fc2ブログ

    週に2日ぐらいサボります

    いつだって夜のおかずを求めてます 他人に変な目で見られようが、自分の性癖に正直に生きる







      ↑多分真理

    ここは下のような画像を見て性的興奮を感じる人のブログで、
    成人向けの趣味のサイトです。18歳未満の閲覧を禁止します。


     
    首を絞められる、腹パンと言ったリョナ描写

     
    女性の胸を露骨にアップで見る

     
    股間を露骨にアップで見る(女に限らず男の股間も好きです)


    時には「え…?」って思うような性癖を晒す時もあります。
    リクエストにも応えるつもりですが、自分の股間を気持ちよくするネタを第1に書いてます。
    とにかく性癖丸出しで下品な事ばかり書いてますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
    共感してくれたり、抜いたりしてくれるともっと嬉しいですw


    ただし、現実世界の相手を痛めつける、犯すと言った暴力的、性的な行為を助長する気は一切ありません
    強姦、暴行、痴漢は犯罪です。あくまでも頭の中の妄想で納めましょう。

    実写のネタは基本取り扱っていません(嫌いではないですが)

    今も女子の体操服のズボンの事をブルマって言うの?

    月も変わって4月…世間的にも新学期とか新社入りと言った新年度みたいな月。
    昨日の仕事の際に、テストも兼ねてテレビを映してる時に昼のワイドショー覗いたらそういう話題ばかりやってました。



    そんな事は変わりなく、自分は普段通りの毎日を送っています。
    で、先月の終わりにはYoutubeの繋ぎ目的も兼ねてステラのリョナをアプロしてきました。
    悲鳴の台詞が自分には色々と当たりハズレが激しいキャラですが、やられ案メモが結構長く出来てるので、
    個人的にはやっぱり甚振ってたり当たりの悲鳴を聞いた時の興奮度は大きい存在なんでしょう。

    で、今回の動画はこっちでも何回か書いたように、SEEDのキャラ達にやられると言うコンセプト。
    キャラも軍事教育を受けた為にコーディネーターを憎むようになっていて、目の敵にしてるコーディネーターが中心。
    1人だけナチュラルですが、一応はファントムペインの先輩にあたるであろうスウェンにも登場してもらってます。

    時期的にはSTARGAZERの方が少し早めで、劇中でもステラを含む3人組とスウェン側3人組がすれ違う描写がありましたね。
    特に会話すると言うわけではなく、向こう側か3人組で喋りながら通り過ぎるのをすれ違っていくだけ。
    で、すれ違った後にスウェンがチラっとステラ達を見て、シャムスと軽い会話をする程度。
    結果的にはすれ違った3人が自分達の後釜となり…最終的には自身と同じような運命を辿ると言ってもいいでしょう。

    まぁ、自分のリョナではそんな事は関係なく、遠慮なくステラの機体をボコボコにしていきました。
    サムネはやっぱりシンが相手してる所を見せたい…と思って、個人的に好みであるN格3段目の串刺しの部分をチョイス。
    デスティニーだけでなくインパルスもそうですし、ストライクノワールも攻撃のモーション上前格が多くなった為に、
    自然と今回の攻撃のやられは串刺し系が多くなりましたね。

    動画の〆を飾る敗北台詞も、やっぱり最後はシンに敗北した際の台詞がいいなと思ってそれを選んでます。
    基本的にリザルト画面の敗北時の台詞は、自身にとどめを刺した機体相手が選ばれるようですが、
    自分の動画は基本的にタイマンなので相手の機体に負けた時の属性からチョイスされるようになってます。
    で、シンに負けた場合はインパルス・デスティニー共に例の特殊台詞がありますが、
    一応コーディネーターでもある為にシン専用の台詞ではなくコーディネーターに敗北した際の台詞を叫ぶ時もあったり。
    …自分は嫌いじゃないですけどねあの台詞…ああいう風に叫ぶ感じのステラの喋り方好きですし。
    ちなみに台詞は 「なんでだ!!なんでステラが!? 悪いのはあいつらだ!!」 です。

    そういえば、その1で最後の〆役は最終的に自身にとどめを刺したと言えるフリーダムを選びましたが、
    フリーダムのキラに敗北でも一応シンと同じような専用台詞はあります。
    が、個人的にコーディネーター敗北台詞の方が好きと言う理由であの台詞を使いました。
    ちなみにその2の〆役に選ばれたハイネ相手には特殊台詞はありません。


    とりあえず、ステラのやられの収録で一番大変だったのは…台詞ガチャですね。
    ステラは悲鳴台詞がやや長く、声にならないような悲鳴が多いのが個人的にマイナスポイント。
    やっぱりステラの台詞を聞くように叫ぶような台詞が聞きたいので。
    通常ダウンの際はなるべく「まだだ!うあぁ!!」と叫んでるのを選び、
    強制ダウンの場合は「そんな!なんて力で!?」と叫んでるのを選び、スタンの声は「ぎぇぇぇぇいい!」と叫んでるのを選んでます。
    留めの際にはなるべく台詞と見栄えが満足いくような物を選びたいですが…どうしても無理と思って妥協したりもしましたけどね。
    ブリッツのF覚醒コンボのとどめとかがそれで、最初の攻撃の際の悲鳴が長々とした台詞を引いた為に、
    あれだけ攻撃を仕掛けて結局台詞が2つだけしか聞けなかったです。
    ただ、覚醒技初段でとどめを刺した際の、切り抜けスタン〆の挙動はあれが一番いいかなと思って選びました。

    台詞を喋り終えるまで待ってるわけにはいきませんからね。
    基本的には棒立ちさせて攻撃を受けてるので、自分がやってるコンボの中には盾が間に合うコンボとかありますが、
    それを抜きにしても明らかに攻撃に間が開いてるのはちょっと見栄えが悪いと思いますので…。
    また、ブリッツのレバー特射のアシスト拘束…あれは早めに追撃しないとイージスが爆発しちゃいますし。
    あれをミスったせいで何回か撮影が無駄になった事もあります…特に通常コンボの時。
    ノーダメで負けるを意識して撮ってる為に、余計な被ダメがあった場合はそのバトルは没…
    ブリッツの場合は攻撃が遅れたせいでイージスが自爆してブリッツ側にも被ダメが入るとか多々…。

    後、ラゴゥの覚醒技はどこか因果を感じさせてくれますね。
    実際にはラゴゥはあんな事やってないでしょうが、どうしても何か用意しないといけない…と言う事で選ばれた攻撃方法。
    特に最後のバクゥ隊の追撃はSTARGAZERにてファントムペインの紅一点であるミューディーがとどめを刺された攻撃。
    あれでミューディーが死亡したせいで、仲間のシャムスがブチ切れ…コーディネーターの抹殺をより硬く決意。
    その後に向かったのが中立を保ってたはずのソルとセレーネがいる施設…
    その際のシャムスはコーディネータを皆殺しにする為に熱くなって攻撃してます。

    で、ラゴゥの覚醒技は掴み部分でとどめを刺す際のダメージ調整がちょっと面倒です。
    ラゴゥには細かいダメージ調整出来る攻撃がないので…それでいて覚醒技の掴み部分撃破を狙う際は僅かな調整が要求される。
    ただ、掴みの瞬間とか追撃部分でとどめを刺した時はまぁあぁな見栄えになりますね。
    ラゴゥの覚醒技はゆっくり霊暮さんからの案です…今でもありがたく使わせてもらってます。


    ちなみに、昨日と今日はひたすら「龍が如く8」をやり続けてました…さすがにそろそろ終わりが近いです。
    ストーリーもそうですし、寄り道要素である部分もだいぶ回収しちゃいました。
    ただ、明日はちょっと撮影の方をやりたいですね…ラクス隠者は編集して今後を決めるとして、
    個人的にやっておきたいのがショタリョナ枠であるブリッツのニコル君のやられ。

