまま相手を突き通す攻撃…
    追撃中に倒してもたまにある掴み〆のようなポロっとその場で落としてしまうタイプではなく、
    追撃〆と言う形で相手の機体の上半身だけそのまま掴み続け、下半身だけ近くを動き回る…なかなかありがたい仕様。
    特格追撃〆の部分も、さすがにエクセリアと同じような視点は撮れなかったですが、
    下半身が上下反対になると言った間抜けな姿を見せるような挙動が撮れたのでそれを採用してます。

    他にもインパルス側のルナマリア相手にもやったように、今度はインパルス側のルナマリアが自身をボコる側に回る。
    「わたしだって!!」と覚醒を使ったはいいものの、やられもカットしてその覚醒カットインの後の光景は情けないおねんね姿。
    起き上がった時には覚醒ゲージが切れて覚醒終了をお知らせするセリフを吐いてくれる。

    実はあのシーンの撮影…結構時間が掛かりました。
    なんでそんなに時間が掛かったかと言うと…覚醒終了時の台詞ガチャに何回も負けたからです。
    間違いなくどちらが聞きたいですか?と聞かれれば、こちらが聞きたいであろう息継ぎをする台詞を用意しましたが、
    撮影の際には10回ぐらい連続でハズレであろう台詞の「ここまでのようね…」とあきらめの台詞を引いたからです。
    簡単なやり取りだからここは本当に早く終わらせたかったけど…何度も目当ての台詞を引けずにげんなり…。

    やっとの思いで狙いのやり取りが撮れた時は大喜びでした…何回撮り直した事か…。
    ルナマリアに限った話ではないですが、覚醒終了時の息継ぎ系の台詞もなかなかいいです。
    ティエレンタオツーのピーリスも、エクセリアのセシアも力を使い果たしたように激しい息継ぎしてくれますからね。
    個人的に好きなのはステラの覚醒終了時の台詞…ステラはどちらも息継ぎ系なのがいいです。
    1つはルナマリアと同じように深呼吸をするような息継ぎと、もう片方は素早く呼吸を繰り返す息継ぎボイスが聞けます。
    ステラのリョナもいくつかは用意していあって、もちろんその息継ぎボイスも入れてあります。

    ステラ相手も構成に悩んでるんですよね…運命の欠点は攻撃モーションが長いからどうしても尺を多く取ってしまう。
    で、現状で作ったストックで既に11分ぐらいの長さになってたはず。
    もう1機追加しようかなと考えてる相手が、運命と同じような攻撃を持つVSエクガンか、
    同じファントムペイン仲間である(実際に行動を共にする事はないですが)ストライクノワール。

    ノワールは前格で突き刺すぐらいしかやる事ないからっと考えて、VSエクガンにしようかなとも思いましたが、
    VSエクガンもエクセリアやファルシアに決めた長々と攻撃する特格後派生ループがあるんです。
    あれで尺が1分半ぐらい取ってるので、その他のコンボも入れると動画がかなり長くなってしまう…。
    正直、自分の様な動画を15分とかも長々と見てるのはだるいと思うので、可能ならば10分前後に収めたいところ。
    …まぁ、だったら後1機追加せずにそのまま動画として作ってしまった方がいいんでしょうけどね。

    ただ、もう使わないであろうその未使用ストックが少し勿体ないと言う気持ちがあるんですよね。
    正直、ステラをボコる案は出し尽くしたと思うので、次にステラを出した時はおそらくそこでステラは打ち切る予定。
    そうなるとせっかく用意したVSエクガンのやられとかもお蔵入りのままになりそう…。
    …もしくは、更にもう1個作ると言うのもありなんでしょうけどね…ターンXのデータ解析とかやってなかったはずだし。

    ただ、ステラは受け身不可系の大ダウンを受けた時の台詞が微妙なのが個人的に痛い所。
    大ダウン系の台詞は台詞を大きく上書するから、他に聞けるいい悲鳴が長い台詞で消されるのが困るんですよね。
    自分がステラのやられ台詞の中で気に入ってるのは、受け身が取れる系のダウンを取られた時の台詞の
    「まだだ!!うわぁぁぁ!!」と言う台詞…相手の猛攻に晒されながらも必死に耐えようとしてるようで好きです。
    これも、受け身不可系の大ダウン攻撃を受けるとかき消されるのがとてももったいない…。

    エッチだ…(自分一人だけの感想)