    リクエストを受けてるPost A,Pさんからのボス相手にやられるショタの動画…何も進めてないからですw
    この何も進めてない事を動画の概要欄に書こうと思ったけど…書くの忘れてました(尚、ここで書いても特に意味もない)
    そのお詫びと言うか、少しでも埋め合わせと言う意味でショタリョナ枠のブリッツもそろそろ用意したいところ。
    やられのコンセプトと機体のチョイスは終わってるので、後はコンボの内容とダメージ調整をするだけ…
    これを明日できたらやろうなかなと思ってます。

    後は他のキャラとかのストックも用意して、ある程度余裕が出来た時にボス相手のショタリョナを撮影したいですね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    お次は編集の時間です

    書いてる現在は土曜日の夜…まぁ、一日早めに記事を書いておいても問題ないでしょう。
    日曜の夜は夜まで仕事があるから帰った時に記事の進行度が0だと結構焦るんですよね…。
    先に書きたい事を決めておけばスラスラと…と言うか、書きたい事を決めてる時こそ大体前日に作り置きしてます。


    とりあえず、金曜日から土曜日までの夜の間に、カプルのリョナを撮影してきました。
    面倒ではあるけど、サイコガンダムMk-Ⅱからのやられは自分が言い出した事ですからね。
    ただ、それ以降の追加と言うか変更のように言われたデンドロビウムとシャンブロ相手は拒否らせてもらいます。

    と言うか、シャンブロって何かいいやられあったかな?
    あいつってアシストでザクスナイパーだったかを呼び出したりでひたすら遠距離から攻撃してくるイメージしかない。
    後は、常時前面に射撃バリアを張ってて鬱陶しい印象が強いから、あいつと戦った事があまりないです。
    デンドロビウムはシーマ様に決めた零距離射撃があるけど…ぶっちゃけそれ以外は薙ぎ払ったりするぐらいしかないんですよね。

    そんな中で、蹴飛ばしとか吹っ飛ばしがあったり、ロザミア機の掴みからの零距離射撃があるからサイコガンダムMk-Ⅱを選びました。
    大変と言うか、ちょっと面倒にも感じましたね…。
    まず、カプルの機体サイズが小さい故に、一部の攻撃が当たらないと言うのが地味に面倒。
    格闘攻撃を受けれると思ったら攻撃が当たってなくて、ただのサイコガンダムMk-Ⅱ鑑賞会にしかなってないとか、
    威力がありそうなゲロビを打たれても、カプルの背が低いせいで上を掠めるだけで当たってないとかがありました。

    まぁ一応、一部の格闘攻撃は当たりますし、掴みからの零距離射撃も攻撃を受けるのでそれらを撮影。
    やっぱり一番時間がかかったのは、これが見たいと思って粘り続けた零距離射撃の掴み部分でとどめを刺されるシーン。
    前にも書いたように補正が溜まってくると掴みのダメが10ぐらいしかないので、
    それまでに相手から攻撃を受けて耐久を調整しないといけないのが大変…
    で、頑張って耐久を減らしたと思ったら、その大体は40ぐらい残って調整が無理になるのがほとんど。

    最初はロザミア機だけを残して…とかやってましたが、攻撃が当たってなかったり、時間が足りずにタイムアップとかばかり。
    途中からはプルツー機も一緒に攻撃してもらって…とかもやってましたが、
    こうなると今度は相手同士で削り合って勝手にどちらかが撃破されてると言う事故が多かったです。
    特にロザミア側のサイコガンダムMk-Ⅱがやられると最悪です…正直、プルツー側は格闘より射撃が強い側ですからね。
    最後の辺りは、敢えてどちらかを倒した後にひょっこりと現れるマラサイにも削ってもらったりして調整してました。

    その途中で耐久が1桁残ってうまくいった…と思った時に、特殊ダウンを受けてる時にマラサイから攻撃を受けて敗北とかもありました。
    まぁ、雑魚のマラサイにやられると言うのもこれはこれで…と思うので、十分ありな視点です。
    で、なんとか粘った末に、ようやく零距離射撃へ派生する掴み部分でとどめを刺される事に成功して撮影終了。
    思ってたのとちょっと違ったけどまぁいいでしょう…自分もこれが見たかったわけですし。

    掴みで〆られた場合は、胸元に持っていって零距離射撃をして大破かと思いましたが、
    意外と掴んでから持ち上げるまでのモーションがやや長く、持ち上げようとしてる途中で大破するのが現実でした。
    まぁ、滅多に見れない視点ではあるので、これを次回の動画の〆に持っていくとしましょう。


    予定では今週はあらかじめストックを作っておいたプルツーをあげようかなと思いましたが、
    …まぁ、今週は敢えて投稿をお休みして、来週にカプルのリョナをあげて一休みといきます。
    それが終わった後はファルシアの対レグナントやられの編集が待ってますけどね。

    とは言え、ファルシア自体は視点も多めに用意してあるので、後は切り抜きと厳選して繋いでいくだけみたいなものです。
    で、試験的としてもあげてみたレインの対レグナントからのやられ…いくつか今後の参考にさせてもらいました。
    まずは尺の長さ…いつものような8分とか10分では長いと思って6分程度に抑えましたが…まだ長いですね。
    対レグナント相手は攻撃手段が限られてる故に、どうしても攻撃手段が単調なので途中で飽きられる。
    アナティリスで視聴者がどこまで見てるかのグラフを見てみましたが、当然の如く下落し続ける線グラフ。
    2分辺りまでなんとか見てる人がいて、3分以降はもう底辺這いずり回ってる。

    正直、自分も編集済みのルージュとかティエレンタオツーを流し見してた事ありますが、
    途中辺りから「まだ続いてたのか…」とダレてきましたからね…もっと短くしてもいいかなと思います。
    後は、やられ方は結構てきとーに詰め込んだだけなので、ファルシア以降はもうちょっと統一してみようかなと思います。
    序盤は吹っ飛ばしとかゲロビを受ける姿を流して、途中からエグナーウィップ拘束からの攻撃をひたすら流す。
    その際も、抱き締め派生とゲロビ派生と分けるようにしたりした方がいいかなと思ってます。
    で、最後の辺りに集めたローアングル視点とかを流し、最後はゲームオーバー画面で〆。
    で、これらの過程を4分ぐらいに詰め込めればいいかなっと…。
    カガリのストライクルージュとかピーリスのティエレンタオツーなんて8分とか10分ぐらいありますからね。
    同じ様な攻撃を10回以上も見せられたら飽きられますよねw

    と書いてる今も、現在はスタンバイにして寝かせてますが、クシャトリヤの対レグナントやられを追加で撮影中。
    目的はもう少しだけ上空からエグナーウィップ拘束を受けた視点が欲しいから。
    特に、抱き締め派生はそれなりに用意出来てるので、ゲロビ照射に派生する側の視点が欲しいところです。
    女の機体がビクンビクン!と悶える姿は自分にとっては大きな興奮材料で、特に下から見上げるようにするとアップで見えて最高。
    中でもクシャトリヤは機体サイズがでかいから余計に目立って興奮してきます。
    まぁ、人型タイプのG-アルケインとか天ミナが自分には特に興奮するおかずですが、クシャトリヤも十分抜けるおかず機体。