    だいぶ前に紹介で載せたと思うTASさんプレイの改造マリオ。
    自分も結構気に入ってる作品でして、まずはステージのギミックの造りがとても上手いと思います。
    初見殺しに近い要素はいくつかありますが、ニコ動とかで大いに流行った友人マリオ程の理不尽さはなさそう。
    …が、結構なプレイ操作のレベルが要求されるので、自分はステージ1すらもクリア出来ないでしょうね。

    後は、使われてる曲がどれも改造でアレンジされてる曲…
    曲の選曲とかも良くて、BGMとして聞いてるだけでも好きな動画です。
    本当に何回か見てたり、流し見したりしてる動画ですね。




    その動画を見てる時にオススメ欄に出てきたのが、その改造マリオで使われてる曲の紹介動画。
    投稿主のアカウントから見るに、製作者自らが用意してくれたサントラのような物でしょうね。
    いくつか知ってる曲もあれば、初めて聞いて興味がある曲とかが色々とあります。

    東方の「亡き王女の為のセプテット」とFF5のダンジョンの曲はすぐに分かりましたね。
    そして、自分が気になってた曲…「ABOSLUTE POWER」と言うステージで流れた曲…
    カービィとかで聞いた事ありそうな曲だなぁ…と思ってましたが、曲のタイトルでそれっぽいのがあったので検索したら違いました。




    曲自体はUNDERTALEの「MEGAROVANIA」と言う曲だったそうです…カービィと全然違った…。
    UNDERTALEってよくあの骸骨で見た事ありますが、どういう作品なのかは全然知らないですね。
    でも、この曲はなかなか癖になるいい曲です。

    映画公開が近かったから、アイーダさんじゃなくてルナマリアをあげても良かったかも…(尚、未完成)

    今日も冷え込みましたが昨日ほどではないですね…なにしろ昨日は雪が本降りと言う天気でしたから。
    一応、今日は昼頃には一度起きたんですが、途中でおねんねしてまた2時か3時ぐらいに起きました。
    とりあえず、今日もやる事はマキオンのリョナ撮影…特にカプル相手はちょっと撮影を早めておきたいですからね。

    ただ、他キャラのストックとかも用意…と言う意味も兼ねて、おねんね前に一度やったのはダメージ計算。
    てきとーの考えて浮かんだ相手機体として、プルツーとカプル相手用に用意したアリオス、
    後はルナザク相手に撮影しておくべきだと思った相手のデスティニー、後はカプル用の相手にシュピーゲル。
    この3機…正確にはアリオス相手はプルツーキュベとカプルがいるので4機相手のダメージ計算をしてきました。

    アリオスは格闘の派生が少なかったり、格闘のモーションも単調なので見栄えがイマイチでしょうが、
    覚醒技のスタンを当てた後の初段の掴み部分が独特なのでちょっと気に入ってます。
    なんと言うか、スサノオのトランザム格闘の掴み部分を当てた時に近いやられに見えますね。
    後は、密かに対戦やってた頃はアリオスを使ってた身でもあるので、少しぐらいは使える愛機だから。
    …まぁ、今は使ってた頃よりもますますオバヒムーブとか出来なくなってるぐらいに訛ってます。

    特にコマンドが変わってるオバブで、CPU戦のお遊びで使ってる時なんてオバヒムーブどころじゃないぐらいw
    大体着地間際のあがきに変形とかしようと思って特射を押してGNアーチャーに指令出してたり、
    マキオン時代の名残でGNアーチャーを動かそうと思ったらダブルオーライザーを呼び出してる…
    で、オバヒのあがきの肝である急速変形のコマンドのCSを忘れてたり…もうオバブではアリオス使えないですね。

    まぁ、それはともかくとして…アリオス相手でちょっとした自分なりの見せ場はF覚醒コンボです。
    実戦でやってる暇ないだろうし、そこまで見てはいないでしょうが、F覚醒中のコンボはちょっとした自分がこだわったコンボです。
    通常なら繋ぐのは無理であろう変形特格の掴み部分を3連続で当てる…
    掴み部分の攻撃属性もよろけ属性みたいなものだから、やられたキャラがスタンと言った悲鳴を上げるわけでもないですが、
    あれは変形CSを仕込む必要があり、更にF覚醒の特性を利用しないと決めれないコンボ。
    ガンイージのジュンコさんに決めたあのコンボを、プルツーキュベとかカプルにも決めてあげる予定です。
    一応、撮影は既にしてきて、視点はガンイージ時ほど弄るような物ではなかったですが、入力大変なのでまぁこれで良しとします。
    とにかくコマンドの入力が大変ですからね…CS溜めて特格を出してと右手の指が大忙し…
    なんか自慢するような書き方してますが、ええ…自慢したいだけですw

    ちょっとしたテクいコンボのつもりなので、褒めてくれると嬉しいですねw
    もちろん、プルツーキュベとカプルのどちらも、コンボの違いはありますが覚醒技の掴みで〆るやられも用意してます。
    覚醒技手前に大ダウンと名付ける受け身不可ダウンがある為に、覚醒技初段のスタンの声がかき消されれるのが難点ですね。
    後は、プルツー側にラスト用の〆に持ってこれるような機体がいなかったので、急遽ターンXの〆用も撮影。
    とりあえず、これのおかげでプルツーも後は編集を終えれば動画をあげれるぐらいのストックが完成です。

    ルナザクも後は運命相手からのやられ…後は開幕に持ってくる予定なのでサーチ時の掛け合いとか欲しい所。
    ルナザクも運命のやられを撮影が終えれば、プルツーに同じく新しい動画として出せる目途が立ちます。
    で、カプル相手は一歩前進としてアリオス相手のやられを用意…
    後はシュピーゲル相手のダメージ計算も終わったのでこちらも後は撮影するだけでいいかと思います。
    多分、シュピーゲル相手で手こずりそうなのはF覚醒コンボですね…こちらも最速入力を要求するコンボを入れてます。
    最速入力とか苦手なんですが、一応これは練習すれば出来なくもなかったコンボ…
    それが、F覚醒時の格闘後派生の飯縄落としのバウンドダウンを覚醒技で拾うコンボです。
    wikiにも載ってる高火力コンボで、後派生の飯縄落としが決まる着地の瞬間に最速前ステして覚醒技で安定して拾えるんですが、
    練習してても7、8割ぐらいの確率で失敗して外す事が多いです…。
    撮影時にとにかくストレスになってるのは覚醒溜めですからね…いちいちシールドして溜めるのが本当に面倒。
    覚醒を溜めると言う意味では、1回撃墜されると言う条件が必要だったガブスレイは楽でしたね。

    一応、カプル相手の相手機体案はターンAとターンX兄弟とルーZ、そしてアリオスとシュピーゲルが決まってます。
    これらを撮影して、後は尺次第で追加するかどうかを決めればなんとか出来そうです。
    と言うか、ゲドラフ相手に作ろうと思ってたのを忘れてましたね…ゲドラフも入れれば尺は十分でしょう。
    相手機体軍団を見てても思いますが、このメンツだと切り抜けスタン選考会がないから少しは撮影が楽そう。
    …ただ、ボスの撮影は申し訳ないですが却下させてもらいます…正直、そこまでやる気が起きません。
    ディビニダト相手のやられを撮影するのも、やってしまえば一晩で済んだものの結構重い腰を上げて作ったぐらいでしたから。

    その原因の1つはやっぱりソシエの悲鳴にそこまで魅力を感じないのがあるかもしれないですね。
    やっぱり、一番聞く事になるであろう大ダウン属性とも言える受け身不可の台詞が
    「これが黒歴史の力なの…!?」と言う悲鳴っぽさを感じない台詞なのが残念。
    スタンの台詞も片方が「うわぁ!?ビリビリする!!」と、こちらも正直自分にとってはあまり興奮を感じない台詞。
    もう片方の「何これ!!きゃぁぁ!!」と言う悲鳴は悪くないんですけどね…。
    言うなればステラに近いものがあります…悲鳴のせいでどうにも作る意欲が湧いてこないキャラ。


    一方で、カニタラさんからリクエストとしてもらったエル…こちらは正直自分もいつかは作ろうかなと思ってた相手です。
    どこか男勝りと言うか、台詞が少し緊迫感がないような物もありますが…なんと言うかちょっと癖になる声してますね。
    スタンの声とかはちょっと覚えてないですが、CPU戦で遊びで使ってた事はあり、
    強制ダウンとか取られた時に「うわぁぁぁぁ!!」とどこかふざけたような台詞してるのは覚えてます。
    なんと言うか、自分はこういう声とかが割と癖になるんですよね。