    機体サイズのデカさはマリーダさん自身もそう言ってるところがまたいいです。
    CPU戦でしか喋った事がない気がする台詞として「この巨体は弱点ではない」と言う台詞の「巨体」と言う言葉とか、
    味方から誤射された時に「このサイズの機体を誤認しただと!?」と「このサイズ」とでかさを強調するような言い方がいい。
    そんなやや大きめのモビルスーツを操縦してるのが、男ではなく美人な女のマリーダさんと思うと興奮してくるんですよね。

    クシャトリヤのやられの動画でも、
    巨体を激しく回転させるような側転ダウンとか、マスターガンダムからNサブで振り回される姿とか特に好き。
    機体がでかいからやられ姿が本当に目立つし、やっぱりそのキャラ専用のモビルスーツってまさに本人の分身みたいな物。
    言うなれば、クシャトリヤがマリーダさん自身に思えて、情けないやられ方をしてる姿を見る度に興奮してくるわけです。
    機体のダメージを代弁するように、被弾するとパイロット本人が悲鳴を上げるから猶更そう見えてくる…。

    エアコンのフィルター掃除して良かったかも



    前回のレイドイベントはこのパーティで周回していました。
    今回のガチャ限キャラは紅のお母さんの心眼寺楓ママ…魔性ではないだろうし、かと言って超人とも違いそう。
    科学もサイボーグではないから自然か精神かと思ってましたが、精神属性のキャラでした。

    と言うわけで、当然こちらも挑むパーティは超人属性相手に有利な精神属性パーティ。
    今回はそこまで必死にやるつもりもなかったので、のんびりとやっていたわけですが…
    一度も超上級を呼び出す際に魔界級には遭遇せずでした。

    最終日とか出ない限りは、魔界級は呼び出しててきとーに殴っておくだけで報酬がまぁまぁですからね。
    正直、勝てる気がしないのでMVPは譲るから倒してほしいと思うぐらい…
    が、呼び出した人には特別に「発見者報酬」と言う物が用意されていて、ここにも時には石とかがもらえたりします。


    ストーリーの内容としては心眼寺楓の過去の話で、楓の最期と楓自身の過去の話。
    話の内容の大部分は楓自身の過去の話で、エドウィン・ブラックと親しくなった楓は、
    よりエドウィン・ブラックの事を知りたいが為に魔界にまでやってきた始末。
    当初の目的はエドウィン・ブラックを追いかけてきたようなものですが、当のエドウィン・ブラックがどこに行ったのかが不明。
    ならばと代わりにエドウィン・ブラックの生まれ故郷とかを巡ろうと言う事で旅をしてる際に、レイドボスと遭遇。

    今回のレイドボスは「四ツ腕冥夜(よつうでめいや)」と、腕が4本ある以外は結構いい身体をした美人な女。
    しかし、こいつはろくでもない集団とも言える井河長老衆の一派で、魔界に来ていた時に楓を発見して暗殺を試みます。
    腕が4本あるのは忍術とかではなく、冥夜は彼女の母親と魔族が無理やり交尾で孕まされた子供だったから。
    魔族によって孕まされた為に、生まれた時から腕が4本あると言う異形の姿で誕生。
    その異様な見た目から井河長老衆の一味からも蔑まれて生きてきた身。
    その為に魔族に強い憎しみを持っていて、魔族を討伐して地位を高める為に魔界に来ていたとの事。
    楓の暗殺を試みた理由も当然、自身の地位を上げる為…その為には無関係な魔界の村の住民すらも巻き込む外道。
    エロい身体をしていますが性格は最悪とも言える悪女ですが、最終的には楓との戦いで敗北。
    深手を負った所までは書かれてますが、死亡したかどうかは不明のままです。

    ただ、その冥夜が言った台詞が楓には深く残っていて、その言葉は「魔族と共に過ごした先には破滅しかない」
    その言葉を裏付けるように、現代の楓は魔族とも言える死霊卿・テウタテスに攫われた身。
    冒頭ではテウタテスの不在の隙を突いて脱走したものの、追っ手に追われて満足に逃げれる身ではなかったようです。
    更に、テウタテスによって無理やり命を宿されて生まれた子供がいて、それが今は死霊卿の娘と言う立場で登場してるフェリシア。

    追っ手に追い詰められた際には、報告を受けて死霊卿・テウタテスも戻ってきていてもはや逃亡は不可能。
    もっとも、最期はこんな結末になったものの、自身の行いに悔いはないと強い精神を持っている楓。
    最後は置いていく羽目になったフェリシアの幸せを願い、死霊卿に連れ戻される事を拒否し、自害して終わりです。
    その後の楓がどうなったかは、楓自身が死んでる為に不明のまま終わってます。

    もしかしたら強制的な蘇生術で無理やり生きさせられてるのか、
    もしくは掲示板とかで見かける推測通りに死体をフュルストに預けて改造されてしまったのか…
    そうして生まれたのがサイボーグ「ビビ・ブラッド」と言う可能性が今は濃厚のようです。

    いよいよ本格的に冬ですね…風邪ひいたかも(鼻水ばっかり出てくる)



    前回のストーリーイベントはこのパーティで周回していました。
    ボスが精神属性故にパーティとしては魔性属性が有利なんでしょうが、前座が超人属性相手でちょっと面倒。
    なんなら、全滅こそしなかったけど前座の超人属性の雑魚が相手の時に戦闘不能者が出てたりしてました。

    で、超人属性に有利でボスに対しては特に不利ではない精神属性パーティで周回してました。
    イングリッド&リーナも装備に疾駆装備と戦闘開始時にSPが満タンになる装備をしているので、
    開幕の雑魚を奥義で一掃してくれるのも結構な時間短縮になってます。

    フレンドが黒猫先生なのは、単純にボーナスドロップのゴールドメダル目的だからです。
    黒猫先生をフレンドでもいいのでリーダーにした時に限り、専用のゴールドメダルを6%の確率でドロップ。
    集めたゴールドメダルは何かしらの品と交換可能…でストーリーイベントは基本的にオート周回が基本。
    ゴールドメダルがドロップする条件がもう1つあり、クエストの消費APが15以上である事が条件なので、
    超上級なら消費AP22なので条件を満たす…後はオート周回を放置していれば良し。
    尚、6%と低確率で、オート放置で50回ぐらい周回していても3枚しかドロップしないとかがほとんどでした。

    で、今回と言うか最近はストーリーイベントをひたすら周回しまくってます。
    目的はイベントSRと言うよりはほとんど石ですね…チケットを8000枚集める必要がありますが、
    1周終えると確実に石を1個回収できる…個人的には対魔石こそ一番のレア報酬みたいな物。
    今回は初めて15周ぐらいしたので15個ぐらいは回収出来たかと思います。
    こう言ってしまうとあれですが…イベントSRキャラにそこまで魅力を感じないのでイベントSRキャラは正直そこまで…。
    まぁ、ラックをとことん上げて100まで上げれたら十分派遣クエストとかのボーナス狙いで採用出来るんですけどね。
    後は、個人的に気に入りそうなキャラ…服装とかがエロいとかピッチリスーツキャラは好みなので頑張ったりしますw


    ちなみに、今回のストーリーは処条はつみと言う新キャラの新人対魔忍の訓練のような話でした。
    当の本人は元々は一般人だったが、突発的な事故みたいな要素で対魔粒子に目覚めて対魔忍の力を得た女の子。
    その対魔忍の術も物と融合できると言うなかなかにレアな物…が、アサギ先生によると訳アリみたい。

    と言うのも、忍法に目覚めたきっかけは、ある野盗に襲われた時…その際にある魔界の武具と無意識に融合を果たしたとの事。
    自身がその忍法を使いこなせないのも、無意識にその魔界の武具に取り込まれてしまうのを避けてる為との事。
    ただ、このまま放っておくといずれば魔界の武具にはつみが取り込まれて、最終的には魔族と化してしまうかもしれない。
    その為に、今回の訓練を兼ねた冒険にはつみを連れていく事をアサギが遠回しでお願いしています。

    そして、その冒険がてらで向かった先は魔界…五車からやや近い辺境の村に転送ゲートが存在していて、
    そこから魔界へ向かいます(その村にははつみと同じ術を使った対魔忍が存在したから向かってます)
    遥か昔の時代、ナツと呼ばれる対魔忍がはつみと同じ忍術を使っていた事が分かり、
    伝説によるとそのナツと呼ばれる対魔忍が魔界の神殺しの竜の封印にも関わっていたみたい。

    その遺跡へ向かう途中で…今回のガチャ限SRの紅血卿のカーラと遭遇。
    カーラも実はナツと一緒に神殺しの竜を封印した者で、目的はその封印の様子を見に行く事。
    数百年程の歳月が経ってる上に、最近は遺跡に盗賊が出入りしてるらしく封印が荒らされて弱まってるみたい。

    で、今回のボスのクエレブレがそのかつてカーラとナツが封印した神殺しの竜。
    封印がまだ効いてるのと、カーラが強すぎる故に大きな被害はなかったものの、
    問題はクエレブレを一時的に弱らせる手段…昔はナツの術で致命傷を与えてくれましたが、ナツはもういない。
    奇しくも同じ術を使えるはつみはまだ術を使いこなせない一般人…

    ただ、小太郎一味が手をこまねいてる際に、それを見てるしか出来なかったはつみに対し、
    同じ忍術の使い手として興味があると言う事で、はつみにちょっと力を貸して力を使えるようにしてくれました。
    その辺りの下りがやや雑なので、はつみが今後も忍法を使いこなせるのかが怪しいですけどね。
    自分は見てないですが、if扱いとは言え回想シーンは結構ぶっ飛んでる所を見せてるみたいですし。
    また、ストーリーの途中でははつみの中に取り込んでる魔界の武具の意思が目覚めてはつみを乗っ取ろうとしてるぐらい。
    使えると言うのもあくまでもカーラの力を借りての一時的みたいなものでしょうし…。

    まぁ、今回のストーリーのポイントは、紅月卿カーラと小太郎の出会いと言うところでしょうかね。
    ちなみに、最近はストーリーでも影がちょっと薄い存在ですが、カーラはエドウィン・ブラックの姉に当たる存在だそうです。

    表ネタに他のネタも持ってきたいけど、ついこういうネタになりがち

    今日もそうですし、今週もマキオンのリョナ撮影を中心に行ってきました。
    エマさんのやられを中心に撮影してきて、そして今日は累計で半日と言っていい程の時間をかけてレグナントからのやられを撮影。
    当初はジェリドの声優さん繋がりで相手役にしようと思った叢雲劾に代わり、
    レコアさん繋がりのミナ様を呼んでエマさんをボコボコにしてきたので、今日はミナ様がレグナントの生贄になってもらいました。

    今日の撮影開始時は午前の4時か5時ぐらい…
    ユナイトを3時ぐらいまでやって、その後にYoutubeの知り合いが龍が如く7外伝のプレイをライブしてたので見てました。
    龍が如くシリーズは興味なかったゲームでしたが、その知り合いがそのゲームの派生のロストジャッジメントをプレイしてるのを見て、
    見てて面白そうと思うゲームになりました…その人のロストジャッジメントのプレイ動画は暇つぶしに何回も見直してますし。

    で、4時か5時ぐらいに買い物へ出掛けて、帰ってから風呂に入り…その後に天ミナのやられを撮影。
    …ただ、今回の天ミナの撮影も結構苦戦と言うか手間取った印象があります。
    まずなんと言っても、思った以上に相手を削る手段が少ない。

    一部の機体とかはゲロビだったり射撃手段がそれなりにあるから、
    コンティニューが重なってくると簡単にダメージが稼げたり、想像以上にダメージを与えてしまうとかがありましたが、
    天ミナはどちらかと言うと格闘と言った近距離寄りの武装持ちだから削りにくい。
    個人的には同じく射撃武器が貧弱なノーベル並に削るのが面倒に感じました。

    ただ、撮影を繰り返してる途中で、上から攻撃を当てられるローアングル視点がそれなりに撮れたのが良かったです。
    カリスマ性の高いミナ様の愛機の天ミナが、エグナーウィップを当てられてかっこ悪く悶える姿を見上げるのがたまらない。
    途中までは露骨に相手の上を取ったりして、相手の格闘を誘って上を取らせたりと狙っていましたが、
    撮影終わりがけの辺りからは相手がたまたま上に上昇したので、それを利用して撮れたりしたので嬉しい誤算。
    おそらくこれまでの中で一番ローアングル視点のストックが撮れたと思います。
    撮影終わり辺りなんてとどめの撮影をしたい為に、ダメージ調整とか自身の耐久を削ってもらう為に攻撃を受けてただけでしたし。
    改めて撮れ高を確認する際に、撮れた映像を見返した時も、悶える姿を見て「おぉ…」と思ったぐらい。
    まさに「これが見たかった」と言う視点でした…当然抜いてきました。


    レグナント相手はこれで残るはG-アルケインのアイーダさんとクシャトリヤのマリーダさんのみ。
    ある意味で自分のお楽しみとも言える機体とキャラだけが残ったと言う感じです。
    後は、初期の頃に撮影した機体も少しだけローアングル視点も補充したいところ。
    ファルシアとかそれなりに用意出来るといいなと思ってます…
    現状見返してもローアングル視点は1個しかないし、出来るならゲロビ派生で少しでも長くあの姿を見ていたい。

    ただ、明日からまた仕事が始まるので、レグナントの撮影はさすがに厳しいですが、
    次回の予定のつもりのエマさんの制作は出来そう…後はari kaiさんのリクエストでもあるファルシアの第3弾。
    まぁ、実はファルシアは自分好みの機体でもある為、多少は未使用のやられストックがあるのでそれの出番かなと。




    そんなファルシアの未使用ストックがこちら…撮影自体が過去のものもあるので、見栄えがイマイチもいくつかあるでしょうが…。
    個人的には丸っこいボディをしてるから、ボール遊びの様にバウンドダウンを取りまくるやられが似合うと思いますが、
    画像では見えない下の部分のストックには、グフイグとティエレンンタオツーの拘束コンボも用意してあります。
    どちらも拘束コンボはG-アルケインに決めたグフイグ相手の視点、エクセリアに決めたティエレンンタオツー相手の視点の様に、
    上から攻撃を仕掛けてカメラに身体を押し付けるような視点を撮ってます。
    G-アルケインの第2弾の制作の際に、グフイグとか天ミナからやられるあの視点を見つけた時は大興奮で、
    当時はアイーダさんの悲鳴も相まって結構撮影に熱が入ってましたね…。

    ファルシアの欠点は、強制ダウンを取った受け身不可系のダウンを取った時にデジルが喋ると言う致命的な欠点がありますが、
    グフイグの拘束コンのいい所は悲鳴のほとんどがスタン台詞になるところですね。
    特射の拘束から後格に派生する際は、相手が動けないようにとスタンに移行しますし、
    こういう攻撃の終わりに持ってくる大体の〆のTMレボリューションも、最終段手前がスタンなのでその台詞で尺を取ってくれる。
    言うなれば、グフイグの拘束コンボを決めてる間はデジルが静かにしてくれるのがありがたいところ。