    ちなみに相手機体も一応いくつか…と言うかポンポン出て来てまして、
    とりあえずジャンク屋繋がりと言う事でジャンク屋系の相手を用意しようと思ってます。
    そういう意味でデスヘルのデュオとか、レッドフレームのロウとか、後は作品繋がりもあってジュドーもありですね。
    一応ガロードもジャンク屋ではありますが…DXもガンダムXもそこまで攻撃のやられに見栄えがないので多分無しです。
    むしろガロード…と言うよりはティファの悲鳴の方が聞きたいので、そちらのやられの方が用意したいぐらい。

    ティファのやられもハルートのマリーに同じでセリフガチャですからね…
    後、自分がティファのやられボイスの中で一番興奮するのは、ガンダムX側の通常よろけの「あぁ!」と言うあの呻き声。
    スタンとか強制ダウンとかを受けた時の様な「あぁぁぁぁ!!」と言う悲鳴もいいですが、
    ちょっと一瞬だけ聞けるあのかないみかさん本人の地声の様な低い呻き声がたまらない。
    ティファで本格的に抜いたのはあのエロ画像が原因でしょうが、
    今は動画が見つからないですが、過去に見た事があるフルブ時代にあったギャラリーモードでパイロットのボイスを流す動画があり、
    そこでガンダムX側のティファの被弾ボイスをひたすら流すと言う動画を見て、
    ティファに対して性的興奮を感じたのはもしかしたらあれが初めてだと思います。
    コメントが流れた気がするからニコ動に上がってたと思うんですけどね…
    投稿主も興奮してきたせいか、最初は間隔を開けて流してたんですが、後半辺りから連続で聞くように流してたのを覚えてます。

    話は逸れてしまいましたが、最後に…エルMk-Ⅱ相手に用意した相手がもう1機…アカツキですね。
    エルMk-Ⅱの覚醒技が確かZZチームの一斉発射で、全員ビーム属性なので反射で自滅させたいと思ってます。
    覚醒の台詞的にもエルとか煽るとすぐムキになりそうですからね…シャゲダン煽りからの反撃やられが似合いそう。
    後はハンブラビ相手もありですね…ヤザンも女相手は見下してそうな雰囲気ありそうですから。
    エルに対して掛け合いはないですが、同じような見た目になるけどエルにも先輩のエマさんと同じ目に遭わせたいところです。

    雪が降ってきたし積もってきたぞ(今日は本降りでした)

    今日はマキオンのリョナ撮影はちょっとお休み…代わりに撮り溜めしてきたストックを編集してました。
    撮ったはいいけどストックだけ溜まって進展状況がよく分かってたりしますからね、
    編集とかして繋いだらどれぐらいの尺になるかを知っておくと、追加するか止めておくかの目安になります。

    で、今回は多めに撮ってきたセシアへのやられのストックを編集してきました。
    次回あげる時の動画のコンセプトとしては…セシア機のエクセリアのスカートの中を覗こうと言う下品な魂胆ですw
    次回のエクセリアのやられの動画では、とにかく視点をいじったやられが多くあり、
    特にスタンしてる姿を上から見下ろすような位置を取って、下から見上げるアングルを用意してます。
    その際に、セシアのスカートの中よろしく、エクセリアのスカートの中を見ていく動画。

    で、その時用に採用した相手機体は
    X1、グフイグ、強化型ZZ、天ミナの4機…後はまたティエレンタオツーを用意しようかと思ってます。
    X1はガイア相手にもやったようなNサブ拘束ばかりです…拘束の部分ではあまりスカートの中見れないですけど、
    Nサブ拘束の追撃中にダメージを与えて倒した時に、拘束させながらの切り抜けスタン〆になるのがいいです。
    ステラのガイアの時もそうでしたし、上半身が捕まって痺れてる中で千切れた下半身が暴れるように動き回るのがいい。
    特に上下反対になるように転がっていく様とかすごくかっこ悪くてたまらないです。

    ZZはコンボが大したものがないので、こちらも基本はプレッシャースタンがメインです。
    ゼノン相手とかによくやる上を取ってローアングル視点でスタンしてる姿を用意してます。
    グフイグはアルケインやファルシア、ガイア相手にもやってきた特格の拘束ループコンボです。
    後はTM派生のスタン〆…F覚醒コンボだけちょっとどうしようか考え中…。
    セシアのエクセリアはコストオーバーの都合で耐久が低い状態で復帰するので、覚醒コンボ決めると途中で倒しちゃうんですよね。
    個人的には覚醒技のスレイヤーウィップ掴み時点でとどめを刺したいですが…ダメージ計算が難しくて断念。
    一度はちょうど掴み〆になるようにも出来たんですが、
    いざ撮影してみると覚醒技初段の複数ヒット部分にばらつきがあって安定しなかったです。
    とは言え、せっかく復帰抜けの茶番劇場も考えてるから、TM派生で終わらせようかなと考えてます。