    …と言っても、既に10個ぐらいストック用意してるので、もう撮影する必要はなさそう。
    スタンの台詞がエロいと言う事で、グフイグの拘束コンボとかエマさんの次に来るであろうガンイージのジュンコさんにも決めようかな。
    キャラ的に人気が低いでしょうが、ジュンコさんのスタンの悲鳴のエロさはマリーダさんに匹敵するエロさだと思います。
    ジュンコさんとマリーダさん…この2人はなんと言ってもスタンボイスにハズレがないのがありがたい。
    スタンボイスがエロいし、切り抜けスタン〆も出来るから、この2機相手にスタンコンボ決めるの結構楽しいです。

    でかくていいでしょ♪



    今日の表ネタは、前々から使おう…と思って、すっかり忘れてたこのネタから。
    少し前に見てて結構面白いと思った改造マリオのTAS動画。

    改造マリオの題材は「Mario Must Die」と言うメタルギアから取ったようなタイトル。
    かなり前にTAS動画をニコ動で見た事があり、ギミックとかがうまいなぁと思って好きな改造マリオの作品でした。
    で、そのTAS動画をYoutubeで久しぶりに見つけて、その更新版を過去にも表ネタ記事で紹介した事があります。

    そして、この動画はその更新版を更に更新したTAS動画。
    ここで紹介した更新版TASの記録が28分と約30分なのに対し、こちらの動画は14分と約半分まで収まってます。
    内容を見た時も、3ステージ目までは特に更新がなかったので、特に変わりないなぁ…と思って見てました。
    細かい所とか詰めて早くしたのかな?と思ってましたが…4ステージ目から「!?」となりましたねw

    4ステージ目のアスレチックコース…ヨッシーに乗っていくところは前回の更新版と同じだしなぁ…と思ってたら、
    突然またステージを逆走して戻って自殺したかと思うと…いきなりステージクリアになってる。
    結構前にニコ動に上がっていたマリオワールドで遊んでみた系のTAS動画でも見た事ある光景で、
    露骨な儀式と言った動きはなかったですが、何かしらの行動で「コースアウトでステージクリア」と言う条件を付与したんでしょうね。
    本家で言うところのヨッシーの羽を手に入れてボーナスステージへ行き、コースアウトしたらステージクリアになるあれと一緒。

    その後の長い洞窟ステージも、途中のスターの辺りで大きく更新があり、ここは一気にステージを奥に突っ切って進んでますね。
    おかげで、旧更新版とかで時間を取られていた長い強制スクロール部分を省略してる。
    これはバグ利用とかではなく、単純に突き詰めればここまで行けると言う研究の結果でしょう。
    それは後半の海辺のようなステージでも同じで、おそらく当時は何で気づかなかったんだろうと思えるようなコースを進んでる。
    途中で甲羅を処分するのではなく甲羅を維持したままステージを突っ切る事で、
    旧更新版で同じく時間を取られてたステージ裏のような部分を経由する事無く先へ進んでました。


    そして、残り2ステージ…ここもアスレチックコース同様に大幅な更新なステージ更新で「!?」となりますね。
    「Yoshi Abuse」と言うステージも途中のアスレチックコース同様に、
    いきなり落ちてミスして落ちたかと思うとコースアウトでステージクリア扱い。
    露骨な儀式的な動きがなくて完全に不意を突かれたようなステージクリアで驚かされました。

    一方で、最後のステージは青ヨッシーを手に入れた辺りから、露骨な儀式みたいな動きが始まったのでなんとなく察しました。
    とは言え、最初は青ヨッシー手に入れた時は、「まさか…そのまま扉へ進むのか?」と思いましたが、
    そんな次元を超えた更に先の領域へ進んでいて、TASさんでもないと進めないようなステージの天井裏へと突入。

    そこで明らかに露骨に何かしらの儀式っぽい動きを始めるから察しはしましたが、
    自分は最初はこれで本家でもある青ヨッシーになって飛んでいく羽ブロックを召喚かな?と思いましたが、
    実際は謎の動きを行ってブイブイ撃破クリアを無理やり起こすと言うもっと次元を超えた動きでしたw
    改造マリオとかこういった世界では「REZNOR KILL」と言うクリアらしく、
    取りでステージのボスでもあるブイブイの後ろの看板にも「REZNOR」と書いてあるし、
    エンディングのキャラ紹介でも「REZNOR」と書いてあるからそう呼ばれてるんでしょうね。
    まぁ、正直ブイブイ撃破クリアを呼び出すとは考えもしなかったです…
    ブロックが砕けるような音が聞こえた辺りから、「あ、これはブイブイ撃破クリアか」と分かりましたがw

    今日はレグナントにやられるライジングのレインを撮影したよ



    まずは宣伝…あげてからそれなりに日にち経ちましたが、レインのリョナあげました。
    作ってた感想としては、セリフがどうにも良くも悪くも…と言う感じでしたね。
    被弾よろけとかでよく聞く「あんもぅ!」と失礼しちゃうわね!とプンプンと怒ってそうなセリフも悪くはないですが、
    ダウンとかした時の「これはまずいわね!」とか「や、やらせるもんですか!」がちょっと残念に聞こえてくる。
    そういう意味でも、ダウンした時とかはお色気満載な「いやぁ~ん!」と言うセリフを言うシーンを選んでます。
    スタンボイスも片方がハズレ気味で、片方はまぁ悪くないと言う感じの台詞で…スタンボイスもエマさんに近い所があります。

    しかし、ある意味本編でもお色気担当と言う扱いみたいなキャラで、
    なし崩し的に仕方なく自身がガンダムを操縦する際になった時の、システムによる身体の締め付けで苦しむシーンはいいですよね。
    相手にやられてるのではなく、これでもガンダムを操縦する際の準備と言うシーンでありながら、
    ギチギチと音を立てて身体を締め付けられて「ああぁぁぁぁぁぁ!!」とエロい悲鳴を上げてくれる。
    その後にも「き、きつい…」とエッチな感想を上げてくれたりとたまらないシーン。

    マキオンのリョナに関してもなるべく掴み系と言った拘束攻撃をチョイスしてます。
    サムネにも使ったマスターガンダムのNサブ掴みからの振り回しを受けてる姿とか好きですね。
    マスタークロスを巻き付けられて、両腕を使えないように封じられた姿がたまらない…。
    Gガンの世界はガンダムと自身の身体がリンクらしいから、きっと中のレインも同じような格好してると思います。
    だいぶ前に上げたクシャトリヤのリョナの際にも相手側にマスターガンダムがいて、
    その時も同じようにNサブで拘束されて振り回されてる姿を映そうとタイムアップを狙ったシーンも用意してましたが、
    クシャトリヤの場合は自身の武器でもある四枚羽が目立ちすぎて、肝心の身体の部分が見えないので没にしました。
    レインのライジングなら一発で「拘束されてる」と分かりますが、
    同じような構図をクシャトリヤで見ると四枚羽しか映っておらず何をされてるのかが分からない…。

    後は新キャラ要員としてグシオンを用意、アシストの拘束も見たかったと言う意味で通常OOも登場させてます。
    F覚醒コンボのとどめにも使ったBD格5段→BD格5段→ほぼ天井でレバー入れアシストで拘束のコンボは、
    コンボ自体は過去にもアイーダさんのリョナ第1弾でもやってます。
    BD格5段からBD格への繋ぎが地味に難しくて結構やり直したりしてました…。

    後は掛け合い目的でAGE3のキオ君と、アレンビーの時には登場しなかったドモンのシャイニングガンダムも用意。
    アレンビーの第1弾の時はGガンキャラを多く呼んだと言う設定で相手のほとんどがGガン勢ですが、
    シャイニングだけはwikiとか見た限りだと格闘の派生が少し少ないのと、スーパーモードのダウン値がきついと言う面で没。
    まぁ、一応当時はドモン枠にゴッドガンダムを呼んだので良しとしましょう。

    で、今回のレインではお試しも兼ねてシャイニングガンダムを用意…やっぱりスーパーモード中の格闘のダウン値がきついですね。
    後、トレーニングで使おうとした時も、スーパーモードに移行する為の格CSの溜まりが遅すぎて…。
    一番溜まる要因が被弾で、次に攻撃を当てる…何もせずに放置だと溜まるのに150秒掛かるスロースターター武装。
    コスト上げて攻撃していけばよかったんでしょうが、実際に相手に攻撃をする際のリハーサルの時に溜まりが遅くて困ってました。
    後は、F覚醒コンボの舐めプ〆…ダウン値ギリギリでN格出し切りでバウンドを取って、ダウン追撃にバルカンで〆ると言う舐めプ。
    あのダメージ調整もかなりギリギリでして、あれでも1減ると出し切りで倒してしまうのでダメージ調整に苦労しましたw
    まさにちょうどいい耐久が動画で用意した315…スーパーモードは溜まるのが遅いのでなしとして、
    通常時で105ダメを出す攻撃を探すのが大変でしたね…まず、単品とかコンボで105になる攻撃がないですから。
    最終的に見つけたダメージ調整が横初段だけ当てて追撃にバルカンを1押し程度当てる。
    バルカンの量が多すぎなければこれで345になり、後はダメージがちょうど40のBD格1段か特格の掴みだけを当てれば完成。
    とにかくバルカンの調整に手間を取らされました…。
    まぁ、おかげであんな無様に舐めプされて負けるレインが出来上がったわけですが…そりゃぁ、絶交ですわねw

    天ミナの最後の舐めプも、計算上行けるのでは?とテストしたら、ちょうど狙ったぐらいにダメージがピッタリでした。
    S覚醒発動しての特格ループもそれなりに慣れてきたので、テンポよく復帰抜けからのカウンターを入れるのが難所でした。
    カウンターが早すぎるとタイミングが不自然だったり、復帰抜けであらぬ方向へ飛んでいってカウンター不成立とかありますし、
    復帰抜けからの覚醒技ぶっぱが遅いとこれまた演出としては不自然なので没になる。
    このコンボはなんと言っても最後の特格出し切りでライジングが1残るのが奇跡でしたw
    なんならダメージ20程度の後格のアンカーで追撃しても倒せるぐらいですからね。

    あそこまでボコボコにして舐めプまでしておいて、「なかなかの動きだったぞ(笑)」と煽るのがたまらないです。
    正直、自分の動画も勢いが落ちて下火になりつつありますが、なんだかんだで茶番はそこそこ見てもらえてるみたい。
    アナティリスとかで視聴者が見てた部分を気になって覗く時も、たまに山なりになってる部分とか見てみると…
    大体はスタン連続系の攻撃(主にティエレンンタオツーの拘束が多め)とか、煽りにムキになっての復帰抜け劇場。
    最近の中で一番見てもらえた部分はカガリのリョナにある、
    アカツキのF覚醒コンボの後にシャゲダンバルカンで煽られてムキになるカガリでしたw
    実戦ではあまりあっても…と言う武装のバルカンですが、舐めプとしてはとても使い勝手がいい武装です。
    足を止めずに連発できるからバルカン打ちながらのシャゲダン煽りがやりやすいやりやすい。

    ちなみに、今はだいぶ煽り演出と言う意味でシャゲダンが増えてますが、対戦ではまずやっていないです。
    …たまにされたらやり返したりする事はありますけどね…。

    どんなに小さくともまずは一歩から…(少しは多めに進みたいけど)

    今日も少しずつ前進…出来たらいいなと思って色々やりました。
    まずは家の前の庭の草むしり…これは少しやった程度でおしまいです。

    …と言うのも、入口への道沿いの草を毟り始めてすぐにひっつき虫と言った草に苦戦したからです。
    名前通りにとにかくすごい粘着力で…取った矢先から手袋が種だらけで剥がすのがとにかく手間。
    それをやっているだけで結構やる気を削がれてしまいました。

    仕方ないので、今日はそのひっつき虫系の草を取る程度でおしまい。
    これでも何もしないよりはマシです…次回続きをやった時にまた格闘してたら同じ事の繰り返しですから。
    後、市の指定ゴミ袋に草を入れようとしたら、袋のサイズが小さすぎてあまり入らない事にも気づいたので、
    またコンビニへ行って大きいサイズの袋を買ってこようと思います。


    後は、昨日の朝方から開始してた撮影会の続きもやってきました。
    朝方と言うのもあったので、今回はと思ってレグナント相手のやられの撮影をしてきました。
    今回のやられ役はラクス様…ラクス様が巨大MAに抱き締められて撃破される様はいいですね。
    イメージではありますが、抱き締められてる時に中で苦しそうな顔をして耐えてるラクス様を想像すると興奮が治まらない。

    まぁ、やっぱり大変なのはそのレグナント相手からのとどめを刺される瞬間の撮影。
    あまり変わり映えしないと思ってもタイムアップを狙ったり、相手のエグナーウィップ拘束で倒されるようにダメージ調整したり…。
    そのダメージ調整をして後はレグナントの攻撃を待っても、相手はCPUなので狙った攻撃をして来るとは限らない。
    いきなり射撃を打たれたり、ファングを射出されると一気に計画が崩れる…と言うか努力が水の泡と化してしまいます。

    そのとどめのやられもいくつか種類を用意したくて、引き寄せ後の抱き締めの瞬間にとどめをさされる、
    抱き締めからの追撃部分でとどめをさされる、そして抱き締めの出し切りでとどめをさされると3種類。
    これを多めに用意したくてわざとやられたてダメージ調整。
    そうしてる間も、いらないCPU僚機のスローネにロックが行ったり、スローネがいきなり覚醒して割り込んだりすると最悪ですね。


    まぁ、昼ぐらいから1時間ぐらいの草取り、その後は朝方にやって途中で中断してたラクス隠者のレグナントやられ撮影。
    で、夕方辺りが眠かったのでおねんねして、その後はライジングのやられを撮影して今日はおしまい。
    ライジングはネタが結構カツカツなので、他の相手機体とかもっと用意したいものです。

    後、マキオンのリョナのリクエストですが…気づけばゆっくり霊暮さんが依頼してから一ヶ月も過ぎてたのか…。
    ちょっと先送りしたと思ってましたが、ここまで期間が遅れてたとは思いませんでした。
    …このブログだと頂いたネタとかリクエストとかだいぶ先延ばしとかほったらかしてますけどね…(笑えない)

    過去記事とネタ被りのくせに手抜きと言う改悪ムーブ



    突然ですが、悪の女幹部では…カグヤもいいですが、身体で選ぶなら冴島長官も好みです。
    中間管理職みたいな存在なので、上からいろいろ言われてそうだし部下は扱いに困る者も多くて大変そう…。
    そして、その怒りの矛先は大体は実働部隊の隊長役のカツマ。
    ある意味パワハラに近い面とかよく見かけたりしてますw

    …とは言え、本当に身体だけは一級品ですね…ここまでエロい身体してるのは悪の女幹部側の組織でも見かけないと思う。
    悲しくもペタンコ代表とも言えるオボロはともかく、ルナテミスやカグヤよりは確実にでかいだろうし、
    ダイアナやセレーナ、エファナティカ辺りと比べても何人かは大きさで勝ってそうなデカ乳。