    天ミナはいつもの特格掴み連打です。
    今は多少落ち着きましたが、アイーダさんのアルケインをいじめてる時にあれを見つけた時は興奮が治まらなかったですw
    個人的に攻めにも受けにも使える機体は天ミナとクシャトリヤですね。
    天ミナは特格の掴み連打コンボがたまらないし、クシャトリヤは特格出し切りのバウンドダウン後のBD格スタンとどめが最高。
    クシャトリヤの空中でのBD格スタン〆だと、いつぞやにあげたハマーン様のキュベレイの様なサムネの視点が見れるからです。
    下半身の暴れが小さい時もありますが、大きい時はあんな感じに上半身を遮る様に動き回ってくれる。
    あの動きは機体サイズが大きい機体程、大きく動き回ってくれる気がしますね…。
    だから、ファルシアのような機体サイズが小さめの機体では思ったより動きが控えめでちょっと残念でした。

    一方で、受けとしてもミナ様やマリーダさんもいい声で悲鳴を上げてくれる。
    最近はミナ様のやられも自分の中ではお気に入りで、この人のスタンボイスにもエロさを感じてきます。
    マリーダさんも悲鳴に関してはハズレが少なくてありがたいキャラです…バンシィのマリーダさんはちょっとイマイチ感がありますが。

    さて、この記事を作り終えたらちょっと撮影してこようと思います。
    とりあえず、Youtube側も動きを見せようと思って今日動画を投稿しようと思ったんですが、
    動画の冒頭である出撃の部分の撮影してなかったのでそれを撮って補填する予定です。
    ちなみにあげる予定の機体はアイーダさんのG-アルケインです。

    今回の動画に収まらないぐらいにまだアイデアとストックがあるので、アイーダさんはもう1つ動画をあげると思います。
    おそらくですがセシアとアイーダさんがその4までシリーズになると思いますね。
    後は、そろそろカプルのやられにも手をつけておきたい所…さすがにリクエストを放棄するわけにもいかないですから。

    元旦から大地震と言う地球からの警告…恐ろしや

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

    平常運転なのと昨日はお仕事と言う事もあり、正月の元旦はお休みしました。
    後、せっかくコメントも頂いてましたが、ちょっと疲れちゃったりしてたので返信後回しにしちゃいました…。
    最近はちょっと疲れたから寝ちゃう…って事が増えてる気がする。


    そして、昨日の夕方手前ぐらい…4時頃に店にいた時に、急にスマホからでかい音が鳴り出して驚きました。
    自分もそうだし店内にいたお客さん達も一斉に鳴り出した事に驚いて「何事!?」となったすぐ後に、いきなり大きい地震。
    結構大きい揺れだったので驚きでした…幸い、人の被害とか店の被害は特になしでした。
    商品とかを棚の上に飾る事も多いのですが、そういう時に本部から喚起されてる事として、
    「倒れやすい商品はなるべく棚の上に置かない」…確かにそうですね。
    今回は倒れてくる事はなかったですが、文字通り身体を揺すられるような揺れで、
    特に縦長の商品とか重心がズレやすいから倒れてくる事があるんですよね…幸い、今回はそう言った商品の転倒もなかったです。
    まぁ、せいぜい小さい商品…小型パソコンとかフィギュアがちょっと倒れてるぐらいでした。


    で、その後にちょっとパソコンでYahooのニュースを見たら、石川県で震度6を観測との事。
    しかも津波警報と津波が発生してるとのニュースまで出てる…。
    来客が一気に減った事もあって、その後は店側のテスト用のテレビでニュースを流して見てました。
    過去の地震で起きた津波により、その津波の被害で発電所に被害が出て大惨事とかありましたからね…。
    幸い、今回の地震の津波で今の所、発電所に大規模な被害は出てないそうで…。
    ちなみに、自分の住んでる地域での震度は4…明らかに揺れてると分かる地震の強さでした。

     | HOME |  古い記事へ »

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    いつ見てもこのギチギチに締め潰される悟飯は抜けます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介のリメイク
    締め付けを強められて上半身を左右に揺らす悟飯が特にたまらないです



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する