    やっぱりそれなりに人気があるのか、これまでに水着だったりリモートワーク衣装と色々出てきますが
    (ちなみにリモートワーク衣装だと、ニトリのCMとかで見るあの机で隠してる下半身だけ下着姿になってます)
    バレーコーチ衣装は特に本人の乳の大きさが目立つ衣装だと思います。
    …この衣装とか結構いいなぁと思いますが、フェス限キャラなので手に入れる事は無理でした。
    手に入れる事が無理な理由は、フェス限が手に入るガチャは課金専用の有償石でないと引けないからです。

    しかし、この胸にバレーボールを2個詰め込んだような乳がたまらない…。
    これでも若い頃はバレーボールをやっていたらしく、コーチを依頼された時は説明書き通りにノリノリでした。
    バレーボールで鍛え抜いた身体を存分に堪能できると思うとたまらないですね…尻の穴とかすごく締まりそう。




    そして、6月も過ぎた7月の今の時期に…やや遅れ気味でジューンブライドイベントが開催中。
    こちらは言うなればカツマの夢の世界とも言えるif世界に現れた架空の設定の美鈴。
    とは言え、相変わらずのデカ乳…顔より自己主張が激しそうな乳がたまらないです。
    こちらは単なる期間限定キャラなので…最悪、ガチャを引けば手に入るわけですが…出ないんだよなぁこれが。

    正直言って、かなりストライクなキャラです…今回は、まさかの初課金してしまう可能性もありそうです。

    頭の中に…エロ妄想が!その2(今週のタイトルこれにしようかな)

    GW中の最後のお休み…記事の作り置きを目指す為に夕方4時ぐらいから作業を開始。
    昨日は日付が変わるややギリギリ気味に記事を作成する羽目になってしまいましたが、
    昨日は書いたようにポケモンユナイトをやり続けていたおかげでなかなか時間が取れなかったです。

    と言うのも、昼から起きてマキオンのリョナ撮影をやってる時に、
    ディスコがオンラインだったのでサークルリーダーから誘われたのです…。
    本当はやる事もあるけど、いつも介護してもらってるサークルリーダーのお願いでは断りづらい。
    まぁ、ランクマをやってマスターランクマで上げるのはいつかはやろうとは思ってましたし、
    サークルリーダーの事も嫌いではなく、むしろ介護してもらう側だからとってもありがたい存在です。
    マジでディスコとかのボイチャがなかったらもうランクマとかやってないですね…ソロランなんてシーズン7以降からやってない。

    時折、野良で知り合ったフレンドさんからも「ランクマやりましょ?」って感じに招待が来ますが、
    そういうのはロビー入ってランクマのマッチングを開始した辺りで即キャンセルして退室。
    その後もまた招待来ますが即拒否…なんなら、すぐにユナイトを落として一度オフラインにしてますね。

    信用してないと言うか、出来ないと言うのか…本当にサークルメンバーとのランクマでしかやってない。
    なんなら、サークルメンバーとのランクマも、ディスコとかがなかったらやってないぐらい。
    で、編成に迷った時はサークルリーダーに聞いてるんですが、昨日辺りはなかなかにひどかったので時折独断で選んだりしてました。
    当然のように編成セオリー無視したような海外メンバーとマッチしたり、無謀に1人で突っ込んで相手の経験値になったり、
    一番大事な終盤のレックウザ戦とかに集まらずに延々とファームしてレベルアップしかしない奴とかばかり。

    いつぞやのアプデで味方の持ち物も見れるようになったのは本当にでかいですね。
    …ええ、悪いい方ですが…バカ発見器ですわ。

    物理攻撃キャラに魔法系の特攻が上がる持ち物を持たせてる奴とか、キャラの特性と噛み合ってない持ち物持たせてたり。
    まぁ、中には持ち物の効果狙いか、明らかに嫌がられるような装備をしていながら無双してる人もいましたけどね。
    もしかしたら、サブアカで遊んでるのかもしれないけど…そういう人はほんの一握り。

    特に中華系の名前で持ち物が変な人はまず信用しない…そういう味方は守る価値なしと考えてタンクのヤドランは捨てる。
    そういう場合はクソゲー上等でヨクバリスでゴールマクロとか嫌がらせに回ったり、
    おそらく自分の中で一番使い慣れてる感が出てきてるウッウを使ってます…それでも負ける時は負けますけどね。

    昼飯もまだだったので、声をかけてもらった2時過ぎ辺りで飯食いますと伝え、
    大体3時ぐらいからサークルリーダーとのランクマを開始…夜の11時までやってましたね。
    さすがに、他ゲーとか記事の更新(記事に関しては内緒にしてますが)があるので、その辺りで一度止めました。
    が、日付が変わる頃にはやっぱり用事が済んだので暇になる…と言う事で、またこちらから誘ってみて続きをやってきました。
    結局、半日かかる形でしたが夜中の3時辺りにようやく自分もマスターまで上がる事に成功。

    多少の負けはありながらも、なんだかんだで勝率は58%ぐらい。
    自分の主要キャラも一応5割以上はありましたが、意外にも輝いてたのがバリヤードでした。
    数々の弱体化と、新キャラの登場によって一気に地位を落としたかつての最強キャラのバリヤード…今となっては…。

    ただ、それなりに強かった頃に使ってましたし、CPU戦でも多少使ったりしていたので多少は心得はある。
    で、味方の攻勢も体力が低いキャラばかりだったりするので、回復は捨ててのバリヤー編成で行ったら…意外と行けました。
    バリヤーと言う技自体には相手に直接的なダメージは与えないですが、
    バリヤーを張った時に近くにいる相手と野生を少しだけ怯ませる効果があり、当然そこを相手は通行が出来ない。
    それを使って相手の進行方向を妨害したりが意外と行ける…なかなか楽しかったです。
    バリヤードを使った回数が少ないですが、9回使って勝率85%となかなかの数字。


    そういえば、今回は少し負けがあったり、開始当初は負けからスタートしましたが…
    よく考えたら自分のアカウント、前のシーズンでは最後は10戦だけですが9勝と言う勝率9割を叩き出して終わったんだった。
    そのツケが回ってきたのかもしれませんねw

     | HOME |  古い記事へ »

    文字サイズの変更

    プロフィール

    ∟

    Author:∟
    18禁の画像をよく貼るので
    18歳未満禁止のブログです。

    ※管理人はとにかく変態です
    グロとスカ以外なら
    ほとんどイケてしまいます

    エッチ系の好きな趣味
    パイズリ、ふたなりと女の身体好きですが、男の身体も好きなホモでもあります。
    とは言えおっさんとかは×です。
    少年とかショタは大歓迎♪


    リョナ系の好きな趣味
    首絞め、腹パンチ、
    蛇等の締め付け(触手も可)
    まともな趣味してねぇな

    最近のおかず





    ↑マキオンのリョナを投稿してるチャンネルです。
    もしよろしければ、視聴・チャンネル登録等してもらえると大変嬉しいです。

    更新したよ

    カテゴリー

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    スペースが余ってるので

    過去の記事でオススメ(?)な物とか

    管理人の変態趣味に
    少しでも共感してくれると嬉しいです
    ※載せてほしい記事があればコメントください

    ―リョナネタ系―

    首絞めネタ

    初めてリョナで抜いたひぐらしのレナの首絞め
    リョナ癖は昔からあったけど、初めて抜いたのはこれ



    リメイクされたひぐらし、卒の詩音の首絞めシーン
    マウント取って思いっきり首を絞めると言うシチュが最高



    ストリートファイターのアニメの春麗のリョナ紹介
    ゲームでのやられも興奮するけど、映像作品で見るとまた違う興奮を感じられます



    自分が特に好みなアニメの首絞めとかについて書いてます
    首絞められてる女の子ってなぜか興奮しますよね



    腕で掴んで系の首絞めリョナ紹介
    直接相手の首を掴んでの首絞めは自分の好きな方法です



    自分の好きな首の絞め方リョナ紹介
    両手で掴んで持ち上げる首絞めが個人的に一番好みです

    締め付けネタ

    宇宙をかける少女のいつきの締め付けシーン紹介
    締め付けシーンの中でも特に興奮するリョナシーン



    そらのおとしもののアストレアの締め付けシーン紹介
    巨乳と一緒に身体が折り畳まれる様がたまらなくて抜ける



    締め付けリョナの中でも1,2を争う大好きなシーン
    結局1位は決めれませんでした(どっちも最高)



    アイスワルキューレの締め付けシーン紹介
    ドヤ顔しておいてこんな情けない顔になるのが無様でたまらない



    女の子の身体に触手が巻き付いて締め付ける
    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集



    まさにギュウギュウと締め潰されてるシーン特集その2
    ぎゅうぎゅうっていい響きですね



    締め付けられて動けなくなってる女の子特集
    ぐるぐる巻きにされて身動き取れなくなってる様は本当に大好き

    ワンピースネタ

    クマドリ戦のナミのリョナ紹介
    解放された後の咳込みが最高に抜けると思う



    クマドリ戦のナミのリョナ紹介のリメイク版
    エロとしてもリョナとしてもナミは抜けるキャラ


    ロビンのいくつかのリョナ紹介
    ロビンはお好き?はい、ロビンのやられる姿は大好きです。



    主要メンバー以外のサブキャラのリョナ紹介
    自分はたしぎのこのギャグっぽいやられ顔とか結構興奮します

    ダイの大冒険ネタ

    悪魔のめだまにやられるマァムのリョナ紹介
    首に巻き付いた触手を必死に引き剥がそうとする姿が好きです



    ザムザにやられるマァムのリョナ紹介
    この握り潰しシーンの出来は予想以上でした


    ミストバーンにやられるマァムのリョナ紹介
    締め上げられて悲鳴を上げる表情がたまらない

    シグナムさんネタ

    シグナムさんの触手リョナをまともな紹介形式で書いた記事
    興奮しながらかなり気合入れて書きましたw



    シグナムさんの触手リョナ記事の3度目のリメイク
    多分これが一番画質がいいと思います



    アッパー、フック、顔面パンチと女の顔を攻撃するシーン特集
    綺麗な女の顔が途端にブサイク顔になる瞬間がたまらない



    妖魔の尻尾で首を絞められるセーラームーンのリョナ紹介
    おそらくこれが自分の人生初リョナだと思います



    サトライザーにやられるシノンのリョナ紹介
    終始無様な格好晒しながらやられてます



    普段はやられる事が少ない、設定上は強い強キャラのリョナ集
    強いキャラのやられるシーンと言うだけで興奮度が高まります



    主にルナマリアが中心ですが
    坂本真綾さんが演じるキャラのリョナ紹介



    ビーデルがスポポビッチにやられるシーンの紹介
    自分にとってはビーデルのやられより、ビーデル役の皆口裕子さんの声が一番のおかずです



    個人的に好きなナジカさんがボコボコにやられる回の紹介
    ナジカさんリョナ紹介が最近のリョナの紹介形式の始まりみたいな物


    ―男リョナネタ系―
    ドラゴンボールネタ

    悟飯がボージャックにベアハッグされて苦しむシーンの紹介
    リアルタイムでこのシーン見た時はめちゃ興奮してました



    ボージャックにやられる悟飯のシーン紹介のリメイク
    いつ見てもこのギチギチに締め潰される悟飯は抜けます



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介
    胴体を締め付けられる時の音とかがエロくて当時から興奮しました



    ブロリーにベアハッグされる悟飯のシーン紹介のリメイク
    締め付けを強められて上半身を左右に揺らす悟飯が特にたまらないです



    魔人ブウにやられるベジータのシーン紹介
    嘘のように思うでしょうが、マジでこれで抜いてます

    ダイの大冒険ネタ

    ヒドラに捕まったダイのリョナ(旧アニメ版)の紹介
    漫画で見た時から興奮したシーンで、後にポップが同じ目に会うのも最高



    ヒドラに捕まったダイのリョナ(新アニメ版)の紹介
    旧作でも興奮したシーンが令和になってれメイクされました



    男の子リョナ、最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介
    情報をくれたタクヤさんに心から感謝(いいおかずに出会えました)



    最弱無敗の神装機竜のルクス君のリョナ紹介のリメイク版
    勝手ながらルクス君のホモ妄想SSも書いてみました



    ビデオマンにやられるロックマン(熱斗君)リョナ
    個人的にはロックマンではなくクロスフュージョンした熱斗君がやられるのもポイントだと思う



    斎藤にやられる剣心のシーン紹介
    この首を絞められる剣心の顔が昔から興奮するし抜ける


    ―男(ホモ)ネタ系―
    対魔忍RPGXネタ

    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(フェス限)の回想シーン紹介
    記事の量は少なめですが、画像だけで何回でも抜ける
    鹿之助の初の相手役がふたなりのスネークレディなのも評価高いと思う



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(仕来り)の回想シーン紹介
    鹿之助の相手の中でも一番太くでかいモノを入れられる
    その1紹介もあったと思いますが、記事を見失いました…ごめんなさい



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその1紹介
    これまでは1対1だったが今回は複数の男に囲まれて犯されます
    口、胸、股間、お尻…鹿ちゃんはどこもエッチ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    上原鹿之助(水着)の回想シーンその2紹介
    鹿ちゃんよりも一回り身体が大きい男達にいっぱい犯されます
    仕来り鹿ちゃんの回想の時もそうですが、お腹にチ〇コの形が浮き出てるのが最高



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその1紹介
    オナホマシンで無理やり扱かれて射精する姿がたまらない
    そして、このゲーム初の回想シーン付きの男キャラ



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    穂希なおの回想シーンその2紹介
    アナルセックスに感じて大きく仰け反る姿がエロいです



    対魔忍RPGオリジナルの男キャラ
    ココアの回想シーン紹介
    男の股間大好き…自分も舐められたいし、舐めてみたいです


    男の股間、男リョナ、男エロとホモ注意な記事(いつもの)
    男の子とか相手でも大体視線はここです(いつものその2)



    ふたなり含む男の股間(ほぼショタ)をたっぷり眺めてる記事
    男相手でも女相手でも股間を見つめると興奮してきます



    男キャラが犯される画像を並べてる記事
    自分がどの男キャラで抜いてるかとかも書いてます


    ―股間ネタ系―

    ピッチリな格好関連の話を書いてる記事
    基本サムネの部分ばかり眺めてる管理人です



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事
    ピッチリスーツ×股間って最高のエロさを出してると思う



    ピッチリスーツを着てる女の子をいっぱい眺める記事その2
    スーツ越しに見る股間がまたたまらなくて抜ける



    女キャラの股間のアップを並べまくった記事
    管理人の脳みそは頭ではなく、きっとここに付いてると思います



    紅月カレンを中心にピッチリスーツ姿の女の子を眺める記事
    赤のスーツがエロ過ぎて目も顔も赤くなりそう…


    ―エロネタ系―

    ティファで抜くようになってしまった作品の紹介
    鼻フック+ティファのコンボは最強過ぎた…



    自分のおかずキャラ・ミーアのエロ記事特集
    一度もおかず目線以外で見た事がないエロキャラ



    本家こち亀のエロいと思う部分特集
    露骨なエロ描写…大好きです(早乙女の胸が結構お気に入り)



    アニメ、ゲームキャラのパイズリ画像
    個人的にゼオラは一番パイズリが似合うと思う

    リンク

    リンクが下の方にあると編集ページへ行きづらいですね…

    このブログをリンクに追加する